08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

翼を広げて・・・。

2005年08月08日
CAT.jpg
立秋が過ぎたというのに、この暑さは何なんでしょうね~。
全開の記事で“夏バテ対策”を書いたんですけど、
こう暑いと・・・

冷水シャワーを浴びてクーラーをガンガン効かせた部屋でそうめん食べながらビールをグビグビ!
フローリングに寝そべって深夜まで一日中ダラダラ。


とても記事に書いた通りに守れそうにありません(笑)。
皆さんには「気をつけて!」なんて書いておきながら・・・。
この根性無しに石でもぶつけてください(泣)。

そうやってダラダラしている時、
スカパーで「ジャーニー」の名曲「オープン・アームス」のPVが流れてました。
そこで思い出したのがこのアルバム。

Jonathan Cain / Body Language』
01.Paradiso
02.Body Language
03.Moonlight At Marbella
04.Crazy With The Heat
05.Even In My Wildest Dreams
06.Melt Away
07.I'll Always Remember
08.Cry For Love
09.Eyes Of Chacmool
10.Daydream
11.With Your Love

※写真をクリックすると、試聴できます。

「Journey」のキーボーディストでもあり「Open Arms」「Who's Crying Now」を生み出した
「ジョナサン・ケイン」
のソロ・アルバムです。

「ジャーニー」というと、どうしても「スティーヴ・ペリー」「ニール・ショーン」ばかりが注目されますけど、この「ジョナサン」のピアノがあってこそ「ジャーニー」のロマンティックな部分が引き立っているんです。
「ジャーニー」には81年から加入したんですが、加入した途端「Who's Crying Now」が大ヒット!それからの功績はご存知の通りですね。

1997年にリリースされたこのアルバムは、通算4枚目のソロ・アルバム。
決して「ジャーニー」を想像してはいけません!
以前からこのブログでも紹介している『Higher Octave Music』からリリースされた事もあって、
中身は全編インストゥルメンタル・アルバム。
分かりやすく言うと・・・

「DAVID FOSTER meets SMOOTH JAZZ」

といったところでしょうか。
ニュー・エイジ・ミュージックの要素をキープしつつ、スムース・ジャズのエッセンスを加えた聴きやすいアルバムに仕上がっています。
もちろん「ジョナサン」のピアノも大々的にフィーチュアされてますよ。

参加ミュージシャンも「マーク・ルッソー(sax)」「クリス・カモッズィ(g)」「トミー・ブラフォード(dr)」更には「ジャーニー」のメンバー「スティーヴ・スミス(dr)」も参加。
ジャジーな中にも時折クラシカルな要素も垣間見れるこのアルバム・・・。
夏の暑さを凌げるクールなサウンドです。

「ジョナサン」は、このアルバムを発表する前(95年)に『Piano With a View』を、(98年)に『For a Lifetime(「Open Arms」のカバー収録)』を、また去年最新作『Bare Bones(「Who's Crying Now」のカバー収録)』をリリース。
どれもこれまた素晴らしいピアノ・アルバムです。
ちなみに同僚(笑)の「ニール・ショーン」も、
この『Higher Octave Music』から3枚のソロ・アルバムをリリース。
そちらも「ジョナサン」に通じるスムース・ジャズっぽいインストゥルメンタル・アルバムで
出来れば持っていたい作品です。

暑くてタマラン方はココをクリック(笑)!
    ↓

人気ブログランキング
Smooth Jazz | コメント(7) | トラックバック(1)
コメント
Musicmanさん、お久しぶりです。
我が家の夏休みが終わって来てみたら、今度はMusicmanさんが夏休みなんですね。すれ違いだ~!
為になる夏の過ごしかたとか、達郎さんのアルバムとか、嬉しい記事がいっぱいあって、一気に読んじゃいました。
ジャーニーの「オープン・アームス」もこの間エバーグリーンでかかっていました。いい曲ですね。このアルバムも、Musicmanさんのおススメだったら間違い無しですもの、聴いてみたくなりました。
お休み、有意義に過ごしてくださいね。ダラダラしてたら石投げちゃいますよ(笑)
♪ゆめの夢さん。
コメントありがとうございます!
夏休みはどちらへ遊びに行かれたのですか?楽しまれました?
このアルバムは夏の暑さと遊び疲れた身体を優しく癒してくれるアルバムです。
「ジャーニー」とはちょっと方向性が違いますけどね(笑)。
夏休み・・・有意義に過ごしたいんですけど、先立つものも無くって・・・(泣)。
石投げないで~!!!
ケイン
彼もアルバムを出してたのは知りませんでした。
確か元ベイビーズですよね?
なかなかジャーニーも奥が深いですよね、産業ロックの代名詞と言われてますが。
ジャケがきれいですね
いつもためになる情報ありがとうございます。
やはり僕もスティーヴペリーやニールショーンにしか
目が行ってなかったです(苦笑)。
音もさることながら、きれいですねぇ、ジャケ!
独身時代なら彼を知らなくても
ジャケ買いしてたかも、です。
♪Skenさん。
ソロ・アルバムは結構リリースしているんですよ!
彼のオフィシャルHPで確認できます。
そうそう「ベイビーズ」でしたよね!
あのバンドには「Missing You」のヒットを放った「ジョン・ウェイト」も居ましたね。
他にも「Bad English」でも活躍してました!


♪taroさん。
音ももちろんですけど、彼のアルバムはジャケットも美しいんですよー。
思わずジャケ買いしてしまいそうになるくらいです。
是非一度チェックしてみてください。
はじめまして。
ジャーニーでHitしてきました。

ジョナサン・ケイン、元気でやってたんですね。ちょっと聴いてみたくなりました。

TBさせてください。

(ジャーニーの5年ぶりの新作が出るそうですよ。)
♪元Tennis Boyさん。
初めまして!
「ジョナサン・ケイン」のソロ・アルバムは「ジャーニー」を想像するとちょっと違いますけど、また違った味わいがありますよ。
そうそう、久々のNEWアルバムも楽しみです☆
今後ともよろしくお願いしますね!

管理者のみに表示
トラックバック
わが青春の80‘s、である。小林克也のベストヒットUSAを毎週かかさずcheckするチャート小僧だった。ToTo, Foreigner, そして、Journeyといったアメリカン・ロックにはまっていた。(まだBon Joviがデビューする前である。)Journ
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。