01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アロハな気分!

2010年02月27日
ALOHA BAY

ここの所、20度前後のポカポカ陽気が続いている福岡。
予想では今年の桜の開花は例年に較べて幾分早いそうですが、この陽気だと3月初旬に花を咲かせちゃうんじゃないでしょうか?

面倒臭がりやのB型のクセに、実は歩くの大好き!
心地良い春の陽気に誘われて、打ち合わせの後テクテク歩いていると見つけたのが・・・

ALOHA BAY「グルメバーガーはじめました!!」と書かれた立て看板。
無類のハンバーガー好きのMusicman・・・いつも通勤で通る場所なのに全然知りませんでしたが、気がつくと階段を昇り(笑)お店に到着。

お店の名前は『Hawaiian Dinning & Cafe ALOHA BAY(アロハ・ベイ)』
これまではバーとして夜のみの営業だったんですが、ランチもやることになったそうです。

ALOHA BAY ALOHA BAY
入り口を入るとシンプルでありながら南国を思わせる店内。そしてハワイを感じさせる甘~いココナッツの香り・・・う~んハワイに居るみたい!!
ALOHA BAY優しい笑顔の店長さんからメニューを受け取り見てみると、ハンバーガー5種類とサンドイッチ3種類。
迷わず店長オススメの「KIMOスペシャル・バーガー」「コーラ」をオーダー(やっぱハンバーガーにはコーラでしょ!)。


店内に流れるハワイアン・ミュージックを耳にしながら待つこと5~6分。
出てきたのは美味しそうなハンバーガー。
ALOHA BAY

ベーコン、レタス、トマトの定番にアボカドとチェダー・チーズが入った本当に美味しそうなハンバーガー。
パテ(お肉)もかなりのボリュームでグリルしており、ソースも和風なテイストを少し入れたバーベキュー・ソース。大きさも手のひらサイズありボリューム満点。
一口食べるとアボカドの食感に噛み応えあるパテ、そして意外にもサッパリとしたソースが絡み合って絶妙な美味しさです☆
そして何と言っても他のハンバーガーと違うのがバンズ(パン)。一般的なハンバーガーのバンズはヤワヤワなパンが多いですが、ココのはフランスパンの生地の様な適度な固さ・・・このハンバーガーの為に探したそうです。これがこのハンバーガーの美味しさのヒミツかもしれません。
また紙に包まれているので手も汚れませんし、ボリュームがあるように見えてペロっと食べられますので女性にも向いていますよ!!

個人的に嬉しかったのが、ハンバーガーと一緒に出されるのがフライド・ポテトでは無くポテトチップス。しかもあのアメリカンな固いヤツです(笑)。

ところでこのハンバーガーの名前「KIMOバーガー」「KIMO」は、決してギャル語の“キモい”という意味ではなく(笑)、店長さんのお名前。
実は店長はハワイ出身で「ジョージ」「トム」の様に良く使われる名前なんだそうです(ちなみにハワイ出身といっても子供の頃から日本に住んでいるので日本語はペラペラです)。
そんな店長が、無類のハンバーガー好きが高じて、色んなところに食べ歩き自分が納得するものを完成させたそうです。

美味しいハンバーガーとコーラとポテトチップスでハワイアンな気分を満喫してお店を後にしながら「また来よう!」と心に決めたMusicmanなのでした・・・。
ALOHA BAY『Hawaiian Dinning & Cafe ALOHA BAY(アロハ・ベイ)』
■住所:福岡市南区大楠1-31-19 2F
■時間:カフェ・タイム11:30~20:00 バー・タイム20:00~27:00
■電話:092-526-9150
■地図:ココ←をクリック!





>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
FUSION | コメント(6) | トラックバック(0)

夜明けの海。

2010年02月21日
夜明けの海

先週まではかなり寒い日が続いていましたが、来週からは春の陽気が近づいてくるそうですね。
皆さん、体調を崩したりしていませんか?

私は週末、別府に出張。
出身が大分なのでいまさら別府と聴いてもワクワクなんてしないんですけど、これまで訪れたことが無い場所へ赴き、改めて自分の故郷の良さを再発見出来ました。

写真は宿泊のホテルの窓から撮った朝日。別府湾から大分市内の方向を見た写真です。
次第に空が明るくなり、街の灯りも少しずつ消えていく・・・。

今日という日の始まりの時間です。
福岡は地理的に夕陽が海に沈むのは見ることが出来ますが、海から太陽が昇る朝日は見ることができないんですよね。

久々の朝日に癒されたつかの間でした。


>>続きを読む・・・
Smooth Jazz | コメント(4) | トラックバック(0)

香をだに残せ梅の花。

2010年02月13日
梅の花

2月に入り、何故かバタバタと忙しい毎日が続き、ブログの更新もままならずの今日この頃ですが、
皆さん如何お過ごしでしょうか?

今週は2月とは思えない程の温かい日が続き、気が付くとの花が開花していました。

『ちりぬとも 香をだに残せ梅の花 恋しき時の思ひでにせん』

「古今和歌集」の一句です。
「例え花は散ってしまっても、香りだけは残してくれ梅の花よ。恋しくなった時に思い出す縁にするから」という意味。
乙女の恋心を詠ったキュンとくる短歌ですね~。

そう言えば今週末は「バレンタイン・デー」ですね。
こんな想いを馳せている乙女もいるんでしょうね(笑)。

ちなみにモテない私は例年家内からの1つだけ。
今年は特に、最近の不況を反映してか、義理すら貰えないみたいです・・・トホホ(泣)。

>>続きを読む・・・
FUSION | コメント(4) | トラックバック(0)

大豆のチカラ。

2010年02月03日
大豆

「鬼は~外~!福は内~!!」
そう、2月3日『節分』
前年の邪気を祓うという意味を込めて、平安時代頃から行われている「追儺(ついな)」の行事から生まれたそうです。
ちなみに炒った豆で鬼をはらう風習は中国から日本に伝わり、この追儺の時に行われたのが由来。

ところでこの「節分」の時に撒く豆と言えば『大豆』。大豆は日本人には無くてはならない食材になっています。
味噌・しょうゆ・納豆・豆腐・・・等、様々なものへと変化していき、私たちの食生活へ取り入れられています。

大豆が登場したのは、今から約4千年前の中国。初めは野に咲く草だったそうですが、それを栽培したのが大豆の始まりと言われています。
日本へは今から約2千年前(弥生時代)に、朝鮮を通じてやって来たそうで、昔の日本人は肉を食べる習慣が殆ど無かったため、大豆から取るタンパク質はとても大切なものでした。
その後、奈良時代に入ると中国との外交も盛んになり、味噌や醤油の加工方法も伝わり、鎌倉時代の後半になって栽培も多くされる様になったとか。
人間の体に必要なタンパク質が多く含まれているので、戦(いくさ)に出かける武士などの栄養源になっていたそうですよ!

ちなみに大豆は“大きな豆”と書きます。でも大豆よりも大きな豆は沢山あるのにどうして“大きな豆”と書くのか・・・?
実はその意味は“大きい豆”ではなく“大いなる豆”から来ているんです。「畑の肉」とまで言われるぐらい含まれているタンパク質は、まさに“大いなる豆”と呼んでもおかしくないでしょうね。

ところで、以前は豆の他に米や麦、栗、炭なども使われていたそうですが、豆を多く使うようになったのは五穀の中でも収穫量も多く、鬼を追い払うときにぶつかって立てる音や粒の大きさが適当だったことに因るそうです。また炒った豆を使用するのは、節分は旧年の厄災を負って払い捨てられるものである為、撒いた豆から芽が出ては不都合だからだそう。
今やイベント化している『豆撒き』ですけど、ルーツは奥深いんですね。

ちなみに私、この大豆から出来る加工品は何でも好きですけど「納豆」だけはダメ・・・これまで一度も口にしたことありません。
身体にイイのは解っているんですけど・・・。これからも多分食べないと思います(笑)。

>>続きを読む・・・
AOR | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 
RSS feed meter for /softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。