07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

雪の華。

2005年12月11日
雪の結晶雪の結晶雪の結晶
キレイですね~。雪の結晶です。(クリックすると大きくなります)
福岡も12月の入った途端に初雪が降り、紅葉が残りつつも冬に突入したようです。

九州は南国のイメージがあるでしょうけど、
福岡だって雪は毎年かなりの量が降るんですよ!

ところで「雪」ってどうして降るのかご存知ですか?

雪は雲の中で出来た水のつぶが、低い温度によって氷に変化します。
小さな氷のつぶがぶつかり合いながら大きくなり、大きくなった重さによって空に浮かんでいられなくなり下へ落ちていきます。

これが「雪」

な~んて事はみなさんも小学校で習いましたよね(笑)。

では、そんな雪の結晶の形は、同じものが無いという事はご存知でしたか?
実は一つとして同じ形は存在しないそうです。
雪の結晶は基本的に“六角形”をしています。
その形は大きく分けて「柱状」「板状」の2種類。
気温が低くなるに従って「板状」になり、気温が高いほど「柱状」の決勝が見られるそうです。
しかも全て「六角形」なんです。「五角形」も「八角形」もなく、「六角形」のみ。
何故「六角形」なのかは、正式にはいまだに分かっていないそうです。
不思議ですね~。
雪の結晶
自然が生み出す六角形の華・・・。
しかも温度によって刻々と変化する雪の結晶を見ていると、現代人が忘れかけている自然との共存や自然の神秘を思い起こさせてくれる気がします。
Bobby Mcferrin
Bobby Mcferrin / Bang Zoom』
1.Bang! Zoom
2.Remembrance
3.Friends
4.Selim
5.Freedom Is A Voice
6.Heaven's Design
7.My Better Half
8.Kids' Toys
9.Mere Words


タイトルが「雪の華」なので「中島美嘉」を想像した方も多いと思いますが(笑)、刻々と変化する雪景色を見ながら聴くには、やはり七色の声を持つこのお方のアルバムが似合います。
「ボビー・マクファーリン」の95年のアルバム。

「ボビー・マクファーリン」というと、日本ではやはり映画『カクテル』で使われた「Don't Worry, Be Happy」が知られています。
ア・カペラだけで構成された「山下達郎」もビックリのこの曲は、今でもTVの1シーンで使われる程、有名な曲です。

しかし、今回ご紹介するアルバムは、普段この「Soft & Mellow」で紹介するサウンドがお好きな方には超オススメ!
これまでの様な“声の魔術”を前面に打ち出した“ヴォイス・アルバム”ではなく、今回は彼の歌声を前面に打ち出した“ヴォーカル・アルバム”です。

そして何と言ってもこのアルバムの最大の特徴は、「イエロージャケッツ」のメンバー・・・「ラッセル・フェランテ(key)」「ボブ・ミンツァー(sax)」「ジミー・ハスリップ(b)」「ウィリアム・ケネディ(dr)」の全員が参加していること。
「ボビー」のアルバムというよりも
“Yellowjackets feat. Bobby Mcferrin”
と言った方が似合うかも(笑)。
もちろん「イエロージャケッツ」のメンバーの他にも「ポール・ジャクソンJr.(g)」「ポリニョー・ダ・コスタ(perc)」「タワー・オブ・パワー・ホーン・セクション」なども参加。
楽曲にアクセントを付けてくれています。

「ラッセル・フェランテ」はプレイヤーとしてだけではなく、「ボビー」と曲も共作(①②⑤)。
そして「マイルス・デイヴィス」の④以外は「ボビー」のペンによるものです。

スキャット風ヴォイス・インプロビゼイションを効かせた①に始まり、同じくスキャットだけで歌うフュージョン風の②、ジャジーでソウルフルなAORナンバー③⑥、アフリカン・フュージョンの味わいが心地良い⑤⑧、そして「マイルス」のミュートがかかったトランペットを声でクリソツに表現した④・・・と、曲ごとに様々なカラーを打ち出しています。

AORやフュージョン/スムース・ジャズが好きな方にはきっと気に入ってもらえるでしょうし、曲によっては「パット・メセニー」の世界観も兼ね備えています。

冬の寒空さえも心地良く感じてしまうこのアルバムで、雪の結晶を見ながら自然が生み出す芸術を楽しんでみては如何でしょうか?


たまには押してみる(笑)??
     ↓

人気ブログランキング
Jazz | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
なんて綺麗な結晶
福岡は初雪が降ったのですね。韓国では「初雪が降った日に、好きな人と待ち合わせるとその恋が叶う」ってジンクスがあるそう。だから、雪が降った日に好きな人が誘ってくれたら女性としては嬉しい限りでしょうね。
「「パット・メセニー」の世界観・・・ということで視聴しましたよ。確かに確かに!スキャット風ヴォイスがいいですね。雪のようにふわっとした感じのサウンドが何とも心地良さそうです。

雪の結晶
つくりものみたい。
でもひとつひとつ皆違って。
必ず六角形で。
・・・不思議ですよねぇ。。

Musicmanさんが手に入れようと選ぶアルバムの情報源は、どんなところなのでしょう。
京都も先週に初雪が降りました。
雪の結晶って改めて見ると綺麗ですね。
「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」だけは聴いたことがありますが、Musicmanさんの七色の言葉で解説されると、他の曲も聴いてみたくなりますね(笑)
♪Risaさん。
福岡は今日も朝から雪が舞っています。
明日はもっと降るそうです・・・。
雪の結晶・・・キレイでしょ!

>韓国では「初雪が降った日に、好きな人と待ち合わせるとその恋が叶う」ってジンクスがあるそう・・・

「冬ソナ」で見た!!
やっぱり嬉しいものなんですね?
じゃ、Risaさんに
「・・・ペ・ヨンジュンです・・・」


♪a tempoさん。
キレイでしょ?
私も最初見たときガラス細工かと思いました!
必ず六角形というのが、また神秘的ですよねー。
ん?CDですか?
基本的には高校生から読んでいるアドリブのみ。
アドリブを読んで、ショップで試聴して決めます(笑)。
後は・・・勘!


♪ゆめさん。
京都も初雪ですか?
風情があるんでしょうね~。
修学旅行で金閣寺に行ったときに降ってて、
それはそれは日本の美を感じました。
大人になって一度も行ってないので、久々に行きたいんですけどねー。

>Musicmanさんの七色の言葉で解説されると、他の曲も聴いてみたくなりますね(笑)

ドッヒャー!
そんな七色の言葉なんて書いてませんよ~!!
でもちょっと嬉しかったりして(笑)。
ドントウォーリービーハッピーのイメージが強すぎて、
その後をあんまし聴いてなかったです。
が!ご紹介のアルバム、良さそうですねぇ!
試聴もさせてもらいましたけど、
パットメセニーの世界観、
あるある!です。
雪の結晶のお話もタメになりました。
仕事で週一回、みんなの前でしゃべる機会があるんですが、
密かにネタに使わせてもらっています(#^.^#)。
♪taro0o0o0o0o0さん。
「ボビー・マクファーリン」というと、
やっぱり「ドント・ウォーリー・・・」ですが、
このアルバムはかなりオススメですよー!
taroさんは絶対に気に入るはずです。
えっ?私の記事をネタに使ってるんですか??
や・・・やばいなぁ・・・。
ちゃんと正確なことを調べてからにしてくださいね(笑)。
一応、間違った情報は出してないと思ってますが・・・(汗)。
雪ってこうしてみると、本当にロマンチックですね。空から降るもののなかで、雨より雪のほうがたまにしかあえないので少しわくわくとしてしまいます。結晶も同じものがないなんて、神秘です。Don't Worry, Be Happyだけ知ってて・・この曲は好きですよ~元気になります。でヴォーカル・アルバム。。こちらも聴いてみたいものです。
♪ろうずさん。
おっしゃる通りロマンティックですよね、雪って。
私も結晶が全て違うtp今回初めて知りました(笑)。
でもろうずさんもアップしているおにぎりも、
握る人が同じでも全部違いますよね!
私もおにぎり大好きです☆
死ぬ前に食べる最後のご飯は何と聞かれたら、
家内の握ってくれた「おにぎり」かな(照)。

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。