07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

JMB連携TB企画第50弾/Music For Sunset!

2005年10月30日
SUNSET
いつもお世話になっている「JMさん」とこの『JMB連携TB企画』が遂に50回目を迎えました。
おめでとうございます!!
私は第36弾から参加させて頂いてまして、今回で12回目(前回は不参加)の参加となります。

今回のお題は・・・『Music For Sunset!』という事。

私的には“SUNSET”というと、やっぱり夏の夕暮れのイメージが強いんですけど、
少し波も立ってきた秋のサンセットもオツなものですよね。

上の写真(クリックすると大きくなります!)は、私のお気に入りの場所「二見ヶ裏」で撮った写真。
こんな景色を見ながら聴きたいアルバムはと言うと・・・
David Foster
David Foster / Rechodings』
01.Love, Look What You've Done To Me
02.You're The Inspiration
03.After The Love Has Gone
04.The Glory Of Love
05.Who's Holding Donna Now?
06.Voices That Care
07.Man In Motion (St. Elmo's Fire)
08.Freedom
09.Hard To Say I'm Sorry
10.Movie Montage


本当にキレイな景色には音楽なんて必要ないんですけど、
その景色をもっと素敵にするのはやはり音楽。
それも景色のサウンドトラック(Soundscape)になりうるこんな音楽で演出したいですね。

11月1日が彼のお誕生日という事もあり、コレをセレクト!
「デヴィッド・フォスター」が91年に発表した通算5枚目のソロ・アルバムです。

このブログをいつも読んで頂いていらっしゃる方々には、もはや説明不要の彼。
「エアプレイ」時代から彼の魅力にはまり、プロデュース作品やコンポーズ作品、ミュージシャンとして参加した作品など、とにかく彼の名前が載っている作品を片っ端から追いかけていた時代もあり、私にとって最も敬愛して止まないアーティストです。

このアルバムは、そんなコンポーザーとして他のアーティストに贈った曲を、自らインストゥルメンタルでリ・レコーディングしたセルフ・カバー・アルバム。(タイトルもシャレてますよね!)

このアルバムの魅力は、何と言っても全編に流れるどこまでも美しい“フォスター節”と、良質なモルト・ウィスキーの様な深い味わいの彼自身の“ピアノ”
それが、アメリカを始め全世界でヒットした名曲を奏でるとあらば、悪かろうハズありませんね。

①はAOR四天王の一人「ボズ・スキャッグス」のナンバー。
元々は映画『アーバン・カウボーイ』オリジナル・サウンド・トラックに収録された曲で、「ボズ」との共作曲です。(ベスト・アルバム『HITS!』にも収録)
オリジナルに忠実なアレンジながら、彼のピアノがどこまでもロマンティックに響くバラードです。

続く②は、「フォスター」の手腕によって甦った「シカゴ」の大ヒット・アルバム『シカゴ17』に収録されていたヒット・チューン。「ピーター・セテラ」との曲作ナンバーです。
メロディーの美しさを最大限に生かすために、最小限の音で表現した優しいサウンドです。

そして、もはや説明不要の③。
79年にグラミー賞も獲得し、本人も「エアプレイ」のアルバムに収録していた「EW&F」のアルバム『I Am』に収録されていた名曲中の名曲です。
ここでは「ケニーG」がソプラノSAXで参加し、ほんの数分で消え行く儚いオレンジ色の空を切なく演出してくれます。

④は、映画『ベスト・キッド2』の主題歌。オリジナルは「ピーター・セテラ」です。
(「ピーター」のアルバム『Solitude/Solitaire 』にも収録)
薄く流れるシンセ・ストリングスをバックに「フォスター」のソロ・ピアノだけでプレイされる珠玉の作品。訳も無く涙が出てきそうな、そんな美しいナンバーです。

「デバージ」のアルバム『Rhythm Of The Night』に収録されていた大ヒット・ナンバー⑤は「ジェイ・グレイドン」「ランディ・グッドラム」との共作。
特別なディナーの前の、本のひと時を演出してくれるような軽やかなピアノがグッと来ます。

⑥は映画・音楽・スポーツ界からの著名人が参加した「湾岸戦争従軍兵士支援プロジェクト」によるチャリティ・ソングとしてリリースされたシングル。
参加アーティストは「ラルフ・トレスヴァント」「セリーヌ・ディオン」「ピーター・セテラ」「ボビー・ブラウン」「ブレンダ・ラッセル」「ルーサー・ヴァンドロス」「ガース・ブルックス」「マイケル・ボルトン」「リトル・リチャード」「ポインター・シスターズ」そして「ウォーレン・ウィービー」といったアーティストがヴォーカルを取り、「ポール・アンカ」「クラレンス・クレモンズ」「ケビン・コスナー」「シンディ・クロフォード」「リチャード・ギア」「ウーピー・ゴールドバーグ」「ミシェル・ファイファー」・・・などなど、ここでは書ききれない程の著名人がコーラスで参加していました。その曲をインストでリ・レコーディングしたのがコレ。
「We Are The World」顔負けのゴージャスなアレンジだったオリジナルとは一転して、メロディーの良さが出ていますね。
このシングルには「ケニーG」「マーク・ノップラー(ダイアストレイツ)」が参加したインスト・ヴァージョンも収録されていましたけど、もしもお持ちの方がいらっしゃったら、是非聴き較べてみてください。

続く⑦は映画『セント・エルモス・ファイヤー』サウンドトラック
「ジョン・パー」が歌い大ヒットした曲。
オリジナルでは躍動感溢れるロック・チューンでしたが、ボレロ風にアレンジして、クラシカルなイメージでプレイされています。

続く⑧は、「フォスター」の片腕的存在「ウンベルト・ガティーカ」との共同プロデュース作品。
元々は「フォスター」のアルバム『River Of Love』に収録されていた唯一のインスト・ナンバー。
途中ではいる尺八の音色がアジアン・チックに響き渡ります。

そしてこのアルバムのハイライトとでも言うべきトラックが⑨。
低迷していた「シカゴ」を見事に復活させたアルバム『シカゴ16』に収録されていた
「素直になれなくて」
いまだにラジオでもOAされる名曲中の名曲をインストでリ・レコーディング。
この曲は「フォスター」のアルバム『The Best Of Me』でも一度セルフ・カバーされていたので、今回で2度目となりますが、最初のカバーは単なるカラオケっぽい仕上がりでしたが(笑)、ココではオリジナルを上回る優しいサウンドで、思わず素直になっちゃいそうです(笑)。

アルバムのラストを飾るのは、これまで「フォスター」が手がけた映画音楽をメドレー形式で綴った15分にも及ぶ大作。
『One Good Cop』『Golden Fiddles』『Fresh Horses』『君がいた夏』『Listen To Me』『摩天楼はバラ色に』『セント・エルモス・ファイアー』と続く、本当にシネマティックな組曲です。
刻一刻とその色を変えるサンセットをバックに聴くと、青春の思い出が甦ってくる様です。

大ヒットした名曲がインストゥルメンタルでカバーされたこのアルバム。
知っている曲がインストで生まれ変わると、その楽曲の本当の良さが実感できます。
ま、イージーリスニングっぽいといえばそれまでかもしれませんが(笑)、個人的には秋のサンセットを最も美しく見せてくれる1枚かな・・・なんて思っています。

さて、貴方は誰と何処でこのアルバムを堪能しますか?



貴方のサンセット・ポイントは何処ですか?
     ↓

人気ブログランキング
JMB連携TB企画 | コメント(14) | トラックバック(17)
コメント
このアルバムを夕暮れに聴かないで
何時聴くんだ!と言いたくなるくらい
ピッタリなアルバムですよね。
あぁぁ。。染みるなぁ~(笑)
私もこのアルバム持っていますよ!
デヴィッド・フォスターのソロは5枚あるんですね。
私は、そのうち3枚所有。どれもUSEDですけどね。
懐かしいのがいっぱいで嬉しい1枚です!
彼の横顔もステキだっ!
♪ジャックスケリントンさん。
コメントどうもです。
そうですよねー、これを夕暮れに聴かずしていつ聴くってカンジです(笑)。
でもちょっと切なくなりすぎる傾向もありますが・・・(泣)。


♪Mayさん。
またまたコメント感謝です!
Mayさんが「フォスター」好きなのは知っておりましたが、3枚というのは意外でした(笑)。

>彼の横顔もステキだっ!

確かに。昔のイケメンですね~(笑)。
でも彼の優しさが顔と音楽に表れている気がします。
いいですよねぇ~フォスターさん。
夕暮れ=このアルバム、僕も一票!です。
昔、JTがスーパープロデューサーみたいなライブ企画してたじゃないですか。
またああいうのやって欲しいです。
今企画しても十分お客さん入ると思うんだけどなぁ。
復活第一回は、やっぱフォスターさん!ということで(^^♪
Thanx!
Musicmanさん、いつもありがとうございます。
夕焼け写真が素敵、D.Fosterのサントラと合わせればさらに素晴しいですね。
彼の書くMelodyはどれも心に染み入る感じです。
私のBestは3かな。
これからもよろしくお願いします。
毎度どーも♪です
みゅーさん、コメント&TB、どもどもです。
またこーんなステキな写真と音楽で婦女子を泣かすぅ(笑)。
若い頃は(爆)真夏の夕陽が好きだったんだけどこの頃では夏の終わり~秋にかけての寂しい夕暮れが好きですね。なのでこの人の音楽でグッと思わず涙ぐんでも仕方ないね。
>貴方は誰と何処でこのアルバムを堪能しますか?
それはヒミツ~(笑)。
Musicmanさん、お久しぶりのカキコです!

JMB50回にふさわしいアルバムですね!
曲も知ってる曲が多いし、
ピーターセテラ大好きなので。。
めちゃめちゃロマンティック♪
出たぁ!!
超睡眠薬・・・
あっしはこのアルバムを最後まで通して聞く自信がありましぇ~ん。(笑)
いやいや、心地よすぎちゃって・・(^^;;
♪taro0o0o0o0o0さん。
taroさんもコレに1票ですか?
彼の音楽は、時代が変わっても美しく響いてきますね。

>昔、JTがスーパープロデューサーみたいなライブ企画してたじゃないですか。
またああいうのやって欲しいです。

私、それに行きました(笑)。
今思い出しても感動です!
もちろん、今でもお客さん入るでしょうけど、
やっぱりアレはバブルのなせる技ってヤツなんでしょうね~(笑)。


♪JMさん。
こちらこそいつもありがとうございます!
夕焼け写真は、偶然いいものが撮れただけです(笑)。
本当に彼が書く音楽は、心に響くメロディーですね。
私も③が一番好きかも!
50回目、本当におめでとうございます!!


♪祥さん。
>またこーんなステキな写真と音楽で婦女子を泣かすぅ(笑)。

ははは!もっと泣いていいですよ!
なんなら私の腕の中をお貸ししましょうか?(笑)
私も夏の終わり~秋にかけての寂しい夕暮れが好きですよ!
人生を感じます・・・って、なに暮れてるんだろうね。

>貴方は誰と何処でこのアルバムを堪能しますか?
それはヒミツ~(笑)。

そんな・・・照れなくても私って言えばいいのに・・・。


♪ミーナさん。
こちらこそなかなかコメント書けなくて申し訳ありません。
JMBの記念すべき50回目なので、ムチャクチャ迷いましたけど、
純粋に自分が聴きたいアルバムを選んだらコレになっちゃいました(笑)。


♪主審さん。
>出たぁ!!

はい、出ました(笑)。

>超睡眠薬・・・あっしはこのアルバムを最後まで通して聞く自信がありましぇ~ん。(笑)

実は私も(笑)。
本当にα波を出してくれるアルバムです。
それだけ心地良いサウンドなんですねー。
でも先日発表された「エアプレイ」のリマスタリングを聴きなおして、やっぱりあの感じのアルバムも聴きたいと思っちゃいましたよー!
どうせなら「エアプレイ」を再結成してほしかったな☆
「After The Love Has Gone 」はやっぱりサンセットミュージックでは決定版かも。
このアルバムのヴァージョンはまだ聴いてないので聴いてみたいと思います。
おはようごさいます。
ご無沙汰しています。お元気ですか?

この夕日の写真もJMさんに負けず劣らずステキです。私は最近なかなか良いチャンスがないんですよ。残念。(笑)

このアルバムは、なんかキラキラしていいですね。いろいろと使えそう。(笑)
♪夏庵さん。
夏庵さんも「After The Love Has Gone」がサンセット・ミュージックですか?
まさに決定版かもですね。
このアルバムのヴァージョンもかなりオススメです。
是非チェックしてみてくださいね!


♪ハンコックさん。
こちらこそご無沙汰しております!!

>この夕日の写真もJMさんに負けず劣らずステキです。

いやいや・・・写真の腕は素人同然です(汗)。
これはたまたま良く撮れただけですよ。

>このアルバムは、なんかキラキラしていいですね。いろいろと使えそう(笑)

そうなんです・・・色々と使えるんです・・・って、何に使うんでしょうねぇ(笑)。
悪いことには使いませんよ・・・ホントですって(汗)!!
おひさしぶりです。TB&コメントありがとうございました。
これはまた決定盤ですね・・。俺も、あまりの心地よさに眠ってしまうタイプです・・。誕生日というのも、50回という節目(?)にふさわしいセレクトですね。
サントラというのもすてきな表現ですね。これをサントラに、何しようかなあ・・。
♪mort_a_creditさん。
こちらこそご無沙汰してまして申し訳ありません・・・。
TBありがとうございました!
このアルバムは本当に眠く・・・じゃなっかた(汗)、
心地良くなる作品ですね。

>これをサントラに、何しようかなあ・・。

おーっと!
何するのかな~(笑)。
テクニックを教えてほしいな☆

管理者のみに表示
トラックバック
前回から参加させて頂いてるJMB連携TB企画が、今回でちょうど50回目を迎えるそうでまずはおめでとうございます!私なんかは新参者ですがこの企画は確かに面白いですね。色んな音楽とブロガーの方達との出会いが今回も楽しみです。という事で今回のお題目は「Music For Sun
まいどお世話になっております、jmさんのTB企画がめでたく50回目を迎えました...
いつもお世話になってますJMさんのJMB連携TB企画参加記事です。 企画50回目
Seven Days of Falling"JMさん"の素敵なTB企画が50回目を迎えたとのこと素晴らしいですね。その記念すべき50回目のタイトルが”Music For Sunset!”。冬の気配を少しずつ感じる日頃。夜に向かう夕暮れ時に聴きたい音楽について、僕も考えてみる。少し前出張に行..
JapanMusicBlogをはじめて一年と7ヶ月、もうそんなに経ったのかと思...
毎度お世話になってるJMさんのTB企画、新しいお題が出ました。しかも今回は祝☆50回ですよ。JMさん、おめでとうございまーす♪私は途中からの参加ではあ
「音楽好きBlogger集合!JMB連携TB企画はついに50回目!Music For Sunset!」への参加です。50回って凄いですね。たくさんの輪に拡がったTB企画。JMさん、ありがとうございます&...
秋も深まってきました。なんてったって、もう10月も今日で終わりなんですからねえ・・・なんとなくセンチメンタルになるこんな時期に、JMさんがJAPAN MUSIC BLOGのなんと、記念すべき50回目(!)のTB企画として、「Music For Sunset!」というお題を出してくださいました。秋.
睡眠CD?うちではそう呼ばれてました。(笑)内容は、David Fosterが他のアーティストに提供した作品のセルフカバー集ですね。なんてったってヒットメイカーですから!曲はいいです。さすがは名プロデューサーですね。ただ、全体的に曲がスローテンポで、しかもピアノ中心のイ
何回目から参加しはじめたのか覚えていないけれど、めでたく50回目を迎えたJMさんのトラックバック企画。秋の夕陽にふさわしい、とっておきの一枚を紹介します。いつもは色物ばかりな俺だけど、今回は真剣。海外での圧倒的な評価とは裏腹に、日本では余りにも知られていな..
今日で10月も終わり。紅葉の季節ですね。最近めっきり冷えてきました。今年もあと...
今回はJMさんのページのJMB連携TB企画のお題に乗っかりまして。(今回で50回目ですって!すごいなー)夕暮れ時の音楽ということですね。夕暮れ時というと一日の終わりのとき。ゆったりと寛いだ曲で今日一日を振り返りたい…。そんな気分でもありますが、夕暮れ時は、また
JMB連載TB企画も、もうすでに50回目ですか。おめでとうございます。今回は、秋の夕暮れに合う音楽ということで、こんなものを集めてみました。
Francisco CespedesDonde Esta la VidaJMさんのTB企画第50弾に参加させていただきます。今回のお題は“Music For Sunset!”。沈みゆく夕陽に似合う音楽、いろいろと考えてみてこのアルバムにしてみました。1.? D?nde Est? La Vida2.? As? Es Mi M?si
JMさんの“JMB連携TB企画第50弾/Music For Sunset!”へのエントリー。私は途中から何回か参加させてもらってますが、いろいろと新しい発見があって、ブログならではの“すぐれもの企画”だと感謝しています。JMさんとJMBの皆さんありがとう。お題は秋の夕暮れに聴きたい音楽
JMB連携トラックバック企画に参加します。今回は記念すべき50回目。僕もこの企画
『JMB連携企画第50弾』に参加。  お題は『Music for Sunset』深まりゆく秋の夕暮れ時に聴く音楽って感じでしょうか。いつも、みなさんとはちょっと違う路線をゆく私。今回選んだのは、美しき日本の抒情歌。いつしか日が暮れるのが早くなり、手をつなぐ親子...
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。