09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夜の海

2005年06月13日
20050612213007.jpg

海が好きな方は多いと思いますが、では
“夜の海”
はどうですか?

夜の海は暗くて、吸い込まれそうな闇のうねりが恐怖さえ感じてしまいます。
昼間の海の方が好きなんですが、
でも何故か夜の海も好きなんですよね。

だれもいない浜辺に座り、潮騒の音だけが耳に響く・・・。

日々の事やこれからの事をじっくり考えるには、
夜の海の方が自分だけの時間を過ごすことが出来ます。

そんな夜の海に似合う音楽はないかなぁ・・・と探していたら、
こんなピッタリなアルバムを見つけました。
20050612195959.jpg
Ive Mendes / Ive Mendes』
01.Natural High
02.Night Night
03.A Beira Mar
04.Afternoon
05.Blessed Love
06.Nao Vou Fugir
07.Casticais
08.Voce
09.Lua
10.If You Leave Me Now
11.Salto
12.A Beira Mar (Soo Benitez Lush Mix)


こんなに夜の海が似合うアルバムはなかなか巡りあえませんよ!!
このアルバムの主人公「イヴィ・メンデス」は、ブラジル中西部のセーレス生まれ。
両親はブラジル生まれなんですが父方の祖父がスペイン人、祖母がフランス人。さらに母方はポルトガルの血を引いていたそうで、4ヶ国の血を引き継いでいるそうです。

9歳でピアノを始めると同時にシンガーを志望し教会などで歌った後、
ブラジル音楽大学(The University of Music Brasilia)に入学。
音楽とアートを専攻して、卒業後は1年ほど同校の教職に就いていたんですが、そこで運命的な出会いをしたのが『SADE』のアルバム!
音楽への道を真剣に考え始め、父親の元に帰って音楽活動を始めるとたちまち注目を浴び、地元の劇場でレギュラーを務めるようになったそうです。
しかし、その成功を背に受けリオに移ると、彼女の歌ったオリジナルがオペラに使われることで、大手のレコード会社と契約。
ところが、ヒーリング路線を狙う制作陣と折り合いがつかず、結局このレコード会社とは契約を解除して再びロンドンへ。

ロンドンに着いてまず会いに行ったのは、
「SADE」をプロデュースした大物プロデューサー「ロビン・ミラー」
彼女の声を聴いて気に入ったスタッフはすぐにレコーディングし、2002年にこのアルバムを完成させたという訳です。

「イヴィ」はアルバム制作に前後して、ロンドンから独創的なブラジル・サウンドを発信する「ミスター・ヘルマーノ」からも声がかかり、彼らの『Free As The Morning Sun』の録音に参加。
「ミスター・ヘルマーノ」のメンバーとしてブルーノート公演で初来日も果たしました。

そんな「SADE」に影響を受けて、しかも「SADE」のプロデューサー「ロビン・ミラー」と作り上げたこのアルバム・・・まさに「SADE meets Brazil」といった感じの仕上がりです。

ボッサ・チューンでありながらどことなく「SADE」っぽいや、波の音のSEが海辺へと誘ってくれる、アーバン・ソウルの、「アンテナ」風のリズムにポルトガル語が上手く溶け合った、「シカゴ」の名曲「If You Leave Me Now」のカバー(ラストののクラブ・ミックス)・・・と、ポップス・ファンにもソウル・ファンにも、そしてボサ・ノヴァ・ファンやクラブ・フリークにも気に入ってもらえる作品です。
あっ・・・「SADE」のファンにも!

コチラで試聴できますよ!)

クールでスタイリッシュでジャジーでボッサなこのアルバム、
これからの季節、車のダッシュ・ボードに入れておくと何かと重宝するかもよ!!

もちろん、月明かりの夜の浜辺でもね☆

夜の海・・・アナタは好きですか??
    ↓

人気ブログランキング
POPS | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
こんな海を見ているときには、言葉なんかいらないですよね。
そう、音楽だけあればね・・・

でも、やばい!泣けてくる・・
夜の海、すきです。
吸い込まれそうな闇や、大きくうねる波の前では素直な自分になれる気がします。
私も泣けてきそう...。
この写真すっごくきれいで神秘的で、すきです。
夜の海...
Musicmanさんは、お写真も趣味とされてます?
毎回、女心をつかむ写真ばかりです。いけませんよー(^^;)
さて「夜の海」が嫌いな女性はいません!キッパリ。
確かに、怖いですが、大人になってからは、海が近い事もあり、遊び場でしたから。
友達は、むかーし、全裸で夜の海で泳いだ事もありました。私は、とても怖くて入れません。あくまでも見るだけ。

夜の海には、アーバンソウルや、スムースなものが似合います。

実は私も「今日のCD」のジャケット写真は丘ですが、海絡みタイトルです。

夏場よりも春先か秋深くなった海が好きかな。
♪Mamiさん。
そうそう、言葉なんか要りません。
音楽があれば・・・。
あっ、またMamiさんの涙腺を刺激してしまいましたか!!
罪な男よのう・・・(笑)。

♪Ariaさん。
おやおやAriaさんの涙腺も刺激してしまいましたか・・・罪な男よのう(笑)。
でも夜の海って気持ちが素直になれますよね。
ん?写真??

♪berryさん。
おー、今回女性にウケがいいなぁ(笑)。
berryさんの心も掴んでしまいましたか・・・!!

>「夜の海」が嫌いな女性はいません!

へーそうなんだ・・・女性は夜の海が好きなんだ・・・メモメモ☆
写真は趣味程度で・・・ヘヘヘ。
でも本当に趣味程度なのでここに載せられるモノではないんですけどね!

>友達は、むかーし、全裸で夜の海で泳いだ事もありました・・・

ぜ・・・是非またそんな時は呼んでください!!!



・・・ところでコレ・・・写真じゃないんですよね!
実はイラストです(笑)。
もちろん拾いモノですけどね(笑)。
こんばんわ。
いや~さすが Musicman さん。恐れ入ります。イヴィは密かに楽しんでおりましたが今日は虫の知らせでしょうか?たまたま私もブラジルがらみ書いてなんとなく寄らせてもらったら。。。(・∀・)イイ!!
独り占めしておきたい音ですw
♪tony keiさん。
そうですよね!このアルバムは誰にも紹介したくなくなるぐらいイイですよね~。
まさに独り占めしたくなるアルバムです。
でもこれ1枚で後はリリースしていないみたいですけど・・・もったいない!!
新作を早く聴きたいものです。
こんばんは。
すみません、オトコで(笑)
私は「SADE」が好きで、いまだに『DIAMOND LIFE』を時々聴いております。
この記事を読むと、聴きたくなりますねー。
いやー、本当に罪な男ですねー!
また私にCDを買わせる気ですか!
なんてね、ご紹介ありがとうございます。そのうち、ぜひ聴きたいと思います。(^_^)
夜の海は回りが見えない分、瞑想できますよね。
♪まーちんさん。
ホント罪な男ですよね・・・って、自分で言うなって(笑)。
「SADE」好きはこのアルバムかなり気に入ると思いますよ!しかもブラジリアン・フレイヴァーたっぷりですからねー。
男性までも心を掴んでしまったけれども“バイ”ではありませんので(笑)。

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。