03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

星屑の誘惑☆

2006年04月30日
電光掲示板ゴールデン・ウィークに突入しましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
私は暦通りお休み・・・と言いたいところなんですが、6月いっぱいまではかなり忙しく、ゴールデン・ウィーク中もちょくちょく仕事・・・。
まさにトホホです(涙)。

もちろん皆さんの中にも

「ゴールデン・ウィークなんて関係ないよ!」

という方も多いと思いますし、例えお休みでも私の様に

「先立つものが・・・」

という方もいらっしゃるかも(笑)。
(ちなみにNHKでは大型連休と呼んでいるそうです)

ま、考えようによっては大渋滞に巻き込まれて、何処へ行っても人人人ですから、
お家でのんびり過ごすのも、案外癒されるかもしれませんね。

しかし、神様はそんな方々に素敵なプレゼントをくれるんです。

そう、このゴールデン・ウィーク中に夜空では素敵な天体ショーが繰り広げられるんです!
Comet
それが『シュワスマン・ワハマン彗星』
実はこの5月に、この舌を噛みそうな名前の彗星が地球に最接近するんです。

この彗星は別名「謎の彗星」とも呼ばれていて、太陽の周りを約4.5年で一周するんですが、その軌道はとてもゆがんでいて、タイミングによっては地球にスッゴク近づいたり、あるいは全く見えないこともあるそうです。
1930年に発見された時は、地球から900万キロまで近づいていました。
地球と月の間は約40万キロ、地球と金星の距離は最も近い時で約4千万キロですから、900万キロなんてムチャクチャ近い距離!
しかし、あまりに小さな単体のため、1979年に再発見されるまで半世紀も行方不明になっていたそうです。

しかもこの彗星、95年に観測された時には彗星の核が3つに分裂。
彗星が分裂するのは比較的よくあることで、94年に話題となった「シューメーカー・レヴィ彗星」は20個以上に分裂しながら木星に激突しましたよね。
「シュワスマン・ワハマン彗星」は、その後も分裂を繰り返し、現在では数十個にも分裂していることが確認されています。

その彗星が、今月地球に最接近する訳です。
水星軌道しかも、地球に再接近したときにまた分裂したら、一時的にとても明るくなって、地球から肉眼でも見えるかも知れないと言う事。

今回、最も明るいのはC核と呼ばれるもので、地球からおよそ1200万キロ。これは彗星としては異常な近さです。
また分裂した核の中には、これまで発見された彗星で“地球にもっとも近づいた彗星ベスト10”に入るかもしれないものもあるようです。

もちろん「シューメーカー・レビー彗星」のように、衝突することはありませんからご安心を(笑)。

地上ではゴールデン・ウィークという大型連休で賑わっていますが、
夜空では神秘的な天体ショーが繰り広げられるという、
まさに“ゴールデン・スター・ウィーク”となりそうですね☆


さて、そんな天体ショーを観ながら、BGMにはこんな素敵なアルバムは如何でしょうか?
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
Smooth Jazz | コメント(19) | トラックバック(1)

優しさは宇宙(そら)の彼方へ・・・。

2006年04月29日
ハーモニカ生まれて初めて手にした楽器・・・、
それは「ピアノ」もしくは「ハーモニカ」じゃないでしょうか?

小学校でも最初に習う楽器が「ハーモニカ」ですよね。
吹く息だけで様々な音色を出せ、
しかも吸っても音が出るという楽器。
もちろん子守唄の様な優しい音色は、子供だけでなく大人も魅了して止みません。

そんな「ハーモニカ」・・・。
子供だましの楽器などと侮ってはいけません。

そもそもこの「ハーモニカ」
ベルリンの「クリスティアン・フリードリヒ・ブッシュマン」が、1821年(16歳の時)にオルガンの調律用に鉄製リードを付けた笛を作ったのがきっかけ。
ハーモニカが日本に初めて輸入された際は「西洋横笛」と呼ばれ、子供のおもちゃとして広まったそうです。
それがやがて「マウスオルガン」「口琴(こうきん)」などとも言われ、現在の「ハーモニカ」という名称に定着しました。

しかもこの「ハーモニカ」・・・。
実は宇宙を飛んだ最初の楽器だったんです。

1965年12月のクリスマス、アメリカの人工衛星ジェミニ6号からいきなりジングル・ベルの陽気なメロディーが、地球に向かって流れ出しました。
演奏していたのは「ウォーリー・シラー」宇宙飛行士。
実は、彼が奏でていたのは首から提げていた僅か3センチほどのペンダント型ハーモニカだったのです。
こうして「ハーモニカ」は、宇宙を飛んだ楽器第1号となったそうです。

では、2番目に宇宙を飛んだ楽器は?
実はこれまた「ハーモニカ」
1972年12月、アポロ17号で月の周回軌道を回っている時、
やはり「ハーモニカ」でジングル・ベルが演奏され、
このときは玩具の「タンバリン」も仲間入りして、初めての宇宙合奏も実現したそうです。

また、世界初のヨットでの大西洋横断を成し遂げた「ロバート・マンリー」は、ハーモニカを吹いて孤独と戦ったそうです。

息だけで全ての音階を奏で、また聞く人を温かい気持ちにさせてくれる「ハーモニカ」
子供の頃以来、手にしていない方も多いと思いますが、
押入れの奥から引っ張り出して、その音色に耳を傾けてみては如何でしょうか?

もしも「ハーモニカ」が見つからなかった時は、こんな素敵なアルバムを!
>>続きを読む・・・
Jazz | コメント(11) | トラックバック(0)

貴方に夢中。

2006年04月27日
藤の花
先日、大分県佐伯市の『番匠川』を下ったときに見つけた藤の花です。
ちょうど今が季節みたいで、各地でいい香りを放ちながら咲き誇っているみたいですね!

藤の花の花言葉は“貴方を歓迎します”
そしてもう一つは“貴方に夢中”
藤の花


う~ん・・・最近言われて無いなぁ・・・“貴方に夢中”なんて(笑)。


皆さんは何かに夢中になっている事ってありますか?

ちなみに私は最近、このアルバムに夢中です!!
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(13) | トラックバック(0)

心を込めて花束を。

2006年04月23日
サン・ジョルディの日男性から女性に、そして女性から男性にプレゼントを贈る日というと、
まず思い出すのが「バレンタイン・デイ」「ホワイト・デイ」
ま、コレらはもっぱら日本だけの風習の様ですが、
4月23日も、ちょっと素敵な贈り物を交換し合う日があります。

それが「サン・ジョルディの日」

日本ではあまり耳なじみの無いこの「サン・ジョルディの日」はスペインのカタルーニャ地方発祥のイベントで、大切な人に美と教養、愛と知性のシンボルとして、男性は女性に花を、女性は男性に本を贈るそうです。もちろん家族や友達の間でもプレゼントが交わされるそうですよ。

この日のカタルーニャ地方では、街頭に多くの花屋や本の市が立ち、人々はプレゼント用に、そして自分の為にも本やバラを買い求める光景が見られるという事。

そんな「サン・ジョルディの日」・・・。
別名「本の日」とも呼ばれています。
4月23日は、『ドンキホーテ』で有名な作家「セルバンテス」の命日であり、また文豪「シェイクスピア」の誕生日&命日でもあるという、
文学に非常に縁の深い日。

じゃ、どうして「本の日」じゃなくて「サン・ジョルディ」の日となったのか・・・。

実はこれには、スペインで語り継がれるある伝説から由来しているのです。

昔々、スペインのカタルーニャ地方で凶暴なドラゴンが暴れていました。
ドラゴンは住民を脅かし、人々は羊と若い娘を生け贄に捧げ続けなければいけませんでした。
そしてある年の4月23日、とうとう国王の娘までもドラゴンに差し出さなければならなくなったのです。
しかし、国王の娘がドラゴンの前に差し出され襲われそうになったその時、さっそうと現れた1人のローマの騎士がドラゴンを一閃のもとに倒し、無事に娘を救出。

その騎士こそが「サン・ジョルディ」だったのです。
ドラゴンの身体から流れる血は、やがて真っ赤なバラの園になったとの事。


そういう伝説と「本の日」が混ざり合って、毎年4月23日を「サン・ジョルディの日」とし、この様な風習になったそうです。

どちらかというと照れ屋が多く、気持ちを言葉に表すことが苦手な日本人。
だからこそ、この「サン・ジョルディの日」は、日頃口にできない愛情や感謝の気持ちを表現するにはもってこいの日と言えますね。

それにチョコレートと違って、バラの花が満たすものは「胃袋」ではなく「心」
ダイエット中の女性にも、喜ばれるかも(笑)!!

さて、女性の方は大切な方にこんなCDを本と一緒にプレゼントしてみては如何でしょうか?
>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(16) | トラックバック(0)

山国川の旅。

2006年04月20日
火曜日からまたまた川下りの旅に出てました(笑)。
今回は大分県の1級河川『山国川』
大分県と福岡県の県境を流れるこの川は、流域の大部分が耶馬日田英彦山国定公園に指定されており、四季折々の風情は重要な観光資源となっています。

まずは上流のこの場所からスタート!
猿飛千壺橋 猿飛千壺橋
『猿飛千壺峡(さるとびせんつぼきょう)』
川床に大小無数の嘔穴群(おうけつぐん)が分布する国の天然記念物です。
小石が流水によって回転し、気の遠くなるような時間をかけて作った穴は、
まさに自然の芸術です!

少し進むと見えてくるのが・・・
念仏橋 念仏橋
「魔林峡(まばやしきょう)」と呼ばれる場所にある「念仏橋」
この橋を渡ると思わず口から念仏が出てしまうと伝えられる(笑)石橋です。

それにしても川の色のきれいなこと!!
山国川 山国川
まるで南国の海の様な美しさです。
あまりの美しさに目を奪われてしまいました☆

さて、川下りの旅はまだまだ続きます。
川の途中に怪しい小屋を発見!中を覗いてみると・・・
大勢温泉
なんと温泉でした。
ここは「大勢(おおぜ)温泉」といって、川や田んぼ、緑の木々に囲まれた場所に自噴するアルカリ性の単純温泉。
お湯の温度は約30度とぬるめです。
99年に地元の町おこしグループが、2つの五右衛門風呂を手作りし、
冬場でも24時間利用できる施設にしたそうです。
名前からして大勢で入れそうですけど、五右衛門風呂は2人しか入れません(笑)。
大勢温泉
入浴料は無料なんですが、自分で薪に火を起こしてお湯の温度を上げなくてはとても入れないそうです。
本当は入りたかったんですけど、今回は残念ながら見送り。
これこそ秘湯中の秘湯ですね。

さて、その「大勢温泉」からまたまた車を進めると・・・
オランダ橋
石でできた雄大な橋「オランダ橋」に到着。
山国川周辺地区の観光・生活道路整備の一環として大正9年から12年にかけて、村人の寄付によって架けられたそうです。
しかも形式は我が国唯一の8連石造りアーチ橋。
当時、長崎県で多く見られた方式の工法を採用したこともあって「オランダ橋」と呼ばれるようになったそうです。
全長116メートル、幅3.5メートル。
まるで工事の音が響いてくるようです。

先人達の技術に圧倒されながら車を進めると・・・
耶馬溪 青の洞門
そう、「耶馬溪(やばけい)」へ到着。
中津市を代表するこの景勝地は、山国川に面して成層凝灰岩からなる岩峰群が約1キロにわたって屏風を開いたように連なっていて、秋には紅葉スポットとしてにぎわいます。
この奇岩の裾に有名な「青の洞門」が堀られてます。
「青の洞門」は、作家「菊池寛」が著書『恩讐の彼方に』で小説化し、国語の教科書にも載っているのでご存知の方も多いと思いますが、
「禅海和尚」が29年の歳月をかけて、ノミやツチだけで掘ったトンネル。
今でもノミの跡がくっきりと残っています。
これだけのトンネルをたった一人で、しかもノミと槌だけで彫ったなんて・・・頭が下がる思いです。

人間の熱い思いを心から感じた後、ちょっと寄り道。
八面山
大分県の北部、三光村に位置する「八面山」に到着。
頂上からは北九州一帯、中津平野、周防灘、国東半島・・・と、まさに絶景パノラマでした!
桜
車で上る途中にはまだソメイヨシノが沢山残っていましたよ!

「八面山」を後にして、再び川へ戻ります。
中津 山国橋
中津市内を流れる川の土手沿いを走り、今回の最終目的地「山国橋」へ到着。
写真の向こうはもう海です。

山から湧き出た一滴の水が、次第に大きな川となり海へ流れ出る・・・。
自然と共に車を走らせながら、
「地球って凄いな~」
と実感した一日でした。

さて、今回も大量のCDをお供に連れて行った私ですが、
中でもこのアルバムが最もピッタリでした!
>>続きを読む・・・
FUSION | コメント(9) | トラックバック(0)

新緑に想う・・・。

2006年04月16日
新緑
九州では桜も散って、一雨ごとに暖かくなってきています。
ここのところ雨続きでしたが、今日は久々に青空が。
気が付くと木々の葉も新緑に衣替えしています。
木々の間を心地良い風が吹き抜けて、季節の移り変わりを実感する今日この頃。

極寒の冬を過ぎると、神様はちゃんとこうして新しい息吹を私達に届けてくれるんですね。

ゴールデンウィークの頃には、もっと目にも鮮やかな緑が私達の目を楽しませてくれる事でしょう。


そんな事を考えながら、ゆったりと過ごす日曜日にピッタリのアルバムが・・・コレ!
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(16) | トラックバック(0)

夜のお供☆

2006年04月10日
Night Cruisin'
せっかく日が暮れるのも遅くなったというのに、
ここのところ会社から帰るのも遅くて、いつも暗くなってから。
でも夜ならではの景色空気感で車の中で癒されています。

いつもの帰り道を少しだけ遠回りして、自分だけの時間に身を委ねてみる・・・。
そんな余裕が明日への活力に繋がるのかなぁ、なんて思いながら。

最近の夜のお供は・・・コレ!
>>続きを読む・・・
R&B | コメント(12) | トラックバック(0)

番匠川の旅。

2006年04月08日
またまた良く晴れた九州地方ですが、太陽の誘いに断れずにまたまた川の旅へ・・・。
今回は大分県佐伯市の一級河川『番匠川』を下ります。
(いや別に、私は川の調査員とかじゃありませんので・・・)
※写真は全てクリックすると大きくなります!
大水車 大水車
まずは上流にある「本匠村」からスタート。
町のシンボルである大水車です。
どうです、この大きさ(驚)!!
何でも木造の水車の中では日本一の大きさを誇るとか。
水車の直径は18メートル。建物と比較してもその大きさに圧倒されますね。

驚くのはまだ早い!
もっと感動したのはこの「番匠川」の美しさ☆
番匠川 番匠川
どうですか、この透明度!!
ここは「鮎」が獲れるんですけど、別名「鮎が飲む水」と称されるほどで、
九州でも1,2を争うほどの清流です。
遊歩道
そばには遊歩道も設置されていて、川の美しさを堪能できます。

さて、では川下りへといざ出発(もちろん車で)!!
番匠川 川魚
あまりの美しさと自然の雄大さに車を停めてパシャ!
良く見ると小魚が泳いでいました。
カニ
カニさんもひなたぼっこかな?
カメラを向けるとこちらをジッと見ていました(笑)。
番匠川
それにしても、本当に息を呑む程の美しい川です。
こんなにキレイな川があったなんて、今回初めて知りました。
春の陽気に誘われてか、チューリップも咲いてましたよ!
チューリップ
時計の針も12時を廻っていたので、川原に下りてお昼ご飯です。
菜の花 桜
清流のせせらぎを聞きながら、菜の花と桜に囲まれて食べるお弁当は、
本当に美味しく感じられました。

お腹も満たされたので、再び下流へと向かいます。
絵本
途中に見つけたのが、廃校になった中学校を利用した絵本の図書館『絵本の森』です。
残念ながら平日なので営業してませんでしたけど、地元の子ども達に人気の図書館だそうです。
でも休みの日にまた学校へ行くってのも、ちょっと・・・ね(笑)。
番匠川
上流はゴツゴツした岩肌が見えていましたけど、次第に深さも川幅も増して、カヌーもできる程の大きな川になってきました。

更に下ると、道の駅のそばにこんな建物が・・・。
おさかな館
『番匠おさかな館』です。
番匠川に住む魚を集めた淡水魚水族館です。
さかな 亀
川魚やカメやカニなど、様々な生き物が見られます。
子ども達の勉強に役に立ちそうですね!

ちょっとだけ童心に帰った私は、更に下流へと。
番匠川 番匠川
佐伯市街地に近づくと、水遊びができるように整備された公園も出現。
地元の方がこの川をいかに大切にしているかが実感できました。

考えてみると、普段見慣れた川もなかなか上流から下流へと下るなんてしないですよね。
でもこうして実際に下ってみると、見過ごしていたものが沢山発見できましたし、
また忘れかけていた心を再び思い出してしまいましたよ!
こうした美しい自然は永遠に残してほしいですね!!

あっ・・・もちろん今回も仕事です。
ほ・・・ホントですよ(汗)!!

ちなみに、車の中には沢山のCDを積んでいたんですけど、
このアルバムが最も景色とマッチしていました!
>>続きを読む・・・
FUSION | コメント(15) | トラックバック(0)

筑後川の旅。

2006年04月04日
先日、九州最大の川「筑後川」を上流から下流へと旅してきました。
もちろん、ボートやカヌーではなく、車で(笑)。
スタートは「夜明ダム」。
まずはすぐ近くの「保木公園」で桜を鑑賞!!
 桜
この日は朝から良く晴れていて、気温も17度まで上昇!
平日だと言うのに、花見客でいっぱいでした。
桜2 桜3
今年は週末になるとお天気がイマイチで、結局お花見が出来なかったんですけど、
少しだけお花見気分を味わうことが出来ましたよ!

その後、この川沿いを車で走り、「筑後川温泉」→「原鶴温泉」と下り、
久留米の河川敷へと到着。
この河川敷には、毎年春になるとあたり一面菜の花畑が広がります!
菜の花 桜と菜の花
もちろん至る所に桜が咲いていて、菜の花との共演も見られました。
一般的には桜の方が華やかで人気がありますけど、
こうして一緒に見ると、菜の花だって見劣りしない美しさです。
パラグライダー
空には大きなプロペラを付けたパラグライダーが気持ち良さそうに飛んでいました。

そしてふと気が付くと・・・
夕陽の遠賀川
太陽が筑後川を金色に染めていました。

ココのところかなりのハードワークで、気持ちに余裕が無かったんですけど、
こんな自然をいっぱい味わうと、少しだけですけど気持ちが穏やかになりました。

えっ?
「何で平日にそんな川を下ったの?」
って??

べ・・・別に、ズル休みとかじゃ・・・な・・・ないですよー(汗)。
し・・・仕事です仕事!!
>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(13) | トラックバック(2)

滑らかな夜・・・いよいよ!

2006年04月02日
Smooth Night
春が到来して桜も咲き、夜も次第に暖かくなってきました。

深夜1時・・・。

貴方は何をして過ごしていますか?

好きな音楽を聴きながら、お気に入りの紅茶を飲んでいる方も多いでしょう。

そんなプライベートな時間を(福岡の方だけですが)素敵に彩ってくれるのが・・・
>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(16) | トラックバック(0)
 | HOME | 
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。