08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

真夏の夜の夢

2005年07月24日
関東で震度5の地震がありましたが、関東地方の皆さんは大丈夫でしょうか?
思わず3月に起きた福岡の地震を思い出してしまいました。
被害に遭われた方には心情お察しいたします。

さて、今夜(7月23日)は、佐賀県唐津市浜玉町で行われた
『浜崎祇園祭』に行ってきました。
この『浜崎祇園祭』とは、浜玉町にある“マムシ除け”で有名な「諏訪神社」境内にある祇園社に、毎年7月の夏休みに入って最初の土日に奉納される西区、東区、浜区の三地区による山笠行事。
山笠は全国でも最大級の大きさ(15メートル!)を誇り、写真でもお分かりの様に、屋形や人形で豪華絢爛に飾り付けられていて、夕暮れ時には燈篭に明りを灯し夜の町に浮かび上がります。
まるででかいクリスマス・ツリーみたいです(笑)。


福岡の方に分かりやすく言うと『博多祇園山笠』の飾り山が町を練り歩く様なもの!!
ですから浜玉町の電柱や電線・信号機は、
この飾り山がぶつからない様にかなり高くしているんです。
20050724001052.jpg20050724001123.jpg

20050724001112.jpg
どうですか?この雄大さ!!

揃いのハッピを着た各地区の締め込み姿の若衆が、
日の落ちかけた夕方から山笠を曳き出し、町内をゆっくりと曳き廻すんですが、
最大の見せ場は何と言っても諏訪神社境内での「大回り」
20050724001133.jpg20050724001141.jpg20050724001149.jpg

「大回り」とは、この飾り山をグルグルと何回も廻す事。
15メートルもある飾り山がグルグルと十数回も廻る姿は圧巻!!
アスファルトと車が擦れてギーギーときしむ音を立てながらの雄姿は、感動のあまり声も出ない程です(汗)!!
実は去年も行ったんですが、何度見てもこの「大回り」には興奮と感動の嵐です。
しかも、こんなスゴイお祭りなのに意外と観客は少なくて、廻っている飾り山を1メートルぐらいの距離で見られるんですよ!

もう“感動!”という言葉意外見つかりません。

またこの飾り山の準備には半年もの期間を要するんですが、
本番の2日間が終わると一晩のうちに解体されて、次の日には山笠は跡形もなく、路面には回転したときの跡が幾重にも丸く残っています。
まさに“真夏の夜の夢”といったところでしょうか。

『博多祇園山笠』は全国的にも有名ですが、この『浜崎祇園祭』ももっと知られてもいいのに・・・。
とにかく一度その目で見ると虜になります!!!

今年の夏の始まりを体感した一夜でした。


さて、帰りの車の中ではお祭りで興奮して火照った心と身体をクールダウンさせてくれるこんなアルバムを聴いてました!
20050724015958.jpg
高中正義 / Ballade』
01.Stardust
02.Say It(Over And Over Again)
03.Calling You
04.Nagisa '91
05.Cause We've Ended As Lovers
06.Amanatsu
07.Antonio's Song
08.20th
09.Aubrey
10.That's The Easy Part
11.珊瑚礁の妖精~Plastic Tears


「Blue Lagoon」「Jumping Take Off」「Sahke It」といったイケイケの「高中正義」も大好きなんですが、夏の夜にピッタリなのがこのアルバム。
1991年にデビュー20周年を記念して制作されたバラード・アルバムです。

ここでの「高中」は、普段の“夏全開!”的なサマー・フュージョンとはちょっと違う“大人の高中”が堪能できます。

「ホーギー・カーマイケル」作のスタンダードに始まり、「ジョン・コルトレーン」でお馴染みの「坂本龍一」のピアノ・ソロが堪能できる映画『バグダッド・カフェ』の主題歌、自らの大ヒット曲をセルフ・カバーした④⑥には井上陽水がコーラスで参加)、「小曽根真」が参加した「ジェフ・ベック」、夏には欠かせない「マイケル・フランクス」「ブレッド」「ベス・ニールセン・チャップマン」・・・と、カバー曲を中心に収録。
もちろんこのアルバムの為に書き下ろした⑧⑪も、他のカバー曲と違和感無くソフトでメロウにプレイしてくれています。

当時のアルバムの帯には

「バラードは20才を過ぎてから」

というキャッチ・コピーが書かれていましたが、まさに“大人による大人の為のアルバム”です!!


えっ? お祭りには誰と行ったかって??
浴衣姿のオネーちゃん・・・って言いたい所ですけど、
残念ながら(!?)ウチのカミさんです・・・笑。

“真夏の夜の夢”を見てみたいですか??
    ↓

人気ブログランキング
Smooth Jazz | コメント(18) | トラックバック(0)
コメント
♪あまなつなっと~
陽水氏のコーラスが存在感抜群なんですよねぇ。
も、笑っちゃうくらいに。
知りませんでした。
佐賀県民でしたけど、浜崎祇園祭は知りませんでした。
それにしても、高い山笠ですね。

高中正義「バラード」は、私も持っていますよ。
2曲目"Say It(Over And Over Again) "が最もオススメですね。
AORフリークには7曲目"Antonio's Song" も捨て難いです。

バラードは20歳以下から聴かせないと、いけませんよ。
かっこいい大人になるための予習ですよ。
地震怖かった!
震度5弱でした。事故、被害はなかったです。成田空港とJRは一時的にストップしました。Amanatsu とNagisa '91は知っています。高中さんのバラード
今度聴いてみます。
タ・カ・ナ・カ~♪
高中はアナログで持ってるのが多くてCDは「夏・全・開」のみ。この「バラード」は持ってないんですよ。大人の高中、ですか。今年の夏、聴いてみようかな。
梅雨が明けたばかりの新潟ですが夏になると「夏・全・開」よりも「SAUDADE」を聴く回数が圧倒的に多いです。あの夕日色のジャケがどこまでも青い夏の空なのに夏は一秒一秒終わりに近づいているんだよ、みたいな郷愁感を感じさせられ、勿論音も黄昏マニアの心をくすぐる感じでいいんですよね。
♪怪鳥さん。
横浜は地震は大丈夫でした??
「井上陽水」のコーラスがビミョーながらもいい味出しているんですよね(笑)。
ある意味、日本人だからこそ表現できるサウンドだと思います。


♪Stefanさん。
ご存じなかったですか!?
これはマジで一度見に行った方がいいっすよ!!
高さは15メートル・・・3階建てのビルに匹敵する高さです。
だから浜玉町の電柱の高いこと高いこと(驚)!!
昨日と今日と行われますから、チャンスがあれば是非行ってみてください。きっと誰かに言いたくなります(笑)。


♪ミーナさん。
地震・・・怖かったですか?
ケガとかなさそうで何よりです。
イケイケ・ギターの「高中」ももちろん好きなんですけど、こういったバラードの「高中」もオススメですよ!!


♪祥さん。
今の季節は「夏・全・開」がキモチイイですけど、「SAUDADE」が好きならこれもかなりオススメです。
黄昏マニアの祥さんにはうってつけのアルバムですよ!
でも・・・泣いても知らないから(笑)!!
お久しぶりです♪
お祭りのシーズンですね~♪
奥様とお祭りデートもいいですね(^-^)
こちらも週末毎にイベントがありますので、お祭り大好きな私はウキウキですよ、花火を見たら「たまや~」って叫んじゃう(笑)
夏のマストアイテム、高中さんですねー♪しかしご紹介のものは夜向けなんですね、しかも私好みな選曲で気になります、機会があれば聴いてみます。
あぁ、今の時期に「バグダッド・カフェ」観たら暑苦しいだろうなぁ(^^;
夏バテしないで更新がんばってくださいね!(^-^)
♪keiさん。
お久しぶりです!こちらこそご無沙汰してます・・・。
お祭り好きのkeiさんにも、コレは絶対に観て貰いたいお祭りですよ!
何と言ってもフィナーレの「大回り」は迫力、スピード、美しさ共に満点を上げたくなります。
もちろんこのアルバムもオススメ。
普段の「高中」とは違って、シットリと落ち着いた雰囲気が心地良いサウンドです。
お互い夏バテには気をつけて夏を乗り切りましょうね!!
コメントありがとうございます!
地震をはじめ、天変地異はどうにもこうにも困ったもんです。今回のことで真剣に移住とか、救急避難道具などについて考えようと思います。今回は本当にコメントありがとうございます。
浜崎祇園
どうも、こんばんは☆
ご近所まで来ていらっしゃったんですね。
浜崎祇園には毎年行ってますが
今年は家族の都合が合わなくて行けそうにないんですぅ(涙)
コチラで見れて嬉しいです!ありがとうございました。
あーあ、褌姿の男衆が見たかったのになぁ。
で、唐津市も大きくなりまして
浜玉町も「唐津市浜玉町」となりましたです、はい。
♪HowardBrubakerさん。
ご無事で何よりです。
場所によってはかなり混乱していたみたいですね。
天災は忘れた頃にやってくる・・・まさにその通りだと実感しました。


♪ななっちさん。
今年は行けないんですね?残念ですね・・・。
去年初めて行ったんですが、あまりの迫力に魅せられて、今年も行っちゃいました(笑)。
そうそう、唐津市でしたね(汗)。
訂正しておきました!!
高中といえばやはりなんといっても“セイシェルズ”です。
ミカバンドからのソロデビュー作、吉田拓郎のバックをやっていたとはとても思えない(笑)音でのあまりにも鮮烈な作品。いまでも愛聴盤の一枚です。
ジャケットが好きでずいぶん長い間ディスプレイしてましたっけ。
男の祭り
佐賀にもこんな勇壮なお祭りがあるんですね。さすが、九州!!
「川端ぜんざい広場」で見た飾り山は圧巻でしたが、それよりも大きいのですか?
まさに、「男の祭り」ってとこでしょうか。

高中のバラードってどんなのだろう?
今度聴いてみますね。
♪KENNYさん。
私も「高中」と言えば『セイシェルズ』です!
もちろん『JOLLY JIVE』も☆
去年(だったかな?)紙ジャケで再発されて上の2枚買っちゃいました(笑)。
それまで何故かカセットしか持ってなかったもので・・・(笑)。
あの時代のフュージョンはインテリアになるジャケットが多かったですね!


♪Mamiさん。
博多の飾り山よりもマジ高いです!!
でもお祭り自体はあんまり激しくないので“男の祭り”というよりも“男も女も楽しめる祭り”ってカンジですね。
しかし暗くなって浮かび上がる飾り山は、表現できないほどの美しさでした☆
Maxwellいいですね。しかも、あとから調べたら、ワタシが買ったCDは1996年のCDだったみたいですね。10年も前の音楽とは思えないほどワタシには新鮮に聞こえますよ!!高中正義サンの演奏をずーっと前に日本にいたときにテレビで聞いたことがあって、「すごいなぁ」と思った思い出があります。また改めてかれの音楽を聴いたら新しい発見があるかもしれませんね。
京都の祇園祭は昼日中の巡行ですが、これは暗闇と灯りとのコントラストが綺麗で趣が違いますね。
大回りは祇園祭でいう辻廻しと同じで、きっと見事でしょうね。何より間近で見られるなんて羨ましいです。
来年は唐津に旅行しようかな。
こちらでは天神祭も終わって、後は大文字焼(8月16日)です。
♪ヒトミさん。
お久しぶりですね!
「高中」はどのアルバムを最初に聞くかで印象が変わりますが、まずは『セイシェルズ』か『JOLLY JIVE』あたりがオススメです。
その後、このバラード・アルバムをね☆
「MAXWELL」のアルバムはデビュー作です。
2nd、3rdもオススメですよー!!


♪ゆめの夢さん。
京都の祇園祭りも「大回り」に似たものがあるんですねー。
でも人出はこちらの方が断然少ないし、とにかく山笠の明かりが幻想的で美しい光を放っています。
大文字焼きは子供の頃に見ました。
あれはあれで感動したな~・・・。
是非、九州に遊びに来てください!
その時はこのブログにも書いていない超穴場へご案内いたしますよ☆
お久しぶりです。
祇園祭りの類を生で見たのは京都祇園祭の宵山ぐらいしかないのですが、夜に見る「山」は昼とはまた違ったすばらしさがありますよね。
あと、私も一時期福岡県民だったことがあって、転勤直前に見た博多祇園山笠「追い山」のテレビライブ中継が印象に残ってます。これを見るまで「追い山」がタイムアタック?だったことすら知らなかったのですが、迫力ありましたね。
さて、タカナカですが、私は高校生の時にクラスメートが持っていたLPを初めて聞きました。たしか「CAN I SING」だったかな?そのあと「夏全開」「極東探偵団」でハマってしまいました。TVCFにもなった「渚・モデラート」は名曲だと思います。あれを聞くと海行きてぇ-!と思ってしまいますね。
♪さるびあさん。
こちらこそご無沙汰しております!
博多の山笠、見たことあるんですね?
そうなんです、あれタイム・アタック方式なんですよね。
ですから迫力は凄いですよ~。
ここで紹介した浜玉町の浜崎祇園は、そんなスピード感溢れるものではありませんが、とにかく美しく幻想的な山です。
もしも九州に来ることがあったら、コレに合わせてきてみては如何ですか?
高中の『I Can Sing』は、一時期私もハマりました(笑)。
一番分かりやすいアルバムかもしれませんね。
このアルバムの「Nagisa '91」は、「渚・モデラート」の91年ヴァージョン。
オリジナルに負けないくらいの良さです!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。