09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

9.11 ②

2005年09月11日
※9.11①の・・・
銃を向けられ列から遠ざけられた私は、身振り手振りで一生懸命に女物の腕時計を持っている説明をしました。
(後で分かったことなんですが、「時計=時限装置」と疑ったようです)

ようやく事情を分かってくれて開放された私は家内の元へ辿り着き、再び入国手続きの窓口へ・・・行けなかったんです!!
そこには何百人という人々が入国審査を受けている状態。
しかも一人一人の審査の時間がやけに長い。
飛行場のお店は何故か全部閉まっているし・・・。
3時間という長い順番待ちの末、ようやくゲートを出て荷物の受け渡し場所へ。
しかし、待てど暮らせど私達の荷物はいっこうに出てきません。
もちろん他の旅行客の荷物も。

すると場内アナウンスで

「飛行機に積んだ荷物は危険防止のためお渡しすることができません」

もう何がどうなっているのかさっぱり分かりません。

HOLIDAY INNそして私達は、乗っていた飛行機のキャビン・アテンダントの誘導で、飛行場からバスに乗せられました。
着いたのはバンクーバー空港近くのホテル『Holiday Inn』
着いてスグに通されたのは「○○の間」といった風の大会議場。
しかし私の目に飛び込んできたのは、百人以上の人々が密集した状況。
ほんの少しのベッドに横たわる人、テーブルでうなだれている人、床に座り込んでいる人・・・。

人々の顔は疲労困憊していて、それはまるで“難民収容所”の様な異様な光景でした。

そんな私がふと会場の大画面モニターに目をやると、
何か『ダイハード』の様なアクション映画を上映していました。



・・・いえ、映画ではありませんでした。CNNだったのです。



画面に映し出されたのは、飛行機が世界貿易センタービルに・・・。

ここでようやく事情が飲み込めました。
「事故ではなかった・・・今、世界中に混乱が起きている・・・」

先ほどのキャビン・アテンダントがマイクを持って話し始めました。

「お集まりの皆さん、TVでご覧になってお分かりの様に今アメリカでは悲しい出来事が起きています。本来なら皆さんを目的地にお連れするのが私達の責任ですが、今はこうして皆さんを無事にホテルへご案内することしか出来ません。本当に申し訳なく思っています。食料と飲み物は十分に確保しました。とりあえず私達の力ではここまでの事しか出来ません。私達も会社と連絡が取れず、この後どうすればいいか分からない状態です。まずはこのホテルで宿泊することは出来る様に手配しました。本当に申し訳ありません・・・」

最後は涙ながらに話していました。

すると沈黙を破るように会場から拍手が沸き起こりました。
私も(家内も)気が付いたら拍手していました。
彼女の責任ではありません。でも彼女は自分達の無力さに歯がゆい思いをし、乗客に申し訳なく思っていました。
変な話ですがプロ根性を見た気がしました。

しかし、このホテルに泊まれるといっても、部屋を取っているわけではなく、この大広間で寝なければならなかったのです。
ベッドの数は20個。しかし集まっている人の数は百人以上。
当然「雑魚寝」です。

途方に暮れて「バハマは?バハマは?」と繰り返す家内の気持ちを落ち着かせるために、ビュッフェで料理を取り渡しました。
決して美味しくない訳ではなかったのですが、やはりこういう極限状況の中では料理の味も、何を食べたかも覚えていません。
英語が殆ど喋れない私達ですから、自分達で別のホテルを取ることも出来ず、今夜はここで宿泊する覚悟をしていました。


すると、どこからともなく日本語で
「日本人の方ですか?」
と話しかけて来た人がいました。

どうなる!Musicman!!??

※9.11③へ続く・・・。
未分類
« 9.11 ③ | HOME | 9.11 ① »
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。