08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

フィトンチットを浴びて・・・。

2005年06月23日
今日も朝から晴れ!!全然雨が降りません・・・。
最高気温は30度でしたが、体感温度は30度を超えてたと思うくらいの真夏日でした。

でもこのまま雨が降らないと、本当に水不足になりそうで心配です・・・。

さて、今日は朝から「星野村」へ。
「星野村」は福岡県の南部、八女郡の東部に位置する場所にあり、人口3600人余りの小さな村です。九州自動車道の八女ICを降りて、県道52号線をひたすらまっすぐ行くと到着。
(車で1時間以上走ったかな・・・笑)

「星野村」という名前からも想像できるように、
ここは福岡県内で最も星がキレイに見える場所として知られています。
その「星野村」を代表する施設が山の上にある公開天文台『星の文化館』
20050623200402s.jpg
星野村ならではの美しい星空を、インストラクターが解説を交えながら案内してくれる施設です。

館内には九州最大級の65センチ反射望遠鏡を設置。
また直径5mドームのデジタル・プラネタリウムと100インチ・スクリーンを備えた映像体験ルームもあるので、天気が悪い日にも満天の星を堪能できます。

7月7日には夜11時から「ミッドナイト七夕観望会」と題して織姫・彦星を中心とした天の川の観測会を行うそうです。今年は月明かりがないため、好条件の下で見られるそうですよ!

またここは宿泊施設も完備しています。
20050623200421s.jpg20050623200431s.jpg
室内は木の香り豊かな温かみがあり、まるで北欧のプチ・ホテルの様な雰囲気です。
客室のお風呂は“檜風呂”!部屋はもちろんお風呂からの眺めも最高です。
夏休みの自由研究や自然との触れ合いを、家族揃って泊りがけで体験できますね。
20050623200511s.jpg20050623200533s.jpg
他にも施設内には欧風料理を楽しめる『レストラン北十字星』も隣接。
今日のランチはここで日替わりランチをオーダーしました。
本日のメインは「ロースト・ポーク」。これに「きのこスープ」「サラダ」「パン」「コーヒー」が付いて1000円とは安いですねー。

窓からは耳納連山や星野村の自然がパノラマで楽しめますので、食事だけでも行く価値のある場所ですよ!
20050623200544s.jpg

『星の文化館』を後にした私は、すぐ下にある『茶の文化館』へ。
20050623200622s.jpg20050623200635s.jpg
星野村はお茶の産地としても知られていて、中でも「しずく茶」が有名です。
「しずく茶」とは、茶碗に茶葉を直接入れて蓋をしたままお茶碗を傾け、そこから流れ落ちてくる玉露のしずくを飲むんですが、苦みと甘みと旨みがめまぐるしく変化して、これまで体験した事のないお茶を楽しむ事が出来ます。
玉露の旨みを最大限に引き出す飲み方であり、茶碗一つで手軽に飲めるという意味合いから、このような飲み方を提案しているそうです。
ちなみにお茶は4煎目まで飲み、最後に残った茶葉に酢醤油をかけて食べるそうです(笑)。
「なぬ?」と思われるでしょうが、海藻サラダのような感覚で、意外とすんなり口にできるそうですよ。
今日は飲みませんでしたが代わりに「茶の葉の佃煮」をお土産に買いました。
20050623200704s.jpg
ちなみにこの周辺は『星のふるさと』といって、『星の文化館』『茶の文化館』の他にも温泉宿泊施設『池の山荘きららの湯』『池の山キャンプ場』『森の工作館』など自然を満喫できる施設が沢山あります。

詳しくは『星のふるさと』のHPをご覧下さい。
20050623200717s.jpg
それにしてもこの「星野村」は自然がいっぱいの場所。小鳥のさえずりがいたる所で聞こえてきて、フィトンチットもいっぱい浴びました。


時間がゆっくりと過ぎていく場所です。


さて、こんな自然に囲まれた「星野村」へ連れて行ったお供が・・・コチラ!
20050622195432.jpg
Craig Chaquico & Russ Freeman / From the Redwoods To The Rockies』
01.Riders of the Ancient Winds
02.Maiden and the Warrior
03.From the Redwoods to the Rockies
04.Samba del Luna
05.Seattle Child
06.Tribal Runner
07.Fallen Heroes
08.Sweetwater
09.Change of Seasons
10.From the Redwoods to the Rockies [Acoustic Reprise]


元「ジェファーソン・スターシップ」の「クレイグ・チャキーソ」と、「リッピントンズ」の「ラス・フリーマン」のギタリスト2人がコラボレイトした99年のアルバムです。

「クレイグ」は「ジェファーソン・スターシップ」脱退後は、以前このブログでも紹介したニュー・エイジ系のレーベルHigher Octave Musicから7枚のアルバムを発表していて、ニュー・エイジとスムース・ジャズの中間とも言えるサウンドを展開しているギタリスト。
一方、人気フュージョン・グループ「リッピントンズ」を率い、ソロ・アルバムも2枚発表しているギタリストでもありプロデューサーでもある「ラス」。
この対照的とも言える2人のギタリストがコラボレート・・・しかもそれが「ジョージ・ウィンストン」などが在籍しているニュー・エイジのレーベルWindham Hillからリリースされると聞いた時は、一体どんなサウンドが出てくるのか興味津々でしたが、届いた音はタイトル通り自然がいっぱいのナチュラル指向のサウンドでズバッとツボに入りました。

タイトルからもお分かりの様に、「クレイグ」が住んでいる北カリフォルニアの「レッドウッズ」と「ラス」の住んでいるロッキー山脈の麓コロラド・スプリングの自然の素晴らしさをテーマにした美しいインストルゥメンタル・アルバム。

①③⑥⑧が2人の共作ですが、「ラス」が書いた②④⑥も「クレイグ」が書いた⑤⑨も、お互いのメロディーやクセを意識しながら作られたと思わせる様なメロディーで、アルバムに統一感が感じられます。

アルバムは全体的にゆったりとしたアコースティックな仕上がりで、サポート・メンバーの「デヴィッド・ベノワ」「ポール・テイラー」なども彼ら2人のギターを主役に置いた名わき役に徹するナイスなバックアップをしています。

海向きの音楽って意外とどんなものでも似合いますけど、今日訪れた星野村の様な自然がいっぱいの山や田園風景にピッタリな音楽ってなかなか無いですよね。
これからキャンプや森林浴などで森に入る時、このアルバムをお供に連れて行ってみては如何でしょうか?

フィトンチットがタップリ詰まった癒し系アルバムです。

※全曲試聴はコチラから!

聴いてみたいと思った方はクリックお願いしますね!
     ↓

人気ブログランキング
Smooth Jazz | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
これまたローカルですなぁ。
星野村なんて聞いたのは、10年ぶりです。これまたローカルですなぁ。

Musicmanさんは、本当にいろんなミュージシャンを聴いてらっしゃいますね。
ギタリストのみならずピアニスト、サックスプレイヤーなど、どれをとっても
適切に答えてくれますから。

1ヶ月にどれだけ音楽のためにお金を使っているんですか?
最近はCDを買うのも2ヶ月に1回くらいですね。少なすぎ?
面白い顔合わせ
・・のCDですね。私は存在さえ知りませんでした・・・
Musicmanさん、平日の昼間っからリゾート満喫じゃないすか!
羨ましい・・・
普段何の仕事をなさってるのか、だんだん気になってきました・・・
ホントに・・
いつも、いいところに出かけ、いい景色を眺め、美味しそうなものを食べ、いい音楽を聴いていらっしゃいますね。羨ましい生活で~はす♪
いつものことですがこのCD<も>知りません(泣)ジェファーソン・スターシップがジェファーソン・エァプレインの時代なら知っていますが・・古い?
♪Stefanさん。
星野村に行かれた事あるんですか?
写真の通りすっごくいい所でしたよ!
CDは昔は湯水の様にお金を使って買ってましたけど、
ここ2年ぐらいは全然買ってないです・・・。
半年に1枚ぐらいしか買ってません。
本当は色々欲しいんですけどね(笑)。

♪怪鳥さん。
ご存じなかったですか?このアルバム。
フュージョン好きの怪鳥さんならきっと気に入るはずです。
もちろん買ってもソンはないですよ!
是非試聴ボタンを押して聞いてみてください!
昨日は本当にいいお天気だったのでリゾート気分を味わいました。
私の仕事ですか?
・・・案外何にも仕事してなかったりして(笑)。

♪ゆめの夢さん。
昨日コメントを送ろうと思ったら受け付けられませんでしたけど、
今日は大丈夫かな?
いつもいつもこんな生活を送ってる訳じゃないですよ(笑)。
昨日はたまたまです。
「ジェファーソン・エアプレーン」・・・懐かしいですね~。
ファンの間では「・・・エアプレーン」時代が好きという方が多いみたいですね☆
奇遇ですね。
フィトンチット浴びまくってそうで、うらやましい・・・。
こちらはせめて音楽だけで・・・。
ラス・フリーマンを取り上げているとは奇遇ですね。
こちらで月曜に「Jeff Kashiwa」を取り上げる段取りです。
やはり良い空気とSmooth Jazzは合いますね。
♪Brownさん。
いつもコメントどうもです!
「Jeff Kashiwa」は「リッピントンズ」のメンバーでしたよね。
私も2ndアルバム『Walk A Mile』は持ってますよ!
是非とも紹介してくださいね。
福岡はええ場所いっぱい
あるなあ~。自然に癒されましたか?
『Craig Chaquico & Russ Freeman / From the Redwoods To The Rockies』試聴してみました。
アコースティックギターの音がとても心地よいです。本当に音楽の幅広いですね~。
2年前に長野に行って以来、旅行はしていません。のんびり癒されたいわあ。

♪ミーナさん。
ね!なかなかイイでしょ?
ナチュラル指向のスムースジャズって感じで。
自慢するわけじゃないけど、福岡はまだまだいいところがいっぱいあります。
ご覧になられる方々が出来るだけバーチャル旅行を味わえるようにこれからも充実させていきますね!
長野は20台(!)の頃に軽井沢に行った事がありますが、素敵な場所でした。
素敵なところですね
「星野村」ってどこ? 思わず、日本大地図を広げて探してしまいました。
素敵なところで、行ってみたいわぁ~、でも、遠い・・

それにしても、感心しながらいつも思うのは、ここは人を惹きつけて止まないブログの代表格だということ。

一度来たら(会ったら)、また必ず来たくなる(会いたくなる)。

全体的なバランスの良さ、情報量の多さ、写真の美しさ、テーマの豊富さ、的確な説明。 これってセンスなんだろうね。

音楽好きにはたまらないだろうし、そうじゃない方も充分楽しめる。
何よりも、Musicmanさんの魅力あるお人柄にとりこになってしまう方が多いのでしょう。

そうでなければ、リピーターってなかなか増えるものではないと思うのよ。
お話できて嬉しいっていう気持ちが、皆さんのコメントに表われてますよ。

人にも自信を持ってお薦めできますし、参考にさせていただきたいこと多し。

アップされてなくても、何度も訪れてますし、保存しているものもありますよ。
クリックなんかに頼らずとも、充分に人気NO1になる価値はあると思ってます。
長くなってごめんなさいね。体調管理には充分注意してくださいね。
♪Mamiさん。
いつもコメント本当にありがとうございます!
星野村は福岡の人でもなかなか行かない(笑)場所なんですが、私は一度行っただけですっごく好きになりました。
もしも福岡に来ることがあったら、是非行ってみて下さいね!
そしていつも暖かいコメントありがとうございます。

>ここは人を惹きつけて止まないブログの代表格だということ・・・

そんな風に言ってもらえるとブログをやってて良かったなって思います(照)。
自分では何にも意識してないし、他の方のブログを見て
「何でこういう風に書けないのかな・・・文才無いな」
なんて劣等感さえ持ってるんですけど・・・。
でもこんなに褒めてもらえて光栄です。
何が欲しいですか(笑)?

>一度来たら(会ったら)、また必ず来たくなる(会いたくなる)・・・

是非一度お会いしましょう・・・な~んて(笑)!!
でもMamiさんをはじめ、コメントを頂いている方々には本当に一度お会いしたいと思ってます☆
改めまして今後ともよろしくお願いしますね♪
確か・・
Mamiさんのコメント見て、私もいつもそう思っていて、そんなことをコメントしたなぁと探してみたら、4月27日のコメントがそれでした。
同じことを、皆さんが感じておられるのですね。よっ!色男、マダムキラー!(古っ)
えっ・・・ホントだ。確認しました。
でもそういう風に思っていただけるのはとっても嬉しいですね(笑)。
でも実生活では全然モテないんですけど・・・。

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。