08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

寒い朝に・・・

2005年12月19日
雪だるま.jpgいやー、本当に毎日寒いですねー!
名古屋はかなりの積雪だとか・・・。
名古屋だけでなく、雪で不便な思いをしていらっしゃる方、
大丈夫でしょうか??
福岡も今朝は雪が舞っていましたが、幾分落ち着きを見せ始めているようです。

やっと抱えていた仕事が一段落して、これで存分にクリスマスに望めそうです。
って言っても、何にも予定は無いんですけどね(笑)。
でも気が付いたら今月はまだ7つしかアップしてない(汗)!!
もうじき200回目を迎えるのに、この分だと年を越してから迎えることになりそうです・・・。

さて、寒い寒いと言っててもしょうがありません。
暖房や厚着をして寒さをしのぐのもいいですけど、
こんなアルバムで温まってみては如何でしょうか??
PETER McCANN
『Peter McCann / One On One』
01.Just One Woman
02.Love This Time
03.What's He Got
04.Damned If I Love You
05.Don't Take It Out On Me
06.Step Right Up
07.Road To Love
08.Come By Here
09.All You Got To Do
10.That's Just The Way That I Feel


シンガー・ソングライター「ピーター・マッキャン」の2ndアルバム(79年)です。

現・長野県知事の「田中康夫」氏も、著書『ブリリアントな午後』『たまらなくアーベイン』で取り上げていましたね。
「康夫ちゃん」はその著書の中で・・・

「・・・ホテル内のレストランやバーの案内が書いてあるビニール・レザー製のアルバムみたいな代物を、テーブルの上で開いてみたりすると・・・(中略)・・・ジョギングをしたい雰囲気にジワーンとなってきたりもしますけど、こういう時にはピーター・マッキャンのOne On Oneをウォークマンで聴きながら走りまくりましょう・・・」

な~んて、緑芽吹く4月~6月の朝に似合うアルバムとして紹介していますが(笑)、
意外と冬の凍てつく朝や、夕暮れ時や真夜中にもピッタリなんです!

1977年に「ジェニファー・ウォーンズ」に提供した「Right Time Of The Night(星影の散歩道)」が、いきなり全米チャートで6位まで上昇するという大ヒットを記録。
その曲も収めた1stアルバム『Do You Wanna Make Love(恋人達の午後)』も5位まで上昇するという幸先の良いスタートを切りましたが、
AOR度でいけば、断然コチラの2ndアルバムに軍配が上がるでしょう。

アルバムは全体的にロマンティックなバラードが主体。
「リア・カンケル」「スージー・アリソン」も歌ったロマンティックな①、届かぬ想いを歌った切ない③、ストリングスが心の琴線に触れるラヴ・ソング⑦、ミディアム・テンポのAOR王道マナー⑨など、親しみ易いメロディーと温もりのある彼のヴォーカル、そしてとにかく優しいサウンドが、
冬の朝を心まで温かくしてくれます。

彼はこの作品以降、アルバムを発表していませんが、
ソングライターとして活動している様です。

寒波で雪が降り続く朝に、100%ウール素材の「オステルヨートランド」のブランケットに包まれながら、「ジャクソンズ」のアール・グレイで淹れたミルク・ティーと一緒に
こんなアルバムで目覚めてみては如何でしょうか?



・・・あれ、何となく「田中康夫」チックな文章になってしまった(笑)。


寒いときにはクリックに限る(笑)!!
     ↓

人気ブログランキング
AOR | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは。
このアルバム、気にはなってたんですが
聴いた事が無いんです。
どうもSSWのイメージが強かったので・・・。
このアルバムは、AORっぽいアプローチみたいですね。
Musicmanさんのお薦めなら聴いてみようかなと思ってます。
♪kazu-shinさん。
これは聞いたほうがいいですよー。
ジャケットからするとAORっぽくないですけど(笑)、
かなりアダルトな仕上がりです。
「リオン・ウェア」とは違うテイストですけどね(笑)。
みゅーさん。詩人ですね~♪
いいなあ。最後のところ。
うちは、とてもそんなロマンティックになる風景ではなく、雪と戦ってる状況です~(涙)

田中康夫氏の小説って、当時好きでしたねー。
みゅーさんは、大ファンだったでしょ!?
彼もかなりのAORファンですね。

「Do You WANNA Make Love」は、コンピ・アルバムで聴いてたんですよ。
今、このアルバム入手は困難ですかね?
探してみます。
Peter McCann といえば、"TAKE GOOD CARE OF MY HEART"を
書いた方ですよね。
竹善さんが「コーナーストーンズ2」でそれをカヴァーしています。
googleで検索かけたら、竹善さんとの組み合わせが多かったです。
♪berryさん。
詩人だなんて・・・そんな(照)!
そちらの雪はかなり手ごわそうですね。
大丈夫ですか?
berryさんも田中康夫を読んでいた世代ですよね(笑)。
私は2冊ぐらいしか読んでません。
しかも音楽がらみの「なんクリ」「アーベイン」のみ。
AORの情報収集として読んでいたなー。


♪kaz-shinさん。
このアルバム、今は入手困難みたいですね。
amazonでもなかったし。
でも中古CDショップで根気良く探せば見つかると思いますよ!


♪Stefanさん。
そうそう「Take Good Care Of My Heart」も書いてましたね!
竹善さんもかなりこのアルバムを勧めてました。
「たまらなくアーベイン」。
あの頃、僕たちのバイブルでした。
紹介されていた輸入盤LPを探しに、
南青山のパイドパイパーハウスとかを
よく回っていました。
2nd.は今はCDでしか持っていませんが、必死に1st.を探していた頃が懐かしく、そして温かく思い出されてきます。
たま~に、同世代の常連さんがいらした時にはお店で2nd.は流すこともありますね。いいアルバムです。
よくAORを聴いていた若い頃、「五感で季節を感じられるのはひとつの“能力”だよね」と言われた事があったのを思い出しました。
Musicmanさんもまさにソレですね!
同じ曲を聴いても感じ方がそれぞれなように聴きたい季節も人によって違いますがMusicmanさんの季節の匂いに合わせたBGMは私の感じかたと良く似ています。
だからこのブログが好きなんでしょうね。
わー
可愛い雪だるま♪
・・・すみません。食い付くところがずれているかも。
作られたんですか? 福岡結構雪降りますものね。いいなぁ私も雪だるま作りたい!!
♪伊藤ちゃんドットコムさん。
確かにこの本はバイブルでしたね。
私も「パイドパイパー」や「WAVE六本木店」「六本木ウィナーズ」など徘徊してました(笑)。
この本に載ってるものを探して・・・。
コレはCD化されてスグ買ったんですけど、
アナログで聞くのも味があっていいでしょうね!


♪KYOKOさん。
確かKYOKOさんのブログでも取り上げていましたね!

>Musicmanさんの季節の匂いに合わせたBGMは私の感じかたと良く似ています。

いやー、KYOKOさんと感性が似ているって言われて、それだけで嬉しいです(笑)。
そんな事で喜んでしまうバカな男です(笑)。

>だからこのブログが好きなんでしょうね。

いやー!好きだなんて・・・あっ、ブログがね・・・。
告白されたかと思った(汗)!!


♪kumaさん。
写真は拾い物です(笑)。
今回の寒波では、雪は降りましたけど、殆ど積もりませんでした。
当然、雪だるまなんて作れるはずも無く・・・。
でも何年ぐらい作ってないかな、雪だるま。
明日からまた寒波がやってくるらしいので、kumaさんを含めて、皆さんお気をつけくださいね☆
このアルバム聴いたことないんですが、
ジャケットに惹かれます。
こういう、どアップのジャケって
なんかほっとけません(笑)。
♪taro0o0o0o0o0さん。
ジャケットが顔のアップのアルバムって、意外とハズレが無いんですよね!
見た目は「うーん・・・」って思うんですけど(笑)。
それだけ中身に自信があるからなんでしょうか?
このアルバムは「KENNY」さん好みですよー!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。