05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

9.11 ⑤

2005年09月11日
※9.11④の・・・
バンクーバー3日目の朝、私達は他のカップル4組と一緒にバンクーバー空港へ。
ヴァンクーバー空港

初日の様な混雑は見られなかったものの、それでもかなりの人々がカウンターで搭乗手続きをしていました。
私達はただJTBのスタッフがしてくれるのを待っている状態。
空港では無料でミネラルウォーターのペット・ボトルを配布していました。
何はともあれ、水が必要です。

待つこと4時間・・・やはり今日も飛行機は飛びません。
本当に私達は日本へ帰れるのでしょうか・・・??

JTBスタッフの配慮で、このままカナダにいても飛行機に乗れる可能性が低いという事で、私達一向はマイクロ・バスで何と陸路でシアトルに向かうことになりました。

シアトルですよシアトル!!
これまた想定外・・・。
旅行を計画していた段階で、シアトルのシの字も出てこなかったのに、
いきなりイチローの本拠地へ!

バスは私達5組のカップルとJTBスタッフを乗せて一路シアトルへ。
20050910193346.jpg
しかし、写真でお分かりの様に道は大渋滞!
みんな考えることは同じです。空がダメなら陸でという訳。
ヴァンクーバー⇔シアトルが全て渋滞していると思ってください(汗)。
ブラックベリー
あまりにも動かないので、途中でバスを降りて道端に自然になっているブラック・ベリーを摘んで食べたり、記念写真を撮ったり・・・と、それなりに楽しい時間を過ごしながら、何と7時間以上かけてシアトルへ向かったのです。

一番驚いた・・・というか緊張したのが、国境を越えるときにスーツケースの中を全部チェックさせられた事。
もしも何か怪しいものがあればアメリカへ入ることが出来ません・・・。
ドキドキしながら(いや別に危ないものを持っていた訳じゃないんですけど、最初の様に女性物の時計でストップかかってしまう程の厳戒態勢ですから・・・)全員何とか無事にOKが出て、ようやくアメリカへ入ることが出来ました。

このマイクロ・バスを運転するのはカナダ人の男性。
その運転手が非常にユニークな方で、私達の事情を知っていた事もあってジョークで気分を和ませてくれたり、更にはすっごく音楽好きで、車内では「ダイアナ・クラール」や「デヴィッド・フォスター」などが流れ(カナダ出身アーティストばっか・・・笑)、音楽好きの私と意気投合!

しかも私が以前仕事をしていた日本に来ているカナダ人と幼馴染だったんです!!!
“世間は狭い”と言いますが、これには思わず“世界は狭い!”と言っちゃいました(笑)。
だってカナダで共通の知り合いの人と出会うなんて、まずありえない話ですよねー。

ところで、今回同行したカップルさんですけど、1組以外は私達と同じ新婚旅行で来ていた方々。
バスの中ですぐに打ち解け、水を分け合ったり、気を使いながらお互い協力し合いながらこのサバイバル旅行を同行したんです。
その中の一番若い奥さん(20代前半かな?)が、何処へ行くにもいつもバッグを離さず持っているのです。
実はその中にはウェディング・ドレスが入っていたのでした。
このご夫婦はマイアミのディズニー・ランドで結婚式を挙げる予定だったそうです。
そんな大事な予定が今回のテロでダメになるなんて・・・。
言葉を失ってしまいました。
日本に戻ってからきっと無事に挙式を挙げた事でしょう。

バスに揺られて7時間半・・・ようやくシアトルについた時は、すっかり日も暮れていました。
辿り着いたのはシアトル・タコマ国際空港の近くのホテル
『Hilton Seattle Airport & Conference Center』
SEAAHHH_Hilton_Seattle_Airport_Conference_Center_home_left.jpg
このホテルもなかなかいいホテルでした。
長旅で疲れた身体をお風呂で癒したら、2人ともすぐに眠りについたのはいうまでもありません。

さて、明日こそきっと日本へ旅立てる事を願いつつ・・・。


Musicmanは果たして日本へ帰ることができるのか!?

※9.11⑥へ続く・・・。
未分類
« 9.11 ⑥ | HOME | 9.11 ④ »
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。