09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

JMB連携TB企画 第48弾/天高く耳肥ゆる秋

2005年09月13日
9月ももうじき半ばを迎えようとしているのに・・・

なんですか、この暑さは!!!

太平洋高気圧に覆われて、今週いっぱいは残暑が厳しいそうです。
夕べなんて熱帯夜かと思うくらい暑くて寝られませんでした(汗)。
紅葉
でも、写真でもお分かりの様に季節は着実に秋に近づいている様で、先日行った福岡県・香春町の高台では、早くも紅葉が見られました。
こういう景色を見ると
「やっぱ秋なんだなぁ~」
と思っちゃいますね・・・。

そんな中、いつもお世話になっている「JMさん」ちで、
恒例の『JMB連携TB企画 第48弾』がスタート!!
今回のお題は『天高く耳肥ゆる秋』という事。
暑い秋の中、音楽だけでも秋を感じたくて今回も参加させて頂きます!!

一言で「秋に似合う音楽」といっても、時間帯によって様々。
今回も時系列で秋の一日を彩ってくれる5枚のアルバムをセレクトしてみました。
IN THE MORNING (A.M.6:00~9:00)
Boo Hewerdine
『Boo Hewerdine / Thanksgiving』
この季節の朝は、涼しい風が吹いてきます。
夏の様にキラキラとした陽の光が影を潜め、たおやかな感じもする優しい光・・・。
そんな心地良い朝には、こんなアコースティックで優しい音楽は如何でしょうか?
「ブー・ヒューワディーン」は、伝説のネオアコ・バンド「バイブル」のメンバーだった人。最近は「エディ・リーダー」の右腕として様々な曲をコラボレートしています。
顔に似合わず(笑)、とっても優しい声の持ち主で、もちろん音楽も風に揺れる木々の葉の囁きにも似た、ナチュラルな手触り。
「フェアグラウンド・アトラクション」や「エディ・リーダー」がお好きな方は必須アイテムです。
秋の朝にはこんな優しい音楽で目覚めたいですね。

IN THE AFTERNOON (A.M.11:00~P.M.3:00)
Dave Grusin
『Dave Grusin / Mountain Dance』
“芸術の秋”というくらいですから、秋の昼間には少しインテリジェンスな音楽がお似合いです。
「デイヴ・グルーシン」が79年に発表したこのアルバムは、映画『恋におちて』で「マウンテン・ダンス」が使われ、彼を代表するアルバムとなった1枚。
「ハーヴィー・メイソン」「マーカス・ミラー」「ジェフ・ミノロフ」といった名プレイヤーを従えていながら、ジャズ特有のアドリブやノリといったものが感じられず、非常に計算されつくした緻密なサウンドを表現しています。
彼のサウンドって、少し肌寒くなってきたこの時期に似合うんですよねー。

IN THE TWILIGHT (PM4:00~7:00)
Bill Cantos
『Bill Cantos / Who Are You』
太陽も少しずつ傾き、空にはオレンジのカーテンが掛かり始めました。
そんな時間には、あの「ジェイ・グレイドン」に
「デヴィッド・フォスターと肩を並べるほどの素晴らしいミュージシャン!」
と言わしめた「ビル・カントス」なんて如何でしょうか?
「ビューティフル・ワン」「ハート・オブ・ハーツ」「ダディーズ・ゴナ・ミス・ユー」「エンドレス・ナイト」といった心を打つバラードなんて“浜辺に忘れてきたひと夏の恋”って気分ですし、
「トッド・ラングレン」のカバー「ラヴ・イズ・ジ・アンサー」も絶品!!
過ぎ去った夏の思い出が今甦ります。

IN THE EVENING(P.M.7:00~10:00)
Leroy Hutson
『Leroy Hutson / Hutson』
気が付くと、日がくれるのが早くなっている今日この頃・・・、
街のイルミネーションも、どこか物悲しく感じます。
「リロイ・ハトソン」が75年にリリースした通算3枚目のソロ・アルバムは、
こんな夜の入り口にピッタリなメロウ・グルーヴ。
「カーティス・メイフィールド」脱退後、「インプレッションズ」のリード・ヴォーカリストとして活躍した彼ですが、このアルバムは楽曲・歌・リズムの三拍子が揃った珠玉の作品です。
人気コンピレーション・シリーズか『FREE SOUL』にも収録されていたのでご存知の方も多いと思いますが、90年代のアーティストにも影響を与えた“早すぎた名盤”。
行きかう車のヘッド・ライトに映し出された秋の街も、この季節だからこその美しさを魅せてくれます。

IN THE MIDNIGHT (A.M.12:00~3:00)
John Coltrane
『John Coltrane Quartet / Ballads』
好きな本をジックリと読むに相応しい季節がやってきました。
こんな時は邪魔にならない、それでいて心を地着かせてくれるハート・ウォーミングなジャズが相応しいかも。
「ジョン・コルトレーン」を代表するアルバムであり、ジャズ・シーンに置いての至高の作品と呼べるアルバムです。
「コルトレーン」と言えば、モード奏法を生み出し、激しくブロウするイメージしがちですが、ここで聴かれる彼のSAXは、とろける様なバラード集。
むしろバラードこそ「コルトレーン」の本質かもしれません。
ロマンティックな中に潜むリリシズム・・・。
男も惚れるこの音楽に身を委ねると、いつもより夜が静かに感じられる気がします。
夜が明けないで欲しいと思える時間を堪能できますよ。
ジャズを初めて聴くという方にもオススメです。

*********************************

という感じでセレクトしてみました今回の『JMB連携TB企画 第48弾/天高く耳肥ゆる秋』・・・、
如何だったでしょうか?

もちろん他にも秋に相応しいアルバムは沢山ありますが、
ちょっとジェントルに、ちょっとロマンティックに楽しめるアルバムをセレクトしてみるのもオシャレかもしれません。

貴方の秋は、どんな時間が待っているのでしょうか。


※ちなみに「天高く馬肥ゆる秋」というのは、
「秋になって馬に体力がつくと、遊牧民族が略奪にくるから気をつけろ!」
という中国の警句から来た言葉だそうです(笑)。

でも“馬刺し”は好きです!!


馬刺しは好きですか(笑)!?
    ↓

人気ブログランキング
JMB連携TB企画 | コメント(25) | トラックバック(17)
コメント
今日は暑かったですね
ホント今日は暑かったですね。お昼に外に出たら溶けそうな感じでしたよ。暑いの好きなんですけれど。。。

コルトレーンは秋ですねー。心地よいです。
こっちも暑かったですよー。でも日に日に深まりゆく秋。ロマンティックなみゅーさんのための季節ですね。コルトレーンを選ぶだなんて全くもー、婦女子メロメロですね。しかもこのアルバム!さすが、みゅーさん。秋の夜は長く静かに楽しむのが好きです。久しぶりに聴いてみようっと。で、馬刺しは~(汗&苦笑)。
7:00時以降最高です!朝まで眠れません(><)
ども、コメ&TBありがとうございます。
そーかー、マウンテンダンスかー。
この頃のデイブって、まだそんな飾りっけなくて素朴な感じがするかも・・・ですかね。秋に聴くにはよいですね。
トレーンは・・・うー、直球ど真ん中だ・・秋だ・・・(^^
秋の夜長に
馬刺しは好きでーす。
コルトレーンも好きでーす。
昔、「至上の愛」をなんとか理解しようと思って、何度も聴いたのですが・・・結果は・・・(汗)。
結局この「バラード」に行き着きます。
ビル・エバンスの「ワルツ・フォー・デビー」と「バラード」は静かなJAZZのベストですね。
♪taroさん。
コメントありがとうございます!
本当に9月かと思うくらいの暑さが続いてますよねー。
今日の福岡は朝から涼しかったですけど、それでも気温は30度近くまで上がりました。
「コルトレーン」のこのアルバムは、秋になると聴きたくなる1枚です。
(彼の他のアルバムは聴いたことありませんが・・・笑)


♪祥さん。
コメント&TBありがとうございました!
またまた婦女子メロメロ攻撃をしてしまいましたか(笑)!!
でも今回選んだアルバムは男性もメロメロになるものばかりですよ。
えっ?!馬刺しは苦手ですか??


♪音夢想さん。
おー!
7時以降はメロメロですかー!!
「ハトソン」は「マーヴィン」や「ダニー」ほどメジャーじゃないですけど、一度ハマるとかなりやめられませんよね!


♪北さん。
こちらこそコメント&TBありがとうございました!
この頃の「デイヴ・グルーシン」の素朴さ(シンプルさ)が好きです。
何となくインテリジェンスが漂うピアノだと思いませんか??
「コルトレーン」はちょっと反則だったかな(笑)。


♪itaka3さん。
私も他の「コルトレーン」は殆ど聴いてません(笑)。
でも「バラード」は至極の名作だと思います。
静かなときを過ごしたいときには打ってつけの1枚ですね!!
コメント&TB有難うございます・・・って、TB未だきてません(大汗)。お願いしまーす。
で、今回のMusicmanさんのセレクト、一枚も聴いたことないです(汗)。
一番興味があるのはIN THE MORNINGのアルバムですね。
馬刺しは一回ひどい目に遭ったことあるのでパスです・・・。馬肉専門店いって牛肉食べました(苦笑)。
♪しゅぴるさん。
・・・やっぱり・・・ダメですか・・・。
本当に申し訳ありません。
何ででしょうかねー!
「ブー・ヒューワディーン」はかなりオスメです。
秋の朝にピッタリな1枚。
AORが好きな方は絶対に気に入ると思いますよ。
馬肉はダメですか?ひどい目にとはどんな・・・?
TB&コメントサンキュ!
東京も9月半ばやのにまだまだ暑いで~!!このセレクトはMusicmanさんしか絶対、出来ない
ですね!時間帯でセレクトってレパートリー豊富!アルバム全部知りませんが、どのアルバムも素敵!デイヴ・グルーシンさんから聴いてみようかな!
PS馬刺し未だに食べた事ないんです(汗
ビル・カントスの"Who are you?"がリリースされた時は、
ADLIBでも大々的に取り上げられた記憶があります。
"Love Is The Answer"は、コーラスのミュージシャンたちが
すごいこと。ビル・チャプリン、ケヴィン・レトーなどなど。
2ndアルバムも出しているみたいですが、
7年くらい音沙汰がないのがさみしいです。
ちわっす。
新婚旅行の話し一気によんじゃいました。
大変だったんですねぇ。。
続く・・・につられてどんどん引き込まれましたよ。(笑)
さて、このセレクション偏食(偏聴)のあっしは、Bill Cantosしか持ってません。(;_;)
実力派ですよね。あの時代にしてはとてもクオリティは高く安心して聴けるアルバムだと思います。

馬刺し♪大好きです。コオネっていうんでしたっけ?首の部分・・を始めて食べたときは、あまりの美味しさにびっくらこきました。
姿形を思い出すとちとつらいですが・・(^^;;
おはようございます。
今日は仕事がお休みなので、朝から、ひさびさにネットサーフィンしています。

さてTBありがとうございます。
今回紹介されてるサックス物。メロウ物。と聞くと、ゾクゾクとしてきます。
聞きたいCDはたくさんあるけど、とても探しの旅に出ても見つからなかったり、限界があります。

一層、お互いレンタルをするなんてどうでしょうか(笑)
全アルバム
聴いてみたいですね~
今日は昨日とはうって変わって、秋の心地よい風が吹いていたので、きっと気持ちよく聴けたでしょう。
雰囲気がわかるのは、デイヴ・グルーシンくらいで、コルトレーンもまだ未体験だし。。
ビル・カントスは私好みっぽいし。

気をつけろ!で、間違いない!の人が思い浮かんでしまいました(@_@;
センス良すぎ!
Musicmanさん、こんばんは
TB&コメントありがとうございます。
まったく、いつもセンス良すぎです。
いったい、どんなお顔で記事を書いているのでしょう?(笑)

実は私もコルトレーン・・と思ったのですが、きっとどなたかが取り上げると思ったので止めました。
やはりよかったわ~、やらなくて・・・一番かぶりたくない方ですもん、上手すぎて・・・(ーー;)
♪ミーナさん。
こちらこそTB&コメントどうもです!
本当にまだまだ暑い日が続きますよねー。
特に関東は残暑が厳しいみたいですね。
福岡は幾分気温も下がって、徐々に秋らしくなってきています。
今回セレクトしたものは、どれも買って損は無いものばかり!
「デイヴ・グルーシン」も聴きやすいからオススメですよ!
えっ?馬刺し食べたこと無いんですか?
やっぱり九州の方が食べるのかな?


♪Stefanさん。
「ビル・カントス」はマジではまると抜けられないほどの良さですね。
2ndアルバムは実は未聴なんですが、今回改めて聴きなおして「これは買わなきゃ!」って思いました(笑)。


♪主審さん。
9.11、一気に読んじゃったんですか?
あんなに長いのに・・・感謝です。
90年代のAORは、正直あまり秀逸なものがありませんが、「ビル・カントス」は別格ですね。

馬刺しの「コオネ」という部位は知りませんでしたが、私が好きなのは「タテガミ」。
お肉と一緒に巻いて食べると・・・とろけます!!


♪berryさん。
こちらこそTBありがとうございました!

>一層、お互いレンタルをするなんてどうでしょうか(笑)

確かに!!それが一番いい方法かも☆
でも聴きたいものが沢山あって、逆に迷いそうですね(笑)。


♪a tempoさん。
>今日は昨日とはうって変わって、秋の心地よい風が吹いていたので・・・

そうそう、福岡は昨日と今日は爽やかでしたねー。
こんな日にこの5枚のアルバムはピッタリです。
「ビル・カントス」はきっと気に入ると思いますよ!!


♪Mamiさん。
お褒めのお言葉、ありがとうございます!
もちろんTB&コメントも☆。

>いったい、どんなお顔で記事を書いているのでしょう?(笑)

いえいえ、実に普通の顔で・・・(笑)。
でも今回はちょっとカッコ付けすぎた文章だったかなって思ってます(照)。
でも個人的な意見を書いているだけなので上手いだなんて・・・まだまだです!
こんばんは。
仕事多忙に付き自分のブログ更新がままならないです。

Mountain Danceはアルバムまるごとさらりと聴くとこれからの季節に良いですね。
Musicmanさんの選曲センスに脱帽。(笑)
♪Friends and Strangersはお気に入りでローズとベース(マーカス・ミラー)の掛け合いが気持ちいいです。


Who Are Youのアルバムは2000年に米国でジャケ差し替え再発してます。
国内盤も持ってますけど、コレクションに輸入盤も買っちゃいました。(笑)
ビル・カントスはこのアルバムのあと、ムンクの叫びのような怪しいジャケの
「Moviw In The Night Sky」(00)をリリースしてますね。
よりジャズっぽくコンテンポラリーな内容です。
Who・・・のポップさはないけど、音数も多いし
緻密なコーラスのヴォーカルアレンジはビルの真骨頂でしょう。

これ以降、ビルはCCMアルバムをリリースしてAORの欠けらもなかったです。残念。
近作は2003年にアルバムをリリースしてますが、これは未聴なので内容は分かりません。
♪よんふぉあさん。
「ビル・カントス」情報、ありがとうございます!
2003年にもアルバム出してたんですねー。知りませんでした!!
2ndもオススメですか?それはチェックしなきゃですね。
最新アルバムも探して見ま~す☆
こんばんは。恥ずかしながらTBさせて頂きますね。それにしてもすごいTBの数ですね!さすがでございます。
デヴィッド・フォスターと肩を並べるビル・カントスさんが気になります。デヴィッド・フォスター好きなので。
♪risaさん。
いらっしゃいませー!
コメントありがとうございます。
TBの数が多いのは、この連携企画が素晴らしいからですよ。
私の力じゃありません(笑)。
「ビル・カントス」はかなりオススメです。
「D・フォスター」が好きなら買いです!!
多彩ですね。
おはようごうざいます。
ジャズ系なので、グルーシンとコルトレーンしか聞いたことがありません。
それにしても、いつも幅広いですね。

グルーシンが音楽を担当した映画は、この間「恋のゆくえ」を見ました。
そう言えば「恋におちて」はまだみてないので見とかなきゃね。

最後はコルトレーンですか。
これは文句なし。秋冬にぴったり。
ハードボイルドが似合いそうですね。
でもこういうアルバムをバックにナンパもいいかも。(笑)
♪ハンコックさん。
「グルーシン」も「コルトレーン」も秋にピッタリなアルバム。
もちろん今回紹介したどれもオススメですよ!

>でもこういうアルバムをバックにナンパもいいかも。(笑)

えーナンパなんてしたことないし~(笑)。
こんばんは。
おっと最後にコルトレーン。そりゃそうよねー。
今の所どなたもコルトレーンを出してなかったから、おや、って思ってたんです。

去年の秋はね、「コルトレーンの音って秋よね」ってところから入りました。

疾走するコルトレーンも圧倒されるけれど、バラードを唄う彼の音は本当に美しいです。彼の最大の魅力はあの音色なんだと思ってますのよ。
♪きみ駒さん。
コメント&TBありがとうございました!
きみ駒さんも秋は「コルトレーン」と思いますか?
やっぱそうですよね。このアルバム聴かないと、なんか秋を迎えた気がしなくて・・・(笑)。
後ほどそちらにもお邪魔致します!
こんばんは
Musicmanさん、ご参加&TBありがとうございます。
コメント遅くなってしまいました。
MountainDanceのリリースツアー行った記憶
があります。
初々しいMarcusが光ってました。
これ確か中ジャケ変じゃなかったっけ?Daveが・・・
Hutson好きです。秋ならCool Outかな。
Mellowでとろけますね。

そしてColtraneのこれ、最高!
映画のシーンで女の子にこれをプレゼントする場面があって、
頂き!って感じ。もう使う立場では無いですけど:P

♪JMさん。
こちらこそいつもお世話になっております。
JMB企画のおかげで、一気にブログ仲間が増えて、大変嬉しく思っております☆
「Dave Grusin」のリリースライブだなんて・・・凄すぎ!!
いまとなっては貴重なライブですよね。
「コルトレーン」はちょっと飛び道具だったかな(笑)。

>映画のシーンで女の子にこれをプレゼントする場面があって、頂き!って感じ。

へー、何の映画だろう・・・。

>もう使う立場では無いですけど:P

そんなそんな・・・男はいくつになっても悪い事は考えなきゃ(笑)!!

管理者のみに表示
トラックバック
今日、ひさびさに、ビル.カントスの「明日巡り逢う君」を聴きました。このCDは、子育て奮闘中に、AOR物としては何年ぶりに購入したCDです。きっかけは、車?関係?のCMだったような気がするんだけど、キレイなメロディに疲れた体が欲しがっていた音でした。「ビュ
JMさんのブログの『JMB連携TB企画 第48弾』。今回も参加させていただきます。 お題は 「天高く耳肥ゆる秋」 ということで、 秋:「夜長」「月」「哀愁」「深酒」なイメージを感じさせる音楽は何か?と考えてみました。
JMさんとこでまたまた今回も素敵なお題が出てたのでのっかっちゃいましょう。「天高く耳肥ゆる秋」。なんて素敵な…。まだまだ暑い日もありますが朝晩はすっかり涼しくなり、生活のあ
9月半ばなのにまだ暑いですね!虫の声がよく聞こえるようになりました。さて、JMさ...
今回は「澄み渡る秋空に相応しい音を共有」するというお題。 Rock好きの私にし...
最近は、日が沈むのも早くなり、虫の声、涼しげな風・・・夜に限っていえば、すっかり秋本番といったところですね。秋の夜長には、やっぱりしっとりとした音楽が似合うと思うのですが、聴いているうちにますます寂しげな気分になってしまいそうで・・・ちょと気が重い。....
チェロの豊かな低音域と表情あふれる音色がとても好きです。深みがあって、つやがあって、あたたかみがあって・・・・バイオリンの音色も好きですが、あの高音にちょっと疲れたときなどはやはりチェロが聴きたくなります。機会があれば是非一度は習ってみたい。 ...
いつもお世話になってるJMさんがまたまたお題を提供して下さったので参加したいと思
ロマンスがない秋の夜でも、一人でロマンチックになれる。「JMB連携TB企画 第48弾/天高く耳肥ゆる秋」に参加。
またまたいつもお世話になっているJMさんの“JMB連携TB企画第48弾/天高く耳肥ゆる秋”へのエントリー。まだまだ日中は残暑が厳しいですね。広島では9月はこんな感じが続くので、秋本番は10月に入ってから。とはいえ日が短くなって、朝夕は過ごしやすくなってます。そこで“秋
というわけで、JMさんのところ。昨年秋に音楽と本というお題を見て初めて参加した。あれから1年。くだらない音楽ばかり聴いてる自分を再確認できるすばらしい企画です。で、昨年秋はゲンスブールだったんだけど、さすがに似たようなテーマでまたゲンスブールというのも芸がな
夕方阪急百貨店の横を通ったら、コンコースの立て替えに伴い工事用フェンスが設置されつつあった。この場所は天上も高く広々して好きだったのだけれど、シャンデリア、モザイク壁画などがもう見渡せなくなる。寂しいな。 ?コンコースのステンドグラスを見てなんとなく教
まだまだ昼間は暑かったり、蝉の鳴き声が聞こえたりしますが、朝晩はすっかり涼しくなり、空も秋っぽい色をしていて、夏が過ぎ秋に突入したことを実感するこの頃です。 さて、そんな秋に向けて音楽好きとしてはいろいろな音を聴いてみたいなと思うこの頃なので、そろそろ恒
1975年リリース。アコースティックなサウンドをバックに、コロラドの大自然を飾
ワルツさん が、パーカーに捧げたアルバム「Birds & Ballads」について書かれています 。ジャズの歴史の中での影響力を考えたら、間違いなくトップであろうチャーリー・パーカー。全てのミュージシャンに影響を与え、敬愛し追随するプレーヤーも沢山います。
Michael Franks Passionfruit 最近、更新の間隔が開いていますが、ご勘弁を。今週は水曜日に一度更新しようと思ったんですが、なんだかんだと用事ができてしまって、ようやく今日に至っています。最近、ちょっと前のことが嘘のように朝、涼しいです
久しぶりに、というかこちらでは初めての音楽ネタで。今晩は十五夜ですよね。昨日まで月は綺麗に見えていたけど、今晩はどうかなあ。秋は高き青空。雲のようようたなびきたる(w)…も好きですが、煌々とした月夜もまたさらなり。特に、この秋の十五夜は、信じられないほど
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。