11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

サヨナラ2005年・・・。

2005年12月30日
大掃除気が付くと今年もあとわずか。
28日が仕事納めで、29日と30日で大掃除を行いました。
窓もピカピカに拭いて、お風呂もピカピカ!
そして最も時間がかかったのが、CDの整理・・・。
床から生えてきたCDのタワーを整理して、随分サッパリしました(笑)。
ご存知の様にハンパな数じゃないもんで(汗)。
後は・・・年賀状書き!!
ま、紅白でも見ながらノンビリと書きます!

それにしても1年間ってホント早かったですねー!
歳を取るハズです。

さて、2005年の最大の出来事は、何と言ってもこのブログを立ち上げた事。
最初は「3日坊主で終わるかも・・・」と心配していたんですが、
気が付くと、北は北海道から南は沖縄まで沢山の方々と知り合うことが出来て、
しかも、一度もお会いした事が無いにも関わらず、まるで昔からの知り合いの様に付き合うことが出来て大変嬉しく思っております。

皆さんのコメントを読み返してました。
見ず知らずの私に温かい言葉や体調を気遣った言葉、また叱咤激励までしていただいて、本当に感謝です。
一つ一つのコメントが私にとって大事な大事な宝物です。
「ブログをやって良かった!」
と、心から思っています。
今年一年、本当にありがとうございました。

さて、そんな今年2005年の最後にご紹介するアルバムは・・・コレ!
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
FUSION | コメント(35) | トラックバック(1)

煙が目にしみる。

2005年12月28日
ハイライトあんまりブログに書いたことないんですが、私は喫煙者です。
愛用は写真の「ハイライト(270円)」
えっ?労働者のタバコ?
いえいえ、“ミュージシャン愛用タバコ”と言ってください(笑)。
1960年(昭和35年)に、日本初のロング・サイズ煙草として発売された
ベストセラーです。
喉に入った瞬間にラム酒の甘い香りが広がる、
大人による大人のための嗜好品。
しかもこのデザインは、イラストレーターの「和田誠(平野レミの旦那さん)で、グッドデザイン賞も獲得しています。

でも「ハイライト」って・・・
タール:17mg ニコチン:1.4mg・・・と、
とってもとっても身体に良くないんですよねー(笑)。

この「ハイライト」を吸うようになったのは、大学生の時。
動機は・・・非常に不純というか・・・いや、純情だったんです。
当時付き合っていた女の子からフラれちゃって、
「もうどうにでもなれ!!」という想いから、強いタバコで身体を壊そうと思って吸い始めたのがきっかけ・・・バカですねー(笑)!
急に強いタバコに変えたからって、身体壊すわけ無いじゃん!

でも私が吸い始めた当時は確か180円で、他のタバコに較べるとかなり安かったので、傷心から立ち直っても他のタバコに浮気することなく、結局20年以上吸い続けています。

「百害あって一利なし」
と言いますけど・・・20年以上吸い続けているにもかかわらず、
未だに身体壊してない・・・みたいです(笑)。
ま、肺の中は真っ黒けでしょうけどね!
(それを考えるとちょっとコワ!)

そんなタバコが、来年からまたまた値上げするそうです。
1本につき1円の税金が。
って事は、今270円だから・・・290円!!
「のり弁」が買えます。

う~ん・・・やめるかどうか・・・。
喫煙車両も殆ど無くなってるし、吸えるスペースもだんだん狭くなって肩身の狭い思いをしてるし。
いや、多分吸い続けるでしょうね(笑)。
1箱500円までは!

でも、ちゃんとマナーは守ってますよ。ポイ捨ても歩きタバコもしないし、会社では完全に隔離された狭い喫煙ブースの中で吸ってます(笑)。

そんな思いをしてまでも吸い続ける私って・・・。


さて、タバコと言えば・・・
>>続きを読む・・・
Jazz | コメント(4) | トラックバック(0)

忘年会!

2005年12月26日
クリスマスも終わって、今年も残り後6日となりました。
28日が仕事納めなので、後3日で冬休み!
でも新年は4日から仕事なので、今年はちょっと冬休みが短いですね・・・。
忘年会
今夜は2個目の「忘年会」です(笑)。
クリスマス・パーティや忘年会などで体調を崩している方もいらっしゃると思いますけど、
体調管理には十分気をつけてくださいね!

ところでこの「忘年会」・・・一体いつから始まったのでしょうか?

日本の忘年会の起源には二つの説があると言われます。

一つは、平安時代に行われた「霊祭り」が起源であるという説。
12月に行われた「霊祭り」は、年神様や先祖に感謝して、その魂を祀るという儀式。儀式が終わったあとには参加者がお供え物を食べますが、このときに人間と神とが一体になると考えられていたようです。

もう一つの説は、鎌倉時代の「年忘れ」
この頃、年末に行われた「年忘れ」という会が「忘年会」の起源のようですが、連歌を詠むのが主目的であり、現在の「忘年会」とはだいぶ異なってるみたいです(笑)。

・・・ん?誰ですか?「歳も忘れたい!」なんて言ってるお嬢さんは?

今のような形の「忘年会」になったのは、実は江戸時代。
一般庶民が一年のウサを晴らすために、年末に親しい者同士寄り集まって酒を酌み交わすようになったのが由来みたいです。
一方、武士は「忘年会」ではなく「新年会」を開き、
町民との身分の差を誇示したとか。
因みに「忘年会」は日本独自の行事で、韓国は「送年会」と呼ばれているそうです。
“嫌なことは早く忘れたい!”という日本人ならではの国民性から来ることなんでしょうね。

ちなみに「忘年会」という言葉が初めて書かれた文献は、
「夏目漱石」『我輩は猫である』だそうです。

あっ、でもいくら楽しい「忘年会」だからと言って、飲み過ぎには十分注意しましょうね☆
特に車の運転は絶対にダメですよー!!
>>続きを読む・・・
R&B | コメント(6) | トラックバック(0)

☆*・゜゜・*☆*・゜゜・*☆Merry Christmas!!☆*・゜゜・*☆*・゜゜・*☆

2005年12月24日
クリスマス・ツリー

いよいよクリスマスがやってきましたね!
上の写真は我が家のクリスマス・ツリー。
高さ20センチぐらいの手作りのツリーです。



12月に入った途端に、街には一斉にイルミネーションが飾られ、
クリスマス・ムード一色ですね。
クリスマス・イルミネーションクリスマス・イルミネーション
写真はキャナルシティのイルミネーション。
カップルばかりがごった返す中、一人寂しく撮ってました。
途中でバッテリーが切れちゃって、4枚しか撮れなかった・・・トホホ。

毎年、レストランでクリスマスを迎える我が家ですが、
今年は家で過ごすことにしました。
でも、そこは食いしん坊夫婦・・・我が家でコース・メニューみたいな感じで食事をしました。
DSCN2038.jpgDSCN2041.jpgDSCN2046.jpg
   ヴーヴ・クリコ    すずきのカルパッチョ柚子風味  アボガドのポタージュ
DSCN2047.jpg       DSCN2050.jpg
チキンのグリエ・スパイシー・ハニー・ソース ルタオのショコラ・ドゥーブル 

レストランの様にはいきませんでしたけど、
コレはコレでなかなか美味しいクリスマス・ディナーを楽しみました。

さて、このクリスマス・・・、
元々は「イエス・キリスト」の誕生を祝う日。
敬虔なクリスチャンからは
「日本人はクリスマスって、ちょっと勘違いしてるんじゃない?」
という言葉も聞かれます。

ま、本来の意味からすると、完全に商売道具化・イベント化して違う方向に行ってますけど(笑)、
国によっては飾りも料理も過ごし方も違う部分がありますから、
日本独自の解釈でクリスマスを過ごせばいいと思うんですよね。

私が持っている本に、こんな素敵な言葉が書かれていました。



誰かさんがいるから愛せる。

誰かさんがいるから信じられる。

誰かさんが好き。

誰かさんも好き。


・・・そんな日をクリスマスと呼びたい。




クリスマスって、本来の意味もやはり「愛」から来てることが多いと思います。
誰かを愛する心、誰かから愛される心を自分自身が、
そして世界中が再確認する日なんだと思ってます。
>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(15) | トラックバック(1)

冬至を過ぎたら・・・

2005年12月23日
会社の忘年会からたった今帰ってきました。
夕べから凄まじいほどの豪雪に見舞われた福岡。
朝起きると写真の様にうっすらと積雪してました。
DSCN2016.jpgDSCN2020.jpg
朝は大渋滞・・・スリップを用心したノロノロ運転の車ばかりで、普段20分で会社に着くところが40分近くかかってしまいました。
でも福岡はまだいい方。
広島や京都は凄まじい雪だったみたいですね!!
今年は暖冬っていってましたけど、このお天気ではとても暖冬とは言い難いですね。
雪に見舞われた地域にお住まいの方、くれぐれもお気をつけ下さいね!
冬の太陽
さて、日にちが変わってしまいましたけど、12月22日は「冬至」でした。
夏に「夏至」の事を書いたので、やっぱり「冬至」の事も書かないとね(笑)。

■冬至とは?
「冬至」とは、暦で言う“二十四節気”のひとつ。
この日は北半球で太陽の高さが最も低くなるため、一年中で昼間が一番短く夜が一番長い日です。
また、「冬至」は別名「一陽来復」ともいいますが、陰が極まって陽が帰ってくること・・・つまりこの日を境に運が向いてくる転換の日とも言われています。
って事は、明日以降はだんだんと陽が長くなって春に向かうって事ですね!
何だかウキウキしてきませんか??

■冬至の言い伝え
この日について様々な言い伝えや風習が残されています。
「冬至に天気が良ければ翌年は豊作」
「冬至に雷が鳴れば雨が多い」
「冬至に南風がふけば地震・日照り・大雨」
「冬至に雪が降れば豊作」

こうみると、やはり農耕と密接な関係があったことが伺えます。
今年は雪だったので、来年は豊作が期待できそうですね!!

■冬至の習慣
皆さんもご存知だと思いますが、この日は「カボチャ」を食べて金運を祈り、
「柚子湯」に入って無病息災を祈るそうです。

「カボチャ」を食べる理由は、中国では黄色を魔除けや災難除けとする信仰があり、
「カボチャ」色が太陽の力が弱ったこの日に魔や災難から人間を守ると考えた事から。
夏に収穫して、冬まで保存しておいたカボチャには不思議な力が宿り、
それを食べると、風邪を引かないと言われています。
これは、あながち迷信ではなく、カボチャにはカロチンがたくさん含まれており、このカロチンは、体の中でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜の乾燥を防ぎ、感染症の予防に効果的。

そして「柚子湯」。
黄色い柚子をお風呂に入れて身体を浸すのも、邪気を払う禊(みそ)ぎの一種と言われてきました。
でも何で「お風呂」なのか・・・?
「冬至」の読みは「とうじ」
つまり湯に浸かって病を治す「湯治(とうじ)」にかけているんですねー。
更に「柚子(ゆず)」「融通(ゆうずう)が利きますように」という願いが込められているんです。
5月5日に「菖蒲(しょうぶ)湯」に入るのも、「我が子が勝負強くなりますように」という“願かけ”なんです(笑)。
とはいえ柚子にはピネン、シトラール、リモネンなどの成分があり、これらは新陳代謝を活発にして血管を拡張させて血行を促進させます。
つまり体が温まり、風邪も治る効能がありますので、一応は理にかなっているんです。

さて、カボチャを食べて、柚子湯で身体が温まったら、
こんなアルバムでお耳を温めてみては如何でしょうか?
>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(8) | トラックバック(1)

キンカン・パワー!

2005年12月20日
昨日書いたように、抱えていた仕事が終わったせいもあって、
気が抜けてドッと疲れが出てしまいました・・・。
こんな日にカゼを引いちゃうんですよね~。
毎年、年末になると気が抜けるせいもあって必ずと言っていい程カゼ引いちゃいます。
きんかん
写真は「みかん」の様に見えますけど、「キンカン」です。
昔は良く見たんですけど、最近はあまり見なくなりましたね。
7月~10月頃に花が咲き、冬に実を付けるそうです。

こんな小さな身体をしていますが「キンカン」のパワーは凄いんですよー!!

鎌倉時代末頃に渡来し、温暖な地域で栽培されたそうです。
昔から「カゼが流行るとキンカンが売れる」と言われ、
古くから、カゼの民間薬として知られています。

またレモンとほぼ同量の抗菌作用のあるビタミンCを含んでいて、ビタミンPの本体「ヘスペリジン」も含んでいます。
これによって、ビタミンCの吸収をよくして、毛細血管を強くする働きがあり、カゼの予防となる他、動脈硬化、高血圧にも有効に働いて、喉の炎症を抑える効果もあるそうです。
扁桃腺がはれている時にも喉にやさしく作用するというワケ。
その栄養は特に皮に多く含まれているので、
皮ごと食べるキンカンは「ビタミン剤」そのものなんです。

可愛いなりして、実はスゴイ栄養を持っているキンカンで、
皆さんもカゼ対策してくださいね!
>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(7) | トラックバック(0)

寒い朝に・・・

2005年12月19日
雪だるま.jpgいやー、本当に毎日寒いですねー!
名古屋はかなりの積雪だとか・・・。
名古屋だけでなく、雪で不便な思いをしていらっしゃる方、
大丈夫でしょうか??
福岡も今朝は雪が舞っていましたが、幾分落ち着きを見せ始めているようです。

やっと抱えていた仕事が一段落して、これで存分にクリスマスに望めそうです。
って言っても、何にも予定は無いんですけどね(笑)。
でも気が付いたら今月はまだ7つしかアップしてない(汗)!!
もうじき200回目を迎えるのに、この分だと年を越してから迎えることになりそうです・・・。

さて、寒い寒いと言っててもしょうがありません。
暖房や厚着をして寒さをしのぐのもいいですけど、
こんなアルバムで温まってみては如何でしょうか??
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(12) | トラックバック(0)

ミスター・マジック。

2005年12月17日
雪だるま
今日の福岡もマジで寒かったです(震)。
天気予報には相変わらず雪マーク!!
明日は大雪の恐れもあるとの事・・・。

皆さんも風邪など引かぬようにご自愛下さいね☆

Grover Washington Jr.1999年の今日12月17日・・・、
ある偉大なミュージシャンがこの世を去りました。
彼の名前は
「グローヴァー・ワシントンJr.」
「CTI」の創始者「クリード・テイラー」に認められ、1971年にアルバム『Inner City Blues』でデビュー。
ソウルフルでありながらもソフトなそのSAXの音色は、一躍聴く者を魅了しました。

しかし彼が更にスター・プレイヤーになったきっかけは、1980年にリリースした名盤『Winelight』
「ラルフ・マクドナルド」のプロデュースの元「リチャード・ティー」「エリック・ゲイル」「スティーヴ・ガッド」といった元「スタッフ」のメンバーも参加し、
また「ビル・ウィザース」のヴォーカルをフィーチュアした「Just The Two Of Us」が全米シングル・チャートで最高2位にランク・インされ、一躍時の人となりました。
日本では「クリスタルな恋人達」というタイトルが評判を呼び、またオシャレなジャケットの人気も手伝って、当時の“クリスタル族”を筆頭に、ジャズ/フュージョン界のスーパー・スターに上り詰めた事は言うまでもありません。

その後『Come Morning』『Inside Moves』『Next Exit』といった質の高いアルバムを発表したものの『Winelight』程の評価は得られず、いつしか過去の人に・・・。
Grover Washington Jr.しかし、96年に発表した『Soulful Strut』で再び注目され、
また名曲「Just The Two Of Us」が多くのHIP-HOP系のアーティストからサンプリングされて、彼の人気はジャズ・シーンだけにとどまらず、人気も復活したかの様に思えた矢先、TVの収録を終えて楽屋に戻った途端、心臓発作で亡くなりました。

享年56歳。早すぎる死でした。

彼が居なければ、「ケニーG」「デヴィッド・サンボーン」の様なポップ・インストゥルメンタルのヒットは無かったでしょうし、今のスムース・ジャズのムーヴメントも存在しなかったかもしれません。
それだけ彼が音楽シーンに残した功績は計り知れないものだったのかも。

しなやかで、ソウルフルで、味わい深い彼のSAXの音色はもう聴くことは出来ませんが、
彼の音楽は私たちの心にいつまでもその音色を響かせ続けてくれる事でしょう。
>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(19) | トラックバック(3)

冬本番!

2005年12月15日
落ち葉
今日も福岡は冷え切ってます。
寒波は依然“停滞中”。冬本番ですね。
秋を華麗に彩ってくれた落ち葉も、今では写真の様な物悲しさを漂わせています。

明日、明後日もかなり寒いみたい・・・。
どうせならホワイト・クリスマスになってくれればいいんですけどね☆
>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(5) | トラックバック(0)

寒波到来!!

2005年12月14日
枯葉
いやー全国的に寒いみたいですね~!!
ここ福岡も朝から雪・・・。
雪の結晶をアップした途端に、寒波が襲ってきちゃって。
当分、この寒波は日本上空に停滞するみたいですので、
皆さんも風邪など引かぬよう、お気をつけ下さい!!

そんな寒い朝を、ちょっとだけでも暖かく感じさせてくれるこんなアルバムは如何でしょうか?
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(9) | トラックバック(0)

雪の華。

2005年12月11日
雪の結晶雪の結晶雪の結晶
キレイですね~。雪の結晶です。(クリックすると大きくなります)
福岡も12月の入った途端に初雪が降り、紅葉が残りつつも冬に突入したようです。

九州は南国のイメージがあるでしょうけど、
福岡だって雪は毎年かなりの量が降るんですよ!

ところで「雪」ってどうして降るのかご存知ですか?

雪は雲の中で出来た水のつぶが、低い温度によって氷に変化します。
小さな氷のつぶがぶつかり合いながら大きくなり、大きくなった重さによって空に浮かんでいられなくなり下へ落ちていきます。

これが「雪」

な~んて事はみなさんも小学校で習いましたよね(笑)。

では、そんな雪の結晶の形は、同じものが無いという事はご存知でしたか?
実は一つとして同じ形は存在しないそうです。
雪の結晶は基本的に“六角形”をしています。
その形は大きく分けて「柱状」「板状」の2種類。
気温が低くなるに従って「板状」になり、気温が高いほど「柱状」の決勝が見られるそうです。
しかも全て「六角形」なんです。「五角形」も「八角形」もなく、「六角形」のみ。
何故「六角形」なのかは、正式にはいまだに分かっていないそうです。
不思議ですね~。
雪の結晶
自然が生み出す六角形の華・・・。
しかも温度によって刻々と変化する雪の結晶を見ていると、現代人が忘れかけている自然との共存や自然の神秘を思い起こさせてくれる気がします。
>>続きを読む・・・
Jazz | コメント(8) | トラックバック(0)

世界の平和を考える日。

2005年12月08日
やっと出張から帰ってきました。
コメントを入れてくださった皆様には、遅くなって申し訳ありませんでした。

出張初日に福岡も初雪が降り、冬真っ只中って感じです。
John Lennon出張から帰ってきてふとカレンダーを見ると、
今日は12月8日・・・そうです。
20世紀を代表する偉大なる音楽家「ジョン・レノン」の命日です。

彼が凶弾に倒れたのは、1980年の12月8日
NYの自宅前で、熱狂的なファン「マーク・チャップマン」によってこの世を去りました。
享年40歳・・・あまりにも若すぎる死です。

当時私は高校生。
しかし「ビートルズ」「ジョン・レノン」もリアル・タイム派ではありませんでしたし、持っていたレコードも赤盤青盤と、リリースされたばかりの『ダブル・ファンタジー』のみ。
いつもなら中心部のレコード店に寄ったり、書店に寄ったり、まっすぐ家に帰らなかったんですが、
その日はナゼか学校からまっすぐ家へ・・・。

何気にTVを点けると・・・
「ジョン・レノンが亡くなりました」
というアナウンサーの言葉と、泣き崩れるファンの人々の映像が。
「ジョン」に対して特別思い入れがあった訳ではないのに、
その時の私は、ただ呆然とTV画面を見つめているだけ。John Lennon
そして・・・
「世界が変わる・・・」
ナゼかその言葉が頭をよぎったのでした。
何によって変わるのか、何故そう思ったのか、未だに理解できません。でもその時はナゼかそう思ったのです。
そして頭の中をグルグルと鳴っていたのは「スターティング・オーヴァー」のイントロの鐘の音。

彼の遺した音楽やメッセージは、今なお世代を超えた世界中の人々に影響を与え続け、様々な人々から歌い継がれています。
今年で没後25周年を迎えるという事もあって、「さいたまスーパー・アリーナ」の中にある『ジョン・レノン・ミュージアム』では、彼の命日である12月8日(木)をはさんだ12月3日(土)~9日(金)までの6日間、「ジョン・レノン・メモリアル・デイズ25」と題した追悼イベントを筆頭に、全国各地で「ジョン」の追悼イベントが多数開催される様です。

没後25周年・・・。
「もし彼が生きていたら・・・」
そんな事を考えてもしょうがないのかもしれませんが、
もしかしたら世界はもう少し・・・ほんの少しだけ平和の方向へ向かっていたかもしれません。
でも私達の心には、今でも彼のメロディーと平和を願うメッセージが心に響いています。
彼が残したメッセージを、今日という日にもう一度確認して、必ず訪れるであろう平和な世界を願いたいと思います。

という事で、普通なら【続きを読む】を押すと「ジョン・レノン」のアルバム紹介になるんですけど、
実はもう一人12月8日が命日の方がいらっしゃるんです・・・。
>>続きを読む・・・
MPB | コメント(17) | トラックバック(5)

北の大地に想いを馳せて・・・。

2005年12月04日
※月曜日から出張のため4日ぐらいブログの更新が出来ません。
 それまでこんな美味しいもので目を楽しませてください(笑)。


*******************************

朝早くに義母から
「福岡YAHOO! JAPANドームでやってる北海道展に行くけど、何か買ってこようか?」
と電話。
食いしん坊夫婦の私達は、早速インターネットでチラシを見ながら
「コレとコレと・・・コレも!」
とおねだりしちゃいました(笑)。
お母さん、ありがとうございます!!

そんで我が家に届いた品は・・・
カニ
「タラバガニ」!!
どうです、この大きさ。ライターと較べるとどれだけ大きいかお分かりだと思います。

夕食に焼きガニとして堪能。
焼きガニ
焼くと甘みが増して、何ともいえない美味しさでした。

カニの他には・・・
ケーキケーキケーキ
北海道では有名なケーキ屋さん『LeTAO(ルタオ)』が開店して以来、まろやかな味わいが定番人気のチーズケーキ「ドゥーブル・フロマージュ」
ベイクド・クリーム・チーズに、イタリアのチーズを代表するマスカルポーネのレア・チーズを重ねているケーキです。
2層になっているのがお分かりでしょうか?
程よい酸味とコク、なめらかな舌触り、口溶けの良いスポンジ・・・と、
“美味さのトライアングル”状態!!

また他にも・・・
バターサンド
「六花亭」の創業以来の人気商品「マルセイ・バターサンド」
北海道産のバター・クリームにレーズンがサンドされたお菓子です。
私は初めて食べましたけど、これはヤミツキになりそうです(笑)。

北海道にはまだ一度も行ったこと無いんですけど、海の幸も山の幸も豊富だし、自然は雄大だし、憧れの地です。
今日はそんな景色を想像しながら、北海道を舌で堪能しました。
実際に行くときは、こんなアルバムを持っていこうと思っています・・・。
>>続きを読む・・・
FUSION | コメント(20) | トラックバック(0)

自然体でいこう!

2005年12月02日
枯葉
気が付くと12月に突入!
今年も後1ヶ月足らずで終わってしまいますね・・・。
以前にも書きましたけど
「光陰矢の如し」
月日が経つのは本当に早いですね。

ところで皆さんは、今年2005年の抱負は何だったでしょうか?
覚えていますか?

私は「自然体でいこう」と決めていました。
自分らしく、飾らず、無理せず・・・。

でも意外と“自然体でいる”って難しいものなんですね。

私達の周りには緊張と不安の要素が多く、
気持ちをリラックスさせようとしても、それをかき乱す出来事が起こったり、どんなに気持ちを穏やかに保とうとしても、感情に支配されて自分を見失うことさえあります。

恋愛がその良い例で、例えば好きな人に嫌われたくない、もっともっと好かれたいと、自分の許容範囲以上の背伸びをします。
最初はいいですけど、次はそれよりももっとカッコつけて、その次はもっとカッコ付けて・・・。

エンドレスですね。


自然体でいるって、すごく簡単な事の様に思えますけど、
実は凄く難しいのかもしれません。
>>続きを読む・・・
R&B | コメント(7) | トラックバック(0)
 | HOME | 
RSS feed meter for /softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。