09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

JMB連携TB企画第50弾/Music For Sunset!

2005年10月30日
SUNSET
いつもお世話になっている「JMさん」とこの『JMB連携TB企画』が遂に50回目を迎えました。
おめでとうございます!!
私は第36弾から参加させて頂いてまして、今回で12回目(前回は不参加)の参加となります。

今回のお題は・・・『Music For Sunset!』という事。

私的には“SUNSET”というと、やっぱり夏の夕暮れのイメージが強いんですけど、
少し波も立ってきた秋のサンセットもオツなものですよね。

上の写真(クリックすると大きくなります!)は、私のお気に入りの場所「二見ヶ裏」で撮った写真。
こんな景色を見ながら聴きたいアルバムはと言うと・・・
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
JMB連携TB企画 | コメント(14) | トラックバック(17)

星のかけらを探しに行こう。

2005年10月29日
火星
10月30日(日)は、火星が地球に接近するのをご存知でしょうか?

「えっ?確か2003年にも話題にならなかったっけ?」

そうです。2003年の「火星大接近」はその最大級のものでした。
でも「火星接近」そのものは2年2ヶ月おきに見られる現象。
地球が太陽の周りを1年(365日)かけて一周するのに対して、火星は687日かけて回ります。
これは、地球の軌道がほぼ“円軌道”であるのに対して、火星の軌道がやや“楕円軌道”のためなんです。

火星との距離は接近時、約5600万キロから約1億キロまで差があり、今回の大接近は前回ほどではないにしても、2回続いての火星大接近は滅多にあることではないんです。

ちなみに火星のデータを調べてみると・・・

■直径・・・・6,794km(地球の0.533倍)
■質量・・・・地球の0.107倍
■重力・・・・地球の0.380倍  
■自転周期・・24時間37分
■表面温度・・最高気温26度~最低気温-137度 (平均22度)
■衛星の数・・2個(フォボス、ダイモス)


火星の輝きは前回(2003年)はマイナス3等級でしたが、今回はマイナス2等級の輝き。
しかし、今回も良く晴れた夜に夜空を見上げれば、
火星の赤く妖しい輝きが目に留まることでしょう。
直径8センチ程度の望遠鏡でも、じゅうぶん火星の表面を観察できるらしいです。

前回見逃した方も今回の火星大接近の機会に、
是非ご自分の目で楽しんでみては如何でしょうか?


それぞれの色んな想いを胸に秘め、こんな音楽を聴きながら・・・。
>>続きを読む・・・
POPS | コメント(9) | トラックバック(1)

こんなのも聴いてます⑱

2005年10月26日
KAITA
『KAITA / KAITA』
01.メロディ
02.寒い夜
03.Looking For Love
04.二十歳のソウル
05.月の夜でもレゲエっぽく
06.いい感じ
07.笑わずにきいて


夜が寒くなってきて何故かこのアルバムが無性に聴きたくなりました。
覚えている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

「KAITA」は、ヴォーカルの「能勢海太」を中心に結成された6人組グループ。
1995年にシングル「Looking For Love」でデビュー。
1stアルバムがこの『KAITA』です。
デビュー前に海外の大物プロデューサーへデモ・テープを手当たり次第に送ったところ、
何とあの「モーリス・ホワイト(EW&F)」「ウォルター・ベッカー(STEELY DAN)」が興味を示し、考え抜いた挙句「モーリス・ホワイト」へ返事をし、彼の元LAでレコーディングしたという本当に贅沢なアルバムです。
「ビル・メイヤーズ」も参加!)

「モーリス」がプロデュースって事で、出てくる音は当然ソウルフル!
2ndシングルとなったは、「M・ゲイ」「C・メイフィールド」を髣髴とさせるサウンドで、またこの「能勢海太」のソウルフルなヴォーカルがいい味出してます。
AORっぽいやファンキーなデビュー曲も「モーリス」らしいアレンジ。
たった7曲しか収録されていないのが非常に残念です。

翌年2ndアルバム『夜明けのプラザスイート』をリリース。
このアルバムも「M・ホワイト」「B・メイヤーズ」がプロデュースを手がけてますが、1stアルバムほどソウル色は強くありません。
97年に3rdアルバム『GIANTS』をセルフ・プロデュースで発表した後、
バンド名を「LOVE BELL BACK LINE」と改名。
テレビ東京系『輝け!ソングラ天国』に出演したりしてましたが、今はそれぞれがスタジオ・ミュージシャンやソングライターとして活動している様です。

アルバムはもちろん“廃盤”ですけど、「amazon」でかろうじて買うことが出来ますし(ジャケ写をクリック!)、中古CDショップなどでも比較的手に入りやすいかも!
J-AORとしてはかなりクオリティの高いグループですので、是非一度チェックしてみてください。

心が温かくなる1枚です!


KAITAを書いた・・・失礼!
    ↓

人気ブログランキング
J-POP | コメント(9) | トラックバック(0)

ココアはやっぱり・・・。

2005年10月24日
朝晩どころか昼間もめっきり涼しくなって、紅葉も一気に色づきそうな福岡です。

普段はアイス・コーヒーしか飲まない私(冬もアイスです・・・笑)ですが、
寒くなると、寝る前に時々飲みたくなるのが・・・ココア


最近は「○豆ココア」なんてものが発売されて、身体にいいという事でかなり売れている様ですけど、私的には認めたくないんですよね~(笑)。
私はもっぱら「ヴァンホーテン」を愛用。
色んなココアを飲んでみましたが、やっぱり「ヴァンホーテン」が一番口に合うみたいです。

近年、TVや新聞、雑誌などで取り上げられているこのココア・パワー。
色々と効き目があるようですが、情報が多すぎて逆に混乱している方も多いのではないでしょうか?
そこでちょっとまとめてみました。

■ココアとは?■
ココア パウダーの原料「カカオ豆(学名:テオブロマ・カカオ)」。
学名はギリシャ語で「神の食べもの」を意味します。
実際、古代アステカ帝国では王様の飲みものと考えられ、カカオ豆が貨幣として使われていた時代もあったそうです!
時代が流れて、新大陸の発見に伴いヨーロッパに初めてチョコレートをもたらしたのはスペイン人。
当初は砂糖を加えることで美味しさが増すことに注目した王侯貴族を中心に、やがてロンドンにもチョコレートハウスができるなど、広く一般にも愛飲されるようになりました。

■ココアの成分■
ココアに含まれている成分は下の通りです。

・エネルギー 350kcal   ・水分 2g
・たんぱく質 20g       ・脂質 20g
・食物繊維 30g        ・テオブロミン 2g
・マグネシウム 500mg   ・カルシウム 150mg
・カテキン 70mg       ・エピカテキン 80mg
・亜鉛 7mg          ・銅 5mg


■ココアの効用■
・カカオ ポリフェノール
 タンニン、カテキン、エピカテキン、ケルセチンの4つの要素でインフルエンザウィルスを撃退。
・テオブロミン
 ホッとした気分にさせる。体をポカポカ温める(カフェインに似た成分ですが刺激は少ない)
・カカオFFA
 カカオバターに含まれる遊離脂肪酸の中でもオレイン酸、リノール酸が、ピロリ菌を死滅させる。
・ミネラル分
 カルシウム、マグネシウム、銅、亜鉛などのミネラル分が豊富で免疫力を高める。
・食物繊維
 ココアはコーヒー・紅茶と異なり、抽出せずにカカオ豆そのものを体内に取り入れるため、
 食物繊維も豊富に摂取できる。
・香り
 チョコレートと同じくリラックス効果。

・・・凄いですね~。これだけの効果が得られる飲み物ってなかなか無いですよね!

そんなココアをもっと美味しく飲む作り方はというと・・・


手鍋にココアと砂糖を入れます。一人分の分量は、それぞれスプーン1杯(約4g)が目安ですだそうですけど、私はココアがティー・スプーン大盛り1杯、砂糖はスティック・シュガー1本入れます。

冷たいミルク、もしくは水を少量(大さじ1~2杯)加えて、なめらかなペースト状になるまでよく練ります。この練り方が大事です!面倒くさいかもしれませんが、ここで良く練っておかないと風味豊かな美味しいココアが生まれません。

手鍋を中火にかけ、一人分当りのミルクを少しずつ加えながらよくかき混ぜる。
私はここで隠し味&風味付けに「バター」をほんのちょっと加えます。
まろやかさもアップしますし、風味が立ってきます。

沸騰直前に火から降ろすのが一般的。牛乳の臭みが出るからだそうですけど、私はあえて沸騰させて“とろみ”を引き出します。

もちろんそれぞれ好みがありますから、この作り方が絶対というワケではありませんが、何度か作ってみて自分好みのバランスで味わってみては如何でしょうか?

秋も深まり、温かい飲み物が恋しくなってきました。
甘く香り良い、そして健康にもいいココアでも飲みながら、こんな音楽は如何でしょうか?
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(12) | トラックバック(0)

深夜2時の音。

2005年10月22日
ススキ
福岡も昨日あたりからめっきり寒くなって、ようやく秋らしくなってきました。
アチコチにススキの姿も・・・。
ちなみにススキを写真に撮る場合は“逆光”が鉄則です(笑)!!

今日は仕事の帰りに会社の仲間と飲み会。
夜は久々に雨が降り出しています。
あまりにも楽しい時間を過ごせたせいかなかなか寝付けず、こんな時間まで起きているという訳。
何をするワケでもなく、部屋の中でただこんな音楽に身を任せていました。
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(10) | トラックバック(1)

小倉牛!

2005年10月20日
牛

朝晩の気温も一気に下がって、まさに“食欲の秋”が到来!
夏の暑い時期にはどうしても敬遠しがちだったお肉も、ようやく美味しい季節がやってきましたね。


さて、皆さんは『小倉牛』ってご存知ですか?
「松坂牛」や「神戸牛」「佐賀牛」「米沢牛」・・・と、全国には様々なブランド牛がありますが、今最も注目を集めているのがこの『小倉牛』なんです。

『小倉牛』とは、その名の通り北九州市小倉南区で育った牛の事。
(っていうか、北九州で牛を飼育している事すらビックリでした・・・笑)
血統書付の黒毛和牛を、飼料にこだわり(ビタミンAの調整)愛情込めて長期間育て上げたもので、「松阪牛」や「神戸牛」と同じグレードを持つブランド牛です。

この『小倉牛』には定義があって、生後8~10ヶ月から生産者に丹念に育てられ、18ヶ月間飼育された黒毛和牛。
他にも霜降り度が5階級以上のものなど、様々な検査があって、それに通過したもののみ『小倉牛』の名前が付けられるのです。
ですから、同じ牧場で育った牛が全部『小倉牛』になるわけではなく、その中の5割しか認定されないんです。
(認定されなかった牛は、ただの「和牛」として出荷)

また、この小倉牛はどこでも買えるワケではなく、JA北九州が指定した生肉店やレストランでしか扱っていないんです。
20051020195249.jpg20051020195258.jpg
指定店には上の左の写真の様な「指定店の盾」が飾られ、また何処の農場の誰が作ったかが一目で解る写真入りの「認定書」が貼り付けています。
俗に言う“トレーサビリティ”という事なんですが、何とこのシステムは平成4年から実施。
こういうスタイルをとったのは、多分この小倉牛が初めてじゃないでしょうか?

元々“地産地消”を目的にした「地元のお肉を地元の人に安全・安心して食べて欲しい」という生産者の心が伝わってきます。
小倉牛霜降り牛肉
どうですか、この霜降り!!そして美しい色と艶。
旨みたっぷりの肉汁、舌の上でとろけるような柔らかさ、きめ細やかな絶妙な感触と、どれをとっても一級品の折り紙つきです!
遠く東京の一流レストランからも引き合いがあるというこの『小倉牛』
北九州にお越しの際は、是非あなたの舌で確かめてみては如何でしょうか。

ちなみに上のステーキ肉の場合・・・、

100グラム2,500円!!

ですけどね(笑)。
>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(8) | トラックバック(1)

月(ツキ)はどっちに輝く?

2005年10月17日
部分月食
パ・リーグ・プレイオフの結果「千葉ロッテ・マリーンズ」が31年ぶりの優勝!!
おめでとうございます。
我らが「ソフトバンク・ホークス」は惜しくも優勝を逃しましたが、いい試合を見せてくれました。
本当にご苦労様でした。来年に期待しましょう(笑)。

さて、福岡中がTVに釘付けになっている中、実は私は夜空にも釘付けになっていました。
今夜10月17日(月)の夜空をご覧になりましたか?
キレイな満月でしたけど、午後9時3分・・・月の一部が欠ける“部分月食”が見られたんです。

月食は日食と違って、全国各地で食の進行の見え方に時間差はほとんどなく、同時刻に同じように見られます。

欠け始めたのは午後8時34分から。
そして最も欠けたのは午後9時3分
全経過はわずか1時間で終わってしまいましたけど、肉眼でもはっきりと分かる夜空のファンタジックなショーでした。

部分月食中の月の左下方には、地球に接近中の赤い星「火星」が輝いていて、これまた印象深い眺めでしたよ!
(火星最接近は10月30日)

夜空には神秘的なが昇っていたんですけど、
「ソフトバンク・ホークス」にはツキが無かったのかなぁ・・・。

そんな月の神秘的なショーを見ながら、こんなアルバムを聴いていました!
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(21) | トラックバック(4)

花と果実と温泉と・・・。

2005年10月15日
前回の予告通り、Musicmanはまたまたドライブ
ここまでいくともう病気ですね・・・(笑)。
朝10時に家を出たんですが、あいにくの曇り空・・・。
(写真はクリックすると大きくなります!)

今回の行き先は福岡県甘木市のキリンビール福岡工場内の『キリンビアパーク福岡』
九州で飲まれているキリン・ビールの殆どがこのビール工場で生産されている、日本一大きなビール工場です。
ビールが出来上がるまでの過程を見学出来たり、もちろん出来立てビールの試飲もできるツアーもあります。ビール好きは一日いても足りないくらいかも(笑)。
キリンビール工場
入り口には木で出来たキリン・ビールの象徴「麒麟」が展示。
これだけでビール党はワクワクしちゃいそうです(笑)。

しかし今回の目的は、この工場の敷地内にあるある「コスモス畑」!!
前回の予告では「100万本のコスモス」と書きましたが、それは大きな間違いでした。
何とその数・・・

1,000万本!!!

ケタが一つ違います(汗)。
コスモスコスモスコスモス
ご覧の様に右を見ても左を見ても何処を見てもコスモス!!
約70,000平方メートル(福岡ドーム1個分!)の広さに1,000万本のコスモスが咲き乱れる光景に圧倒されました。
昔からウワサには聞いていたんですが、コレほどの凄さとは思いませんでしたよー。
コスモスコスモス
また、ここのコスモスは背が高くて、ご覧の通り畑の中を歩くと花の中に埋没してしまいそうです。
コスモスコスモスコスモス
しかし、一度にコレだけのコスモスを見ると、まさに天国かと思っちゃいますよねー。
(ちなみに春には「ポピー」が1000万本咲くそうです・・・驚!!)

ビールでほろ酔い加減になっていたら、社会復帰出来なくなりそう・・・。
あっ・・・飲んでませんよ(汗)!!
車ですから・・・出来立てのビールなんて・・・の・・・飲むワケ無いじゃないですか(笑)。

美味しいビール・・・じゃなかった(汗)、1,000万本のキレイなコスモスを堪能した私たちは、
“筑前の小京都”と称される城下町「秋月」へと向かいます。
その秋月の入り口にある観光リンゴ梨狩り園『秋月あっぷる屋』へ到着。
あっぷる家
お店の入り口にはこの辺りの特産物が所狭しと並んでいてますが、それには目もくれず店内へ入り、ここの名物「フルーツ・カレー」を注文!
リンゴカレー
フルーツ・カレー・・・つまりリンゴが入ったカレーです。
ジャガイモの様に見えるのがリンゴ。
「えー、カレーに果物がゴロっとはいってるの?」
と思われる方も多いと思いますけど、フルーツの甘みがカレーの味を引き出し、大人も大満足の逸品です。
今回はセットで頼んだので、無添加・無農薬のリンゴ・ジュースとデザートに梨のパイが付いてきました。
パイ
ちょうど出来たばっかりだったそうで、アツアツのパイを頬張る(相変わらずの)食いしん坊夫婦でした(笑)。

さて、お腹も満たされたところで、そこから車で10分程度走ったところにある温泉
『美奈宜の杜温泉 杜の湯』へ。
杜の湯
懐かしい古民家風の造りの入り口をくぐるこの温泉は、大浴場(男女1つづつ)と家族風呂が3つ。
まだお昼過ぎという事もあって家族湯が丁度空いました。
案内されたのは「めじろの湯」
杜の湯
中に入ると・・・
杜の湯杜の湯杜の湯
素敵なお風呂でした!
お湯も少しぬるっとして肌にまとわりつく様な感じ。
開け放たれた窓からは写真の様な景色が楽しめて、本当にリラックスできました。
こんなお風呂に入れて2人で50分2200円は安いですよねー!!

またここは、この本館から少し下ったところに別館があります。
食事処「山荘美奈宜」と「離れ」(7棟の家族湯)があり、古民家造りの静かな懐かしい風情が残るくつろぎの場です。宿泊だけでなく、日帰り利用ができる離れには各棟それぞれ内湯(岩風呂)や囲炉裏の間、6畳の和室があり、まさにプライベートな空間。
まだまだ知られていないみたいなので、お忍びで訪れるにはもってこいの場所ですよ!
・・・って、何でお忍び??

さて、いい温泉に浸かって身も心も癒された私たちは・・・
三連水車三連水車
朝倉町の有名な「三連水車」を横目で見ながら・・・
田主丸駅
田主丸町(たぬしまるまち)へ。この建物は「JR久大本線:田主丸駅」です。
何でも昔から“河童伝説”があるのでこの駅舎になったとか(笑)。
また田主丸町は、耳納連山(みのうれんざん)の麓に位置するフルーツの町。
ぶどう畑至る所にブドウや柿などの果樹園があります。
実は田主丸町は“巨峰ブドウ発祥の地”なんです!




田主丸町で最近注目されているのが県道151号線から少し山寄りに入った「山苞の道(やまづとのみち)」と呼ばれる耳納山麓の約5キロの道。
沿道には洋画、版画、陶芸、染織、竹工芸、木工芸、ステンドグラスなどの工房が軒を並べているんですが、途中で『巨峰ワイナリー』へ立ち寄り。
ワイナリー
まるでイギリスの森の中の様なエントランスを抜けると・・・
ワイナリーワイナリー
無料で試飲できるワイン・ショップが!
白・赤などを少しだけ試飲して(笑)、リースリング・ワインを購入。ショップの隣にあるトンネルは・・・
カーブ
地下貯蔵庫(ワイン・カーブ)!もちろん見学することが出来ます。

ワイナリーを後にして、今度は偶然見つけたカフェへ(まだ食べるのか!?)。
ぶどうのたね
『たねの隣』というこのカフェは、雑貨&ギャラリーの『ぶどうのたね』と併設されたカフェ。
『ぶどうのたね』の隣にあるから『たねの隣』・・・。
好きです、こういうセンス(笑)。
店内は・・・
ぶどうのたねぶどうのたね
オシャレじゃないですか~!!
気のぬくもりを大事にした、思ったよりも広い、それでいて落ち着く店内です。
但し店内は禁煙なので、私たちはテラス席へ。
写真では分かりにくいかもしれませんが、柿園が目の前に広がる静寂の安らぎを体感できる場所でした。
ぶどうのたね
コーヒーもとっても美味しかったです。
ここは初めて、しかも偶然見つけたお店でしたが、かなり気に入りましたよ!

こうして朝から夜までタップリ遊んだ食いしん坊夫婦。
今回のドライブも充実した一日を送れましたよ!

さて、今回のドライブのお供に連れて行ったアルバムは・・・
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(11) | トラックバック(0)

またドライブかよ!?

2005年10月12日
平尾台
今日は仕事で朝から北九州市小倉南区へ行ってきました。
2時ごろ用事が終わったので、近くにある『平尾台』まで足をのばすことに・・・。
「またドライブ? 本当に仕事してんのかよ!」
って言葉が聞こえてきそうですけど、マジでちゃんと仕事してます(汗)。

この『平尾台』とは、山口県の『秋吉台(あきよしだい)』と並ぶ日本有数のカルスト台地で、
標高300~700m、南北6Km東西2Kmの大きさを持っています。
(天然記念物・国定公園・県立自然公園に指定)
「ピナクル」と呼ばれる沢山の石灰岩が、羊の群れのように見える「羊群原(ようぐんばる)」や、
地下に川が流れている「千仏鍾乳洞(せんぶつしょうにゅうどう)」など、独特なカルスト地形をもつ場所です。
平尾台平尾台平尾台
そんな「平尾台」に、2003年4月に「平尾台自然の郷」がオープンしました。地元の農産物や工芸品を販売する店や、地元の新鮮な食材を提供するレストラン、陶芸や彫刻の体験ができる工房が軒を連ねています。
今回は行きませんでしたけど、カルスト台地を一望できる展望台などもあり、大人から子供まで自然の中で遊ぶことができます。
平尾台今日は朝から晴れ。
日中の気温も28度まで上がりました。
青い空と白い雲、そしてちらほらと見られるススキと緑のコントラストがとっても美しく、またしても・・・
「自然っていいなぁ・・・」
と感慨にふけってました(仕事しろよ!)。

こういう景色を見ていると、人間の悩みなんてちっぽけなものだなと実感します。

んで、こんな素晴らしい景色を見ながら、こんな素敵なアルバムを聴いていました。
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(10) | トラックバック(0)

ぐるっと大分やまなみの旅。

2005年10月09日
皆さん3連休は如何お過ごしでしょうか?
私は普段一緒に仕事をしているスタッフと大分までドライブに行ってきました。
(家内は一人お留守番です・・・笑)
総勢10名(!)車3台という大所帯でのドライブ・・・。
しかも休日にみんなで一緒に何処かに行くのは初めてという事もあって、
みんなは朝からウキウキ☆
でも私は、今回のドライブのプロデュース役だったので一人ドキドキ(汗)。

9時に会社の前に集合。
九州自動車道→大分自動車道を通り、九重(ここのえ)ICを下車。
まずは「やまなみハイウェイ」と並走する県道40号線を走るドライブ・ルートを通り、『九酔溪』というたくさんの滝を観にいく予定だったのですが、夏の台風の為に道路が寸断されて行く事が出来ませんでした・・・。

出鼻をくじかれた私たちは、しかたがないのでちょっと早めの昼食を取ることに。
向かった先は豆腐料理のお店『とうふ工房さくら草』
豆腐料理豆腐田楽
横道を少し入った所にある大自然の中に立つ一軒家のお店です。
メニューはただ一つ『鉄釜とうふ定食(1500円)』のみ!
天然にがりと九州産大豆で店内で作る店主自慢の手作り豆腐を、自家製の味噌だれ付き「豆腐田楽」や、独特の淡泊さを持った「ざる豆腐」などにして食べるという豆腐専門のお店です。
中でも『馬いでご猿とうふ(うまいでござるとうふ)』と名付けられた「ざる豆腐」の味は絶品!!
「これが本当の豆腐の味なんだなぁ・・・」
と実感しました。
料理はもちろん、田楽を自分で焼くという行為に皆も大満足だった様です。
店を出るときには全員に、今出来たばかりの「おから」をプレゼントしてくれました。まだアツアツ!!
女性陣も大喜びで、プロデュース役の私としては、取り敢えずホッとしましたよ・・・。

美味しい料理を満喫した私たちは、こんな景色を横目で見ながら「やまなみハイウェイ」を通って次の目的地へ。
やまなみ
着いた場所は『くじゅう花公園』
「阿蘇くじゅう国立公園」の中にある、標高850mの久住高原に位置する自然公園です。
目前に久住山、遠くに阿蘇五岳を眺望できる絶好のロケーションの中、面積20万㎡の園内に、春から秋を通じて約500種類・300万本もの花々が咲き誇る場所です。

ゲートで迎えてくれたのは・・・
花公園
コスモス犬!!(ちょっとアホっぽいけどカワイイ!)
そして園内に入ると・・・
サルビアサルビア
どうですか、この目にも鮮やかな「サルビア」!!!
白・赤・紫の色鮮やかな「サルビア」の畑を見ていると、まるで北海道に来た気分です。
もちろん花はこれだけではありません。
ソナタみつばちチョコレートコスモス
中でも写真右端の茶色い花・・・何だと思います?
これは「チョコレート・コスモス」といって、本当にチョコレートの香りがするコスモスなんです!!
思わず苗(200円)をお土産に買ってしまいました(笑)。
園内の一番奥にコスモス畑が広がります。
コスモスコスモス
残念ながら4分咲きぐらいでしたけど、いい香りに包まれながら大自然を堪能しました。
ここはお土産売り場もレストランも充実しているので、家族連れにはピッタリな場所ですよ!

さて、私が“食いしん坊”なのは皆さんも良くご存知でしょうけど(笑)、今回の仲間は私も負けちゃう程の“食いしん坊”
特に女性陣は“花より団子”ですから・・・。
そこで・・・
牛牛
こんな放牧されている牛を横目で見つつ向かったのは、
『くじゅう花公園』の近くにある『ガンジー・ファーム』
ガンジーファーム
大分の牛乳メーカー「九州乳業(みどり牛乳)」が運営しているこのお店は、ガンジー乳牛が育つ『みどり高原牧場』に隣接する施設です。
取れたての生乳から乳製品をつくる牛乳・乳製品工場、ガンジーハウス(売店)、ファーマーズ・キッチン(レストラン)、ふれあい牧場など「見る・食べる・学ぶ・遊ぶ」を体験できる自然牧場です。
もちろん皆の目当ては、新鮮な牛乳から出来た「ソフト・クリーム」。
店内には新鮮な牛乳から作ったチーズやバター、牛乳など沢山のお土産を販売していました。

久住の自然を心ゆくまで味わった私たちは、今度は豊後大野市緒方町の国道502号線から500mばかり入った主要地方道路・緒方高千穂線沿いにある『原尻の滝』へ。
「道の駅」に車を停めて・・・
吊橋
ちょっと怖い(笑)吊橋を渡る途中で見えてくるのが・・・
滝滝
この滝!!
別名“大分のナイアガラ”と呼ばれています!
普通「滝」というと、山の上にありますが、ここは平野・・・住居が立ち並ぶ普通の場所に突如として出現するので、驚きと感動を与えてくれます。
日本の滝百選にも選ばれたこの「原尻の滝」は、滝幅120m、落差20m。
緩やかなU字型のカーブを描く岩壁の間を、幾筋もの水が滝壷に轟音を轟かせながら落下していきます。
特に水量が増える梅雨時は迫力満点!
もちろん滝が落ちる所まで行けます。
滝滝
どうです、この迫力!!
こうやって滝壺を上から見るってなかなか出来ないので、
訪れた際は勇気を出して近寄ってみてください。
女性でも大丈夫ですよ!
滝もちろん滝の下まで行けます。
霧雨模様の飛沫が容赦なく飛んできますが、視界の左右一杯に広がる滝の大迫力を、肌全体でしっかりと感じることができますし、マイナス・イオンも体中に浴びることが出来ます。
自然の作り出す景観には圧倒されました。

マイナス・イオンを身体いっぱいに浴びた私たちは、
今回のメインでもある「佐賀関(さがのせき)町」へ。
佐賀関と言えば・・・
関アジ
そう・・・関サバ関アジ
サバやアジを刺身で食べられるという事で、今や全国区になった大分の特産品です。
訪れたお店は、大分県人なら一度は行ったことがある割烹『吉田会館』
お店は岸壁に立っているので、海を眺めながら活きのいい魚が味わえるお店として、遠方からもワザワザ足を運ぶ客も少なくないとか。
会席料理と「関アジ」を二匹注文。
(「関サバ」は一匹8000円・・・と、ちょっと予算に合わず断念!)
頭も尻尾もまだバタバタ動いている活き造りは、脂が程よく乗っていて本当に美味しかったです。

美味しい料理と美味しいお酒(運転手はお茶・・・涙)でお腹も心も大満足の私たちは・・・
別府湾
別府SAで別府湾と大分市内の夜景(ちょっと写真がブレた)を楽しみながら一路福岡へ。

本当はこのまま帰る予定だったんですが、皆がどうしても
「温泉に入りたい!」
とダダをこねるので(笑)、
以前このブログでもご紹介した日田市の『琴平温泉ゆめ山水』へ向かうことに。
夢山水家族風呂3つを借り切って、長旅の疲れを癒しました。





福岡に戻ったのは深夜1時
でも、初めて仕事仲間と一緒に出かけたので、皆も大はしゃぎで心から楽しい1日でしたよ~☆
「仲間っていいな・・・」
と思えた総走行距離480キロ(!)の旅でした(笑)。

さて、ドライブ中は私がこの日の為に特別に制作したCD・・・「a~ha」から「SMAP」「松田聖子」まで、何でもありの楽しい音楽で“車内カラオケ状態”で走っていたんですけど(笑)、
さすがに皆も温泉に入って疲れが出たのか、スヤスヤと寝ている人も・・・。
起こすのも悪いので、こんなハートウォーミングなアルバムで旅の締めくくりをしました。
>>続きを読む・・・
FUSION | コメント(22) | トラックバック(1)

秋雨前線。

2005年10月05日
こんにちは!
「サザン」の興奮が冷めやらぬMusicmanです(笑)。
昨日買って、既に5回通して聴いてしまいました!
ま、この興奮は当分続く見込みです(笑)。
雨空
さて、福岡はここ2~3日雨が続いております。
いわゆる「秋雨」ってヤツですね。

「秋雨」は「秋雨前線」が影響しております。
夏の太平洋高気圧が、夏から秋に向かって勢力が衰えて、北から涼しい“秋の高気圧”が日本列島に降りてきます。

夏の高気圧は暖かく湿った性質。
反対に秋の高気圧は北からの乾燥した性質。
つまり、夏と秋の高気圧は性格が合わず、日本の上空でケンカをする訳です。
これが「秋雨前線」
秋は、この高気圧の勢力争いの時期で、暑さや涼しさ、そして時おり大雨が降ったりします。

これが『女心と秋の空』という言葉が生まれた背景なんですねー(笑)。

こうして次第に日本の気候は寒くなって、本格的な秋となる訳です。

ちなみに、我が家は“恐妻性低気圧”の勢力が強く、“軟弱性高気圧”の私はスゴスゴと退散し、一人こんな切ないアルバムを聴いております・・・
>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(7) | トラックバック(1)

3×3(さざんが)=2枚組み!!

2005年10月04日
Southern All Stars / Killer Street出た~~~~~!!!!!






>>続きを読む・・・
J-POP | コメント(7) | トラックバック(0)

こんなのも聴いてます⑰

2005年10月03日
Beth Orton
Beth Orton / Central Reservation』
01.Stolen Car
02.Sweetest Decline
03.Could'n't Cause Me Harm
04.So Much More
05.Pass In Time
06.Central Reservation (Original Version)
07.Stars All Seem To Weep
08.Love Like Laughter
09.Blood Red River
10.Devil Song
11.Feel To Believe
12.Central Reservarion (The Then Again Version)
13.Precious Maybe
14.Best Bit


日差しが柔らかくなったこの時期になると聴きたくなる作品です。

「ベス・オートン」は、デジタル界の歌姫と呼ばれるシンガー・ソングライター。
「ケミカル・ブラザーズ」や「ウィリアム・オービット」「ベック」「マッシヴ・アタック」などからラブ・コールされる程、そのクールでしなやかなヴォーカルが特徴の彼女。
しかし“デジタル界の歌姫”と称されながらも、自身のアルバムはデジタルとアコースティックなフォークを融合した内容です。

99年にリリースしたこのアルバムは「ベン・ハーパー」「テリー・キャリアー」「ベン・ワット(EBTG)」等が参加して、まさに“デジタル世代のフォーク・ソング”といった感じ。

アルバムからの1stシングルとなったキャッチーな①に始まり、あの「Dr.ジョン」がピアノで参加したジャジーな②、「ブライアン・フェリー」の世界にも通じる③、プロデュースした「Dr.ロバート(EX.ブロウモンキーズ)」らしい⑤、アンビエント・フォークな⑥・・・などを聴いていると、「リッキー・リー・ジョーンズ」「フェアグラウンド・アトラクション」、そして初期の「エヴリシング・バット・ザ・ガール」辺りが好きな方には、かなり気に入ってもらえるんじゃないでしょうか?

日本ではごく一部の方から圧倒的な支持を得ていますけど、もっと注目されるべきアーティストだと思うんだけどなぁ。

ちなみに彼女、2003年にベスト・アルバム『Pass in Time: The Definitive Collection』をリリースしていますから、未体験の方はそれから入ってもいいと思いますが、今回ご紹介したこのアルバムから入っても十分楽しめますし、ある意味コッチの方が気に入るかも(笑)。

着実に日差しが和らいだ秋の夕暮れに、こんなアルバムで身を任せてみては如何でしょうか?


もっか急降下中!クリックのご協力、お願いします!!
    ↓

人気ブログランキング
POPS | コメント(2) | トラックバック(0)

栗に苦労する。

2005年10月01日
今日から10月・・・。今年も後3ヶ月ですね。
須木栗

さて、先日会社で栗をもらいました。
秋ですね~☆
宮崎県の西部に位置する「須木村」というところで獲れたものです。
「須木村」は九州でも有数の栗の産地。
比較するものが無いので分かりにくいかもしれませんが、かなりデカい!!
幅が4センチ以上はあります。

ビックリ(BIG栗)です・・・。

栗は、日本では古く縄文時代から食べられていたそうです。日本でもよく食べられている天津甘栗は「中国栗」で、甘くて小粒なのが特徴。
栄養素も豊富に含まれていて、ビタミンB1やビタミンC、また成長促進や美容に効果があるビタミンD、カルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛などが多く含まれています。
栗に含まれているビタミンCは熱に強いので、加熱しても損失が少ないのが特徴です。
また栗の渋皮(内側の薄い皮)に含まれているタンニンは抗酸化作用があり、ガンの予防にも有効と言われています。
小さな顔して大きなパワーを持っているんですね~。

でも「天津甘栗」は剥きやすいですけど、生の栗って皮を剥くのが大変ですよねー。
渋皮も一緒に取れちゃうし・・・。
そこで皮を楽に取る方法をお教えしましょう。

栗の皮剥き栗の形を生かして調理する「栗ご飯」や「甘露煮」などの場合は、まずお湯に2~3時間浸けて、皮を柔らかくしてから剥きます。
栗の底の部分(ザラザラしている方)を切り落とし、そこから包丁を入れて上に向かってむくとキレイに剥けるんです。


また、栗の形が崩れても構わないなら、15~20分ぐらい茹でて、皮ごと半分に切ってスプーンで実をかき出せば更に簡単です。
栗の皮むき
(ちなみに蒸すのが最も美味しい調理法です)
どうせなら秋の味覚を満喫したいですもんね!

でも食べてる時に栗を落とすと、中身がパーっと飛び散って苦労しますよね?

ん??

クリ落とすとパーと飛び散って苦労する・・・

クリ落とすと、パー・・・苦労する・・・
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(10) | トラックバック(1)
 | HOME | 
RSS feed meter for /softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。