07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

秋の海。

2005年09月19日
夕べは本当にキレイな月を見ることが出来ました。
心が洗われましたね!

秋の海でも、9月ももうじき終わろうとしているのに・・・。
なんでこんなに暑いんでしょうか?
夕べもまたまたクーラー入れてましたよ、マジで。

でも、木々の葉っぱは少しずつ色づき始めてきてますし、海も夏とは違う表情を見せています。

個人的には5月~6月と、9月~11月の海が最も好き。
人影もまばらで、どこか物悲しい表情を見せてて、また来年の夏のために砂浜も浄化しようとしている(という訳ではないんでしょうけど・・・笑)自然界の姿に心を奪われてしまいます。

そんな秋の海を眺めながら聴きたいアルバムが・・・コレ!
Michael Franks / Avandoned Garden
Michael Franks / Abandoned Garden』
01.This Must Be Paradise
02.Like Water, Like Wind
03.A Fool's Errand
04.Hourglass
05.Cinema
06.Eighteen Aprils
07.Somehow Our Love Survives
08.Without Your Love
09.In The Yellow House
10.Bird Of Paradise
11.Abandoned Garden


9月に入ってもまだまだ暑い日が続いているときは、
こんな切ないボサ・ノヴァで過ごしてみては如何でしょうか?

95年にリリースされたこのアルバムは、ボサ・ノヴァ界の巨匠「アントニオ・カルロス・ジョビン」へのトリビュートとして制作された作品。
彼の「ジョビン」好きは昔から知られてて、
名曲「アントニオの歌」なんて曲まで作っちゃうくらいですからね。
トリビュートと言っても「ジョビン」のカバー・アルバムではなく、
「マイケル」自身が作ったミュージカル作品からの曲⑧⑨と
⑩の「ジャヴァン」の曲以外はオリジナル。
つまりマインドとしてのトリビュート・アルバムなんです。
(こういうのを本当のトリビュートっていうんでしょうね!)

『Blue Pacific』 『Dragonfly Summer』とエレクトリック・サウンドを主体としてきた近年の作品に較べると、70年代の彼の作品を髣髴とさせる生音主体のアコースティックなアルバム。
『Art Of Tea』『Sleeping Gypsy』辺りが好きだった方にはたまらない仕上がりとなっています。

プロデュースに「イエロージャケッツ」「ラッセル・フェランテ&ジミー・ハスリップ(イエロージャケッツ)」そして「マット・ピアソン」「ギル・ゴールドスタイン」
参加ミュージシャンも「D・サンボーン」「J・レッドマン」「C・ローブ」「B・ブラザーズ」「B・ジェームス」「P・アースキン」そして「イエロージャケッツ」と、錚々たるメンツ。

アコースティックなギターで始まる①、「アントニオの歌」が出来た時の「ジョビン」とのブラジルでの思い出を歌った②、「M・ブレッカー」のSAXがジャジーな③、「フランクス」「ジョビン」が共作し、「阿川泰子」がレコーディングした⑤、「ジョー・サンプル」のアルバム『Spellbound』に提供した曲のセルフ・カバー⑦、「アート・ファーマー」のフリューゲル・ホーンが印象的な⑨・・・と、どの曲も人恋しい秋の空を彩ってくれます。

あの夏を追いかけて、今一度じっくりと聴いてみては如何ですか?

あっ、ちなみに昨日9月18日は「マイケル・フランクス」のお誕生日でした。
HAPPY BIRTHDAY!!!


秋の海は好きですか??
    ↓

人気ブログランキング
AOR | コメント(13) | トラックバック(0)
コメント
いいなぁ。わが街では結局夜中に雨が降ってせっかくの月を見ることができませんでした。残念。福岡はまだそんなに暑いのですか?どうぞ体調崩しませんように。
で、私も真夏の海よりこれからの季節の海が好きです。いい写真!そんな海を眺めながらのマイケル・フランクス、ぐっときますね。
昨日はちょうど「ドラゴンフライ・サマー」をかけてました。
まったく、夏の終わりによく合いますね。
秋の海にぴったり
のアルバムですね!クリスボッティ、ボビコー、
マイケルフランクスとロマンティック路線が続いて
ますね(^-^)このアルバム、試聴しましたが全体的に
しっとりした印象ですね。
♪祥さん。
ありゃりゃ・・・新潟は雨だったんですか。
残念でしたね・・・。
祥さんもコレぐらいの時期の海が好きですか?
何となく寂しさもあり、でも癒される景色ですよねー。
こんな海で「マイケル・フランクス」なんて聴いたら涙が出ちゃうかも(笑)☆


♪怪鳥さん。
「M・フランクス」って、ジリジリと暑い夏よりも、ちょっと涼しくなってきた頃の方が似合うかも・・・。
『ドラゴンフライ・サマー』とコッチとどっちを選ぼうかと思ったんですが、ノスタルジックな感覚にコッチを選んでしまいました(笑)。


♪ミーナさん。
おー・・・そういえばロマンティック路線で書いてましたね。
気が付きませんでした・・・。
無意識にセンチメンタルな気分になっていたのかな?
やっぱり秋のなせる技??
秋の海ってなんとなく切なくて
良いですよね~
私は大阪ですが、やっぱりまだクーラー
入れてます。まだちょっと秋のムードには
程遠いようです。

これからの季節ブラジルものやアコースティック
な音楽が似合う季節ですね。
でも大阪の街はいつもコテコテなんですが(笑)

♪ジャック・スケリントンさん。
秋の海って切ないですよね~。
そんな海を見ながらの「マイケル¥フランクス」・・・ハマります!
それにしても今年のこの暑さは何なんでしょうね(汗)。
今宵も我が家はクーラーON。
本格的な秋はいつになったら来るんでしょうか?
Musicmanさん
ここのところ、ちょうどこのアルバムを聴いていたところでした。(♪Hourglassは泣けます。)
これから秋にかけてマイケル・フランクスはぴったりですね。
Musicmanさん
遅ればせながらお邪魔しました.幅白い音楽性もさることながら、丁寧にレビューされていて、勉強になります.今後ともよろしくお願いします.
ボクのブログはオリジナル・コンピレーションの曲紹介の体裁をとってるんですが、最近作ったコンピで再度マイケル・フランクス.「アート・オブ・ティー」から「ミスター・ブルー」をピックアップしました.
こんにちは~~!
全然関係ないコメ残してきます。
あのドラマの、ビデオ見返しました・・・・。musicmanさん、すごーい!私巻き戻してやっとわかりました(^^;)しかも「アイラブユー」って言ってましたね^^;Aドキドキ!ではまたお邪魔します!!
Musicmanさん!
当方の ↓ブログへのコメントありがとうございました。
http://blog.goo.ne.jp/ucchi80/
ケン田村をご存知とは相当なJ-POP通との予想はできたのですが、ブログにおじゃまして(まだ一部しか観ていないものの)ビックリ!私も音楽に関しては雑食極まりないと自負していますが、それ以上と思える人を久々に見つけた(笑)←これは嬉しい笑いです(^^)
これからもいろいろ情報交換できたらと思うところです。よろしくお願いしま~す。
♪uchainさん。
丁度聴いてらしたんですか!?
この時期にはピッタリなアルバムですよねー。
アコースティックな響きが秋の海にピッタリです。


♪coast cafeさん。
丁寧にだなんて、とんでもありません。
ただ思ったことを書き連ねているだけで、まだまだ未熟者。
coast cafeさんの方こそ、コンピ形態でレビューという真似できない記事が勉強になっております。
コンピも聴いてみたいものばかり!!
今後ともよろしくお願いします。


♪ckaさん。
こんばんは!
女王は分かっていただけましたか?
あの映像でかなりググっと来ました(泣)。


♪ucchiさん。
こちらこそありがとうございます!!

> それ以上と思える人を久々に見つけた(笑)←これは嬉しい笑いです(^^)

いえいえ、本当に雑食なだけ(汗)。
音楽中毒なだけですけど、今後ともよろしくお願いします。
それにしても「ケン田村」気になりますね。
他にもいっぱい再発して欲しいものがありますよねー。
個人的には「西郷輝彦」のAORアルバム!!
マイケル・フランクスの声ってなんであんなに癒されるんでしょうねぇ。
聴いてると「幸せ」を感じます(^^♪。
♪taro0o0o0o0o0さん。
人の声はどんな音楽よりも癒されるかも!
確かに彼の声は癒されて、しかも幸せな気分になりますね☆
早くも次回のアルバムを期待してしまいますね。

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。