06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

永遠の夏のサウンドトラック・・・。

2005年07月30日

7月もそろそろ終わり、8月に突入しようとしています。
それにしても毎日ホントに暑いですね~。
今年は秋の訪れが平年よりも遅いそうですから、まだまだ暑い日が続きそうです。

さて「鈴木英人」です。
日本を代表するイラストレーターであり、「永井博」と人気を二分するアーティストです。

彼の絵の一番の特徴は「光」「風」を描いたところ。
背景の○や□が「光」
そしてリボンの様なものが飛んでいますが、それが「風」を表現しています。
「光」は色んな画家が様々な手法で表現していますけど、
「風」をこれだけ的確に、そして躍動感溢れる表現をしたのは彼が初めてじゃないでしょうか?

これまで様々なポスターやアルバム・ジャケット、本の表紙(英語の教科書『New Horizon』も彼のイラスト)、「サマージャンボ宝くじ」にも起用されていましたね~。

若い方はそれ程の思い入れは無いでしょうけど、30代後半以上の方にとって彼のイラストは見ただけで郷愁を感じてしまうのではないでしょうか?

理由は・・・コレ!
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
J-POP | コメント(27) | トラックバック(2)

ここは何処??

2005年07月28日
20050728200208.jpg夏休みを利用してバリ島に行ってきました!
な~んちゃって(笑)。
行ける訳無いじゃん!!お金も暇も無いのに・・・。
じゃ、ここは何処かって?


20050728200232.jpg
実はここ、北九州市若松区脇田海岸に平成16年にオープンした海浜公園『ひびき海の公園』
道路から中に一歩入ると別世界のような光景が広がり、
海岸には遊歩道もあって、なかなか雰囲気のいい散歩道になっています。
その『ひびき海の公園』の中にある施設が『汐入の里』。
最初の写真は、この中の施設『ウェディングヴィラ・マティルタ』です。
ここにはレストランはもちろん、チャペルを持った結婚式場もあり、
独身女性にはたまらない施設です(笑)!!

20050728200254.jpg

20050728201929.jpg

海を目の前に永遠の愛を誓い合う・・・なんてロマンティックなんでしょう!!

ま、私は関係ないので隣のレストラン『カシ・クラン』へ。
20050728200223.jpg20050728200243.jpg
エントランスはまるでバリ島のリゾート・ホテルの様な雰囲気を持つアジアン・テイストの建物。
調度品、建材、壁の石に至るまでバリから直接取り寄せていて、徹底したリゾート感のこだわりが見られます。
一瞬「ここは何処?」と思ってしまいました。

窓からはこんな景色が・・・。
20050728200324.jpg20050728200314.jpg

ランチ・タイムは終わっていたのでアイス・コーヒーをオーダーして、
しばしアジアン・リゾートを疑似体験してました。
ちなみにランチもディナーも本格的な創作フレンチ。
すぐ近くに「響灘漁港」があるので、新鮮な魚介類を豊富に使った料理が堪能できますよ!
でも一人で行くにはちょっと寂しい場所です(泣)。
だって隣の席には、式場のパンフレットを見ながらイチャイチャしているカップルが・・・。20050728200335.jpg

施設内には物産館『汐入の里』も!
新鮮な野菜や魚が信じられない安さで買うことが出来ます。
景色、料理、空間が一体となった極上のリゾート・・・。
あなたも是非訪れてみては如何ですか?


20050728200305.jpg『Kasih Kerang(カシ・クラン)』
■営業時間:ランチ10:00~17:00
        ディナー17:00~20:00(予約のみ営業)
■問い合せ:093-741-0111




さて、そんなリゾートを満喫した日に、
車の中でこんなアルバムを聴いていました!
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(13) | トラックバック(0)

何もない豊かさ・・・カオハガン島。

2005年07月25日
子供達も夏休みに入って、お子さんがいらっしゃる家庭は
慌しい毎日を過ごしていらっしゃる事でしょう(笑)。
でもほんの少しだけでもリゾート気分を味わえるこんな本は如何ですか?

『南島からの手紙~風の島カオハガン物語』
著:熊切 圭介
新潮社 3570円(税込)






私の大好きな本・・・というか写真集です。
普段あまり音楽雑誌ぐらいしか買わないんですけど、これは即買いしちゃいました。

ここに描かれている「カオハガン島」とは、フィリピンの「セブ島」の南10キロの所にある島。
周囲は2キロ、端から端まで歩いても僅か10分程の小さな島なんです。
島の住民は約400人。小さな学校と可愛らしい教会、数件の駄菓子屋があるだけで、ガスも水道もありません。
2001年の3月までは電気もありませんでした!
島の人は小魚や貝を獲り、干しなまこ、ウニ、貝細工などを売って生計の足しにしていますが、ほとんど自給自足に近い生活です。

そして、実はこの島は「崎山克彦」さんという日本人が、サラリーマンを辞めて1000万円で購入した個人所有の島なんです。
ですから島の住民は、法律的に言えば“不法占拠者”(笑)。
でも崎山さんは、島の住民と「共存」を考え、
これまで通りここで生活することを許可しているんだそうです。
しかも崎山さんは島の子供たちのことを考え医療や教育を充実させ、それでいて「何も無い豊かさ」を守りつつここで生活をしているそうです。

もちろん観光で訪れることも出来るんですが、5棟しかないロッジにはシャワーやトイレも共同。トイレは用を足した後、バケツの水で流します(笑)。もちろんロッジには電気もありません。レストランなんて洒落たものもなく、「母屋」という所で崎山夫妻が島で取れた魚介類でもてなしてくれます・・・。
ただそこにあるのは“自然”“時間”そしてフレンドリーな地元住民との“心の交流”という豊かさ。

「え~、シャワーも無いの? ありえな~い!!」

という方には、この島へ行くことをオススメできません(笑)。
でも豊かな自然何もしない時間を求めている方にはうってつけの場所と言えますよ!

現代人が忘れかけている“何か”がきっと見つかることでしょう。

私もいつかこの島を訪ねたくて・・・。

でもお金も時間も無いという方には、
せめてこんなアルバムでヴァーチャル体験してみませんか??
>>続きを読む・・・
POPS | コメント(7) | トラックバック(1)

真夏の夜の夢

2005年07月24日
関東で震度5の地震がありましたが、関東地方の皆さんは大丈夫でしょうか?
思わず3月に起きた福岡の地震を思い出してしまいました。
被害に遭われた方には心情お察しいたします。

さて、今夜(7月23日)は、佐賀県唐津市浜玉町で行われた
『浜崎祇園祭』に行ってきました。
この『浜崎祇園祭』とは、浜玉町にある“マムシ除け”で有名な「諏訪神社」境内にある祇園社に、毎年7月の夏休みに入って最初の土日に奉納される西区、東区、浜区の三地区による山笠行事。
山笠は全国でも最大級の大きさ(15メートル!)を誇り、写真でもお分かりの様に、屋形や人形で豪華絢爛に飾り付けられていて、夕暮れ時には燈篭に明りを灯し夜の町に浮かび上がります。
まるででかいクリスマス・ツリーみたいです(笑)。


福岡の方に分かりやすく言うと『博多祇園山笠』の飾り山が町を練り歩く様なもの!!
ですから浜玉町の電柱や電線・信号機は、
この飾り山がぶつからない様にかなり高くしているんです。
20050724001052.jpg20050724001123.jpg

20050724001112.jpg
どうですか?この雄大さ!!

揃いのハッピを着た各地区の締め込み姿の若衆が、
日の落ちかけた夕方から山笠を曳き出し、町内をゆっくりと曳き廻すんですが、
最大の見せ場は何と言っても諏訪神社境内での「大回り」
20050724001133.jpg20050724001141.jpg20050724001149.jpg

「大回り」とは、この飾り山をグルグルと何回も廻す事。
15メートルもある飾り山がグルグルと十数回も廻る姿は圧巻!!
アスファルトと車が擦れてギーギーときしむ音を立てながらの雄姿は、感動のあまり声も出ない程です(汗)!!
実は去年も行ったんですが、何度見てもこの「大回り」には興奮と感動の嵐です。
しかも、こんなスゴイお祭りなのに意外と観客は少なくて、廻っている飾り山を1メートルぐらいの距離で見られるんですよ!

もう“感動!”という言葉意外見つかりません。

またこの飾り山の準備には半年もの期間を要するんですが、
本番の2日間が終わると一晩のうちに解体されて、次の日には山笠は跡形もなく、路面には回転したときの跡が幾重にも丸く残っています。
まさに“真夏の夜の夢”といったところでしょうか。

『博多祇園山笠』は全国的にも有名ですが、この『浜崎祇園祭』ももっと知られてもいいのに・・・。
とにかく一度その目で見ると虜になります!!!

今年の夏の始まりを体感した一夜でした。


さて、帰りの車の中ではお祭りで興奮して火照った心と身体をクールダウンさせてくれるこんなアルバムを聴いてました!
>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(18) | トラックバック(0)

SEA BREEEEEEEEEEEZE!!

2005年07月22日
先日の満月はご覧になりましたか?
私なんか感動のあまりボーっと見とれていました(笑)。
最接近の満月は毎年あるみたいですので、来年もチェックしなきゃ!!


さて、毎日暑い日々が続いていますが、皆さんはボディ・ケアはどうしていますか?
女性は気をつけているでしょうけど、男性である私もこの歳になってくると肌の老化現象は避けられない現実(笑)。
ま、ただ老化していくだけなら構わないんですが、気になるのが“体臭”
西洋人に較べると日本人は体臭が少ないみたいですけど、どうしても夏場は汗をかくので気になりますよね~。
汗臭さは女の子に嫌われちゃいますし(やっぱそこに行くか・・・笑)、
イチバンやっかいなのが“オヤジ臭”!!

正式には“加齢臭”といいます。
“加齢臭”は“老人臭”ともいわれ、皮膚の老化によって起こる臭い。
加齢により皮脂腺(皮脂を分泌する器官)の酸化が進み、皮膚に過酸化脂質(酸化して毒性が強くなった脂肪分)や脂肪酸が増えることが原因だそうです。
つまり皮膚の上で過酸化脂質と脂肪酸が混ざることで、脂肪酸が分解され、その結果様々な臭い物質が全身から発生するという事。

“オヤジ臭”だからといっても、コレは女性にも発生する臭いです!!

そこで活躍するのがオーデコロンや香水といったもの。
でも、臭いに敏感すぎる私は強すぎる香水に気分が悪くなるので、
もっぱらコレを使っています。
20050718121114.jpg『SEA BREEZE』です。
実は中学生の頃から現在まで使用しているので、かれこれ30年近く使用しています。
もちろんシャンプー、リンス、ボディ・シャンプーも『SEA BREEZE』製品を愛用してます。

元々はアメリカで1902年に開発された薬用ローション。
日本には1960年に入ってきたらしいので、歴史は意外と古いものなんですねー。今は写真の様なプラ・ボトルですが、昔はガラス瓶に入っていたんですよ!
私はコレを風呂上りの身体やヒゲ剃り後にも使用しています。
“オヤジ臭”もコレで抑えられるみたいです(笑)。

で、夏はこの超強力なボディ・シャンプーを使用中!!
20050718120723.jpgこれが凄いんです!
洗ってる時から体中がスースーしてきて、風呂上りはクール・ダウン状態。特に日焼け後には頼れるボディ・シャンプーです。

ただ下半身を洗っていると、かなり効き過ぎる傾向があります(笑)。
思わず「ヒー!!」と叫ぶくらいですのでご注意を☆


そんな『SEA BREEZE』愛用者である私が、
『SEA BREEZE』によって導かれたアルバムが・・・コレ!!
>>続きを読む・・・
J-POP | コメント(17) | トラックバック(3)

今年最大の満月。

2005年07月19日
moon.jpg私達の上にポッカリと浮かんでいる
普段は何気なく見ている月ですけど、月に関してどれほどの事をご存知でしょうか?
月の赤道半径は1738キロで地球の約4分の1
誕生して46億年経っていると言われています。
地球から月までの距離は平均384,401キロ



これを地球にある交通手段に当てはめてみると・・・
■徒歩→約11年
■自転車→約3年
■新幹線→約80日
■ジェット機→約13日

これだけの時間がかかるそうです(笑)。思ったより近い距離にあるんですね。

古来から、人類は月に魅せられてきました。それは一番大きく目立つ星であるということは当然ですが、やはり何か不思議な力を秘めた存在でもあるからかもしれません。

さて、先ほど地球から月までの距離を書いた時に“平均”と書きました。
そうなんです。月の軌道は完全な円ではないんですねー。
少し“だ円軌道”を描いているんです。そのため地球と月の距離は絶えず変化しています。
最も接近したときと、最もは離れた時の差は5万キロもの差があるそうです。

そんな月が、今月21日(木)に最接近します!
しかも満月で。

気になるお天気ですけど、福岡は「晴れ時々曇り」
時々雲に隠れる事はありそうですけど、まあまあのコンディションで見られそうです。
たまにはボーっと空に浮かぶ月を眺めてみるのもいいんじゃないでしょうか?

もちろん世界中でキレイな満月を見ることが出来ます。
NYでも、ロンドンでも、パリでも、アフリカや南極でも。

そしてジャマイカでも・・・。
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(21) | トラックバック(2)

夏到来!

2005年07月17日
DSCN0735.jpg
暑いですね~。
昨日から福岡も再び夏らしくなってきました。
気象庁からの発表はまだですが、多分“梅雨明け”したんじゃないでしょうか?
ふと気が付くと、空には夏の象徴でもある入道雲(積乱雲)が・・・。

本格的な夏がやってきた様です。

暑さを凌ぐには前回のヒヤチューもいいですけど(笑)、
こんな爽やかな音楽は如何でしょうか?
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(4) | トラックバック(1)

ヒヤチュー??

2005年07月16日
梅雨もそろそろ明けそうな気配です。
九州南部は梅雨明け宣言されたみたいですね。
ようやくジメジメした日々から開放されそうな気配。

さて、少し前まで『世界の中心で、愛をさけぶ(セカチュー)』が大ブームとなっていましたが、
私は毎年夏になると「ヒヤチュー」がブームになります。

「ヒヤチュー」・・・そう『冷し中華』です(笑)。
私は子供の頃から大好きで(笑)、何故か大人になってその好き度がパワー・アップ!!
夏は毎日ヒヤチューでもいいくらい。
中でも一番好きなのが、この写真のヒヤチューなんです。
九州、もしくは西日本の方ならご存知かもしれませんが、これは「マルタイ・ラーメン」でお馴染みの福岡に本社を持つ『株式会社マルタイ』が発売している即席めんのヒヤチュー。
私が子供の頃からスーパーなどで売ってるので、発売されてからかれこれ30年以上は経つんじゃないでしょうか?
だってそれまでヒヤチューと言えば、中華料理店かラーメン屋さんでしか食べられなかったもの。それが家庭で簡単に作れるこのヒヤチューは、当時としては画期的な発明だったんじゃないでしょうか?

作り方は普通の袋めんの様にお湯で茹でて、それをザルに揚げて水で冷やしながら洗うだけ。
後は前もって作っておいたスープ(粉を溶かして作ります)を上からかけるだけという手軽さです。

最近はチルド製の「レモン風味」とか「ゴマだれ」とかいった“本格派ヒヤチュー”が売られているのにどうしてコレが好きかといいますと・・・
冷麺特有の滑らかでコシのある麺に、ごまの風味を生かした爽やかな涼味をそそる甘酢味スープ。
そして同封されているふりかけ(紅しょうが、青ノリ、黒ゴマ)をかける・・・

というジャンクな感覚が病みつきになっちゃうんです!!
もちろん、本格的なヒヤチューを想像してはいけません。
だってあくまでもインスタントなんですから。
でもその“インスタントさ”が、不思議とクセになっちゃうんですよねー。
毎年1箱買いしますし(大人買い?)、1回に2袋分食べます。
夏の間は3日に1度は食べるかも!!お中元でコレを貰ったら一番嬉しいです(笑)。

美味しく食べるコツは・・・、

●お皿は必ず冷やしておく
●スープを冷凍庫でキンキンに冷やす
●麺は気持ち固めに茹でる(アルデンテよりも柔らかく)
●黒ゴマを少し足す


こうするとより一層美味しくなります(笑)。
・・・って、別にココでレクチャーしなくてもいいんですけどね!

騙されたと思って一度食べてみてください。

っていうか、コレを見た「マルタイ」の方、絶対にこの商品だけは作り続けてくださいね☆


さて、そんなこのヒヤチューを食べながら聴きたいアルバムが・・・コレ!
>>続きを読む・・・
J-POP | コメント(17) | トラックバック(0)

都会の中のオアシス

2005年07月12日
20050708132928.jpg先日、福岡県粕屋町にある『駕与丁(かよいちょう)公園』に行って来ました。ここは粕屋町のシンボルにもなっている場所で、敷地面積がなんと41ヘクタールもある広大な公園。
満々と水をたたえる駕与丁池を中心に広がる自然が満喫できる場所なんです。
向こうに見える白いドームは「かすやドーム」という粕屋町総合体育館。
大規模な大会やイベントに対応するメインアリーナ、サブアリーナをはじめ、最新のマシンが設置されたトレーニング室、武道場、全天候型温水プールを備えたプールアリーナなどがあります。
子どもから高齢者まで、みんなが楽しくスポーツに親しめる空間だそうです。
福岡には福岡ドームだけじゃなく、もう一つドームがあったんですね(笑)。

池には美しいフォルムの「水鳥橋」をはじめ5つの橋が架かっています。
20050708133040.jpg20050708133022.jpg
写真の橋を渡ると、目の前に風車が(近くまで上れます)。
その奥には運動広場が広がっています。
天気のいい日には親子そろってピクニックなんてよさそうですね。

その広場の脇に「バラ園」がありました。
20050708132945.jpg20050708133003.jpg20050708132954.jpg
私が行った時は、だいぶ花も落ちてましたが、それでもあたり一面バラの香りでいい匂いに包まれていましたよ!
20050708133013.jpgまたここは様々な鳥の生息地にもなっていて写真の様に「アイガモ」や「アオサギ」「ウグイス」「カカサギ」「ツグミ」などが沢山!
カモは餌をやると寄ってきてくれました(笑)。

池の周りを歩いて一周すると1時間近くかかりますが、平日の昼間だというのにウォーキングやジョギングをする方でいっぱいでした!

歳のせいか(?)歩きつかれたのでちょっと一息。
20050708133050.jpg
まるで都会の中のオアシスと言ったところでしょうか?
いや~、自然って本当にいいですね。
開発が進む福岡ですが、こうした緑豊かな場所は永遠に残して欲しいと切に願います。

さて、いっぱいの自然に包まれながら、ベンチに腰かけて聴いていたアルバムが・・・コレ!!
>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(11) | トラックバック(1)

大人で良かった!!

2005年07月10日
20050710154726.jpg福岡はここのところ雨続き。
せっかくの日曜日も一日中雨模様でした。
何の気なしにTVを点けると、そこに映し出された映像を見て固まってしまいました!!

スカパーに加入されている方はご存知でしょうが、271ch(110度は218ch)に『ミュージック・エア・ネットワーク(Music Air Network)』というチャンネルがあります。
ここは『MTV』『スペースシャワーTV』などとは全然コンセプトが違い“大人の音楽専門局”と銘打ってジャズやクラシックのライブ、また70~80年代の洋・邦の懐かしのPVなんかを見せてくれてます。
雑誌『ADLIB』『BRIO』が好きな方にはたまらないチャンネルと言えます。

で、何で固まったかと言いますと、そんな『ミュージック・エア・ネットワーク』「南佳孝」のライブをオン・エアーしていたからなんです!!
2002年6月に渋谷の「クラブ・クアトロ」で行った(ちょっと古い)ライヴの模様なんですが、これが日曜日の雨の午後を彩ってくれる何とも素晴らしいステージでした。
カバー・アルバム『BLUE NUDE』からのボサノヴァ・ナンバーが中心で、
前半は「ワン・ノート・サンバ」「トリステーザ」などのカバーをプレイ。後半は「日付変更線」「Scotch & Rain」「プール・サイド」「Midnight Love Call」「月夜の晩には」といった名曲を披露。

もうオジサン泣けてきましたよ~
>>続きを読む・・・
J-POP | コメント(16) | トラックバック(0)

除湿ミュージック!?

2005年07月08日
昨日の七夕は、あいにくの曇り空で天の川は見られませんでしたが、
皆さんの願いはきっと届いたと思いますよ☆
DSCN0777s.jpg
さて、6月に梅雨入りした福岡でしたが、全く雨が降らず水不足も懸念されていました。
でも7月に入った途端に大雨・・・。
水不足は解消されそうですが、今度は土砂災害などが心配されています。
昨日と今日は晴れましたが、今夜からまた当分雨が続くそうです。

雨が続くとイヤなのが“ジメジメした湿気”
衣服が肌にまとわりつくし、カビだって生えてきそうです。
ま、クーラーのドライ・モードにすればそれも解消されるんでしょうが、
音楽によっては除湿効果が得られる(気がする)ものもあるんですよ!
>>続きを読む・・・
Jazz | コメント(8) | トラックバック(1)

日光浴ミュージック♪

2005年07月06日
前回の『100回記念』の際には、沢山のおめでとうコメントを頂き、本当にありがとうございました!
おかげさまで過去最高数のコメントを頂いちゃいました(涙)。
こうして100回を迎えられたのも、皆さんの応援のおかげです。
200回目は年内には達成しそうですが、300回目、400回目・・・と頑張って書いていこうと思いますので、これからも変わらぬご愛顧をお願いいたします♪
DSCN0689s.jpg
さて、7月に入って雨ばかりが続いていましたが、今日は久々に晴れました!

福岡は入梅してからというもの、なかなか雨が降らなくて水不足も懸念されていましたが、ここ数日の大雨でダムの水かさも少しは潤ったみたいです。
でも今度は大雨によるがけ崩れなどが心配されてますが・・・。

でもこんな写真の様な太陽を見てると、プールにプカプカ浮いてのーんびりとした時間を過ごしたくなりますよね~☆

水に浮かびながら、こんな音楽は如何ですか??
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(6) | トラックバック(0)

祝100回記念!私の宝物。

2005年07月05日
先日の「ルーサー・ヴァンドロス」の突然の訃報のさなか、あまりめでたいとは言えない気もするんですが、ここはちょっと大目に見てやって下さい。

遂にこの『Soft & Mellow』も今回で100回目を迎えました!

パチパチパチパチ!!!

本当に数多くの皆さんの応援のおかげで無事に100回目を迎えることが出来たと心から感謝しております。

このブログによって、もしかしたら一生知ることが無かったかもしれない方々と(コメントだけですが)知り合う事が出来たし、自分が好きなアルバムを通して意見を交わせたり、本当に楽しい日々が続いています。

これからも遊びに来た方が、ほんのちょっとでも為になったり楽しめたり出来るようなブログにしたいと思ってますので、今後とも引き続きよろしくお願いします!!

さて、記念すべき100回目に紹介するものは、私の人生において最も大切な、そして運命的な出会いをした“宝物”を紹介しましょう。
>>続きを読む・・・
Jazz | コメント(43) | トラックバック(0)

JMB連携TB企画第44弾/LutherVandross追悼企画"We Remember Luther!"

2005年07月02日
20050702170514s.jpgこのブログも99回目を迎えて、「後1回で100回目だ!」などと喜んでいるさなか、まさかこんなニュースが飛び込んでくるとは思いもしませんでした・・・。

グラミー賞を4度も受賞した「ルーサー・ヴァンドロス」が7月1日、米ニュージャージー州の病院で亡くなりました。
享年54歳。詳しい死因は不明という事です。


2003年4月に脳卒中で倒れたんですが奇跡的に復活し、現在はリハビリ中で復活も時間の問題と言われていただけに、このニュースは私にとってもかなりショックでした。
倒れた直後に発売されたアルバム『Dance With My Father』は、2004年のグラミー賞で「最優秀楽曲賞」を受賞。
授賞式にはビデオでメッセージを寄せて、車いす姿ながらも元気な姿を見せてくれていました。

彼の歌声を初めて耳にしたのはラジオ番組で流れた「Never Too Much」
ダンサブルなナンバーながら、そこで聞かれる歌声はシルキーで、まだ高校生だった私でさえ
「セクシーな歌声だな~」と感じたものでした。
それから彼のアルバムをすぐに購入し、現在までずっとファンでいただけに、今回のニュースを聞いたときは何かの間違いではないかと思ったくらいです。

彼のプロフィールを詳しく説明しても、彼の真の姿を知ることは出来ません。
とにかくどのアルバムでもいいですから一度聴いてみて下さい。
貴方の耳に届いた音・・・それこそが「ルーサー・ヴァンドロス」なのですから。

そんな彼のアルバムを1枚だけ挙げるのは非常に難しい事ですけど、
私が一番好きなアルバムは・・・
>>続きを読む・・・
JMB連携TB企画 | コメント(23) | トラックバック(11)

気が付けば・・・

2005年07月01日
DSCN0730s.jpg

今日から7月です。今年も半年が過ぎちゃいました・・・。

でもふと気が付くと・・・
>>続きを読む・・・
POPS | コメント(6) | トラックバック(1)
 | HOME | 
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。