04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

レオナルド・ダ・ヴィンチ

2005年03月13日
20050311132615.jpg

昨日、フジテレビ系で放送された「超時空ミステリー 世紀の天才ダ・ヴィンチ最大の謎と秘密の暗号~ダ・ヴィンチ・コードの真実に迫る!~
という番組を見ました。
内容は・・・

万能の天才と謳われた「レオナルド・ダ・ヴィンチ」が描いた名作「最後の晩餐」。しかしこの絵はキリストを描いただけではなく、絵の中に数々の暗号やヒミツが隠されていた事が、修復を続けるうちに分かってきたそうです。
その事が『ダ・ヴィンチ・コード」という本になり、全世界で2000万部を超える大ベストセラーとなったという訳。
(ちなみに来年2006年には映画化も決定。舞台となるルーブ ル美術館も異例の館内でのロケ協力を約束。主演:トム・ハンクス、監督:ロン・ハワードという豪華キャスト!)

今回オンエアーされた番組では、この「ダ・ヴィンチ・コード」を入り口に、CGを駆使しながらその秘密に迫る・・・というもの。

かなり制作にも力が入っていて、期待していなかった(!)「藤木直人」もイイカンジでした。

それにしても「ダ・ヴィンチ」って・・・スゴイ人ですね。
絵画だけでなく、あまり知られていないけど工学、医学、天文学、流体力学、幾何学、音楽に至るまで幅広い教養を持ち、アイディアも豊富。

もしかして地球人じゃない??

そんな彼の言葉にこんなものがあります。

水中に投げ込まれた石は数多くの波紋の中心となる。そして空気も同様に波紋で満ちている。その中心は空中に作られた音及び声である。

ブログを始めて、いろんな方からコメントやTBを頂いてますが、自分が書いた言葉に対して何かを感じてくれてコメントやTBという行為をしてくれるという事は、まさにダ・ヴィンチのこの言葉通り。

それだけ言葉を大事に扱わなければならないと感じました。

20050311132102.jpg

さて「ダ・ヴィンチ」といえば、やはり絵画「モナ・リザの微笑み」。
その微笑みに世界中の人々が魅了され、そして生まれたのがジャズ・スタンダードにもなっている「Mona Lisa」。
「Nat King Cole」が好んで歌っていたこの曲は、実は1950年の映画「別働隊」の主題歌だったことはあまり知られていません。「ナット」が歌った事でミリオン・セラーを記録し、以後スタンダード・ナンバーとして世界中のアーティストがプレイしています。

その「納豆キングコング」・・・じゃなかった「ナット・キング・コール」の愛娘が「Natalie Cole」。
それまでPOP路線で活動していた彼女が、亡き父「ナット」が残したスタンダード・ナンバーに挑戦したのは91年。
この作品ではレコーディングのデジタル技術が進化したことで、バーチャル父娘デュエットが実現し、91年度の第34回グラミー賞で「Record Of The Year」「Album Of The Year」「Song Of The Year」の主要3部門を含む6部門を受賞!
ロックやポップス・テイストのソウルを得意としていた彼女が、情感をも歌いこなすシンガーとして成長したことも証明された1枚です。

そしてこの中に収録されたのが「Mona Lisa」。
お父さんとはまた違った優しさが伝わる歌い方で、「David Foster」のストリングス・アレンジもGOOD!!
一家に一枚アルバムです。
Jazz | コメント(1) | トラックバック(1)
コメント
ライナーのお父さんと
娘のナタリーとの写真にはなごみますね~
ほんといいアルバムです。

管理者のみに表示
トラックバック
今日は、土曜日だ、ちょっと遅く起きて、トーストにブルーベリージャムをつけて、ゆっくり時間をかけてコーヒーを飲んだ。今、部屋に帰って、ナット・キング・コールのアルバム『The Unfogettable』をかけてます。僕は、リラックスしたい時、JAZZをたまに聞きます。ヴォーカ
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。