FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

On The Wings Of Time

2005年08月01日
jeffporcaro2.jpg8月に入りました。
8月になると思い出す人がいます。

1992年8月5日・・・。
今から13年前の今日、ある一人のミュージシャンがこの世を去りました。

そう・・・「ジェフ・ポーカロ」

「TOTO」のドラマーとして、
また世界中のアーティストからオファーがかかり、星の数ほどの楽曲に参加した天才ドラマーです。
亡くなって13年もの歳月が流れているにもかかわらず、
いまだに彼のドラミングは語り継がれています。
それだけ人々の心に残る音だったのかもしれません。

私が彼のドラムの音を初めて意識して聴いたのは
「ボズ・スキャッグス」のアルバム『シルク・ディグリーズ』
もちろんドラミングの妙技がどうとか、技術がどうとか、使用している楽器がどうかなんて難しいことは分かりません。
ですが、「ロウダウン」で聴かれるグルーヴ感は、ドラムなど叩いたことすらなかった当時の私の心を一気に掴んで離しませんでした。

20050729155200.jpg
彼は努力家でもあったそうですが、その努力の中に見られる天性の才能・感性から放たれるドラミングは、数多のドラマーには見られない“歌心”が存在していた様に思えます。

jefrfporcaro.jpg
彼は心臓麻痺のため、1992年8月5日に亡くなりました。
自宅の庭で殺虫剤を使用中、極度のアレルギーを発症したことが原因と言われていましたが、1ヵ月後のLAの検視官のレポートによると、彼の体内からコカインが検出されたといわれています。
メディアはこの事実を大きく取り上げ「薬物乱用が彼を死に至らしめた」と結論付けましたが、真相は藪の中。

でも“ドラッグ云々”の話は抜きにしても、様々な音楽を通して彼が残してくれた音楽という贈り物は決して風化しないでしょうし、これからも永遠に輝き続ける事でしょう。

彼の墓石には家族がこんなメッセージを刻んでいます・・・。

OUR LOVE DOESN'T END HERE IT LIVES FOREVER ON THE WINGS OF TIME

さて、そんな「ジェフ・ポーカロ」のドラミングを堪能できるアルバムといえば、やはり「TOTO」のアルバムなんでしょうが、その中でも今回私は、敢えてこのアルバムをご紹介したいと思います。
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
AOR | コメント(15) | トラックバック(2)
 | HOME | 
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。