06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

秋色に染めて・・・。

2005年09月20日
お彼岸
今日からお彼岸です。

「・・・“今日から”ってどういう意味?」

と思われた方も多いと思いますが、
先日書いた「中秋の名月」に続いて、またまたお勉強しましょうか(笑)!!

■お彼岸とは?
お彼岸とは「彼岸会(ひがんえ)」とも言って、「春分の日」と「秋分の日」を中心に前後三日間・・・合わせて七日間をいうんです。

ご存知の様に「春分の日」「秋分の日」は、太陽が真西に沈みます。
真西には極楽浄土があるという仏教説から、先祖の霊を供養する仏事が行われる慣わしとなったので、この時期にお寺では七日間に渡って彼岸会(ひがんえ)が行われ、家庭でも先祖の霊を供養するために、仏壇にお供えをしたり、お墓参りをするという訳です・

また「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますけど、この季節は日本の四季の中でも最も過ごしやすい時期なので、せめてお彼岸の数日間は、御仏のおられる彼岸を思って、それぞれの宗派の教えを守り修行に励もうと言う、いわば仏道週間とも言えるものなんです。

■“おはぎ”と“ぼた餅”の違いは?
ところでこの「お彼岸」には「おはぎ」を食べますよね。
では“おはぎとぼた餅はどう違う”のでしょうか?

一般的に
「こしあんがおはぎで、粒あんがぼた餅」
「米粒が残っているのがおはぎで、完全に餅になっているのがぼた餅」
「大きいのがぼた餅で、小さいのがおはぎ」
「高級なのがおはぎ」

などと様々な意見があるみたいですね(笑)。
実は「おはぎ」「ぼた餅」は基本的に同じもの。
違うのは“食べる時期”だけなんです。

分かりやすく説明すると・・・、
「ぼた餅」を漢字で書くと「牡丹餅」
「おはぎ」は「お萩」
・・・そう、「ぼた餅」は「牡丹の季節=春のお彼岸」に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く「牡丹」に見立てたもの。
一方「おはぎ」は「萩(マメ科の花)の季節=秋のお彼岸」に食べるもの。あずきの粒をその季節に咲く「萩」にに見立てたものなんです。

つまり春のお彼岸に出てきたものは「ぼた餅」で、秋のお彼岸に出てきたものは「おはぎ」と呼ばないと笑われてしまう・・・かもしれません(笑)。

■何でお彼岸に食べるの?
ではナゼお彼岸に「おはぎ」と「ぼた餅」を食べる様になったのか・・・?
これは江戸時代に遡ります。
あずきの赤色には、災難が身に降りかからないようにするおまじないの効果があると信じられていて、古くから邪気を払う食べ物としての信仰が、先祖の供養と結びついたと言われています。

また「暑さも寒さも彼岸まで」と言われるように、春の彼岸は農作業が始まる時期で、秋の彼岸は収穫の時期にあたります。よって、春には収穫をもたらす山の神などを迎えるため「ぼた餅」を、そして秋には収穫を感謝して「おはぎ」を作ったとも言われています。

ではナゼ「粒あんとこしあんの説」が出てきたのでしょうか?
コレは、あんの材料である小豆の収穫時期に関係があったのです。
秋のお彼岸は、小豆の収穫期とほぼ同じで、とれたての柔らかい小豆をあんにすることができます。柔らかい皮も一緒につぶして使うので「粒あん」ができます。
一方、春のお彼岸は、冬を越した小豆を使うことになりますが、皮は固くなっています。当然固くなった皮をそのままに使っては食感が悪くなります。そこで皮を取り除いた小豆を使い「こしあん」ができます。

よって、昔は「春のぼた餅はこしあん」「秋のおはぎは粒あん」だったのです。
しかし、今では保存技術の発達や品種改良により、春でも皮のまま使うことができる小豆が登場してしまい、この理由は意味がなくなってしまったという訳。

それにしても、「ぼた餅」と「おはぎ」の歴史を思い、神様に感謝の気持ちを持ちつつ、季節の風情を感じる日本人の心って素晴らしいものだと思いませんか?


さて、そんな秋の「お彼岸」の時期に、
心までも秋色に染めてくれるこんなアルバムは如何でしょうか?
Barry Man
Barry Mann / Soul & Inspiration』
1.You've Lost That Lovin' Feelin'
2.On Broadway
3.Don't Know Much
4.Rock & Roll Lullaby
5.We Gotta Get Out of This Place
6.(You're My) Soul and Inspiration
7.Sometimes When We Touch
8.I Just Can't Help Believin'
9.Just Once
10.Here You Come Again
11.Somewhere Out There


「バリー・マン」です。
彼自身のヒット曲はそれほど無いんですけど、愛妻「シンシア・ワイル」と一緒にソングライターとしての活躍の方が馴染み深いかな。
一般的には意外と知られてませんが、私にとってはかなり好きなコンポーザー。
これまで提供した曲には・・・

・On Broadway (The Drifters)
・Walking In The Rain (The Ronettes)
・You've Lost That Lovin' Feeling (The Righteous Brothers)
・Just A Little Lovin' (Dusty Springfield)
・How Much Love (Leo Sayer)
・He's So Shy (The Pointer Sisters)
・Just Once (Quincy Jones)
・Never Gonna Let You Go (Sergio Mendes)
・Running With The Night (Lionel Richie)
・There's No Easy Way (James Ingram)
・If Ever You're In My Arms Again (Peabo Bryson)
・All Of You (Diana Ross and Julio Iglesias)
・Through The Fire (Chaka Khan)
・Somewhere Out There (Linda Rondstadt and James Ingram)
・Don't Know Much (Linda Rondstadt and Aaron Neville)


などなど・・・。
アレもコレも彼のペンによる曲なんです。

私が彼を知るきっかけになったのは「クインシー・ジョーンズ/ジャスト・ワンス」で。
「こんな美しい曲を書いたのは誰なんだろう・・・」
と思って調べてみると、自分が好きな曲の殆どが「バリー・マン&シンシア・ワイル」の共作でした。

そんな彼が2000年にリリースしたこのアルバムは、何と20年ぶりのアルバム!
しかも、これまで数多くのアーティストに提供した曲をセルフ・カバーした作品です。

しかも、このアルバムのために様々なアーティストが集結。

①キャロル・キング
②マーク・ジョーダン
③ブレンダ・ラッセル
④リチャード・マークス
⑤ブライアン・アダムス
⑥ダリル・ホール
⑦ティーナ・カーター
⑧J.D.サウザー
⑨ピーボ・ブライソン
⑩リア・カンケル


どうですか、この信じられないような豪華な顔ぶれ!
しかもそれぞれが出しゃばる事なくコラボレートしています。

個人的に嬉しかったのは⑨をカバーしてくれたこと。
「クインシー」のヴァージョンよりもシンプルかつロマンティックに表現されています。

彼がいかに優れたコンポーザーかという事が解るこのアルバム・・・。
心までも秋色に染まりながら、夕暮れにジックリと耳を傾けたい作品です。


あっ、くれぐれも「おはぎ」の食べ過ぎには注意しましょうね(笑)!!


“棚からぼた餅”を期待しますか(笑)??
    ↓

人気ブログランキング
POPS | コメント(16) | トラックバック(1)
コメント
なんか勉強しながら良い音楽紹介してもらって二度美味しい気分です(笑)
凄いですね~バリーマンは。
私もほとんど好きな曲ばかりです!
リンダ・ロンシュタット&アーロン・ネヴィルの「ドント・ノウ・マッチ」はグラミー賞で歌ってっましたね。
おはぎ大好き
こんばんは~。リンダ・ロンシュタットのSomewhere Out There とチャカ・カーンのThrough The Fireは身悶えするくらい好きな曲なんです。この方のだったんですね。すごいメロディー・メーカー!
クインシーの「Just Once」、いいですよねー。

そーれにしても、Musicmanさん。
お仕事はいったい、なんなんですかーー?こっそり教えて。
おいしそうなおはぎのお話に
これまたオイシそうなアルバム、
とっても勉強になります!
バリーマンのこのアルバム、
ほんとに惹かれます(*^_^*)。
ジャストワンス聴きたい!
中秋の名月の話といい、
お彼岸の話といい、
仕事柄、ネタに使えるのでありがたいです!
こんばんは、お体の具合はいかがですか?
季節の変わり目は、それでなくても体調が気になりますね。お大事になさってください。
お月見団子にお彼岸のおはぎと、あんこ(アンコーじゃなくて)が美味しい季節!!
芸術より食欲の秋に走ってしまいそうですが、
なんとこの方は「Walking In The Rain」や「Through The Fire」の作者だったんですか!!
優しそうなお顔がまたいいですね。
「Just Once」も聴いてみたいので、GETしますね。
お彼岸 ⇒ 牡丹餅・お萩 ⇒ BARRY MANN
イカす!っていうか、ついウケてしまいました。し、失礼。。。
B.MANNはいいですねえ。僕も好きです。
で、僕はマイナーですが、JOSHUA KADISONの『Painted Desert Serenade 』を聴きながら読ませてもらっていました。
毎年、秋になると聴いてしまう、とびきり、とっておきの1枚です。
♪ジャックスケリントンさん。
>二度美味しい気分です(笑)

嬉しいですねー!
でも私もふと疑問に思って調べて、今回初めて分かったことです(笑)。
「バリー・マン」は上記の曲以外もかなりの名曲があります。
ミュージシャンでアルバムを探すのもいいですけど、ソングライターで探すのもまた違った楽しみがありますよ!!


♪risaさん。
例えば「ベビーフェイス」にしても「ダイアン・ウォーレン」にしても、みんなが知ってる曲を書いてるソングライターって、実は沢山いるんです。
こうした観点から音楽を聴くのも、また違った楽しみがありますよ!
このアルバムは「バリー・マン」の枯れた感じのヴォーカルが魅力です☆


♪きみ駒さん。
「クインシー」の「Just Once」は、多分私が一番好きなバラードかもしれません。
だからこそ、このアルバムはかなり嬉しかったです。
「Just Once」って、名曲ですけどあまりカバーされていない様な・・・。
えっ?私の仕事ですか?
うーん・・・内緒(笑)!!
むかーし、きみ駒さんのブログにヒントは書いたと思うんだけどな~(笑)。


♪taro0o0o0o0o0さん。
いつもコメントありがとうございます!
勉強になりましたか?
色んな行事の由来を調べると、その行事の本当の意味が分かって、そうするとマナーも自然と身についちゃうもんです。

>仕事柄ネタに使えるんで・・・

って、taroさんこそどんなお仕事なのでしょうか??
「バリーマン」のこのアルバム、かなりオススメです!!


♪ゆめの夢さん。
>お体の具合はいかがですか?

どうもありがとうございます。
おかげさまで何とか眩暈も若干落ち着いてます。
丁度、責任ある仕事を任されてしまい、極度のプレッシャーが再発の原因だった様です。
(弱いな~・・・笑)
私も「芸術より食欲の秋」ですよー!
でも太るから注意しなきゃ(汗)。
「バリー・マン」・・・ゆめの夢さんはきっと気に入ると思いますよ!!


♪伊藤ちゃんドットコムさん。
お久しぶりです!
お店、お忙しそうですね☆
熊本とは言え、なかなかお邪魔できないので残念です・・・。
おー!「バリー・マン」お好きですか?
過去のアルバムにも名作がありますが、このアルバムは彼の集大成的な作品ですよ~☆
とりわけ
ぼた餅&おはぎがだ~い好きな私。
一生懸命?読みました。
ちなみに私は、中は米粒が残っていて、外は粒あん状態がいいな~!

日記に、次はどの曲をUPしようかと考えて、リンダ・ロンシュタットのSomewhere Out Thereにしようと思っていたのです。
バリー・マンですか~。。メモメモ。

いっぱいお勉強しましたわん!
♪a tempoさん。
私もおはぎ&ぼた餅好きです!
基本的に和の甘いものは苦手なんですけど、おはぎだけは目が無くて・・・(笑)。
同じく「中は米粒が残っていて、外は粒あん状態」が好きですね~。
「バリー・マン」・・・いいですよー!
秋の夜長にピッタリですし、心が和むアルバムです☆
こんばんは。
7年ほど前、会社の研修での事。ウォーミングアップと称して講師からワークシートが配られました。日経の平均株価は?とか当社の株価は?の質問に混じって彼岸の入りはいつからか?という質問があったのです。たぶん誰も答えられなかったと思います。
丁度松嶋奈々子が結婚した頃だったのですが、講師の方が『私も芸能ネタは好きだけど、皆様もそれだけじゃなく一般常識もきちんと身に付けてくださいね!』と話されていたのが印象的でした。

さて10月10日。東京からゲスト・ミュージシャンが2人来るので、チケットがいつもの2倍くらい。4千円くらいになりそうです。それでもよろしいでしょうか?今のニューコンボよりは若干広くなるみたいです。

はじめまして
はじめまして!素敵なBLOGですね!
おはぎとぼたもちのちがいにもいろいろな意味だあるんですね。勉強になりました~!
こういうことを知っている素敵な大人になりたいものです。
これからちょくちょく遊びにきたいのでよろしくお願いします。
(リンクさせてもらったのですがかまいませんか??)
うわぁ~
勉強になりました。
なんか喉につかえていたものが取れた気がします。(笑)
おはぎいいですね!最近食べて無いな。
こんにちは。バリーマン好きです。シンシアとのコンビでの編集盤も多く出ていますよね。僕も3枚持っています。
彼のソロの作品より、そっちの方を聞いてしまうことも多いです。ママキャスに提供してる曲辺りがジャストな感じです。
♪ちひろ@福岡さん。
お彼岸は知ってても、由来なんてなかなか知らないですよね(笑)。
ましてや「今年の彼岸の入りは?」なんて誰も答えられないっつーの!
10月10日、大丈夫ですよ~。


♪Cosmicさん。
初めまして!ようこそいらっしゃいました。
私もこの記事を書くために調べて、初めて分かったことばかりでした(笑)。
雑学・・・ってわけじゃないですけど、物事の表面だけしか見ていない自分に、勉強と共に反省もしています(笑)。
リンクですか?こんなブログでよかったらどうぞどうぞ!!
これからもよろしくお願いいたします☆


♪主審さん。
いつもありがとうございます!
勉強になりましたか?
喉につかえていたものが取れたなら、私としても嬉しいです。
でもおはぎを喉に詰まらせないように(笑)!


♪k-hikoさん。
「バリー・マン」・・・意外とお好きな方が多いみたいですねー。
「シンシア」とのコンビでの編集盤って・・・そんなのがあるんですか?
それは知りませんでした(汗)。
こんばんは。コメントとTBありがとうございました。
Musicmanさんの仰るように秋っぽさを感じるアルバムなんですが、毎日こうも
蒸し暑いと夜にはこういう涼しげなアルバムが聴きたくなってしまいますね。
福岡も暑いようですが、お体ご自愛下さいね。
♪Kazu-Shinさん。
こちらこそコメント&TBありがとうございました!
ここでは秋にマッチしたアルバムとして紹介しましたけど、
このアルバムはいつの季節にもピッタリですね。
本当に毎日暑い日が続いていますけど、夏バテにはくれぐれもご注意下さいね。

管理者のみに表示
トラックバック
音楽を趣味として聴き始めた頃は、好きなアーティストの音楽を追いかけていました。そして段段と聴くアーティストの人数が増えてきて、色んなアーティストの色んなお気に入りの曲が出てきます。ある時、自分の好きな曲を作曲している作曲家が同じである事に気が付きます。そ
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。