03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

贈り物。

2007年04月22日
「久しぶりです!お元気でしたか?」

彼が私に話しかけてくれた最後の言葉。
年上にもかかわらず、いつも敬語で話しかけてくれていた。

彼と逢ったのは今年の2月14日(ヴァレンタイン・デー)の『Zepp Fukuoka』
およそ6年ぶりの再会だった。

久しぶりに逢った彼の姿は、以前よりも少しだけやつれていた気はした。

「ちょっと前まで入院してて・・・。でも相変わらず元気です!」

入院という言葉を聴いても、その時は殆ど気に留めていなかったのが悔やまれる。


私は彼のプライベートは殆ど知らない。
知っているのは仕事上での彼。
交わす言葉ももっぱら仕事の事が多かったが、笑いのツボだけは共通していた。
ある言葉で私と彼と彼の友人K氏の3人は笑い転げた。
それからは逢う度にその言葉で思わず噴出してしまう。





神様が彼を連れて行ったと知ったのは、東京出張から帰ってきた日。
ネットの画面を見て一瞬信じられなかった。
全身が凍りついた。

「何で・・・」

その言葉しか出てこなかった。

奇しくも東京の空の下で、私は彼の奏でる音を聴いていた。


人間には寿命がある。
私にも寿命がある。
でもいくらなんでも早すぎる。

享年48歳。

これからが男として脂の乗ったいい時期を過ごせるというのに・・・。

既に何人もの素晴らしい友人を失ったK氏に掛ける言葉も見つからない。






私は彼のことを絶対に忘れない。






浅野“ブッチャー”祥之

この世に素晴らしいギタリストが居た事を・・・。


彼が残した最後の贈り物は、私にとって永遠の宝物となるだろう。

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
Jazz | コメント(8) | トラックバック(0)

海を見ていた午後

2007年04月17日
レストランCocoro先日、仕事の途中でランチをしたお店
『イタリア料理レストランCocoro』
以前から気にはなっていたんですけど、ようやく行くことが出来ました。
(サボってたワケじゃないですよ・・・汗)

福岡から唐津方面へ向かい、海沿いのカーブを何度か曲がると突然ポツンと現れる海辺のレストランです。
レストランCocoro レストランCocoro
ココは本当に目の前が海!!
この日はイマイチのお天気だったんですけど、やっぱり海を見ていると癒されますね!

早速、この日のランチをオーダー。
お昼は「2100円のコース」もあるんですけど、今日は「パスタ・ランチ」「トラットリア・セット(+550円)」を追加してちょっとだけリッチに☆

まずは・・・
レストランCocoro
前菜。「スモーク・サーモンのカルパッチョ」「フレッシュ・トマトのブルスケッタ」「自家製キッシュ」の3品。
中でも「ブルスケッタ」は絶品でした!トマトが美味しいんです。

メインの「パスタ」は何種類かあるんですけど、この日は日替わりの・・・
レストランCocoro
「春キャベツと明太子のペペロンチーノ」
春キャベツの甘さと明太子の辛さが見事にマッチしていて、これまた美味しい逸品です。

ココのお店で使用するお野菜は、オーナーのご両親が無農薬で作ったものを使用しているそう。
だから野菜にコクがあるんですね~。
玄関にはそんな無農薬自家栽培のお野菜を「ご自由にどうぞ!」と置いてます(笑)。

「デザート」も日替わりからチョイス。
レストランCocoro
「ベイクド・チーズ・ケーキ」です。

いやーどの料理も本当に美味しいものばかり。
しかもスタッフさんも気さくにお話してくださいますし、たまたま足が少し悪いご年配の方が車から降りてきたら、スグにスタッフが外に出てサポートしていました。

料理もサービスもまさに店名通り“心”のこもったお店です。

またまた“こっそりとお姉ちゃんを連れて行きたい・・・”じゃなかった(汗)、
“行きつけにしたいお店リスト”が増えちゃいました(笑)。

デザートと一緒に出てきたアイス・コーヒーを飲みながら、窓の外の海をぼんやり。
レストランCocoro レストランCocoro
仕事中だということをスッカリ忘れて海を見ていた午後のMusicmanなのでした~☆


レストランCocoro『イタリア料理レストランCocoro』
■住所:福岡市西区今津4420-1【大原海水浴場より徒歩2分】
■電話:(092)807-4110
■時間:12:00~15:00(ランチタイム)
    18:00~24:00(ディナータイム)
■地図:→
ココをクリック
   
>>続きを読む・・・
R&B | コメント(11) | トラックバック(0)

風の吹きぬける場所で・・・

2007年04月13日
今日は午後から仕事で糟屋郡方面へ向かい、帰りにお腹が空いたので以前から行ってみたかった『喫茶 陶花(とうか)』へ。

(もちろん例の新しいカメラを持って・・・笑)

辺りを山に囲まれた郊外の素敵なカフェです。
「八木山バイパス」の入り口手前を左折して山道を登ると、突如現れる白い立体!
喫茶陶花
そう、ここがその『喫茶 陶花』
斜面から突き出した建物はかなりインパクトがあります。
喫茶陶花 喫茶陶花
オシャレな看板を抜け斜面の階段を上がって店内へ。
手すりがないからかなりスリリングですけどね(笑)。

店内は白を貴重とした細長い造りで、店内は眩しい日差しが降り注いでいます。
喫茶陶花喫茶陶花喫茶陶花
でも窓も大きく、吹き抜けていく風が心地良い店内です。

さて、基本的にここはカフェ。
でも美味しい「カレー」で知られるお店なんです。
私の目に飛び込んできたのは・・・
喫茶陶花
「ミートカレー御前」??
何やら美味しそうな予感☆
待つこと数分。まず出てきたのは・・・
喫茶陶花
前菜2品!!
カレー頼んで前菜が出てきたのは初めてです。
「新筍の煮物」「自家製豆腐」です。
筍はもちろんですが、この「自家製豆腐」は絶品でした!!
お持ち帰りを希望される方も多いそうですが、量を作れないのでお断りしているとか。
いやいや、持って帰りたい気持ち十分分かります!!

そしていよいよカレーの登場です。
喫茶陶花

ご飯がちょっとしかないと思ったらちゃんとお櫃が用意されていて、しかもお代わり自由なんです!!
喫茶陶花 喫茶陶花
カレーの味はと言うと、スパゲティのミートソースがカレーの味になっていて、これまた絶品!!!
数十種類のスパイスも効いていて、懐かしさの中に新鮮さも・・・。
食べたことがあるような、しかし初めて食べるような、不思議な美味しさでした。
もちろんお櫃の中のご飯を平らげた事は言うまでもありません(笑)。
喫茶陶花
これで1000円はかなりお得じゃないでしょうか?
もちろんカレー以外も、サンドウィッチや自家製ケーキなど女性が喜ぶメニューが沢山です。

元々ここの店長さんとは昔から知り合いだったのですが、行こう行こうと思いながら、ちょっと離れたところにあるのでなかなかいけなかったんですけど、こりゃ当分は病み付きになりそうです!!

あまりの心地よさに気がつくと美しい夕陽が・・・。
喫茶陶花
目もお腹も満たされたMusicmanなのでした~☆
陶花
■喫茶 陶花
■場所:福岡県糟屋郡篠栗町大字金出3280
■時間:11:00~19:00
■定休:月曜日(祝日は営業)
■TEL:092-948-0213




それにしても写真・・・まだカメラに慣れないせいもあっていつもと変わらないですね・・・(泣)。
>>続きを読む・・・
Jazz | コメント(13) | トラックバック(0)

お買い物報告!

2007年04月09日
Canon G7遂に買ってしまいました!
コレまでは父親の安い(失礼!)デジカメを借りて撮っていたんですけど、やっぱり使っているうちに「もっとこんな事が出来たらなぁ・・・」とか「コレが一眼だったらなぁ」とか不満が出てきてました。
そんな時に偶然であったこの
『Canon G7』!!
そのアナログ・チックなスタイリングに一目惚れし、機能に納得し、
絵の美しさに感動☆
ずっと品切れで店頭のサンプルを自分の物のように1ヶ月以上触りまくって(笑)ようやく手に入れました。

初めて自分で買ったデジカメにしては「少々高い買い物かな?」とも思いましたが、これでもっと綺麗な写真を皆さんにもお見せできると思います!!





ま、後は腕が付いていけるかどうかなんですけどね・・・(笑)。

次の記事ではこのカメラで撮った写真をお見せできると思いますのでお楽しみに☆
未分類 | コメント(9) | トラックバック(0)

大人のコーヒー・タイム。

2007年04月08日
コーヒーブレイク皆さんはちょっとお茶をしたい時は、どんなお店に行きますか?
女性の場合、オシャレなカフェに一人で入ってもそれなりに絵になりますけど、いささか歳を食った男性の場合、なかなか一人で入れるお店って少ないんですよね~。
『スターバックス』『シアトルズ・ベスト』は若い人が多いので一人で入るのは抵抗あるし、安く上がる『マック』は高校生から白い目で見られる(様な気がする・・・)し、かといって昔風の『純喫茶』は探すのに一苦労。
ましてや私のような愛煙家は、寒い中でもテラスへ放り出されるし(笑)。

そんな中、新しく出来るこのお店はちょっと期待してます。
andonandoそうです。あの『ミスター・ドーナツ』が、4月20日に渋谷・公園通り沿いにオープンさせる『andonand(アンドナンド)』
ここは“大人のミスド”を打ち出した新形態のショップだそうです。

店名の『アンドナンド』は、「and=次々と」「dona=ドーナツ・貢献」「nando=何度でも」の意味を重ねたもの。

1号店の客席数は100席(禁煙席=62席)。内装は白と木目を基調に「落ち着きやくつろぎ感を出す」そうです。andonando

主力のドーナツは、従来のものに比べると80円~120円ほど高い180円~250円が中心価格帯だそうですが、高級食材を使い“プレミア感”を出すとの事。
またドーナツだけでなく、イタリアン・デリをイメージした「総菜パイ」も提供するそうです。
もちろんコーヒーも、レギュラーやカフェラテも充実。
価格は300円~410円とこれまたちょっと高いんですけど、味は期待できそうですね。
ドーナツ
でも、こういうお店もメインのターゲットはズバリ“女性”
って事は、またまた世のおじさん達は何処へ行けばいいのやら・・・(泣)。

ちなみに“大人のミスド”というからには、店内のBGMも本当の大人が楽しめる音楽にして欲しいですね。
流行の「カフェ・ミュージック」もいいですけど、個人的にはこんなサウンドが流れていたら音楽も楽しみに行くんだけどな~・・・。

>>続きを読む・・・
Jazz | コメント(11) | トラックバック(0)

桜咲くころ・・・。

2007年04月03日
桜
各地で桜も開花し、入学や入社、また転勤などでそれぞれの新年度を迎えられていると思います。
写真でもお分かりの様にここ福岡でも桜が満開となり、行きかう人の目を優しく楽しませてくれています。
でも昨日ぐらいから大陸からの寒気が流れ込んできて一気に気温も下がり10度!!
俗に言う“花冷え”です。
お花見をするにはちょっと寒すぎる感じですね。
桜
ところで日本人が大好きな、そしてお花見。
一体日本人はいつから桜を愛でお花見をするようになったのでしょうか?
そもそも日本では、中国大陸から渡ってきた人々が稲作の文化を伝えました。
そして桜の花が咲く時期によって、稲を植える時期を知り、その桜の花の散り具合を見てその年の米の出来具合を占ったのでした。
満開に咲いた桜を見上げては、神様にお酒など奉げ物をして豊作を祈る・・・言わば桜は神様の宿る木として信じられていたのです。

さて、今でこそ「お花見」といえば桜ですが、古来は梅などの花を貴族たちが愛でる行事だったのが、江戸時代になって桜を見る庶民たちの楽しみになったそうです。
また現在のお花見の桜の代表格ともいえる「ソメイヨシノ」も、江戸時代に作られた品種だそうです。
伝統的なイメージのあるお花見も、意外と歴史が新しい習慣といえますね。

でも花の種類は違いますが、古来より日本人の自然を重んじて四季の移ろいを楽しむ気持ちは今も昔も変わりないようですね。
桜
桜の花が楽しめるのも後わずか。
でも1年の本の短い間しか楽しめないからこそ、日本人は桜に特別な思いがあるんでしょうね☆

そんな桜を見ながら、美味しいお酒とこんな素敵な音楽に酔いしれてみては如何でしょうか?

>>続きを読む・・・
POPS | コメント(5) | トラックバック(0)
 | HOME | 
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。