05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

グビっと一杯!!

2005年06月29日
20050629112828.jpg

毎日暑い日が続きますが、皆さん体調は壊してないですか??
東北では集中豪雨で被害が続出。西日本では深刻な水不足・・・と、
ちょっと異常気象が続いていますよね。

さて、こう暑いと飲みたくなるのが・・・ビール!!
実は私、晩酌なるものを一切しないので、普段家でお酒を飲むことは殆どありませんけど、
ここまで気温が上昇するとついビールに手が伸びてしまいます(笑)。

ところでこのビール・・・、
古代バビロニアやエジプトでは、神にささげる神聖な飲み物だったそうです。
また、ビールに含まれる栄養素の効用で、予防薬として使われていましたし、日本でも明治初期頃には薬屋さんで売られていたそうですよ!
これで奥さんに言い訳が出来ましたね(笑)。

そしてビールの温度ですが、ついキンキンに冷えたビールが欲しくなりがちですけど、食べ物も飲み物も冷やしすぎると元々の味や風味が損なわれます。
ビールの最適温度は夏場は6~8度(冷蔵庫で5~6時間)、冬場は10~12度が適温。
もちろんグラスも冷やしておきましょう。
あまり冷やし過ぎると泡立ちも悪くなるそうですよ!

また、良く「ビール腹になる」とか「太る」とか言いますけど、
ビールは大瓶1本あたり230~250キロカロリーあるんですが、脂肪になるものではないそうで、
ビール自体には太る要因はありません。
ただ、食欲増進作用があるので、飲んで食べ過ぎることによってビール腹や太る原因になってるようですねー。
つまり「飲んだら喰い過ぎるな!」がポイント(笑)。

ちなみに二日酔いになった時は、アルコールの毒性を弱めるために“ビタミンC”を多く摂取するように心がけること。これによって肝臓が守られます。
また二日酔いにはアルコール分解作用を持つ甘いものを、
二日酔いになった朝には利尿作用をもつ紅茶・コーヒーを多く取るといいそうです。
まぁ、飲みすぎないことが大切なんですけどね!

さて、そんなビールのお供にピッタリなアルバムが・・・コチラ!
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
FUSION | コメント(16) | トラックバック(1)

サンビ~ム!

2005年06月26日
DSCN0639s.jpgいやー本当に暑い日々が続きますね~。
日差しは容赦なく照り付けて、紫外線を大量に浴びせかけてきます。
女性の皆さんはUV対策に必死でしょうが(笑)、ここ福岡では極端な空梅雨のおかげで水不足が懸念されています。
このまま雨が降らないと、給水制限もありえますね。

ところで皆さんはクーラーってもうつけてます?
ウチは3階なんですが、風通しがいいせいか
今年はまだ一度もクーラーのスイッチをONにしていません。
だいたい毎年7月の後半ぐらいから我慢できなくなってONにするんですけどね。
電気代はもちろんですけど(笑)、なるべく体の事を考えて点けない様にしてます。
特に寝るときはよほど熱帯夜で目が覚めない限りは・・・。
ま、身体もだるくなるし、どこまでガマンできるか試してみようと思ってます(笑)。

そんな暑い夏をクーラー無しで乗り切る涼しい音楽が・・・コチラ!
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(7) | トラックバック(0)

たまには・・・

2005年06月24日
20050624165933.jpg
Eric Benet / Hurricane』
1.Be Myself Again
2.Pretty Baby
3.Hurricane
4.Where Does The Love Go
5.My Prayer
6.Man Enough To Cry
7.I Know
8.India
9.The Last Time
10.In The End
11.Making Love
12.Cracks Of My Broken Heart
13.I Wanna Be Loved
14.Still With You


いつもこのブログで色んな音楽を紹介していますけど、旧譜が多いですね~。
ま、最近あまり買ってないので紹介も出来ないんですが(笑)、
たまには新譜も紹介しましょう!!

待ち焦がれていた方も多い事でしょう。
「エリック・ベネイ」の待望のNEWアルバムです。

1996年に『True To My Self』で衝撃のデビューを果たし、「ディアンジェロ」「マックスウェル」らと共に“ニュー・クラシック・ソウル界の御三家”として注目。

99年に2ndアルバム『A Day In The Life』発表し、「フェイス・エヴァンス」をフィーチャリングした
「TOTO」のカバー曲「Georgey Porgy」がスマッシュ・ヒット!
また「カンサス」の名曲「Dust In The Wind(すべては風の中に)」もカバーして、日本でもかなりの知名度を上げました。

しかし、その2ndアルバム以降は全く音沙汰なし。
その間に、あの黒人女性初のアカデミー主演女優賞を獲得した「ハル・ベリー」との結婚・離婚、愛娘「インディア(前妻との子供)」を巡る親権問題を経験し、人間として一回りも二回りも大きく成長した彼が、今月22日に待望の3rdアルバムを完成させました。
実に6年ぶりのアルバムです。

今回アルバムのプロデュースを勤めたのは、意外にもあの「デヴィッド・フォスター(5曲)」
「ウォルター・アファナシェフ(3曲)」!!
フェイヴァリット・アーティストに「ダニー・ハザウェイ」や「アル・グリーン」などと共に「スティーリー・ダン」を挙げ、「フォープレイ」や「ジェフ・ローバー」「ジミー・ソマーズ」といったジャズ/フュージョン系のアーティストと交流も深いことから、今回の「フォスター」との結びつきは必然だったのかもしれませんね。

さて肝心のサウンドですが、プロデューサーの顔ぶれからみてかなりAOR寄りの作品。
“ネオAORソウル”なんて勝手に名付けてみました(笑)。

ミディアム・スローのやアルバムからの1stシングルでもあり、今の彼の心境を歌ったと思える、「ウォルター」プロデュースの、「ディーン・パークス」のギターが光るアコースティック・チューン、「クリス・ボッティ」のトランペット・ソロをフィーチャーした、「フォスター」色が強いジャジーな辺りがAORファンにはオススメ。

しかし、彼の音楽活動再開を待ち焦がれていたファンには、アコギを掻き鳴らしリラックスした雰囲気を醸し出しているに尽きるのでは?

I gotta light in my eyes for the world to see
Thank God the music's back inside of me
It was a long hard road to be better man
But now I can be my self...

この輝きは世界中が見えるはずだ
もう一度音楽が自分の中に戻ってきた事を神様に感謝するよ
もっといい人間になるには長くてつらい道のりだった
だけどやっとまた自分らしくなれる...


と歌う歌詞から見ても、彼自身の完全復活の心が読み取れます。

R&Bファンだけに独占させるにはもったいない位のこのアルバム・・・。
過ぎ行く夏の夕暮れにピッタリな1枚です。

ジャケットが「平井堅」に似てると思った方はクリックお願いします(笑)!
     ↓

人気ブログランキング
R&B | コメント(6) | トラックバック(1)

フィトンチットを浴びて・・・。

2005年06月23日
今日も朝から晴れ!!全然雨が降りません・・・。
最高気温は30度でしたが、体感温度は30度を超えてたと思うくらいの真夏日でした。

でもこのまま雨が降らないと、本当に水不足になりそうで心配です・・・。

さて、今日は朝から「星野村」へ。
「星野村」は福岡県の南部、八女郡の東部に位置する場所にあり、人口3600人余りの小さな村です。九州自動車道の八女ICを降りて、県道52号線をひたすらまっすぐ行くと到着。
(車で1時間以上走ったかな・・・笑)

「星野村」という名前からも想像できるように、
ここは福岡県内で最も星がキレイに見える場所として知られています。
その「星野村」を代表する施設が山の上にある公開天文台『星の文化館』
20050623200402s.jpg
星野村ならではの美しい星空を、インストラクターが解説を交えながら案内してくれる施設です。

館内には九州最大級の65センチ反射望遠鏡を設置。
また直径5mドームのデジタル・プラネタリウムと100インチ・スクリーンを備えた映像体験ルームもあるので、天気が悪い日にも満天の星を堪能できます。

7月7日には夜11時から「ミッドナイト七夕観望会」と題して織姫・彦星を中心とした天の川の観測会を行うそうです。今年は月明かりがないため、好条件の下で見られるそうですよ!

またここは宿泊施設も完備しています。
20050623200421s.jpg20050623200431s.jpg
室内は木の香り豊かな温かみがあり、まるで北欧のプチ・ホテルの様な雰囲気です。
客室のお風呂は“檜風呂”!部屋はもちろんお風呂からの眺めも最高です。
夏休みの自由研究や自然との触れ合いを、家族揃って泊りがけで体験できますね。
20050623200511s.jpg20050623200533s.jpg
他にも施設内には欧風料理を楽しめる『レストラン北十字星』も隣接。
今日のランチはここで日替わりランチをオーダーしました。
本日のメインは「ロースト・ポーク」。これに「きのこスープ」「サラダ」「パン」「コーヒー」が付いて1000円とは安いですねー。

窓からは耳納連山や星野村の自然がパノラマで楽しめますので、食事だけでも行く価値のある場所ですよ!
20050623200544s.jpg

『星の文化館』を後にした私は、すぐ下にある『茶の文化館』へ。
20050623200622s.jpg20050623200635s.jpg
星野村はお茶の産地としても知られていて、中でも「しずく茶」が有名です。
「しずく茶」とは、茶碗に茶葉を直接入れて蓋をしたままお茶碗を傾け、そこから流れ落ちてくる玉露のしずくを飲むんですが、苦みと甘みと旨みがめまぐるしく変化して、これまで体験した事のないお茶を楽しむ事が出来ます。
玉露の旨みを最大限に引き出す飲み方であり、茶碗一つで手軽に飲めるという意味合いから、このような飲み方を提案しているそうです。
ちなみにお茶は4煎目まで飲み、最後に残った茶葉に酢醤油をかけて食べるそうです(笑)。
「なぬ?」と思われるでしょうが、海藻サラダのような感覚で、意外とすんなり口にできるそうですよ。
今日は飲みませんでしたが代わりに「茶の葉の佃煮」をお土産に買いました。
20050623200704s.jpg
ちなみにこの周辺は『星のふるさと』といって、『星の文化館』『茶の文化館』の他にも温泉宿泊施設『池の山荘きららの湯』『池の山キャンプ場』『森の工作館』など自然を満喫できる施設が沢山あります。

詳しくは『星のふるさと』のHPをご覧下さい。
20050623200717s.jpg
それにしてもこの「星野村」は自然がいっぱいの場所。小鳥のさえずりがいたる所で聞こえてきて、フィトンチットもいっぱい浴びました。


時間がゆっくりと過ぎていく場所です。


さて、こんな自然に囲まれた「星野村」へ連れて行ったお供が・・・コチラ!
>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(12) | トラックバック(0)

クワイエット・ナイト

2005年06月21日
20050621195342.jpg

今日6月21日は“夏至”です。

“夏至”とは、太陽が天球上で最も北に位置する日。
北半球ではこの日に太陽の南中高度が最も高くなり、
昼間が最も長く、夜が最も短い日となります。
ちなみに今日の福岡の日の入り時間は19時32分でした。

そんな“夏至”の日の今日、毎年全国で行われているのが100万人のキャンドルナイト
夜8時から10時までの2時間、電気を消してキャンドルの灯りだけでスローな夜を過ごそうというエコ運動です。

2003年から始まったこの運動も今年で5回目。
全国各地で様々な催しが行われていて、ここ福岡でも福岡市・赤坂の「ルアンジェ教会」ではキャンドル・デコレーションをした教会を一般開放。北九州のカフェやホテルではキャンドルの灯りだけで食事を楽しむ・・・など。

考えてみたら我々人間は必要以上に電気を使っている様な気がします。
たまにはキャンドルの灯りだけで食事をしたり、子供に本を読み聞かせたり、大好きな人と2人でゆっくり話し合ういいチャンスかもしれません。



キャンドルの灯りで、今宵貴方は誰とどんな風に過ごしますか?



さて、そんなキャンドル・ナイトにピッタリな音楽をセレクトしてみました!
>>続きを読む・・・
Jazz | コメント(20) | トラックバック(1)

50回目のサーファーガール?

2005年06月20日
20050614140345.jpg
6月18日から公開された映画『50回目のファーストキス』
もうご覧になられた方もいらっしゃると思います。

交通事故に遭って以来“前日のことをすべて忘れてしまう”という記憶障害を抱えている「ルーシー(ドリュー・バリモア)」。そんな彼女に、水族館で獣医として働くプレイボーイの「ヘンリー(アダム・サンドラー)」が一目ボレ!
ルーシーは彼と恋に落ち、毎日プロポーズし、毎日ファーストキスを交わし、毎日初デート。
しかし「ルーシー」は自分が愛する人の重荷になると思い、分かれる事を決意する・・・。

アメリカでは去年2月14日のバレンタイン・デーに公開され、2週連続NO.1の興行成績を上げたそうです。


・・・と、このブログで映画を紹介する訳ではありません(笑)。
だって私、観てないんですから!!
福岡では7月から公開されるそうです。何で遅いんでしょうか・・・??

実はこの映画の舞台は「ハワイ」。
当然、サントラにはビーチを彩る様々なヒット・ナンバーが収録されているんですが、
映画のキーワードとなる曲が、元祖夏男軍団「ビーチ・ボーイズ」「素敵じゃないか(Wouldn't It Be Nice)」
この曲は、メンバーの「ブライアン・ウィルソン」が作ったナンバーです。

そして偶然にも今日6月20日は「ブライアン・ウィルソン」のお誕生日!!

HAPPY BIRTHDAY!!

というわけで、今日はこのアルバムを紹介しましょう!
>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(7) | トラックバック(0)

Musical Baton

2005年06月19日
すごい勢いで廻っている『Musical Baton』
現在、確認できるだけで6人の方から廻ってきました(汗)!!
最初は「うーん・・・」と知らん顔しようかなって思ったんですけど(笑)、6人の方が送ってきたという事は、「私の答えに興味津々ということなのかな~」と思い参加させて頂きます☆
では早速お答えいたしましょう!
>>続きを読む・・・
POPS | コメント(16) | トラックバック(2)

イルカに乗った浴衣美人。

2005年06月18日
20050618125819.jpg

浴衣の季節になってきました。
最近は各デパートや百貨店でも“着物を気軽に”というコンセプトで、低価格で販売しているところも多く見られますね。

男性から見ても浴衣の女性が歩いていると、
例え彼女が隣にいたとしても目で追ってしまいます(笑)。
そんなに「おおっ!」というお顔立ちやスタイルでなくても追ってしまう、悲しい男の性です・・・。

浴衣の歴史を紐解いてみると、本来は“晴れ着”
「ハレ着(晴れ着)」というのは「ハレ(非日常)」に着るものであり、祭礼で山車(だし)を曳く人、神輿(みこし)を担ぐ人、その他、祭りに関係する人は、古来より礼装として浴衣を着ていたんだそうです。

また浴衣の語源は「湯帷子(ゆかたびら)」。
神に奉仕したり物忌みをする者が、沐浴の後で着る物だったそう。
それが江戸時代になって、盆踊りの流行で様々に変化して今の様なモノになったそうです。

でも、

「浴衣なんて花火大会か夏祭りの時ぐらいしか着ないわ!」

という方・・・。
ユニクロなんて“”と“きんちゃく袋”まで付いて3990円!“下駄”を付けても4000円台で買えちゃうそうです。

また、今年2005年における浴衣のトレンド傾向は・・・

●見た目に涼しげで、清潔感あふれるブルー系の浴衣
●まるで着物の柄のような古典柄の浴衣
●帯ベルト、コサージュ、日傘、洋服にも合うカバンなど、
 洋のテイストも取り入れた小物使い


この3点を守ればいいそうです。

今年の夏は、ちょっとしたお買い物やお出かけ、また夕涼みなんかの時に普段着感覚で浴衣にチャレンジしてみては如何でしょうか?
着こなすことが出来れば、彼氏やダンナ様のハートをGET!できる・・・かもしれませんよ(笑)。


さて、そんな浴衣姿で夕涼みしている女性に似合う・・・っていうか
「聴いてたらカッコイイだろうな~」
と思うアルバムが・・・コレ!
>>続きを読む・・・
Club Music | コメント(8) | トラックバック(3)

こんなのも聴いてます⑬

2005年06月16日
DSCN0523s.jpg
今日の福岡は久々に曇り空・・・。
ま、梅雨入りしたんだからこれが当たり前の天気なんですけどね(笑)。
仕事で百道(ももち)へ。
福岡を代表する「福岡ドーム」や「福岡タワー」がある場所です。
そぐそばは海。
写真も撮ったんですが・・・
「いつも海の写真じゃん!」
と言われそうなので、今回はアップしませんね(笑)。
代わりにアップしたのが上の写真。

近くにあった噴水(みたいなもの)の写真です。

この写真を見て思い出したアルバムが、
今回の・・・『こんなのも聴いてます⑬』
>>続きを読む・・・
Ambient | コメント(18) | トラックバック(1)

海から生まれた音楽。

2005年06月14日
福岡は先週“梅雨入り”したのに、全然雨が降りません・・・。
しかも昨日は真夏の様な暑さ(最高気温30度!)でした!
こんな日は海が見たいと思って、仕事の途中でちょっと寄り道。
20050613232754s.jpg向かった先は福岡県・津屋崎町にある「白石浜海水浴場」
ここは道路から奥まった所にあるので、平日はだーれも人が居なくて貸しきり状態!!
松の国有林に囲まれて、県内でも特に透明度の高い水質の良さを誇るビーチなんです。
その美しさは、水深5メートルほどでも底が見えてしまうほど!
ここの砂浜も「鳴き砂」で知られています。
弧を描くように長く続く、波打ち際が美しいビーチでした。
20050613232744s.jpg

ビーチへ行く途中に、偶然にもサボテンの花を発見!!
20050613232823s.jpg
「チューリップ」の歌で有名ですが、初めて見ました!! かなり感動です(笑)。

「白石浜海水浴場」を後にした私は、ランチを取るために気になっていたお店へと向かいます。
場所は「宮地浜海水浴場」に面したカフェ「Cafe SOHNE(カフェ・ゾーネ)」

20050613232807s.jpg
目の前がビーチという最高のロケーションを持つこのカフェは、最近増えてきつつある“ドッグ・カフェ”
いわゆるワンちゃんと一緒に入れるお店なんですねー。
オープンは今年の4月。


20050613232911s.jpg
店内はコンクリートと木の温もりが調和した落ち着ける内装で、人畜無害のオーガニックな塗料を使うなど、人間にもペットにも優しいお店でした。店内にはワンちゃんをつないでおくリード・フックが各テーブルに取り付けている所も嬉しい気遣いですね。また犬のしつけ教室(要予約)やペット・フードなんかも売ってて、しかも犬を走らせる場所まで設置しています。
食事のメニューはピラフやカレーなど軽食がメインですが、とにかくついつい居座ってしまいそうになるぐらいキモチイイお店です。
20050613232852s.jpg20050613232901s.jpg窓からはこんな風景を楽しむことが出来ます。
サンセット・タイムには夕陽が目の前に沈むそうですよ!





20050613232842s.jpg
『Dog Cafe & Run Cafe SOHNE』
◎住  所:〒811-3305 福岡県福津市宮司2292-51
◎営業時間:AM11:00~夕暮れ時まで(水曜日定休)
◎電話番号:0940-52-5506
★利用時には狂犬病、予防接種の証明書が必要となります★

それにしても福岡はビーチに面したお店がどんどん増えてきています。
自然と都会が同居した福岡ならではの現象なんでしょうか?
ま、嬉しい事なんですけどね!!

さて、そんな青い海を満喫している時に聴いていたのが・・・コレ!
>>続きを読む・・・
POPS | コメント(22) | トラックバック(0)

夜の海

2005年06月13日
20050612213007.jpg

海が好きな方は多いと思いますが、では
“夜の海”
はどうですか?

夜の海は暗くて、吸い込まれそうな闇のうねりが恐怖さえ感じてしまいます。
昼間の海の方が好きなんですが、
でも何故か夜の海も好きなんですよね。

だれもいない浜辺に座り、潮騒の音だけが耳に響く・・・。

日々の事やこれからの事をじっくり考えるには、
夜の海の方が自分だけの時間を過ごすことが出来ます。

そんな夜の海に似合う音楽はないかなぁ・・・と探していたら、
こんなピッタリなアルバムを見つけました。
>>続きを読む・・・
POPS | コメント(8) | トラックバック(0)

JMB連携TB企画 第42弾/雨の匂い

2005年06月11日
福岡も遂に梅雨入りしてしまいました。
でも今日は夕方から晴れてきて、あまり梅雨っぽさは感じないんですけどね(笑)。
でもシトシト、ジメジメはやっぱりイヤですね・・・。

そんな時、いつもお世話になっているJMさんのブログで、
恒例のTB企画第42弾がスタートしました。

今回のお題は『雨の匂い』
「雨の日を素敵に彩る曲を選んで!」という事です。

でもただ選んだんじゃつまらない!
何事にも追求してしまう悪いクセが出た私は、ラジオ番組風に20分間のノンストップ・ゾーンを選曲するつもりで選んでみました。
サブ・タイトルは・・・

『Rain Drops Fall In Summer』

では早速お送りしましょう。
窓を濡らす雨の雫を思い浮かべながら聴いてください。
>>続きを読む・・・
JMB連携TB企画 | コメント(36) | トラックバック(21)

こんなのも聴いてます⑫

2005年06月10日
DSCN0404s.jpg

今回の『こんなのも聴いてます』は、上の写真の時間帯に聴きたい音楽です!
>>続きを読む・・・
Club Music | コメント(6) | トラックバック(0)

ブラジリア~ンな夏。

2005年06月08日
20050608222748.jpg
George Duke / Brazilian Love Affair』
01.Brazilian Love Affair
02.Summer Breezin'
03.Cravo E Canela
04.Alone-6 AM
05.Brazilian Sugar
06.Sugar Loaf Mountain
07.Love Reborn
08.Up From The Sea It Arose And Ate Rio In One Swift Bite
09.I Need You Now
10.Ao Que Vai Nascer


新作『Duke』も好評な「ジョージ・デューク」の1979年の作品。

「ジョージ・デューク」と言えば、ディスコ・ヒッツ「Shine On」を収録した『Dream On』や、
「Sweet Baby」という名曲を生み出した「スタンリー・クラーク」とのコラボ作『Clark Duke Project』などが広く知れ渡っていますが、元々は正統派のジャズ・ピアニスト。
76年ぐらいからブラジル音楽に傾倒していき、この名盤を完成させました。

単身ブラジルに乗り込み「ミルトン・ナシメント」や「アイアート・モレイラ」など、現地のアーティストと一緒につくったブラジリアン・フレイヴァーたっぷりな1枚です。

タイトル・チューンの「Shakatak」をはじめ、クラブ系アーティストからもカバーされているブラジリアン・ファンク・チューン。
もはやフロア・キラー・チューンとして知られていますね。

続く「トニーニョ・オルタ」のギターが爽やかなボッサ・チューン。
以前紹介した「ラムゼイ・ルイス/太陽の女神」あたりが好きな方にもツボかも!

「ミルトン・ナシメント」作のは、黙っていたらブラジルのアーティストの作品かと思う程
“ブラジリア~~ン!”な1曲です。

ピアノ・ソロのに続いて、ヴァイブの音が涼しげな「フローラ・プリム」のスキャットがサウダージな雰囲気をかもし出しています。

「シーラ・E」のティンバレスが炸裂するファンク・チューン。「インコグニート」のナンバーと言っても誰も疑わないかも!!夏の日差しで熱い砂浜に似合いそうなトラックです。

一転してクールなシンセがメロディを奏でる「アジムス」っぽいダウン・トラック。
クーラーなんていりません!

ブラジリアン・フュージョンのは「ジョージ」のピアノがラテンのリズムの上を走りまくり!!

「シモーネ」のヴォーカルがリードを取るサマー・サンセットにピッタリなナンバー!
「ジェリー・ヘイ」のフリューゲル・ホーンのソロがこれまたサウダージです。

ラストのは再び「ミルトン・ナシメント」作。シンプルかつスピリチュアルなナンバーは、まだ見ぬブラジルを思い起こさせてくれます。

ここ数年はブラジリアンなテイストは影を潜め、良質なスムース・ジャズ・アルバムをリリースしていた彼ですが、個人的にはこの時代の様な、様々な音楽を取り入れたサウンドがお気に入りです。

前回の「アナ・カラン」同様、冷えたビールと一緒にビーチでどうぞ!

ブラジルの音に身をゆだねたい??
    ↓

人気ブログランキング
FUSION | コメント(19) | トラックバック(1)

おいしい水

2005年06月07日
20050607191233.jpg

今日も朝から暑かった~(汗)。本格的な夏がやって来たみたいな暑さでした!!
こう暑いと、ついつい水分を多くとってしまいがちですが、私はなるべく“ミネラル・ウォーター”を飲むようにしています。
スーパーやコンビニにはミネラルウォーターは数え切れないほど売られていますけど、皆さんはいつもどうやって選んでいますか?

一見、どの水も美味しそうですけど、実はミネラル・ウォーターと言っても中身の成分は様々で、
全てが“ミネラルウォーター”というわけではないんです。
「ミネラルウォーター類」と呼ばれる水は、原料によって農林水産省が1990年に定めたガイドラインで、以下の様に定められています。

●ナチュラル・ウォーター
 特定の水源から採水されたもので、
 雑菌処理もフィルター除菌もしていない源泉から汲み上げたままの水。
●ナチュラル・ミネラル・ウォーター
 フィルター処理(濾過)だけを行った非加熱の天然水。
●ミネラル・ウォーター
 濾過・沈殿加熱殺菌以外にミネラル分の調整やオゾン殺菌など
 非加熱の殺菌処理を行ったもの。
●ボトルド・ウォーター
 食品衛生法の「85℃で30分間以上加熱するか、
 それと同等の熱量をくわえたもの」という定めに従って加熱処理をしたもの。
 日本のミネラルウォーターのほとんどがこれに属する。

・・・という4種類に分けられています。
一般的にミネラル・ウォーターというと
「ミネラルを多量に含む自然そのままの水」と思いがちですが、
それに当てはまるものは「ナチュラル・ミネラル・ウォーター」「ミネラル・ウォーター」の2つだけなんですねー。

また、海外の水(ビッテル・エビアン・ボルビックなど)の方が硬度(カルシウムとマグネシウムの合計量を数値化したもの)は高めで、国産のものは軟水と呼ばれる比較的硬度の低いものが多いそうです。

その硬度によっても使い方は様々で、お茶やコーヒーには硬度の低いもの、炊飯などには中ぐらいの硬度のもの、ウィスキーの水割りやスポーツ後の水分補給には硬度の高いものの方が適しているそうですよ!
ミネラル・ウォーターを使うと何でも美味しくなりそうなイメージを持ちますが、用途に合わせた水を選んで使った方がいいんですね!

ちなみに私が一番好きなミネラル・ウォーターは「富士ミネラル」
20050607191356.jpg
スーパーやコンビニではあまり見かけませんが、創業75年を迎えた日本で最も古いミネラル・ウォーターです。
山梨県下部町から湧出した天然水で硬度は87と、日本の製品の中では若干高めですが、ミネラルのバランスが良くまろやかな舌ざわりで、全国の有名なホテルやレストランなどでも愛用。
また、東京サミットや沖縄サミットでも公式のミネラル・ウォーターとして使われたそうです。
手に入れたい方は有名デパートか通販でも取り寄せる事ができます。

たかが水、されど水・・・。
どうせなら安全で美味しい水を選んで飲みたいですね!!


さて、“おいしい水”と言えば・・・、
>>続きを読む・・・
MPB | コメント(21) | トラックバック(3)

Sunday Night Jazz

2005年06月05日
20050605131201.jpg
Diane Schuur / Friends For Schuur』
01.Easy Living
02.I'd Fly
03.For The First Time
04.It Might Be You(Theme from Tootsie)
05.Love Like Ours
06.Red Cab To Manhattan
07.Heart Never Learns
08.Never Take That Chance Again
09.It Had To Be You
10.I Just Called To Say I Love You
11.Finally


ゆったりとした日曜日の夜に、こんなアルバムは如何でしょうか?
2000年にリリースされた「ダイアン・シューア」のアルバムです。

「ダイアン・シューア」と言えば「デイブ・グルーシン」と「ラリー・ローゼン」が作ったレーベル『GRP』を代表する盲目の女性ジャズ・ヴォーカリスト。しかし、ジャズというカテゴリーにとどまらず、ポップス・ファンにも人気が高い実力派シンガーです。

今回ピック・アップした『Friends For Schuur』は、
タイトルからも分かる通り、彼女と親交の深い様々なアーティストとのコラボレーション・アルバム。

でいきなり「スタン・ゲッツ」のSAXと競演。「スタン」は91年に亡くなっているので、過去の彼のアルバムからソロ・パートを取り出してレコーディングされた様です。
(「スタン」は彼女のデビュー・アルバムにも参加していました)
丁度「ナタリー&ナット・キング・コール」の「アンフォーゲッタブル」と同じ“ヴァーチャル・デュエット”と同じやり方ですね(笑)。
ボッサ調のゆったりとしたリズムが日曜日の夜のしじまにピッタリです!

続くでは、イタリアの人気シンガー・ソングライター「リッカルド・コッチャンテ」とのデュエット。「リッカルド」が書いたカンツォーネをコンテンポラリー・ジャズで仕上げています。

のバラードに続いては、皆さんご存知の映画『トッツィー』のテーマ曲。
作曲者でもある「デイヴ・グルーシン」をピアノに迎えて、オリジナルに忠実なアレンジで、しかし一味違った仕上がりとなっています。「デイヴ」のピアノに加えて「ランディ・ウォルドマン」のシンセもロマンティックな雰囲気を醸し出していますよ!

そのを歌った「スティーヴン・ビショップ」の隠れた名曲「哀愁のマンハッタン」をジャジーにカバーしたは、AORファン必聴のナンバー。「ビショップ」自身も後半からスキャットで登場して派手なパフォーマンスを見せてくれます(笑)。「ディーン・パークス」のギター・ソロも注目です。

「マイケル・ランドゥ」がアコギでジャジーにプレイするというなかなかお目に(お耳に)かかれないに続くのは、このアルバムの為に「バート・バカラック」が書き下ろした
「ルーサー・ヴァンドロス」や「チェンジ」「角松敏生」などでお馴染みの
「ヴァニース・トーマス」「カーティス・キング」のバック・ヴォーカルも見事です。

は98年にアメリカで行われた盲人の為のチャリティー・コンサートからのライブ音源。
ここでは今は亡き「レイ・チャールズ」が登場!!
ピアノを「ダイアン」、そして「レイ」はヴォーカルとシンセ(ヴァイブの音でプレイ)を担当という非常に珍しいデュエットが堪能できます。

続くも同じライブ音源から。「スティーヴィー・ワンダー」の名曲「心の愛」です。
前半は「ハービー・ハンコック」のピアノ・ソロでしっとりと、
後半からは「Marvin Gaye / What's Goin' On」の様なソウルフルな仕上がりです。
特に後半に移る直前の彼女のどこまでも伸びるヴォーカルは鳥肌モノですよ!!

そののイントロで、会場にいる「スティーヴィー」に向かって

こんにちは、スティーヴィー。今日はとても元気そうね。
 今夜ここでアナタを讃える事が出来て本当に嬉しくて仕方がないの。
 それから私達の様な障害者も、頑張れば世の中を変えるようんな事ができるって分から
 せてくれたあなたには、心の底から感謝しているわ。
 いつか私の為に1曲書いてもらえないかしら


と話すMCがあるんですが、それを実現させたのが
「スティーヴィー」の書き下ろしで、本人もハーモニカとヴォーカルでデュエットしています。
これがまたいい曲なんですよ~☆

こんなゴージャスなゲストが勢揃いしたこのアルバム。
ただ“豪華”だけでなくクオリティも非常に高いですし、音楽作品としても優れた1枚です。
ジャズ、AOR、ソウル・・・と、全ての音楽ファン必聴のアルバムですよ!!

日曜日のゆったりとしたひと時に、お気に入りのお酒と一緒に如何??

サザエさんが始まると何故か切なくなりませんか??
    ↓

人気ブログランキング
Jazz | コメント(9) | トラックバック(0)

魂の歌・・・。

2005年06月03日
20050602122537.jpg
6月3日は「カーティス・メイフィールド」の誕生日(1942年6月3日生まれ)です。

HAPPY BIRTHDAY!!

私にとって「カーティス」は、正直それほどの思い入れはありません(笑)。
どちらかと言えば90年代前半に起きた“レア・グルーヴ・ムーブメント”で彼を知ったという、
かなり後追いのファンです。
でも「カーティス」のアルバムは何故か12枚もウチにありました(笑)!!

さて「カーティス」のアルバムの中で1枚だけを選ぶとすれば・・・
>>続きを読む・・・
R&B | コメント(8) | トラックバック(1)

夜風のオン・ザ・ロード。

2005年06月01日
20050527163653s.jpg今日から6月ですね!
って事は2005年も、もう半年経とうとしてるんですね!!
(歳取るハズだ・・・笑)

でも、季節もだんだん夏に近づいてきて、
夜のドライブが楽しくなってきましたね!
私もそんなに夜ウロウロする訳ではないのですが(笑)。

窓を開けて少しヒンヤリとした心地良い風を浴びながらのドライブ・・・大好きです。
特に高速道路で福岡の夜景を横目で見ながらのドライブは最高ですね!
(虫が窓にぶつかって汚れる事を除けば・・・笑)

さて、そんな夜のドライブの助手席に乗ってくれる彼女の写真を特別に公開しましょう!
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(20) | トラックバック(2)
 | HOME | 
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。