06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

日光浴ミュージック♪

2005年07月06日
前回の『100回記念』の際には、沢山のおめでとうコメントを頂き、本当にありがとうございました!
おかげさまで過去最高数のコメントを頂いちゃいました(涙)。
こうして100回を迎えられたのも、皆さんの応援のおかげです。
200回目は年内には達成しそうですが、300回目、400回目・・・と頑張って書いていこうと思いますので、これからも変わらぬご愛顧をお願いいたします♪
DSCN0689s.jpg
さて、7月に入って雨ばかりが続いていましたが、今日は久々に晴れました!

福岡は入梅してからというもの、なかなか雨が降らなくて水不足も懸念されていましたが、ここ数日の大雨でダムの水かさも少しは潤ったみたいです。
でも今度は大雨によるがけ崩れなどが心配されてますが・・・。

でもこんな写真の様な太陽を見てると、プールにプカプカ浮いてのーんびりとした時間を過ごしたくなりますよね~☆

水に浮かびながら、こんな音楽は如何ですか??
Jimmie Spheeris
Jimmie Spheeris / Pots Of The Heart』
1. Child From Nowhere
2. Emerald And The Dream Dance
3. It's You They're Dreaming Of
4. Captain Comes Cold
5. Bayou Eyes
6. It's All In The Game
7. Hills In My Head
8. Whirlpool
9. Sweet Separation
10. So Darkly Fall The Shadows
11. Nightingale Come Sail
12. I'm So Lonesome I Could Cry


「なんだ、このオヤジは?」
と思われた方も多いと思いますが(笑)、AORの“裏名盤”とも呼ばれる「ジミー・スフィーリス」の1976年作。
「ジャクソン・ブラウン」や「チック・コリア」「スタンリー・クラーク」といったミュージシャンの参加が話題となり、夏気分100%のダサいジャケットのインパクトも手伝い(笑)、南青山の伝説のレコード店『パイドパイパー・ハウス』では、ちょっとしたベスト・セラーを記録したそうです。
もちろん中身が素晴らしかったのは言うまでもないんですが、過去3枚のアルバム同様、何故か当時は国内盤はリリースされませんでした。(今はCD化されてます!)
カリフォルニア・オレンジカウンティ出身の彼は、デビュー以前から「アソシエイション」に曲を取り上げられたり、「ローラ・ニーロ」とも深い交流があったそうです。

今回ピック・アップした作品は、彼の通算4作目。
プロデュースに「ジャクソン・ブラウン」「キャロル・キング」「ジェームス・テイラー」「アラニス・モリセット」などを手がけた「デヴィッド・キャンベル(あのBECKのお父さんです)を迎え、ジャズやフォーク、カントリー風の仕上がり。

子供が浜辺で水遊びをしている風景が目に浮かぶに始まり、エキゾチックな味付けの、アコギのシンプルな構成が心地良いサウンドを聴かせてくれる、夏の海にピッタリな、プールサイドでトロピカル・カクテルと共に味わいたい、過ぎ行く夏の日の午後といった感じの辺りがオススメ。
ジャケット同様、太陽が眩しい日にプールや海にプカプカと浮きながら聴いてみたいアルバムです。

そんな彼、このアルバムの後は全くアルバムをリリースしていなかったんですが、1994年に久々のNEWアルバムを完成。
しかし、レコーディングが全て終了した7月4日の夜中、バイクの事故により帰らぬ人となってしまいました。2000年にはその陽の目を見なかったアルバムも発表されましたが、今は廃盤となっている様です。

近年、彼の友人やファンによって彼のメモリアル・ウェブサイトが作られて、彼の素晴らしい作品を伝え続けていこうという活動も行われているそうです。
興味がある方は『JIMMIE SPHEERIS MEMORIAL GALLERY』をご覧ください。

34歳という若さで亡くなった「ジミー・スフィーリス」・・・。
きっと天国でジャケットの写真の様に、プールの上でのんびり過ごしているんでしょうね!


う~ん・・・「マイルス」の話が強烈だっただけに、何を書いても薄くなってしまいそう(汗)。


聴いてみたいと思った方はクリックお願いします!!
    ↓

人気ブログランキング
AOR | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
こんにちわ(^-^)
100回記念のお祝いコメントに遅れをとってしまったkeiです(^^;
改めて、おめでとうございます。
そしてマイルスとの逸話も、そのときのMusicmanさんのドキドキが伝わってくるような素敵なお話でした。
大切な宝物があるって、いいですね☆

う~ん、セクシーな男の方♪(笑)
私は知らなかったですが、プロデュースの面々の名前を見たら、私としては聴かないわけにはいきませんね(^-^)

なんとか水不足も解消したようで、ひとまず安心ですね♪
こんばんは!
良いアルバムですね。
参加ミュージシャンが、とても豪華だけあって、かなり私好みの路線でもあります。
でも、亡くなられてたのは知りませんでした...
Musicmanさんが、言う通りに、今頃は、このジャケットのように、のんびりしてる事でしょうね~♪
♪keiさん。
どうもありがとうございます!!
遅れをとったなんて・・・全然大丈夫ですから気にしないでくださいね☆
あまりにも「マイルス」との出会いが強烈過ぎてアルバムの事を全く書いてませんでしたが(笑)、『TUTU』は「マイルス」を聴いた事がないという方にもオススメしますし「マーカス」のファンは必聴ですよ!
是非その耳でお確かめくださいね。

♪berryさん。
いつもいつもありがとうございます。
このアルバムはゆったりした感じが夏の午後のまどろみって感じでオススメですよ!
私も彼が亡くなっていたのは、アルバムのライナーを見るまで知りませんでした・・・。
でもきっと天国でプカプカしてると思います☆
考えてみたら「ルーサー」「マイルス」・・・と、亡くなった方が3人続いちゃいました(汗)。
またまた
偶然なんですが、このCDも最近店でかけたばかりです(汗)
やはりこのジャケのインパクト、夏が近くなると手が伸びますね。
久々に聴いて、なぜだかアート・ガーファンクルを連想してしまいました。
一度それを念頭に聴いてみてもらえまセンカ??
はじめまして
コメントありがとうございました。
早速 お邪魔しておりますー。

内容を知らなくても ジャケ買いしてしまいそうな(笑)ステキなジャケですね!
私は 知らなかったアーティストですが、是非聴いてみたいです。

伺って 知りましたが(そりゃそうですね)こちらのブログは 100回記念を迎えられたばかりだったのですね。
おめでとうございますっ。パチパチ。

また お邪魔させていただきますので 今後も よろしくお願いします♪
ではでは。
♪怪鳥さん。
いつもコメントありがとうございます!
夏にピッタリのゆったりとしたアルバムですよね~。
私も「アート・ガーファンクル」思い出しましたよ!!
もしも当時日本盤が発売されていたら、ジャケットは差し替えられてたでしょうね(笑)。

♪ミハルさん。
こちらこそ良くいらっしゃいました!
このアルバムはジャケットどおりの内容で、この夏のオススメですよ!
AOR好きならマストです。
そうなんです。おかげさまで100回目を迎えることが出来ました。
これからもよろしくお願いしますね☆

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。