05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ラムネ色の午後。

2009年06月29日
ラムネ

暑い日が続きますね~!!
梅雨真っ只中の福岡では、梅雨前線が停滞しているせいもあって雨続きの日々です。ですから、毎日湿度の高い蒸し暑い日が続いています。

暑い日にはついつい冷たい飲み物が欲しくなりますが、時々無性に飲みたくなるのが『ラムネ』

「懐かしい~」なんて声も聞こえてきそうですけど、実はこの「ラムネ」、日本に初めて上陸したのは1853年にあの「ペリー」が浦賀に来航したときに、船の上で交渉に当たった幕府の役人に「ラムネ」が振る舞われた時といわれています。
ちなみにこのペリー来航の際に、ラムネの栓を開けたときの「ポン!」という音を銃声と勘違いした江戸幕府の役人たちが、一斉に刀の柄に手を掛けたという、いかにも開国を象徴するようなエピソードも伝えられています。

日本では、1865年(慶応元年)長崎の「藤瀬半兵衛」という人物が「レモン水」の名で売り出したと伝えられています。しかし「レモン水」という名は広まらず、その後に“レモネード”がなまった『ラムネ』の呼び名が一般化したんだそうです。

「ところでサイダーとラムネってどう違うの?」うーん・・・私も不思議に思っていました。味もそんなに変わらないし・・・でも昭和53年に公正取引委員会景品表示指導課は
「『ラムネ』とうい名称は、玉詰びんに詰められた炭酸飲料について使用」と明確に定義づけられています。
つまりビー玉が入っているビンのも「ラムネ」と表示できるんですね。

さて、このビー玉入りのビンが日本に登場したのは1888年(明治21年)頃のこと。
それまではコルクで栓をしたんですが、時間が経つと炭酸が抜けてしまうので、試行錯誤の上にビー玉栓が使われるようになったとか。
しかもこのビー玉を使うことには大変深い理由があって、製造段階でビー玉がビンの中に落ちた状態で原液と炭酸を入れ、それから急激にびんを下向きにすると、ビンの中のガス圧でビー玉が口に圧着。すると口にあるゴムがパッキンとなり、押し上げられたビー玉が口に密着するようになっているのです。昔の人の知恵とはいえ、コレはスゴイ発見とだと思いませんか?

150年近くも日本人に愛され続けてきた「ラムネ」。最近では縁日ぐらいしか見かけなくなりましたが、しかし、現在日本では60社以上がラムネを製造・販売しているそうですよ!!

今年の夏、貴方ももう一度あの「ポン!」という音とビー玉が転がる涼しげな音色と共に味わってみては如何ですか?

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
AOR | コメント(8) | トラックバック(0)

KING OF POP

2009年06月26日
King Of Pop

100の言葉を書くよりも、彼の音楽に包まれていたい。



・・・安らかに。
R&B | コメント(12) | トラックバック(0)

雨の夜。

2009年06月23日
雨に濡れる街角

先週までの快晴とは打って変わって、今週はずっと雨続き。
昨日は突然のゲリラ豪雨とも言えるドシャ降り状態が1時間ほど続きました。
ま、水不足が懸念されていた福岡にとっては、まさに“恵みの雨”となったんじゃないでしょうか?

ところで皆さんは“雨の夜”って何していますか?

私はこの“雨の夜”の時間が好きです。
人通りも少なく、街のざわめきも雨音に掻き消され、何処か孤独さえ感じてしまう・・・。
でもその孤独な感じが意外と好きなんですよね~。
まるで雨が外界との繋がりを遮断してくれているみたいで。
雨に濡れた窓から見る街灯は、まるで都会の中に揺らめくホタルの様。
濡れた路面に反射した街の灯りも、儚い命のホタルに見えてきます。

“雨の夜”
皆さんはどんな想いで過ごしていますか?

>>続きを読む・・・
Jazz | コメント(6) | トラックバック(0)

夏至 2009.

2009年06月20日
キャンドルナイト

梅雨入りしたとは思えないほど30度を超える暑い日々が続いている福岡県地方ですが、皆さんのところは如何でしょうか?
既に夏バテしているなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

さて、6月21日は『夏至』
一年で最も昼が長く夜が短い日です。21日の福岡の日の入りは19時32分。
とはいえ、8時近くまで明るいですよね~。

この夏至の日には全国各地で行われるのが『100万人のキャンドルナイト』
“電気を消してスローな夜を”をテーマに行われているイベントですが、元々は2001年にカナダで行われたデモ運動が発端。
1ヶ月に1基ずつ原子力発電所を建設するという当時の米ブッシュ大統領の政策に反対する人々が“自主停電運動”・・・つまり「電気使わないぞ!」という抗議がヒントになって日本でも広まったとか。

確かに現代社会で電気の無い生活は考えられません。「エコ家電」も注目され、普及のために「エコ・ポイント制度」もスタート。
(大きなエコ家電の方がポイントが高いのが納得いきませんが・・・笑)
省エネや環境問題に関心が高まる事は非常に良いことですけど、“流行”“ブーム”に終わらないで欲しいものです。

皆さんも夏至の夜に電気を消してキャンドルの灯りで過ごしてみては如何ですか?
灯りが無い分、聞こえていなかった虫の音や木々が揺れる音、川のせせらぎがハッキリと聞こえてくるかもしれませんよ!
>>続きを読む・・・
AOR | コメント(8) | トラックバック(0)

誘われてサンセット。

2009年06月12日
黄昏てシーサイド。

「ケニー・ランキン」が亡くなった事にかなりショックを受けていましたが、ようやく現実を受け入れられる様になってきました。

さてさて、梅雨入りした福岡県地方ですけど、肝心の雨は殆ど降らず今日も快晴。
最高気温28度まで上昇する夏日となりました。

雨よりは晴れの方がいいですけど、心配なのが「水不足」
実は福岡は慢性的な水不足の都市で、今年はダムの貯水量も例年以上に少ないとか。

これも地球温暖化の影響・・・なんて思いたくありませんけど、“一滴の水”を大切にする心を持ち続けたいものです。

そんな事を考えながら、またまた仕事で海へ。
疲れた身体を癒すには、やっぱり海がイチバンですね!!

>>続きを読む・・・
R&B | コメント(7) | トラックバック(0)

雨に滲む日。

2009年06月09日
涙に滲む日。


福岡は今日から梅雨入りした。

外は雨がシトシトと降っている。

その男の歌声は、聴く者を優しく包み込み、心をピースフルな気持ちにさせてくれる。

時にハート・ウォームに。

時にブルージーに。

そして、時にジャジーに。

69年間の人生は、

決して順風満帆なものではなかった。

しかし、彼の歌声は今もなお私たちの心に響き続けている。

どんなに心を打つ歌詞だとしても、

どんなに人々から支持されるメロディーだったとしても、

彼の歌声が持つ力は、

これからも人々の心を癒し続けるだろう。



外は雨がシトシトと降っている。

まるで空も泣いているかの様に・・・。


peaceful

>>続きを読む・・・
AOR | コメント(10) | トラックバック(0)

梅雨入り直前。

2009年06月07日
Night Driving

6月に入り、イマイチお天気に恵まれない福岡ですが、皆さんの地域は如何でしょうか?
太陽が顔を出したと思ったら、夕方にはいきなり雨が降り出したり、不安定な天候が続いています。
しかも全然気温が上昇しない!!
夏が大好きなMusicmanにとって、いつまでも肌寒いと本調子が出ないんですよね~。

福岡はどうやら今週辺り梅雨入りしそうな気配ですが、こんな時期はお気に入りの音楽と一緒に夜のドライブなんて如何でしょうか?
まだヒンヤリした夜風を身体いっぱいに浴びながら、大好きな音楽で自分だけの時間を楽しむ・・・う~ん、大人の時間ですね~(笑)。

ま、欲を言えば、助手席に“(ワガママ言わない)カワイイ女の子”が居たらサイコーなんですけどネ!!

>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(7) | トラックバック(0)

白いTシャツ。

2009年06月01日
Tシャツ

今日から6月。新しい月に入った途端に福岡は快晴の一日でした。
洗濯物もあっという間に乾いたでしょうね~。

夏の必需品と言えばやはり『Tシャツ』
80年代はもっぱら『ヘインズ』『バナナ・リパブリック』辺りのモノが主流でしたけど、最近は『ユニクロ』『GAP』なんでしょうね。

この「Tシャツ」が生まれた背景は、実はアメリカ兵にあるんです。
第一次世界大戦の当時、アメリカ兵に支給されていたのは重くて厚いウール素材の制服。一方、ヨーロッパの兵士たちは綿素材のアンダーウェアを着用し、夏を快適に過ごしていたそうです。このアンダーウェアを真似てアメリカ兵が作った綿シャツがTシャツの原型と言われています。
ウールとは比較にならない快適さに驚いた兵士たちはこのシャツを制服のひとつに採用してくれるよう、上層部へ提案。上層部もこれにOKし、何と“軍服”として正式に認められることになったんだそうです。
しかも戦時中はタオルや防塵防煙マスク、帽子、必要であれば白旗・・・と、数多くの目的を果たすことが出来る万能シャツとして着用されたとか。
もちろん当時は軍隊の象徴として見られていたんですけど、1948年頃にスポーツやレジャーのためにデザインされた半袖丸首のTシャツが誕生したというワケです。

その後、「ジョン・ウェイン」「マーロン・ブランド」「ジェームス・ディーン」らが、スクリーンの中でTシャツ姿を披露。
1951年の映画『欲望という名の電車』では「マーロン・ブランド」が破れたTシャツ姿で裸の胸をさらけ出すファッションで登場。また1955年の映画『理由なき反抗』で、「ジェームス・ディーン」が真っ白のTシャツをカッコ良く着こなしています。
またその「ジェームス・ディーン」演じる主人公の「ジム」が、Tシャツの袖にタバコの箱を挟む印象的なシーンは、一時期日本でも流行しましたね(笑)。

今では誰もが必ず持っている『Tシャツ』。それが戦争と密接な関係があったなんて知りませんでしたね。

あ、個人的には「Tシャツ」と「女性の下着」は・・・やっぱ“白”がイチバンです(笑)。

>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(11) | トラックバック(0)
 | HOME | 
RSS feed meter for /softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。