04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

9.11 ④

2005年09月11日
※9.11③の・・・
先に起きていた家内の声に驚いて目が覚めた私は
「どうした!?」と尋ねると・・・
「化粧道具が全部スーツケースの中・・・」
泣きそうな声で答えます。
「どうせ買い物行くから、その時に買えばいいじゃん!」
と言うと、彼女の口から出た言葉は

「眉毛だけは書かないと外に出られない・・・」

うーん、女性の皆さんはこの気持ちお分かりでしょう。
さすがに眉毛は書かないとね(笑)。
今の彼女の顔は
「誰ですか、この人?」って感じですから(笑)。

しかしアイ・ブロウ(眉墨)が無いことは事実。どうしようもありません。
「化粧品屋は、スグ見つかるからちょっと我慢しなよ」
そういって私はシャワーを浴びて出てくると・・・何と彼女の顔にはちゃんと眉毛が!!

何と彼女は部屋にあったボール・ペンで上手に・・・本当に上手に眉毛を書いていたのです(驚)!!

いやー、女性のイザというときの覚悟は男性には真似できないですねー。
やっぱ女は強いわ!!
(この事は“バンクーバー眉毛事件”として一生語り継がれる事でしょう)

この日は朝から飛行機が飛ばないと連絡が入っていたので、仕度が出来て、私達はバンクーバーの町へ出ました。

気のせいか、街には人影がまばら。
事件の大きさを物語っているようでした。
行く先々の道端には、家族と思われる写真と花束が置かれた献花台があちこちに見られました。
被害に遭われたご家族のことを考えると、とても写真に取る勇気はありませんでした・・・。

さて、元々カナダに来ることは想定外。
何処に行けばいいのか、何があるのか全く分かりません。
まずは例のアイ・ブロウ(眉墨)を買いにボディ・ショップへ。
店内で眉毛を書いた彼女は、ようやく落ち着いたのか少しだけ元気を取り戻したようでした(笑)。

そして朝食を摂り、ロブソン・ストリートをウロウロしているとカナダ名物「大橋巨泉」のお店
『OK GIFT SHOP』を見つけて、お土産を買うことに。
店内は殆どが日本人。その一角に異様に日本人が集まっている場所があり、何事かと思って近づくと、そこには何とNHKが放送されていました。
そう、ここで初めて日本語で今回の事件を知ることが出来たのです。
(受信料ってどうしているんだろう・・・笑)

カナダの特産「メイプル・シロップ」等を買い込み、海のほうへお散歩。
20050910190941.jpg

後で気が付いたんですけど、バンクーバーの町はバリア・フリーが徹底していて、車椅子の方でも自由に外出できるようになっていました。
そういう意味では日本はまだまだ遅れてますね・・・。

買い物から戻り、部屋にいるとJTBのスタッフから電話。
明日、もう一度空港に行ってみないと飛行機が飛べるかどうか分からないとの事。
朝6時にホテルのロビーへ集合のため、その日は早めに寝ることにしました。

TVでは何度も何度もWTCが崩れ行く姿を映し出していました・・・。

Musicmanは果たして本当に明日飛行機に乗れるのだろうか・・・?


9.11⑤へ続く・・・。
未分類
« 9.11 ⑤ | HOME | 9.11 ③ »
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。