09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ブラジリア~ンな夏。

2005年06月08日
20050608222748.jpg
George Duke / Brazilian Love Affair』
01.Brazilian Love Affair
02.Summer Breezin'
03.Cravo E Canela
04.Alone-6 AM
05.Brazilian Sugar
06.Sugar Loaf Mountain
07.Love Reborn
08.Up From The Sea It Arose And Ate Rio In One Swift Bite
09.I Need You Now
10.Ao Que Vai Nascer


新作『Duke』も好評な「ジョージ・デューク」の1979年の作品。

「ジョージ・デューク」と言えば、ディスコ・ヒッツ「Shine On」を収録した『Dream On』や、
「Sweet Baby」という名曲を生み出した「スタンリー・クラーク」とのコラボ作『Clark Duke Project』などが広く知れ渡っていますが、元々は正統派のジャズ・ピアニスト。
76年ぐらいからブラジル音楽に傾倒していき、この名盤を完成させました。

単身ブラジルに乗り込み「ミルトン・ナシメント」や「アイアート・モレイラ」など、現地のアーティストと一緒につくったブラジリアン・フレイヴァーたっぷりな1枚です。

タイトル・チューンの「Shakatak」をはじめ、クラブ系アーティストからもカバーされているブラジリアン・ファンク・チューン。
もはやフロア・キラー・チューンとして知られていますね。

続く「トニーニョ・オルタ」のギターが爽やかなボッサ・チューン。
以前紹介した「ラムゼイ・ルイス/太陽の女神」あたりが好きな方にもツボかも!

「ミルトン・ナシメント」作のは、黙っていたらブラジルのアーティストの作品かと思う程
“ブラジリア~~ン!”な1曲です。

ピアノ・ソロのに続いて、ヴァイブの音が涼しげな「フローラ・プリム」のスキャットがサウダージな雰囲気をかもし出しています。

「シーラ・E」のティンバレスが炸裂するファンク・チューン。「インコグニート」のナンバーと言っても誰も疑わないかも!!夏の日差しで熱い砂浜に似合いそうなトラックです。

一転してクールなシンセがメロディを奏でる「アジムス」っぽいダウン・トラック。
クーラーなんていりません!

ブラジリアン・フュージョンのは「ジョージ」のピアノがラテンのリズムの上を走りまくり!!

「シモーネ」のヴォーカルがリードを取るサマー・サンセットにピッタリなナンバー!
「ジェリー・ヘイ」のフリューゲル・ホーンのソロがこれまたサウダージです。

ラストのは再び「ミルトン・ナシメント」作。シンプルかつスピリチュアルなナンバーは、まだ見ぬブラジルを思い起こさせてくれます。

ここ数年はブラジリアンなテイストは影を潜め、良質なスムース・ジャズ・アルバムをリリースしていた彼ですが、個人的にはこの時代の様な、様々な音楽を取り入れたサウンドがお気に入りです。

前回の「アナ・カラン」同様、冷えたビールと一緒にビーチでどうぞ!

ブラジルの音に身をゆだねたい??
    ↓

人気ブログランキング
FUSION | コメント(19) | トラックバック(1)
コメント
これいいですね
こんばんは。すぎたです。
これ、amazonで試聴しましたが、いいですね。ブラジルにはまっておりますので、買います。
BRIO7月号でクラーク・デューク・プロジェクトの"Sweet Baby"が、
載っていて、最近ジョージ・デュークを知ったばかりです。
ボビー・コールドウェルのインタビュー記事が掲載されていたんで、
BRIOを買ったんですけど。普段は買いません。

Breakwaterの"Work it out"が最初に聴いたブラジリアン・ソウルです。
いやぁ~ヨイアルバムを取り上げていただきましたね。本作からの数年間はこの人の絶頂期だったなと思います(もちろん今も現役バリバリですが。あくまで個人的感想として。。)。
「顔に似合わずライトメロウな音を創るヒト」ランキングでは相当上位ですっ。
かなり爽やかブラジリアンですね
私も同じくamazonで試聴しました。
出だしがなかなか素敵です。夏にピッタリな爽やかブラジリアン、気に入りました。
リンクされていた彼のHPにも行きましたが、ダイアン・リーヴスのサラボーンに捧ぐのプロデュースなど、この曲調とは全く異なるお仕事もされているなんて多才ですね。
この方はイリノイ出身なんでしょうか?シカゴの外れのサーキット・シティー(CDも売っている街の電気屋)でサイン会しますとあったので。。。
私も、Epic時代の彼、好きですね。
Warnerに行った当初も良かったですけど。
この人、意外(失礼かな?)にもジャズには明るいんですよね。
♪すぎたさん。
おお!気に入ってもらえましたか!
1曲目からブラジリアンな雰囲気でスタートするこのアルバム、是非とも購入されてください。
福岡はもう夏なんで、今後もブラジル系が多くなるかも!

♪stefanさん。
「BRIO」は私も買いました(笑)。
もちろん「ボビコー」の記事目当てなんですけどね☆
「コールドウェル」というワイン、現在探していますがなかなか見つからなくて・・・。
「ジョージ・デューク」は結構いろんなタイプのアルバムを発表していますから、是非チェックしてみてください。最新作の『DUKE』もオススメですよ!
「BREAKWATER」は私も大好きです!

♪怪鳥さん。
またまたコメントありがとうございます。
怪鳥さんはもちろんご存知だと思っておりました!
確かにこのアルバムの前後は最高の作品を作ってましたね。
私もワーナーに移ってからはちょっと・・・(笑)。
でもプロデュース作品はどれもハズレがないので気に入ってます。

>「顔に似合わずライトメロウな音を創るヒト」ランキングでは相当上位ですっ・・・

ハハハ!まさしく!!

♪basilpasteさん。
確かにプロデュース作とは違う顔のアルバムですね。
でもこのアルバム・・・なかなか良かったでしょ??
夏の定番アイテムですよ!!

♪Skenさん。
個人的には私もEPIC時代が好きですね。
もちろんワーナーに移ってからもいい作品はありますけど、EPIC時代の様な斬新さがないなって・・・。
元々はトリオで“もろジャズ”やってた人なんですよね!
ブラジル特集!
所用でなかなか見ることが出来なかったのですが、なんと今は僕の好きなブラジル特集!
「Brazilian Love Affair」なんてよく聞くフレーズだと思っていたら、これが元祖ですね。
最近は蒸し暑いから、我が家ではブラジリアンの需要が増えそう。
♪たかさん。
ブラジリアン特集って意識したわけではないんですが、たまたま連続しちゃっただけです(笑)。
でも、このアルバムはブラジル音楽に詳しくない方でも、AORやスムース・ジャズが好きな方でも気に入ってもらえる1枚ですよ!!
お初です^^
こんにちは。
最近、知人からこのブログのことを聞き、楽しく拝見させていただいてます。
毎回、すごい情報量で気持ち(熱)が伝わってきます。
今回はブラジル特集だったのでコメント書いてみました。
ミルトン・ナシメントとトニーニョ・オルタのカバーをやってるんですね・・・
外見に似合わず爽やかなジョージ・デューク。
まだ聴いたことないので、聴いてみます^^♪
そしてブレイクウォーターのジャンルはブラジリアン・ソウルっていう位置になるんですね。
そういうジャンルがあることを知りませんでした。
とっても勉強になります。
では、これからもステキな話、楽しみにしています。
♪bizさん。
初めまして!ようこそいらっしゃいました。

>最近、知人からこのブログのことを聞き・・・

えっ!ウワサになっていたりして(笑)。
どなたなんでしょう、そのお友達って・・・???
情報量っていうと聞こえがいいですが、ただ長いだけです・・・すんません(笑)。
でもこの長い文章を読んでいただけるなんて幸せです!!
このアルバムは本当にオススメです。
っていうか、70年代に良くこんな作品を作れたなって感心しちゃいますよ。
「Breakwater」は「ブラジリアン・ソウル」って訳じゃないです。元々はフィラデルフィア出身のファンク・バンドです。
アルバムもCD化されているのでそちらも是非聴いてみてくださいね!
つたない文章ですが、今後ともよろしくお願いします☆

※ところでbizさんのブログにも遊びに行きたいんですけど・・・URLを是非教えてくださいね!
CD出ていたんですね。かつてFree SoulのCDでも「I Need You Now 」が紹介されていたか思いますが、アルバムトータルで良さそうですね。
あつーい夏にぴったしですね。
思えばFree Soulって色々なジャンルから”今聴いて気持ちよいソウルフィーリングを持った音楽”みたいなコンセプトだったと思いますが、「Geoge Duke」は結構好きな部類です。
♪まーくん。
CD化はかなり昔からです。
Free Soulシリーズにも入ってましたね!
でもやっぱりアルバム全部がブラジリアンな気分ですので、これは必須アイテムですぞ☆
顔に似合わず繊細な音ですばい(笑)。
このアルバムからインスパイアされていい曲を是非作ってくださいね!!
Musicmanさん、こんばんは!
このアルバムは記憶ないです。
今アマゾンで試聴してきました。2曲目とか、私的にすごく良い感じですよ。
ジョージデュークとスタンリークラーク(クラークデュークプロジェクト)の「スウィートベイビー」は大好きです。ジョージデュークのファルセットがキレイですよね。
♪berryさん。
こんばんは!
「クラーク・デューク・プロジェクト」とは対照的なサウンドですけど、個人的にはコッチの方がオススメです。
「Sweet Baby」も大好きなバラードなんですけどね(笑)。
2曲目なんて、夏にはピッタリですよね!買ってもソンはないですよ!!
ジャケットでやられた!
こんばんわ。このアルバム聴いたことないのが残念!知ってないのが恥ずかしい。最初、この人パパイヤ鈴木かつのだ☆ひろかな思った(冗談)他のアルバムの試聴してみましたがなかなかいいですね。ファンクの人かと思いました。ジョージデューク、
チェックしてみます。
こんばんは、こちらでは初めまして・・でしたでしょうか。
いつもすばらしい音楽のご紹介ありがとうございます。こういうところに来ると、自分の幅が広がるようでうれしいです。
ところで、ジョージ・デュークというと、まず私にはフランク・ザッパとの共演が頭に浮かびます。70年代前半でしょうか。ザッパ・バンドでも歌ってますよジョージ。ほんとうに幅の広いミュージシャンですね。ご紹介のは、なんかイメージぴったりの作品ですね!
♪ミーナさん。
知らなくても全然恥ずかしくないですよ!リリースされた当初は日本ではあまり話題にならなかったんですが、90年代に入ってからのジャズ・ファンク・ブームで再熱したアルバムですから。
でもミーナさんは持っていた方がいいかも!
アルバムごとにファンキーやスムース・ジャズなどやっていて、まさに「パパイヤ鈴木」もマッ青です(笑)。

♪shosenさん。
以前もコメントいただいておりますよ(笑)。
そうそう「ザッパ」と演ってましたよね!
その時代はあまり聞いていませんが、今の彼からすると「エッ?」と思っちゃいますよね(笑)。
でもshosenさんのお仕事柄から「ザッパ」の言葉が出てくる方が「エッ?」って感じですけど(笑)☆
また遊びに来てくださいね!
遅くなりましたが、お返事を・・・
返事、遅くなってスミマセン。
今、私はブログを書いていません。
というか、検討中なんです。
音楽が好きで日々レコード収集に勤しんでおります。
(ちと、大袈裟かなぁ^^;)
そんなところに知人がこのブログを教えてくれたもんだから
「よし、私も!」と思ってはいるんですが・・・
そのうち作ります(`Д´)ノ
その時もまた、御報告にまいりますので
よろしくお願いします^^
ご丁寧な返事、ありがとうございました。
♪bizさん。
こちらこそコメントどうもです!
bizさんはどんな音楽が好きなのかな・・・?
まだブログは始めてないんですね。
是非スタートした時は教えてくださいね!必ず遊びに行きますね☆

管理者のみに表示
トラックバック
そのうち買おうと思っていた『George Duke / Brazilian Love Affair』を、昨夜クライアント氏にご紹介したら早速購入しましたとの返信。先を越された!!いつものようにMusinmanさんの紹介です。ジャケットがパパイヤ鈴木みたいでインパクト絶大。本日梅田で少々空き時間があ
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。