12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

温もりに抱かれて。

2009年01月27日
揚子江の豚まん

先週末は久々の大雪に見舞われた福岡地方。
目が覚めると辺り一面銀世界!!
最高気温も3度までしか上がらず、本当に寒い一日でした。
ま、北海道に較べたら可愛いものなんでしょうけどネ(笑)。

さて、寒くなると欲しくなるものが、熱々のものを「フーフー」言いながら頬張る「肉まん」
(地方によっては「中華まん」や「豚まん」とも言うみたいですが・・・)
実は私、いわゆる“B級グルメ”が大好きで、焼きそば、オムライス、チャーハンといったモノに目がなく、中でもハンバーガーと同じくらい好きなのが「肉まん」なんです(笑)。
今では何処のコンビニでも売っている「肉まん」ですけど、昔は「ヤマザキ」「井村屋」の冷凍食品しかありませんでしたよね。
幼い頃に母親が良くおやつ代わりに食べさせてくれていました。

先日、北九州に仕事で出かけたので帰りに思わず買ってきたのが、小倉名物『揚子江の豚まん』
創業35年という老舗の肉まん屋さんです。

全国的に有名な「肉まん」と言えば、横浜中華街で売られているものと、大阪は『551蓬莱』
もちろんどちらも大好きなんですけど、この『揚子江の豚まん』は本当にウマイ!!
写真では解り辛いかもしれませんが、コンビニで売られているものよりも確実に倍は大きく、低温発酵させた生地はシットリとそれでいて弾力ある歯ごたえ。
そして何と言っても一口食べるとジュワ~っとハンパ無く溢れ出てくる肉汁。
そう・・・まるで「小龍包」の様に溢れ出てくるんです!!まさしく“揚子江の氾濫”みたいな(笑)。
(肉汁を垂らさないように食べるのが大変ですが・・・笑)
お肉と玉ねぎの深い味わいと、それを包み込む生地のバランスは、もはや芸術の域といっても過言ではないでしょう。
価格は1個190円・・・と、少々高めですが、この美味しさなら安いくらい。
一度コレを食べると「肉まん」の概念が変わります。

お店は小倉と福岡にしかありませんが、旅行で訪れた際は何が何でも食べたほうがいいですよ!
※お取り寄せも出来るのでホーム・ページをご覧下さい。

揚子江『豚まんの揚子江』
■住所:北九州市小倉北区馬借三丁目7-34
■電話:093-511-4476




ちなみに、九州ではコンビニで「肉まん」を買うと「酢醤油」が付いてくるんですけど、これって九州だけらしいですが本当ですか??
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
Smooth Jazz | コメント(5) | トラックバック(0)

春の足音。

2009年01月24日
梅の花

日本列島に寒気が押し寄せ、全国的に寒い週末。
福岡も例に漏れず、昨夜から雪が降り出し朝起きると家や車の屋根が真っ白に化粧を施されていました。

そんな中、全国のあちこちで早くも「梅」が開花しているみたいですね。
バラ科の植物「梅」の原産地は中国。
奈良時代の遣隋使か遣唐使が中国から持ち帰り日本に伝わったと言われています。
当時は「桜」よりも人々に愛されていたんですが、平安時代から「桜」に人気が集まり始めたそうです。

個人的には「桜」よりも「梅」の方が好きです。
寒い時期に凛として咲き誇り、香りも芳香。
特に「紅梅」の鮮やかな赤を見ると「もうスグ春がやってくるんだなぁ・・・」と心が豊かになる気がします。

今月20日に“大寒”を迎え、これから少しずつ寒さも和らぎ、「梅」の花も満開を迎えることでしょう。


貴方にも春の足音が聞こえますか?

>>続きを読む・・・
R&B | コメント(6) | トラックバック(0)

とろける時間。

2009年01月17日
ピエダングロワ

毎日寒い日が続いていますが、皆さん風邪など引かれていませんか?
さてさて、そんな寒い日にお部屋を温かくして美味しいものを味わう・・・至福の時ですよねー。
私が最近ハマっているのが『ピエダングロワ(写真)』というチーズ。
近所の大型スーパーに雑然と並べられていた中から何気なく手に取ったんですけど、一発でヤラれちゃいました!

14世紀ごろから生産が始まったと言われる、この『ピエダングロワ』は、とにかくマイルドでなめらか。クリーミーな味わいのウォッシュ・タイプのチーズです。
カビを塩水でウォッシュ・タイプし、その後再び真水で洗いなおしているため、穏やかな味わい。
表面は写真の通り薄茶色。でもいざナイフを入れるとトロ~っとした淡いクリーム色のチーズが溢れ出てくるんです!!

口に含むと、とっても濃厚なミルクの風味が口いっぱいに広がりますが、これは脂肪分が62%と、やや高めなため。
でも一度口に入れるとその濃厚かつクリーミーな味が病みつきになること間違いなしです。
ウォッシュ・タイプ特有の臭みが無いのでウォッシュ・タイプが好きな方にはは物足りなく感じるかもしれませんが、しかし、クセが少なく食べやすいので近年人気が高まってきているそうです。

フルーティーで軽めの赤ワインや、ドイツ産の白ワインによく合うんじゃないかな。
でも意外とさっぱりした日本酒もいけるかも!

普段あまりチーズを食べない方も、これは是非一度試してみては如何ですか?

>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(6) | トラックバック(0)

春の息吹。

2009年01月10日
ネコヤナギ

“寒の入り”になった途端に本格的な寒さが到来!
三連休の初日ですが、最高気温は7度しか上がらず、今朝からチラホラ雪が舞っている福岡です。

そんな中、近くの公園に立ち寄ると『ネコヤナギ』に絹毛が付き始めていました。

万葉集の一節に、

『山の際に 雪は降りつつ しかすがに この川楊は 萌えにけるかも』

という詠があります。
「山のあたりに雪は降り続け、しかし一方でこの川楊(ネコヤナギ)は萌え出したことよ」という意味。

寒い寒いと言いながらも、自然界は着実に春の準備をしているんですね。

>>続きを読む・・・
New Age Music | コメント(3) | トラックバック(0)

小寒。

2009年01月04日
ミカン

9日間に及ぶ正月休みも、何だか「あっ!」という間に終わり、
結局マジで“寝正月”だったMusicmanです。
ま、今年は牛年ですからゆっくりのんびり過ごす一年間でもいいかもしれませんね。

そんな呑気なことを考えていたら、明日から仕事始め。
しかも明日は『小寒』だそうです。

「小寒」とは、寒さが最も厳しくなる前とか、寒さが加わる頃という意味で、いわゆる『寒の入り』のこと。
「小寒」から15日後に『大寒』に入り、「大寒」の15日後に寒が明けます。
つまり「小寒」から「節分」までが『寒の内』というワケです。

寒いのが苦手な私からすると「まだ寒くなるの!?」とガックリ。

こんな寒い日にはコタツに入ってミカンでも食べながら、
心を暖めてくれる素敵な音楽で過ごしたいものです!

>>続きを読む・・・
AOR | コメント(14) | トラックバック(0)

A Happy New Year 2009.

2009年01月01日
年賀状


>>続きを読む・・・
FUSION | コメント(20) | トラックバック(0)
 | HOME | 
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。