11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

年の瀬に想う・・・。

2008年12月27日
落ち葉

2008年も残り後わずか。
Musicmanは、社会人になって初めて9連休(!)を取ることができました!
コレは奇跡に近い事です。
明日から大掃除をしてキレイなお部屋でお正月を迎えられるように頑張ります!


さて、去年に引き続き今年も目まぐるしい一年となり、若干ですが環境も変わり私Musicmanにとってはかなり“チャレンジの年”だった様な気がします。

とは言え、不況の影響でボーナスが減ったどころか、人員削減やリストラの嵐が吹き荒れている昨今・・・。
そんな中、仕事があるだけでも幸せなことなのに、それが自分が好きな仕事が出来るなんて、本当に幸せだと思います。

毎年思うことですが、一年の締めくくりは“感謝”ですね。
健康で過ごせた事に感謝。
仕事が出来る事に感謝。
そして自分を支えてくれた周りの方々への感謝・・・。

最後に・・・今年一年間この拙いブログを応援していただいた皆様にも心から感謝の気持ちを込めて「ありがとう」の言葉を残したいと思います。

皆さん、良いお年をお迎え下さい。
そして来年もどうぞ宜しくお願いいたします!!


さて、2008年最後に紹介するアルバムは・・・、
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
Jazz | コメント(23) | トラックバック(0)

クリスマス・プレゼント☆

2008年12月23日
クリスマスカード

イルミネーションに彩られた街はクリスマス・プレゼントを買う人で溢れていますね~。
毎年クリスマス・ディナーでクリスマスを迎える我が家ですが、昨今の不景気もあって・・・というワケではありませんが(笑)、今年は「おうちディナー」でクリスマスを迎えました。

料理は私の手作りです。

まずは前菜。
タコのマリネ

『フレッシュ・タコのマリネ 自家製バジル・ソース』
オリーブ・オイルにベランダで栽培していたバジルを使ってソースを作り、お刺身用のタコを漬けて1時間ほどマリネしたもの。
バジルのフレッシュな香りとタコの弾力ある歯ごたえがマッチした一品です。

この日はパスタではなくリゾットに挑戦。
ゴルゴンゾーラのリゾット

『キノコとゴルゴンゾーラ・チーズのリゾット』
普通は白ワインで煮詰めるんですけど、今日は残っていたロゼ・ワインを使ったので、色は若干良くないですけど、ロゼ・ワインの甘みと香りがチーズとマッチして、しかも歯ごたえあるアルデンテで作ることができました!
これは美味しかったですよー。

そしてメイン・ディッシュ。
和牛フィレ肉のステーキ

『佐賀牛フィレ肉のステーキ 赤ワイン・ハニー・スパイシー・ソース フレッシュ・フォワグラのポアレを乗せて』
いやー奮発しちゃいました(笑)。1枚1700円の佐賀牛のフィレ肉です。
ソースは赤ワインにハチミツを混ぜて煮詰め、そこに荒く挽いた黒ゴショウを入れてスパイスを効かせてみました。
たまたま「フレッシュ・フォワグラ」があったので1枚だけ買ってポワレにしてみたんですけど、まるでお店で食べている様な美味しさでした!

最後はデザート・・・今年は『キル・フェボン』「ブルターニュ産クリーム・チーズのタルト」
クリスマス・ケーキ

フランス・ブルターニュ産のクリーム・チーズを使用した口当たりまろやかなムース・タルトに、たっぷりの生クリームと今が旬の香り豊かなイチゴを乗せたもの。イチゴの程よい酸味とチーズの絶妙なハーモニーが絶品でした!
「キル・フェボン」のケーキって大好きです(女の子みたい・・・恥)☆

そんな我が家のクリスマス・ディナー。
外で食べた場合の半額以下で出来ちゃいました(笑)。

こんな料理で良ければ、いつか皆さんもお招きしてご馳走してみたいですね。
(一人2000円ぐらいで・・・笑)

ところが最後にサプライズが!!
iPod nano

もらえないと思っていたクリスマス・プレゼントを家内から頂いちゃいました!!
ずっと欲しかった『iPod nano(8G)』
コレまで使っていたヤツが第2世代の1Gだったので、新しいのが欲しいなって思っていたところ。
コレはムチャクチャ嬉しかったです☆

でも、“今年も2人で健康で一緒にクリスマスを過ごせることが最高のクリスマス・プレゼント”です☆

・・・なーんて言ったらキザすぎるかなぁ(笑)!!


>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(8) | トラックバック(0)

クリスマスキャロルの頃には。

2008年12月21日
Merry Christmas!

福岡の街は今クリスマス・イルミネーションに彩られ、行きかう人の顔もどこかしら笑顔に見えます。

ところで、どうしてこうも『クリスマス』って幸せな気持ちになるんでしょうか?

大人になって「サンタクロースは居ない」と解っているのに、心の奥底ではクリスマスだけの“奇跡”を期待してしまいます(笑)。
街のイルミネーションがワクワク感を誘い、凍てつく街の灯りも何故か温かく感じてしまう・・・。

そう、誰もが平等に幸せな、そして優しい気持ちにさせてくれるのが『クリスマス』なのかもしれません。

とは言え、世界ではまだまだ紛争や飢餓などで、クリスマスを迎えられない子供たちが大勢います。
でも、クリスマスだからこそ、ほんの1分間だけでもそうした子供たちの事を思い、世界中が平和である為に何が必要なのかを考えてみてもいいかもしれませんね。
>>続きを読む・・・
Jazz | コメント(2) | トラックバック(0)

風の吹きぬける場所へ。

2008年12月11日
ここ2日間は18度近く上昇し、まるで春のように暖かい福岡です。
先日、仕事で福岡の西部「前原」へ。
思ったよりも早く仕事が終わったので、以前から行ってみたかった丘の上のレストラン
『風の邸(かぜのおか)』へランチへと訪れました。
風の邸

この『風の邸』は、一見すると1つのお店のように見えますが、店内は黒毛和牛焼肉と韓国料理の「土凪舎(tsunaya)」、農園野菜と鉄板焼きステーキの「空(sora)」、自然派ワインと旬菜フレンチ「邸(oka)」、そして風の邸クロワッサン工房「風(kaze)」の4つのエリアに分かれていて、気分に応じて料理を楽しむことが出来ます。
この日は何となくフレンチ気分でしたので「邸(oka)」へ。

入り口を入るとまず通されたのが「ウェイティング・エリア」
風の邸 風の邸
ここは丘の上に立っているので、大きな窓からは眼下に可布里湾が広がり、糸島の山々が見渡せる眺望が目に飛び込んできます。
この日は暖かかったんですけど、薪を炊いて暖を取っていました。

テーブルに案内されて、ココでもこんな素敵な景色が堪能できます!
風の邸
ランチのメニューは2800円3800円の2種類のコース。
そこまでお腹が空いていなかったので2800円のコースを選びました。

まずはアミューズ。
風の邸
この日は「パルマ産生ハム 巨峰のアミューズ」
福岡産の巨峰を美味しい生ハムに巻いて食べます。これが絶品!
生ハムと言えばイチジクやメロンが一般的ですけど、巨峰の酸味とも良く合っています。

続いては前菜。
風の邸
「サバのカルパッチョ サラダ仕立て」
写真では野菜しか見えませんが、下にサバのカルパッチョが敷かれています。サバ特有の臭みも無く柚子のソースがマッチしていました。
風の邸 風の邸
ここでパンが登場。パンはこのお店で焼いているものなんですけど、一皿目を食べ終えると次のパンが出てきました。
あっさりと、それでいてモチっとした後引く美味しさです。

パンに舌鼓を打っていると、本日のスープが登場。
風の邸
「スープ・ド・ポワソン」・・・魚介類のスープです。
驚いたのがこのカップが斜めのお皿に載っかっている事!!
どうやらカップとお皿に磁石が付いていて倒れないようになっています。
スープはオマールやカニなどの甲殻類のブイヨンが出た濃厚でありながら爽やかな香り漂う逸品でした。
でも、味よりも器の方ばかり気にしていましたけどね(笑)。

そしてお魚料理。
風の邸

「あお鯛のポワレ 大葉とアオサのソース」
「アオサ」・・・そう、良く海に打ち上げられている緑色の海藻ですよ!
でも海苔の様な香りが大葉との絶妙なアンサンブルを醸し出し、磯の香りに包まれた贅沢な仕上がりの料理でした。

そして本日のメイン料理。
風の邸

「糸島産美豚の低温ロースト シェリー・ビネガーのソース」
とにかくお肉が柔らかく、しかも噛めば噛むほど深い味が出てくる絶品!
添えられた黒胡椒を少し付けると、また違った味わいが生まれる本当に美味しいお皿でした。

最後はデザート。
「糸島産ごぼうのアイスクリームとブラウニー」
「ピーナッツのクレームブリュレ バニラアイス添え」
「チョコレートビスケットとチョコレートグラス」
「モンブラン バニラアイス添え」
「季節のフルーツのコンポート バニラアイス添え」

の5種類から選べますが、私は迷わず「糸島産ごぼうのアイスクリームとブラウニー」を。
風の邸
待っている間に「ごぼうのアイスクリームなんてどんな味なんだろう・・・チョイス・ミスか(泣)」という不安は、口に入れるとあっという間に打ち消されました。これがまた実に美味しいんです!正解でした。

3800円のコースは、これにもう一皿「フォアグラのソテー」が付くんですけど、いやいやこのコースでお腹一杯になりましたよ。

店内はテーブルごとに壁で仕切られていて、隣が見えないので落ち着いて食事を楽しめますし、何と言っても窓からの景色が最高のご馳走ですね。
この日は昼間でしたけど、夕暮れは目の前に夕陽が沈むそうですから、次回はディナーに行って見たいですね。

但し、私のように“お一人様”は悲しくなりますのでご注意を・・・(泣)。


風の邸『風の邸』
■住所:福岡県前原市南風台8丁目2-1
■電話:092-330-8800
■時間:ランチ11:30~15:00 ディナー17:00~21:00
■地図:ココをクリック





美しい景色と美味しい料理を味わった後は、こんな風を感じるサウンドに身を委ねていました。

>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(4) | トラックバック(0)

甘い誘惑。

2008年12月07日
焼き芋

週末の福岡は寒冷前線の影響によって、最高気温が5度(!)というこの冬一番の寒さ!!
6日土曜日は朝から雪に見舞われました。
今年の福岡県の初雪は11月でしたけど、市内で降ったのはコレが初めて。
あいにくその日は一日中外で仕事という過酷な一日を過ごしました(泣)。

さて、寒い日に食べたいものといえば、貴方は何を思い浮かべますか?
「お鍋」「ラーメン」「肉まん」「甘酒」「おでん」・・・。
いやーどれも身体が暖まるものばかりですけど、昔から愛され続けているのが「焼き芋」
「い~しや~きいも~♪」のメロディーを聴いたら、思わず外に飛び出して買いに行きたくなりますよね(笑)。

日本では江戸時代から親しまれているというこの「焼き芋」
カロリーは結構高めなんですけど、食物繊維をはじめ、ポリフェノール、ヤラピンなどが含まれているために太る心配は無いそうです。
また、一日一本食べると一日当りの目標摂取量分の食物繊維が摂れるそうです。
他にも鉄・銅・カリウム・ミネラル・ビタミンC・ビタミンB1もいっぱい入っていて、中でもビタミンCはミカンに匹敵する程。
しかも加熱しても栄養成分が9割り以上残るとあって、まさに栄養の宝庫なんです。
ただ、タンパク質とカルシウムだけは入っていないので、牛乳やチーズと一緒に食べると準完全食品となるそうです。

ちなみに甘い秘密は、サツマイモに含まれている「でんぷん質」が熱を加えると糖化して甘くなります。もちろん生の状態でも秋に収穫された時からゆっくりと糖化し始め、糖化が止まることはありません。
さらに水分が少しずつ抜けていき糖分が凝縮されていくので、秋や冬のものよりも、春の方がより甘くなるとか。

江戸時代から現代まで、特に女性から圧倒的な支持を得ている「焼き芋」
最近は家庭で「石焼き芋」が手軽に作れるセットなども販売されているそうです。

サツマイモの栄養を最大限に摂取できる「焼き芋」で、この冬を乗り切ってみては如何でしょうか?

あっ!でも外出前に食べるのは控えましょう。
前回の日記にも書いた「虎落笛(もがりぶえ)」にも似たアレが所かまわず出てきちゃいますよ(笑)。

>>続きを読む・・・
R&B | コメント(6) | トラックバック(0)

虎落笛。

2008年12月03日
虎落笛

寒い日が続いていますが皆さん如何お過ごしでしょうか?
天気予報では今週末から一段と寒くなるとか・・・。
福岡も雪マークが付いています。

さて、冬になると風も強く、サッシをガタガタと鳴らし、風の音もピューピューと鳴りますよね。
そんな風の音を『虎落笛(もがりぶえ)』と言います。

誰でも一度は耳にしたことがありませんか?
甲高い“ピー、ピュー”音。時には低く、時には高く。
それが『虎落笛』です。  

“笛”という字が付いているだけに、原理は楽器の笛と同じこと。
木の枝や柵、竹垣の間などの狭い場所を風が一気に駆け抜ける時に鳴る音です。

この“虎落”という漢字・・・中国の言葉で虎避けの竹の柵のことを「虎落」というので、
その柵に当たって鳴る音という意味の季語なんです。

子供の頃は、窓を打つ風の音に少し怖さを感じたものでしたけど、大人になると季節感を感じることが出来ますし、それがまた心地良い音楽に聴こえてくるかもしれませんね。

それにしても日本語の持つ奥深さには感服しますね。

冬本番を迎えた今日この頃。貴方は『虎落笛』にどんな音楽を想像しますか?

>>続きを読む・・・
Jazz | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 
RSS feed meter for /softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。