08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

SEA BREEEEEEEEEEEZE!!

2005年07月22日
先日の満月はご覧になりましたか?
私なんか感動のあまりボーっと見とれていました(笑)。
最接近の満月は毎年あるみたいですので、来年もチェックしなきゃ!!


さて、毎日暑い日々が続いていますが、皆さんはボディ・ケアはどうしていますか?
女性は気をつけているでしょうけど、男性である私もこの歳になってくると肌の老化現象は避けられない現実(笑)。
ま、ただ老化していくだけなら構わないんですが、気になるのが“体臭”
西洋人に較べると日本人は体臭が少ないみたいですけど、どうしても夏場は汗をかくので気になりますよね~。
汗臭さは女の子に嫌われちゃいますし(やっぱそこに行くか・・・笑)、
イチバンやっかいなのが“オヤジ臭”!!

正式には“加齢臭”といいます。
“加齢臭”は“老人臭”ともいわれ、皮膚の老化によって起こる臭い。
加齢により皮脂腺(皮脂を分泌する器官)の酸化が進み、皮膚に過酸化脂質(酸化して毒性が強くなった脂肪分)や脂肪酸が増えることが原因だそうです。
つまり皮膚の上で過酸化脂質と脂肪酸が混ざることで、脂肪酸が分解され、その結果様々な臭い物質が全身から発生するという事。

“オヤジ臭”だからといっても、コレは女性にも発生する臭いです!!

そこで活躍するのがオーデコロンや香水といったもの。
でも、臭いに敏感すぎる私は強すぎる香水に気分が悪くなるので、
もっぱらコレを使っています。
20050718121114.jpg『SEA BREEZE』です。
実は中学生の頃から現在まで使用しているので、かれこれ30年近く使用しています。
もちろんシャンプー、リンス、ボディ・シャンプーも『SEA BREEZE』製品を愛用してます。

元々はアメリカで1902年に開発された薬用ローション。
日本には1960年に入ってきたらしいので、歴史は意外と古いものなんですねー。今は写真の様なプラ・ボトルですが、昔はガラス瓶に入っていたんですよ!
私はコレを風呂上りの身体やヒゲ剃り後にも使用しています。
“オヤジ臭”もコレで抑えられるみたいです(笑)。

で、夏はこの超強力なボディ・シャンプーを使用中!!
20050718120723.jpgこれが凄いんです!
洗ってる時から体中がスースーしてきて、風呂上りはクール・ダウン状態。特に日焼け後には頼れるボディ・シャンプーです。

ただ下半身を洗っていると、かなり効き過ぎる傾向があります(笑)。
思わず「ヒー!!」と叫ぶくらいですのでご注意を☆


そんな『SEA BREEZE』愛用者である私が、
『SEA BREEZE』によって導かれたアルバムが・・・コレ!!
20050717185906.jpg
『角松敏生 / Sea Breeze』
01. Dancing Shower
02. Elena
03. Summer Babe
04. Surf Break
05. YOKOHAMA Twilight Time
06. City Nights
07. Still, I'm In Love With You
08. Wave


遂にこのアルバムを紹介する時がやってきました!!
私が「角松」と出会った最初のアルバムです。
81年にリリースされた記念すべきデビュー・アルバム。

当時、私は高校2年生。AOR的な洋・邦の音楽を聴いていた私は、学校帰りにいつもの様に某レコード店へ足を運びました。

「何かタツローっぽいヤツないかな~・・・」

と漁っていると、私の目に飛び込んできたのはサーファー・カットしたやさ男が真っ白なテラスで立っているジャケット。

「か・ど・ま・つ・・・と・し・き?なんかめでたい名前だなぁ(笑)!」

昔から(今でも)ふざけた名前のグループを聴かず嫌いしていた私は、そっとレコード棚に戻そうとしたその時、目に飛び込んできたのは『Sea Breeze』というタイトル!!
そう、中学生の時から愛用してきた薬用ローションと同じ名前ではないですか!

AORやフュージョンが好きな方はご存知でしょうが、当時は「ジャケ買い」の他に「クレジット買い(カードで買うという意味ではありません)」という手法がありました。
これは参加ミュージシャンやエンジニア、プロデューサーなどを見て
「コイツが参加してるんだったら、アレっぽい音かな?」
と、音を想像して買うことがあったんです。
ま、今の様に試聴機なんてなかった時代ですし、そもそもアナログは試聴なんてさせてくれませんでしたから。

そんな方法でレコード漁りを常としていた私なのに、このアルバムに限って言えばクレジットに目もくれず、まるで夢遊病者の様にこの『Sea Breeze』と書かれたレコードをレジへ持っていっていたのです。

それが後に“音楽中毒(別名“浪費グセ”)”になるきっかけだとも知らずに・・・(笑)。

家に帰った私はおやつもそこそこにターン・テーブルに乗せ、針を落としました。
すると・・・もう書かなくても分かりますね。
「ヤマタツ」とも「大瀧詠一」とも、当然「サザン」とも違う都会的なソウルのエッセンスを、リゾート感覚で処理した海の匂い・・・。
まさに薬用ローション「SEA BREEZE」と通じる世界がこのアルバムにありました。

大分の片田舎には都会的なシャレたバーや、リゾート感覚のビーチなんてなかったですから、「YOKOHAMA」「WAVE」というタイトルだけで、なんか垢抜けた気分になれましたし(笑)、部屋にジャケットを飾っていると
「俺って他の同級生とは違うよな~」
なんて悦に入ってました(恥)。

そして「角松敏生」という男の虜になっていったのでした。

このアルバムは、今の様にセルフ・プロデュースではないので、彼自身も不満があったみたいですが、デビュー・アルバムにしては完成度が高い内容。決して“ウマイ”とは言えない(笑)ヴォーカルもある意味魅力的ですし、「パラシュート」を中心としたバック・ミュージシャンのプレイも彼のサウンドをより昇華させています。

そして彼のライフワークとも言える名バラードの存在・・・。

「角松」フリークにとっては決して避けて通れないアルバムです。


薬用ローション『SEA BREEZE』が導いてくれた「角松敏生」
きっと両者とも一生付き合っていく事でしょう。

何故か急降下中!!クリックのご協力お願いします(汗)。
    ↓

人気ブログランキング
J-POP | コメント(17) | トラックバック(3)
コメント
このボディーシャンプー愛用中です。
風呂上がりに汗をあまりかかないのがいいですね。
きたー!って感じですね。
私も初めて聴いた時は、日本にもこんな人いるんや~。と感動!
達郎のファンでしたけど、確かに、達郎とは違うし、はまりましたね~。
角松氏の当時の姿は、あの時代を表していますね。

夏はシーブリーズ(ボディソープ)を愛用しています。やっぱり、さっぱり気持ちいいですし。
シーブリーズのヘアトニックで頭皮マッサージをしてもらったら、気持ちいいですよー。
こんばんは。
私も夏場はこの「スーパークール」ボディシャンプーを愛用しています。
本当に、下半身は気をつけないと“ヒ~~~!”となってしまうほど強力ですよね。でも、カ・イ・カ・ン!
もちろん、普通の『SEE BREEZE』も冷蔵庫に入れて冷やして使ってますよ。
しかし、コレから角松に繋がったとは…。
ふふ。ふふふふふふ。ふっふっふっふ~。とうとう出ちゃいましたね。このアルバム(笑)。私も薬用ローションとこのアルバムを長年愛用しています。ま、Musicmanさんにはもう色々と知られちゃってるので改めて書く必要もないですね(笑)。このアルバム、「小粋」がキーワードですよね。ローションもアルバムも海の香りに包まれてとても幸せな気持ちになります。音楽の楽しみ方を教えてくれた角松さんとの出会いは私にとって非常に大きかったです。
そうですよね。結構匂いには気を使っています。といってもエチケットとしてですが…シーブリーズ・アンティセプティックなくして生きていけない~!!!
ジムのロッカーにも常備していまーす。この季節使用感がたまらんです。ボディシャンプーは僕には刺激的に過ぎます。(笑)
♪karさん。
おおっ!愛用中ですか!?
お風呂上りの爽快感はたまりませんよね!
上がってから扇風機の前やクーラーの風を浴びるとスーパー・クールですね(笑)。
今年の夏も手放せません・・・。


♪berryさん。
私もこのアルバムを初めて聴いた時は、日本にもやっと出てきたな~って思いました。
でも「山達」や「はっぴいえんど」「鈴木茂」などの下地があったからこそ生まれた音楽ですよね。
ジャケはレトロですけど(笑)。
でも当時はオシャレに感じていたな~。
シーブリーズの愛用者って結構いらっしゃるんですね(笑)。
私はシャンプー前の毛穴スッキリクレンジングも使ってます!!


♪まーちんさん。
ホントこれ下半身に付けると「ヒー!!」状態です(笑)。
でも多分この気持ちは女性には分からないかもですね(汗)。
私の中では「Sea Breeze」と「角松」はセットなのです(笑)。


♪祥さん。
「Sea Breeze」好きの祥さんを思い浮かべながら書きました(笑)。
だってボトルも捨てられないで持ってるんですもんね!
私も「角松」から影響されて聴くようになった音楽がたくさんあります。
昔の(失礼!)アーティストって、次の世代に何かを残してくれてた様な気がしますね!


♪KENNYさん。
ジムのロッカーにも常備ですか?
でも汗臭さは自分でもイヤになりますもんね!
ボディー・シャンプーは刺激強すぎ??
でも慣れるとクセになっちゃうんですよ(笑)。
あの「ヒー!」の刺激が・・・(笑)。
角松、キター!!
Sea Breeze=角松さん、わかるような気がします
角松1stアルバム ですね。YOKOHAMA Twilight
TimeとDancing Showerが好きです。Sea Breezeボディシャンプー夏だけ限定で使おうかしら。
私の知人で、ふたりのYOKOHAMA Twilight
Time♪を、ふたりのYOKOHAMA来々軒♪って
歌うひとがいます(苦笑)
♪ミーナさん。
>ふたりのYOKOHAMA来々軒♪

サイコー(笑)!!
確かにそう聞こえないことも無いっすね☆
2001年にリリースされたシングル「心配」のカップリングにはこの曲の2001年ヴァージョンが収録されてました。
また違ったアレンジで好きです!
「Sea Breeze」のボディ・シャンプーは、夏にはオススメですよ。
でもモイスチャー成分が少ないので女性はアフター・スキン・ケアを忘れずに☆
もしも「ミュージックバトン」の記事を書くなら・・・
角松1stアルバムは、
もしも「ミュージックバトン」の記事を書くなら
必ず入れないといけないほど影響を受けた作品です。

何といっても四曲の16ビートサウンド!
「Dancing Shower」「Summer Babe」
「YOKOHAMA Twilight Time」「City Nights」
そして、ラストのバラード二曲!
「Still, I'm In Love With You」「Wave」
今聴いても最高ですよね。

私、ご存知の通り「角松コーナー」を作ったので相互トラックバック希望しまーす!
http://halfskits.exblog.jp/tb/2102062
懐かしいなぁ
お月様の話題からこちらも見たら角松!よく聴いてました♪〈ほおんと、最近音楽聴いてなくて(^^;)過去形なのが残念 〉抜けるようにさわやか。
奄美にぴったりかも?!聴きたくなって捜してみましたが、見つからず...実家かなぁ。
しかもよく読ませていただいたら、Musicmanさんとは同世代だとわかり
なんか親しみを感じてしまいました。
またお邪魔しま~す
♪Kenny Uさん。
いつもコメント&TBありがとうございます!
私も「ミュージック・バトン」に入れたかったんですけど、他にもたくさんありすぎて・・・。
泣く泣く外しました。
1stアルバムながら、彼の今後の方向性を全て出した様な内容ですよね!
やられて当然の1枚です☆


♪MT.FORTUNEさん。
おお、同じ世代ですか?
このブログに遊びに来てくださる方は大体同い年ぐらいの方ばかりです。
ま、紹介している音楽の系統から、必然的にそうなっちゃうんですけどね(笑)。
奄美で聞くなら、アルバム『INCANATIO』がピッタリかと・・・。
沖縄で聴いた時はかなりマッチしましたから。
シーブリーズ懐かしい♪ 私の記憶もたしか・・・中学生の頃に流行っていたような・・・(・・? あの爽快感がいいですよね~ ス~ス~
ボディ・シャンプーもあるんですね~「ただ下半身を洗っていると、かなり効き過ぎる傾向があります(笑)。
思わず「ヒー!!」と叫ぶくらいですのでご注意を☆ 」そうなんだぁ~笑いながら・・φ(.. )メモシテオコウ。
『SEA BREEZE』によって導かれたアルバムが・・・コレ!!って、お~何を紹介しているのだろうと続きを読むを見たら、お~「角松」さんかぁ~
でも最近は聴いていません(^^ゞ
今日の地震はちょっと怖かったです!

♪4cloverさん。
地震は大丈夫でしたか?
かなり大きな揺れだったみたいで、交通もマヒしちゃったみたいですね。
福岡も実はいまだにチョコチョコ揺れてるみたいです・・・。
地震大国ニッポンですから起きても当たり前なんでしょうけど、突然やってくるとやっぱり怖いですよね。
「Sea Breeze」のボディ・シャンプーは下半身にはご注意を(笑)!!
Musicmanさん、こんにちは。
私はこのローションを頭皮に塗ってマッサージしてますよ。
血行をよくするためと、清潔を保つためです。
決して寂しくなってきたわけではありませんからね。(笑)


♪Mamiさん。
私も時々、頭皮マッサージしてます。
もちろん私も寂しくなってる訳じゃありません。
どちらかというとフサフサしすぎて・・・(笑)。
だから頭皮に塗って、その爽やかさに現実逃避してます(笑)。
TBありがとうございます。角松をリアルタイムで聴き始めて24年になります。これから順を追ってアルバム記事を書いていこうと思ってます。また覗いてやって下さい。
♪kaz-shinさん。
こちらこそコメント&TB(2つも!)ありがとうございます!!
kaz-shinさんとはかなり音楽的な指向が似ているみたいなので、これからもちょくちょく・・・というか、かなりお邪魔しますね(笑)。
今後ともよろしくお願いします☆

管理者のみに表示
トラックバック
角松敏生81-01…… Thousand days of yesterdays シンコー・ミュージック 2001年6月 2,100円 写真集です
角松敏生の記念すべきデビュー・アルバム。1981年のリリース。私にとって2005年の現在までずっと聴き続ける事になったきっかけを作ったアルバムである。1stアルバムという事で、おそらくデビュー前に書き溜めておいた曲からピック・アップして製作されたものであろう。アル
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。