09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

花と果実と温泉と・・・。

2005年10月15日
前回の予告通り、Musicmanはまたまたドライブ
ここまでいくともう病気ですね・・・(笑)。
朝10時に家を出たんですが、あいにくの曇り空・・・。
(写真はクリックすると大きくなります!)

今回の行き先は福岡県甘木市のキリンビール福岡工場内の『キリンビアパーク福岡』
九州で飲まれているキリン・ビールの殆どがこのビール工場で生産されている、日本一大きなビール工場です。
ビールが出来上がるまでの過程を見学出来たり、もちろん出来立てビールの試飲もできるツアーもあります。ビール好きは一日いても足りないくらいかも(笑)。
キリンビール工場
入り口には木で出来たキリン・ビールの象徴「麒麟」が展示。
これだけでビール党はワクワクしちゃいそうです(笑)。

しかし今回の目的は、この工場の敷地内にあるある「コスモス畑」!!
前回の予告では「100万本のコスモス」と書きましたが、それは大きな間違いでした。
何とその数・・・

1,000万本!!!

ケタが一つ違います(汗)。
コスモスコスモスコスモス
ご覧の様に右を見ても左を見ても何処を見てもコスモス!!
約70,000平方メートル(福岡ドーム1個分!)の広さに1,000万本のコスモスが咲き乱れる光景に圧倒されました。
昔からウワサには聞いていたんですが、コレほどの凄さとは思いませんでしたよー。
コスモスコスモス
また、ここのコスモスは背が高くて、ご覧の通り畑の中を歩くと花の中に埋没してしまいそうです。
コスモスコスモスコスモス
しかし、一度にコレだけのコスモスを見ると、まさに天国かと思っちゃいますよねー。
(ちなみに春には「ポピー」が1000万本咲くそうです・・・驚!!)

ビールでほろ酔い加減になっていたら、社会復帰出来なくなりそう・・・。
あっ・・・飲んでませんよ(汗)!!
車ですから・・・出来立てのビールなんて・・・の・・・飲むワケ無いじゃないですか(笑)。

美味しいビール・・・じゃなかった(汗)、1,000万本のキレイなコスモスを堪能した私たちは、
“筑前の小京都”と称される城下町「秋月」へと向かいます。
その秋月の入り口にある観光リンゴ梨狩り園『秋月あっぷる屋』へ到着。
あっぷる家
お店の入り口にはこの辺りの特産物が所狭しと並んでいてますが、それには目もくれず店内へ入り、ここの名物「フルーツ・カレー」を注文!
リンゴカレー
フルーツ・カレー・・・つまりリンゴが入ったカレーです。
ジャガイモの様に見えるのがリンゴ。
「えー、カレーに果物がゴロっとはいってるの?」
と思われる方も多いと思いますけど、フルーツの甘みがカレーの味を引き出し、大人も大満足の逸品です。
今回はセットで頼んだので、無添加・無農薬のリンゴ・ジュースとデザートに梨のパイが付いてきました。
パイ
ちょうど出来たばっかりだったそうで、アツアツのパイを頬張る(相変わらずの)食いしん坊夫婦でした(笑)。

さて、お腹も満たされたところで、そこから車で10分程度走ったところにある温泉
『美奈宜の杜温泉 杜の湯』へ。
杜の湯
懐かしい古民家風の造りの入り口をくぐるこの温泉は、大浴場(男女1つづつ)と家族風呂が3つ。
まだお昼過ぎという事もあって家族湯が丁度空いました。
案内されたのは「めじろの湯」
杜の湯
中に入ると・・・
杜の湯杜の湯杜の湯
素敵なお風呂でした!
お湯も少しぬるっとして肌にまとわりつく様な感じ。
開け放たれた窓からは写真の様な景色が楽しめて、本当にリラックスできました。
こんなお風呂に入れて2人で50分2200円は安いですよねー!!

またここは、この本館から少し下ったところに別館があります。
食事処「山荘美奈宜」と「離れ」(7棟の家族湯)があり、古民家造りの静かな懐かしい風情が残るくつろぎの場です。宿泊だけでなく、日帰り利用ができる離れには各棟それぞれ内湯(岩風呂)や囲炉裏の間、6畳の和室があり、まさにプライベートな空間。
まだまだ知られていないみたいなので、お忍びで訪れるにはもってこいの場所ですよ!
・・・って、何でお忍び??

さて、いい温泉に浸かって身も心も癒された私たちは・・・
三連水車三連水車
朝倉町の有名な「三連水車」を横目で見ながら・・・
田主丸駅
田主丸町(たぬしまるまち)へ。この建物は「JR久大本線:田主丸駅」です。
何でも昔から“河童伝説”があるのでこの駅舎になったとか(笑)。
また田主丸町は、耳納連山(みのうれんざん)の麓に位置するフルーツの町。
ぶどう畑至る所にブドウや柿などの果樹園があります。
実は田主丸町は“巨峰ブドウ発祥の地”なんです!




田主丸町で最近注目されているのが県道151号線から少し山寄りに入った「山苞の道(やまづとのみち)」と呼ばれる耳納山麓の約5キロの道。
沿道には洋画、版画、陶芸、染織、竹工芸、木工芸、ステンドグラスなどの工房が軒を並べているんですが、途中で『巨峰ワイナリー』へ立ち寄り。
ワイナリー
まるでイギリスの森の中の様なエントランスを抜けると・・・
ワイナリーワイナリー
無料で試飲できるワイン・ショップが!
白・赤などを少しだけ試飲して(笑)、リースリング・ワインを購入。ショップの隣にあるトンネルは・・・
カーブ
地下貯蔵庫(ワイン・カーブ)!もちろん見学することが出来ます。

ワイナリーを後にして、今度は偶然見つけたカフェへ(まだ食べるのか!?)。
ぶどうのたね
『たねの隣』というこのカフェは、雑貨&ギャラリーの『ぶどうのたね』と併設されたカフェ。
『ぶどうのたね』の隣にあるから『たねの隣』・・・。
好きです、こういうセンス(笑)。
店内は・・・
ぶどうのたねぶどうのたね
オシャレじゃないですか~!!
気のぬくもりを大事にした、思ったよりも広い、それでいて落ち着く店内です。
但し店内は禁煙なので、私たちはテラス席へ。
写真では分かりにくいかもしれませんが、柿園が目の前に広がる静寂の安らぎを体感できる場所でした。
ぶどうのたね
コーヒーもとっても美味しかったです。
ここは初めて、しかも偶然見つけたお店でしたが、かなり気に入りましたよ!

こうして朝から夜までタップリ遊んだ食いしん坊夫婦。
今回のドライブも充実した一日を送れましたよ!

さて、今回のドライブのお供に連れて行ったアルバムは・・・
Bruce Gaitsch
Bruce Gaitsch / Lyre in the Windstorm』
01.That's When I Fell
02.On The Way
03.Haunt Me Tonight
04.Colorado
05.Heartbeat
06.Everyday Thing
07.Dreams
08.Two Kinds Of Love
09.Love In The Afternoon
10.God Only Knows
11.Coda


「マドンナ」の大ヒット曲「ラ・イスラ・ボニータ」のソングライターとして知られるギタリスト「ブルース・ガイチ」の1stアルバム。
「マドンナ」以外にも「リチャード・マークス」「ピーター・セテラ」「シカゴ」「ララ・ファビアン」等にも曲を提供しており、また日本では「槇原敬之」のアルバムにも作詞で参加。
もちろんギタリストとして参加したアルバムは星の数ほどです。
AORファンには「エアプレイ」のヴォーカリスト「トミー・ファンダーバーグ」と結成した「キング・オブ・ハーツ」のメンバーという方が解りやすいでしょう。

そんな彼が96年に満を持して発表したのがこのアルバム。
基本的にはギター・アルバム(当然!)なんですが、スムース・ジャズともAORとも言えない素晴らしい内容です。

レイドバックしたメロディーにロマンティックなギターが絡む①に始まり、続く②は「ランディ・ウォルドマン」のピアノと「ジョン・パティトゥッチ」のベースが印象的なスムース・ジャズ・チューン。
旧友「リチャード・マークス」のヴォーカルをフィーチュアした③はアルバムからのシングル・カット・トラック。
コロラドの自然の風景を思わせる④には「エイミー・スカイ」がバック・コーラスで参加したインスト。
「クレイグ・チャキーコ」にも通じるインスト・ナンバー⑤に続いて⑥は、何とあの「ビル・チャンプリン」がヴォーカルを取るブルース調のナンバー。いつもの「ビル」のイメージとは一味違うトラックです。
ギター1本で神秘的なサウンドを奏でる小曲⑦に続いては、これまたビックリ!あの「マーク・ジョーダン」がヴォーカルで参加したボッサ調の美しいナンバー。秋の澄み渡った空に似合う1曲です。
ギターをオーバーダブして作り上げた⑨は、どことなくヒーリング・ミュージックっぽいインストゥルメンタル。
⑩は「ビーチ・ボーイズ」の名曲をインストでカバー。全く違うイメージに生まれ変わっています。
そしてアルバムは、ロンドン・フィル・ハーモニック・オーケストラをバックにアコースティック・ギターが心地良いメロディーを奏でるクラシカルなナンバーで幕を閉じます。

とにかくメロディーが美しく、ギタリストのアルバムにしてはバランス感覚が素晴らしい1枚。
スムース・ジャズやフュージョンに、少しだけヒーリング・ミュージックの要素をプラスした穏やかな作品で、目覚めの朝に、ドライブのお供に、お休み前に・・・と、
どんなシチュエーションにもピッタリです!

※ちなみに、最初に書いた「マドンナ」のヒット曲「ラ・イスラ・ボニータ」は、元々「マイケル・ジャクソン」に書いた曲だったんですが「マイコー」が「BAD!」と気に入らず、それを「マドンナ」がもらってレコーディングし、見事大ヒットを記録したというエピソードも!!

1,000万本のコスモスを見てみたいですか?
    ↓

人気ブログランキング
AOR | コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
ス、スゴイ!
1000万本!!
ス、スゴイ。ホントに数えたんだろうか??
野鳥の会でも難しいでしょう。
しかし花畑の画像は圧巻ですね!!
こちらは紅葉です。
こんにちは!先日はコメントありがとうございました^^仲良しご夫婦なんですね!こちらはそろそろ紅葉シーズンなのです。ドライブ行こうかな・・・・。記事の最後のちなみに・・・のエピソード、聞いたことあります。musicmanさんのラジオ番組があったら毎週聴きますよ。
凄いところがあるんですね。『百万本のバラ』より1000万本のコスモスのほうがきっと素晴らしいでしょうね。
こんなの『麒麟』さんに貰ったらイチコロだわ(笑)この『麒麟』、けっこう私好みのお顔です。
ウチのすぐ近くにはサントリーウイスキー工場があるんですけど、こんなステキなものありませんよ。
ところでこの露天風呂は混浴?
♪バリさん。
ホント誰が数えたんでしょうかねー(笑)。
でも1,000万本のコスモスは圧巻でした。
まるですっごく大きいコスモスの絨毯が広がっているような。
曇り空でしたけど、かなりお客さんが来てましたよ!


♪ckaさん。
そちらはもう紅葉の気候なんですね。
九州はまだまだ紅葉する気配はありません。
その代わり、こうした秋の花々がいたるところで咲き乱れています!

>musicmanさんのラジオ番組があったら毎週聴きますよ。

嬉しいこと言ってくれるじゃありませんか(笑)。
いつか皆さんにそうした事ができるといいですね。
ラジオ版「Soft & Mellow」!!


♪ゆめさん。
100万本のバラも凄いでしょうけど、
1,000万本のコスモスは、目を疑うような光景でした。
あまりに広すぎて、写真に納まりきれないんですから!!
このお風呂は、大浴場が男女別。
写真のお風呂は家族風呂なので完全貸切です!
九州旅行の参考にしてくださいね☆
宣伝
こんにちは。
すみません。宣伝にきました。
この度、AOR/Fusionを中心に流すインターネットラジオを開局しました。
よろしかったら聴いてください。
(ただいま試験放送中)

http://www.live365.com/stations/breeze_aor
まず、「麒麟」に目が釘付け(爆)
わたし、好きなんですよ~キリンとかアサヒとかって~
夕食前のビールは欠かせませんのよ。 あはは
日本へ帰ってきたらビールの値段が高いのでやんなっちゃう!
「巨峰ワイナリー」も興味あるわ~
…って、酒系にばかり反応してるって… 思ったでしょ?(実はそうなんだけど(笑))
一面のコスモスにもうっとり~
狩人の"コスモス街道"口ずさんじゃいましたよ~(ふるっ~)
♪よんふぉあさん。
宣伝大歓迎ですよ~!
早速楽しみながら聞かせて頂きました。
AORの名曲ばかりで、AORファンにはたまらないチャンネルですねー!
これからの更新も楽しみにしてますね☆


♪Mayさん。
いつもありがとうございます。
この麒麟・・・凄いでしょ!
私も最初見たときはかなりビビリましたよ。
巨峰ワイナリーは試飲と称してかなり飲めるので是非一度行かれてみては(笑)?
でもコスモスにも反応してね(笑)☆
な~んか、最近ドライブモード&
らぶらぶモードな感じでいいねぇ、
うふふん♪(←ヘンなヤツ)
コスモス、きれいだろうなぁ。ひとつ
行ってみたいところが増えました。
秋月もいいよね~。
♪のりのりさん。
ラブラブモードは・・・ちょっと違うかな(笑)。
でもコスモスはかなり見ごたえありましたよ!
そろそろ終わるから、行くなら早めにね☆
もちろんラブラブ・モードで(笑)。
秋月の温泉はオススメでーす!
先日はコメントありがとうございました。ビルの大ファンのさななでございます。これからもお邪魔させていただきますね。宜しくお願いします。
♪さななさん。
さななさんはビル・チャンプリン好きなんですねー!
そちらのブログの記事を読むと、愛情が伝わってきます。
こちらこそ今後ともよろしく尾根がしますね☆

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。