12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

最近のお気に入り☆

2006年01月31日
マイ・ブームなんて言葉が流行って久しいですけど、
私の最近のお気に入りがコレ。

『ラスク』です。
いま一番気に入っているお取り寄せの品です。

このラスクは山形県に本社を持つ『シベール麦工房』のもの。
ご存知の方も多いと思いますが、ラスクをはじめ数々の焼き菓子を製造する会社です。

ラスクと言うと堅いイメージがありますが、ここのはサクサクとした食感で、ビールやワインにも合うお菓子の領域を超えた絶品!!
初めて食べた時は
「コレが本当のラスクってヤツ!?」
と感動すら覚えました。
プレーンにはじまり、オニオンゴマ風味のり味・・・と様々な種類があるんですが、中でもお気に入りがガーリック
バターの香りにガーリック風味をプラスし、程よい塩味がついつい後を引く美味しさです。
116-f66884c8d280e5e9cc1a9c2b3a70e57a.jpg
初めて食べたのは、家内がどこからか貰ってきたもの。
あまりの美味しさに感動して、それから事あるごとにお取り寄せしています。
贈答用としてもいろんな種類が入ったセットもあるので、是非一度試してみては如何でしょうか?

ただし、ヤミツキになっても保証しませんけどね☆
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
FUSION | コメント(17) | トラックバック(2)

夢と勇気をありがとう☆

2006年01月29日
越本隆志
『越本隆志』というボクサーをご存知でしょうか?
福岡市出身のWBC世界フェザー級5位、そして東洋太平洋フェザー級チャンピオンの経歴を持つボクサーです。

そんな彼が、王者「池仁珍(32歳=韓国)」に、挑戦しました。
場所は福岡市の「九電記念体育館」
ここは彼がまだ5歳の時に、トレーナーでもある父「英武」さんが初めてボクシングの試合を見せた場所。
そんな思い出の場所で試合が行われたのです。

実は彼、今から6年前の2000年に一度、世界チャンピオンに挑戦したんですが、その時は残念ながら9回TKO負け・・・。
それまで無敗だった彼が、唯一涙を飲んだ試合でした。
それから6年・・・。
現在35歳という体力の衰えと闘いながら、今日いよいよリングに立ったのです。
SUSHI
私は試合が決まってスグ、彼とゆっくり話す機会があったんですが、
とても35歳と言う体力のハンディは感じられない、非常に生き生きとした目と、しなやかな動き、20代にも勝る引き締まった身体を目の当たりにして、決して“負ける”という言葉は浮かんできませんでした。

その時、彼はこう言っていました。

年齢のハンディもあり、そして福岡という地方に居ながらチャンピオンに挑むと言うのは正直難しい事。
しかし、だからこそ挑戦してみたいし、東京などの大都市でなくても、何処にいてもチャンピオンの栄冠を掴むことができるという事を証明したい。
そして、これからの若い人に、努力すれば絶対に願いは叶うという事を試合を通して伝えて行きたい・・・。


冷めた現代の若者達に、夢と希望を与えられる試合・・・。
そういう風に語る彼の眼は、真っ直ぐに、そして真剣な眼差しでした。

そしていよいよゴング。
越本隆志結果は12ラウンド判定まで持ち越し、2-1でチャンピオンを下し、見事新チャンピオンに!!

「輪島功一」選手の32歳9ヶ月歳を超える日本人最年長世界王者。
しかも日本人がフェザー級チャンピオンになったのは36年ぶりという快挙。そして、父子鷹での世界初奪取。
本当におめでとう!!!!!
越本隆志
若い人どころかオジさん達にも、どんな事も挑戦するのに年齢は関係ないという勇気をくれましたよ!!
諦めたその時点で負けなんですね。

世界フェザー級チャンピオン「越本隆志」選手・・・。
たった今から、今度は防衛する側に回ったワケですけど、きっとまた世の中の全ての人々に夢と勇気と希望を与えてくれる事でしょう☆
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(12) | トラックバック(1)

マジック・アワー

2006年01月27日
マジック・アワー
映画やTV、写真の世界では『マジック・アワー』という時間があります。
これは日没からほんの数分間の、1日で最も美しい空が撮れる時間であり、
人物やモノが最も美しく撮影できる時間帯。
このマジック・アワーだけで撮った映画や写真集もあるそう。

ほんの一瞬の時間ですから、ちょっと目を離した隙に辺りは真っ暗になってしまいます。

暗闇が広がる直前の、一瞬の美しい時間・・・。
そこには人間が絶対に真似できない、自然だけが表現できる美しさが存在しています。
もしかしたら、このマジック・アワーだけに聞くことができる音もあるのかもしれません。
日常の慌しさの中、ほんの少しだけこんな美しい風景を愛でる“ゆとり”が欲しいですね!

そんなオレンジブルーが混じりあった素敵な時間に、
こんな素敵なアルバムは如何でしょうか?
>>続きを読む・・・
FUSION | コメント(13) | トラックバック(0)

空に舞う・・・。

2006年01月25日
最近はあまり見かけなくなった「凧上げ」の風景・・・。
昔はお正月の風物詩として、何処の地域でも見られた光景でしたけど、
電線の発展と広場の減少によって、最近ではその姿もめっきり見なくなりましたね。
孫次凧店内
全国には、その土地土地に根付いた様々な凧がありますが、
北九州を代表する凧が、この『孫次凧』
セミの形をした一見風変わりなこの凧は、
飛ばすとブンブン唸りを上げて大空へ舞い上がります。

元々は明治時代に、北九州市戸畑区に住む「竹内孫次」さんが作った凧が「強くて良く上がる!」と評判を呼び、それで「孫次凧」と言われるようになったそうです。
しかし、「孫次」さんがお歳を召されて一時は途絶えそうになったんですが、
「孫次さん」のお孫さんの「義博」さんが引き継ぎ、およそ40年に渡って作られているそうです。

「孫次の孫が継いだ」なんてウソの様なホントの話です(笑)!

『孫次凧』の材料は、3年ほど育った節と節の間が長い「真竹」「女竹」を11月頃に切って、半年ほど乾燥させた竹を使います。
適度に乾燥し、風の抵抗を受けても決して折れない強い凧ができるそうです。
孫次凧
その竹を割って竹ひごを作り、糸だけで形を作っていくのは義博さんの仕事。
1個作るのに15分ぐらいで完成するそうです。
色づけ絵の具
完成した骨組みに八女市の「八女福島」の和紙を張り、
絵柄を描いていくのは奥様の「日出子」さん。
絵の具も墨と食紅を使っています。
子供の玩具なので、もしも子供達が口にしても安全という理由と、光が透けてきれいに見えるという理由で食紅にこだわっているそうです。
しかも、捨てられても土に帰る素材なので環境にも優しいと言うワケ。

また、強くて高く上がるというだけでなく、その素朴な風合いと色使いからインテリアとして外国人のお客さんもお土産に買っていったり、“部屋に飾ると成績が上がる”というご利益もあるというウワサも広まり、合格祈願に全国から注文が寄せられているそうですよ☆
孫次凧■カイトハウスまごじ
■〒804-0082 北九州市戸畑区新池1丁目6-4
■093-881-4537
■不定休




大空に力強く舞い上がる凧・・・。
今では懐かしい風景になっちゃいましたね。
最近の子供達は、完成されたオモチャでしか遊べず、
いわゆる“創意工夫”という事が出来なくなっているとの事。
モノを作るという喜び、そして作り上げた達成感を味わってほしいですね☆
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(9) | トラックバック(2)

雨の水平線

2006年01月22日
今日の福岡は朝から雨・・・。
しかしそんな悪天候にも関わらず、
私達食いしん坊夫婦の胃袋は無性に「お寿司」を欲している様子(笑)。
久々のドライブも兼ねて、あるお寿司屋さんがある遠賀郡・岡垣町の
「波津(はつ)海岸」に向かいました。
そのお寿司屋さんとは・・・
鮨屋台鮨屋台
何と、列車のコンテナを改造した海辺のお寿司屋さん!
その名も『鮨屋台』
以前は、コンテナ1台分の大きさで10名も入れば満員の小さなお寿司屋さんだったんですが、去年7月にバー&カフェ・コーナーと、予約のできる個室を完備してリニューアル・オープンしました。
海岸沿いに突然現れる黒いコンテナの中に入ると・・・
鮨屋台鮨屋台鮨屋台
ジャズが流れるカウンターのみの店内は、椅子に座ると目の前はUV加工のガラス窓があり、
キレイな海を眺めながら美味しいお寿司を心行くまで堪能できます。

久々に来たので、まずはお造りをオーダー。
アジのお造り
注文したのは「アジ」の活き造り!!
生簀から取り出してさばいたばかりなので、まだピクピク動いていました!
もちろんアジの味は(失礼!)言うまでもありませんし、値段も2500円と超お得☆

獲れたてのアジを味わった(またまた失礼!)の後は、いよいよお寿司です。
ここのメニューは
『海におまかせコース・・・寿司12貫+味噌汁 2500円』
『ちょっとつまんでコース・・・お造り3種+寿司12貫+味噌汁  3,500円』

の2種類だけ。
私達は両方を1ずつお願いしました。
寿司寿司寿司
一貫ずつ出てくるお寿司は、地元で獲れたピチピチの魚や野菜のみを使っている
“江戸前”ならぬ“波津前寿司”
ですから、トロイクラといった物はありませんが、一つ一つに細かい細工がなされた小ぶりの上品なお寿司で、丁寧に仕事を施しています。
右端のミニあわびなんて、レモンをかけるとウネウネ動き回る程の新鮮さ。
味はもちろん、目の前の水平線を見ながら食べるお寿司は、また格別!!
しかも、お昼も夜も値段は同じなので、ドライブの途中で立寄ってみては如何でしょうか?
ただし、夜は何にも見えないので(笑)、やっぱり昼間の方が断然イイと思いますよ。

新鮮なお寿司でお腹が一杯になった私達は、隣接するバー&カフェ・コーナー『空と海』へ。
カフェカフェカフェ
もちろんこちらも目の前に海を臨むカウンターのみのスペース。
全11席からなり、昼はカフェとして、そして夜はバーへと変身するムード満点のスペースです。
オーダーしたのはゴマ・プリンコーヒー
お寿司を食べた後に、

「後少し・・・コーヒー1杯分の時間、君と一緒にいたいな・・・」

な~んていう“ちょい悪オヤジ”的な使い方も出来ます(笑)!!
もちろん、サービス料やチャージ料もナシ。
お財布にも優しいお店ですね☆
鮨屋台■鮨屋台■
福岡県遠賀郡岡垣町波津海岸
11:30~15:00(オーダーストップ 14:30)
17:30~21:00(オーダーストップ 20:00)
毎週水曜休み(祝日の場合は営業)
TEL 093-282-1722


そんな目も舌も美味しい雨の土曜日を堪能したドライブのお供に連れて行ったのが・・・
>>続きを読む・・・
POPS | コメント(16) | トラックバック(1)

夕陽を追いかけて・・・。

2006年01月18日
海岸
久々に仕事で北九州へ。
4時過ぎに用事が終わったので、久々に海岸線を通って、
去年の夏に良く立ち寄っていたお気に入りの海岸へ寄っちゃいました。

季節も冬だし気温も低かったせいもあって、浜辺には殆ど人影が見えず、
海水浴で賑わった跡(つまりゴミね)があちこちにその面影を残していました。

「もっと自然を大切にしようよ!!」

な~んて思いながらボーっとしていたら、こんな素敵なサンセットと遭遇。
夕陽1夕陽2
「そういえば、年末から年明けにかけて仕事が忙しくって、ドライブもしてなかったし、
ゆっくりと色んな事を考える時間もなかったなぁ・・・。」


なんて黄昏ながら、太陽が沈んでいくのを時間が経つのも忘れて見ていました。

おかげでストレスも取れましたよー!!
やっぱこういう何にもしない時間って大切ですね!

帰りは夕陽を追いかけるように福岡へと車を走らせたのでした。
こんな素敵な音楽を聴きながら・・・。
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(22) | トラックバック(1)

ちゃんと食べてる朝ごはん?

2006年01月16日
目玉焼き皆さんは『朝ごはん』食べる派食べない派
食べると答えた方は和食?それとも洋食

実は私は、昔は朝ごはんを食べられなかったんです。
なんだか朝起きてスグに食べられなくて・・・。
もっぱらコーヒーだけで済ませていました。
一方、ウチの家内は朝からカレーだってトンカツだってOK!
細い身体のクセに、朝からご飯を山盛り喰ってます(笑)。

そんな私も、ここ1年ぐらいは生活のリズムが変わって、朝のシャワーから出ると食べられる様になりました(笑)。

我が家の朝食は、平日はご飯と目玉焼き
休日はパンとオムレツ&ソーセージって事が多いかな。

でもこの朝食って、その日の一日を元気良く乗り切るためにはとっても大切なんです。

朝食には、寝ている間に低下した体温を上げる作用があり、活動するためのウォーミング・アップしてくれるんです。
逆に朝食を摂らないと、脳のエネルギー源であるブドウ糖が不足して、昼食を摂るまでやる気や集中力が出にくくなってしまうそうです。
頭と体をちゃんと動かすためにも、朝ごはんを食べることは大切なんですネ。

また人間の体は、食事を摂ると消化器系が刺激され、それに伴い肛門の筋肉が緩みやすくなる様にできているそうです。
朝ごはんを食べた後にトイレに行く習慣を付けると、毎朝の便通も良くなって快便生活が期待できるとのこと。

女性の方の中には
「朝ごはんを抜いてダイエットしよう!」
なんて方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、食事の回数が減り間隔が空くことで、体がイザという時の為にエネルギーを蓄えておこうと働きます。
基礎代謝も悪くなることで、貯めた脂肪を分解する力も落ちていき、逆に“太りやすい体質”に・・・!!

その他にも、朝食抜きの「1日2食タイプ」は、インスリン抵抗性(体の中でインスリン=血糖値を低下させるホルモンが働きにくくなる状態)や、肥満になる確立が高い傾向にあるようです。この状態が続くと、生活習慣病を引き起こすリスクが高くなるんだそうです。

朝食は、1日を過ごす為の大事なエネルギー源。
朝食で摂ったエネルギーは、夕食よりも消費されやすくなっているので、同じ1日の食事でも朝食をしっかりめに、その分夕食を軽めにする習慣をつけるだけでも、シェイプ・アップ効果が期待できるんです。

確かに朝ギリギリまで寝てて、朝ごはんなんか食べてる時間が無いなんて方も(私を含めて)多いと思いますが、朝ごはんを食べられる時間を作る様な、ゆとりある生活リズムも大切なのかもしれませんね!
>>続きを読む・・・
FUSION | コメント(11) | トラックバック(0)

ミュージック・ビタミン☆

2006年01月14日
デコポン
皆さん“ビタミンC”を摂ってますか?
特に風邪引きさんは沢山摂ってくださいね!

そんな“ビタミンC”を豊富に含む果物と言えば、やはり「柑橘類」
中でも冬の果物の代表格「ミカン」「イチゴ」には、豊富なビタミンCが含まれています。

そして、この「デコポン」も今が旬の冬の果物。
「デコポン」とは、「ポンカン」「清見オレンジ(宮川早生というミカンとトロビタ・オレンジの掛け合わせによって生まれたもの)」を掛け合わせて作られた熊本原産の柑橘フルーツです。

てっぺんの部分に「出ベソ」の様な突起物があるのが特徴で、昔は市場では商品価値が無く敬遠されていましたけど、糖度が「メロン」や「イチゴ」に匹敵するほど含まれているので、近年人気が高まっているフルーツ。

またビタミンCも豊富で、1日2個も食べれば成人1日分の必要量が摂れるそうです。
ご存知の様にビタミンCは、お肌の健康と美容・風邪などの予防にかかせない栄養素。
しかも内皮ごと食べられるので、食物繊維やビタミンB1、そしてビタミンCの吸収を助けるビタミンPを同時に摂ることもできるんです。
食物繊維は腸の老廃物の掃除をし、腸の働きを整えてくれるので、
便秘の解消にも役立つというワケ。

但し、栽培が非常に難しいため、1個あたり400円!!
高級フルーツとして贈答品や、お見舞いの品として贈られることが多いようです。

日本には様々な果物があります。
新種を含めると柑橘類だけでも数百種類!!
「好き」というだけでなく、せっかくなら目的や用途に合わせて食べてみては如何でしょうか?


さて、このアルバムもビタミンCがタップリで、
聴くだけで元気に、そして美しくなれる(気がする?)アルバムです。
>>続きを読む・・・
J-POP | コメント(3) | トラックバック(0)

鏡開き。

2006年01月10日
鏡餅
1月11日「鏡開き」です。
年神様にお供えした鏡餅をさげ、お雑煮やお汁粉を作り頂く事で、
1年間病気をしないといわれる日本古来の風習です。

我が家でもお汁粉にして食べようと思ってます。
縁起ものですからね☆

そんな「鏡開き」・・・。
一体どんな意味があるのでしょうか?

(なんか最近NHKの教育番組みたいな記事になってるなぁ・・・笑)


この鏡開きは、もともと20日に行われていたそうですが、
江戸時代の初めに、幕府が武家の具足開きの日を11日に定めた事から、現代でも11日に鏡開きを行うのが一般的になっています。

お正月中に飾られていた鏡もちを割るということは、
大正月の終わりとその年の仕事始めを意味します。
道場では道場開きを、商家では蔵開きをして蔵に供えた鏡餅を割って財産が増えることを祈ったそうです。
お正月の様々な行事が終わり、新しい年の活動が始まることを意味したのです。

ところで、なぜ「鏡割り」ではなく「鏡開き」というのでしょうか?
武家社会では「切る」「割る」という言葉は嫌われていました。
鏡餅を開く時には、切るにつながる刃物は使わないのがしきたり。
また「割る」という言葉もおめでたい時には縁起が悪いので使わなかったのです。
つまり、この“忌み言葉”は縁起が悪いので、“運を開く”と言う意味を込めて「鏡開き」と言う様になったそうです。

ま、最近は「鏡餅」の形をした容器の中にパックされたお餅が入っているものもあって、昔の様な光景も少なくなっていますね。
でも、子ども達にはこの伝統行事の内容ぐらいは伝えていきたいものですね。


さて、お餅に繋がる音楽は・・・って、そんなのムリでしょ(笑)。
ん?でもちょっと待ってください・・・お餅は伸びますよね?
あの伸びが大事だと思いませんか?
伸びる理由は・・・粘り・・・ねばり・・・ネバリ・・・
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(14) | トラックバック(1)

JMB連携TB企画 第54弾/寒い夜には熱いお風呂でGood Music!

2006年01月08日
バスタイムいやー、本当に寒い日が続きますね~。
日本海側を襲った大寒波も、ようやく勢力を弱めてきましたけど、まだまだ豪雪には気をつけてくださいね。

さて、こんなに寒い日に恋しくなるのが・・・お風呂
私個人は熱~いお風呂に「うーっ・・・!!」と我慢しながら入るのが好きなんです(笑)。熱くないと入った気がしなくて。
良く“半身浴が体にはいい”なんて話も聞きますけど、
一度、半身浴をしてカゼを引いた経験があって、それ以来どうも好きになれません(笑)。

ところで皆さん・・・お風呂の入り方って千差万別でしょうけど、実は身体に効果的な入り方というのがちゃんとあるという事をご存知でしょうか?

■入浴の効果
お湯で体が温まると、血行が促進され新陳代謝が活発になり、
体内の老廃物や疲労物質が排出されます。
特に38~40度の温めのお湯は、身体を休ませる神経(副交感神経)に働きかけるので、血管を開いて心身ともにリラックスさせる効果があるんです。
また、お風呂に入ると身体全体に水圧がかかり、手や足にたまった血液が押し出されるので、筋肉中にたまっている疲労物質も排出されやすくなるんです。
水の中では浮力で体重が約10分の1になるため、筋肉にかかる負荷が減少し、筋肉の緊張がときほぐされます。
浮力で体が軽くなると、精神的にもゆったりリラックスし、副交感神経が刺激されるので、血管が拡張して血液の循環がよくなります。

■お湯の温度
気をつけたいのが“お湯の温度”
日本人は昔から高い温度を好みますけど、
熱いお湯は皮膚を乾燥させ、肌の老化を早めるそうです。
肌のためにも38~40度の温めのお湯がオススメなんだそうです。
元々「乾燥肌」の方は、スキンケア・タイプの入浴剤がオススメ。
保湿成分が肌の内側まで浸透し、潤いを補います。
また、お湯に入ることで、普段ボディローションを塗るときに手の届かない背中などの部分も含め、全身をくまなく保湿できるというメリットも!
なお、スキンケアタイプの入浴剤を使ったら、洗い流さずにお風呂を出ましょう。保湿成分が肌をベールのように覆うため、しっとりすべすべ感が長続きします。

■身体に良くない入り方
ゆったりとしたくつろぎのバス・タイム・・・。
でも、何気なく習慣にしていることが、かえって逆効果になることもあるんです。

◎食事の直前、直後や空腹の時
お風呂に入ると血液の多くは皮膚に運ばれ、胃や腸では少なくなります。
そのため食前や食後すぐの入浴は消化が悪くなってしまうんですねー。
空腹の時も避けたほうがベターだそうですよ。

◎激しい運動の直後
激しいスポーツの後はお風呂で疲れを取りたいって思いますけど、
運動の直後は体力を消耗しています。
お風呂に入ることはそれ自体がカロリーを消費することになるので、体の状態が落ち着いてからゆっくり入るほうが効率よく疲れが取れます。

◎お酒を飲んだ後
新年会の時期、お酒を飲んでお家に帰る方も多いと思いますが、
お酒を飲むと心臓から出る血流量や、脈拍数が増えます。
その状態でお風呂に入るとさらに助長され、心臓に負担がかかっちゃうんですねー。
例え温めのお湯であっても飲酒後の入浴は避けましょう。

■入浴後の注意
お風呂から上がったら、ゴシゴシと体に付いた水分を拭き取るのではなく、優しく拭き取りましょう。
タオルは少し温めておくと、気持ち良く拭き取る事が出来ますよ。
また、入浴中はかなりの汗をかいて、体内の水分が不足しています。
お風呂上りは血液が濃縮しない様に、コップ1杯程度の水を飲むと良いです。
但し、いきなり冷たい飲み物は体がビックリしてしまうので注意が必要です。


・・・どうですか?
普段、何気なく入っているお風呂ですけど、意外と間違った見解で入浴されている方もいらっしゃるのでは?
ま、女性の皆さんはこういう知識は豊富でしょうから「何を今更!」と思われるかもしれませんが(笑)、男性の皆さんも是非正しい知識でバス・タイムを楽しんでくださいね☆


さて、いつもお世話になっている「JMさん」のブログ『jm's my Taste』で、今年最初の「JMB連携TB企画」がスタート。
今回のテーマは「寒い夜には熱いお風呂でGood Music!」だそうで、
私も参加させていただくことにしました。

基本的に私のお風呂は“カラスの行水”(笑)。
でもこんなアルバムを聴きながらの入浴だったら、お風呂から出たくなくなるかも!
>>続きを読む・・・
JMB連携TB企画 | コメント(18) | トラックバック(9)

春の七草

2006年01月06日
200回記念の記事に沢山のコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。
これからも皆さんのご支援宜しくお願いします。
さて、201回目は・・・
七草粥
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ・・・これぞ七草。

そう、子どもの頃に一所懸命覚えた『春の七草』の名前。
おせち料理やお正月で疲れ気味の胃を落ち着かせる「七草粥」に入る草です。
セリナズナゴギョウハコベラ

ホトケノザスズナスズシロ
この七草をお粥にして1月7日に食べる「七草粥」の習慣は、江戸時代に広まったそうです。
七草の種類は時代や土地によって異なりますけど、
いつの時代もどんな土地でも年頭にあたって豊年を祈願し、
「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」
と願いながらお粥を頂くものです。

ところで、なぜ「七草粥」なんでしょうか?

七草は、早春にいち早く芽吹くことから“邪気を払う”と言われていました。
そこで、無病息災を祈って「七草粥」を食べたのが始まり。
古くはまな板の上で、草をトントン叩いて刻むその回数も決められていたとか。
こんなおまじないのような食べ方も素敵ですが、
実はこの「七草粥」・・・、とても理に叶った習慣だったんです。

七草はいわば日本のハーブ。
そのハーブを胃腸に負担がかからないお粥で食べようというのですから、正月疲れが出はじめた胃腸の回復にはピッタリな食べ物と言えます。
また、あっさりと仕上げたお粥は、少し濃い味のおせち料理が続いた後にとても新鮮な味わい。

またそれぞれの草に効用もあります。

●せり・・・・・・消化を助け黄疸をなくす
●なずな・・・・・視力、五臓に効果
●ごきょう・・・・吐き気、痰、解熱に効果
●はこべら・・・・歯ぐき、排尿に良い
●ほとめのざ・・・歯痛に効く
●すずな・・・・・消化促進、しもやけ、そばかす
●すずしろ・・・・胃健、咳き止め、神経痛


先人達の知恵って、本当に素晴らしいですね!

さて、このアルバムも身体に良い、胃にもたれない1枚です(笑)。
>>続きを読む・・・
J-POP | コメント(6) | トラックバック(0)

祝!200回記念~200番目は・・・?!

2006年01月03日
祝200回!!何と、ふと気が付くと
今回で200回目!!
これもひとえに皆様の応援があっての事。
本当にありがとうございました☆
お正月早々、200回目を迎えることが出来て、しかもアクセス・カウンターももうすぐ5万ヒット
なにやら今年はいい年になりそうですね!

7月にめでたく100回目を迎えた時も、皆さんから沢山のお祝いメッセージを頂いて、それがこのブログを継続するパワーの源になった事は言うまでもありません。
本当にありがとうございました。
これからも300回、400回、500回・・・と、続けられるまでは書いていこうと思いますので、これからも宜しくお願いしますね!



さて、100回目の時は「私の宝物」として
「マイルス・デイヴィス」
の話題をお送りいたしましたが、
別に私は、芸能人でもミュージシャンでも何でもないただの“一般人”ですので、
そんなに色んなエピソードがあるはずもなく、今回は普通にアルバム紹介です(笑)。
期待していた方、ゴメンなさいね☆

んで、
「どのアルバムにしようかな~」
って色々考えたんですが、
紹介したいアルバムは星の数ほどあって、決められません(汗)。
そこで、CD室(と勝手に呼んでいる6畳の部屋)に並べられたCD棚の、200番目に置いているアルバムを紹介しようと思います。
(押入れの中にも別に山ほどあるんですが・・・)

ウチはABC順に並べているんですけど、
まず1番最初に並べてるのが・・・「AIKO」かよ(笑)!!
何で「AIKO」持ってるんだろう?

2,3,4・・・10枚目が・・・おー「エアプレイ」
去年、紙ジャケでリマスターされましたね。

11、12、・・・・50枚目が・・・「ANRI」のベスト・アルバム。
去年は「リー・リトナー」と電撃結婚なんて話題もありましたね。

51、52、・・・100枚目「アジムス」か~。
去年は「クロスオーヴァー・イレブン」の話題で盛り上がりましたね☆

101、102、103・・・おーようやく「B」の棚に入ってきたぞ・・・120枚目「バーシア」
去年久々に「マット・ビアンコ」に復活してアルバムをリリースしたね~。
あれもなかなか良かったなぁ・・・今度取り上げようかな!

120、121、122・・・150枚目「ベビーフェイス」
彼のアルバムの中ではライブが一番好きですね~。

151、152、153、154・・・180枚目が・・・「バックストリート・ボーイズ」かよ!!
去年久々のNEWアルバムを出して、相変わらずの人気者だよなー。
決してキライではないんですけどね(笑)。

さて、そろそろ200枚目に近づいてきたぞー!
・・・181、182、183・・・195枚目「ビル・チャンプリン」
これもいつかアップしよーっと☆

え~っと・・・196、197、198・・・199・・・
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(34) | トラックバック(2)

コンニチハ2006年!!

2006年01月01日
改めまして・・・

明けましておめでとうございます!!

つたないブログですけど、今年も宜しくお願いしますね☆

年末の天気予報では12月31日と1月1日は雨マークが付いてましたけど、幸いにも晴れ。
年明け早々、好天気に恵まれました☆
雑煮
さて、上の写真は我が家のお雑煮です。

博多のお雑煮は、アゴ(トビウオ)で出汁を取り、
具にはブリやニンジン、しいたけ、ゴボウ、カシワ(鶏肉)、
そして必ず「カツオ菜」が入った醤油味。
「カツオ菜」とは、アブラナ科の一種で、殆どが博多で作られていて、
煮るとカツオ節の出汁がいらないほど風味がある、あざやかな濃緑のちぢんだ葉が特徴の菜っ葉。
「勝男菜」と書くこともあり、縁起が良いので福岡のお雑煮には欠かせない伝統野菜なんです。

我が家のお雑煮は、この博多のお雑煮のアレンジ・ヴァージョン。
昆布とカツオで出汁を取って、そこにカシワ(鶏肉)を入れ長時間煮込みます。
煮込んだ後にお醤油とみりんとお酒で味を整え、
具は丸餅・しいたけ・ニンジン・カツオ菜が入ってます。

雑煮を見れば、その土地の産物や文化、
家族の歴史などが分かるというくらい家庭によって様々。

元々「お雑煮」とは、餅を食べる習慣から来ているそうです。
餅は昔から日本人にとってお祝い事や特別の日に食べる「ハレ」の食べ物。
先人たちは新年を迎えるにあたって、餅をついて他の産物とともに年神様にお供えをしました。
旧年の収穫や息災に感謝し、新年の豊作や豊漁、家内安全などを祈ったのです。
そのお供えをお下がりにいただき、餅とともに煮て、人間も一緒にいただくのがお雑煮の始まりなんですねー。

貴方のお宅のお雑煮は、どんなお雑煮ですか?
>>続きを読む・・・
FUSION | コメント(20) | トラックバック(1)

あけましておめでとうございます!!

2006年01月01日
Happy New Year!!!

未分類 | コメント(19) | トラックバック(0)
 | HOME | 
RSS feed meter for /softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。