07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

煙が目にしみる。

2005年12月28日
ハイライトあんまりブログに書いたことないんですが、私は喫煙者です。
愛用は写真の「ハイライト(270円)」
えっ?労働者のタバコ?
いえいえ、“ミュージシャン愛用タバコ”と言ってください(笑)。
1960年(昭和35年)に、日本初のロング・サイズ煙草として発売された
ベストセラーです。
喉に入った瞬間にラム酒の甘い香りが広がる、
大人による大人のための嗜好品。
しかもこのデザインは、イラストレーターの「和田誠(平野レミの旦那さん)で、グッドデザイン賞も獲得しています。

でも「ハイライト」って・・・
タール:17mg ニコチン:1.4mg・・・と、
とってもとっても身体に良くないんですよねー(笑)。

この「ハイライト」を吸うようになったのは、大学生の時。
動機は・・・非常に不純というか・・・いや、純情だったんです。
当時付き合っていた女の子からフラれちゃって、
「もうどうにでもなれ!!」という想いから、強いタバコで身体を壊そうと思って吸い始めたのがきっかけ・・・バカですねー(笑)!
急に強いタバコに変えたからって、身体壊すわけ無いじゃん!

でも私が吸い始めた当時は確か180円で、他のタバコに較べるとかなり安かったので、傷心から立ち直っても他のタバコに浮気することなく、結局20年以上吸い続けています。

「百害あって一利なし」
と言いますけど・・・20年以上吸い続けているにもかかわらず、
未だに身体壊してない・・・みたいです(笑)。
ま、肺の中は真っ黒けでしょうけどね!
(それを考えるとちょっとコワ!)

そんなタバコが、来年からまたまた値上げするそうです。
1本につき1円の税金が。
って事は、今270円だから・・・290円!!
「のり弁」が買えます。

う~ん・・・やめるかどうか・・・。
喫煙車両も殆ど無くなってるし、吸えるスペースもだんだん狭くなって肩身の狭い思いをしてるし。
いや、多分吸い続けるでしょうね(笑)。
1箱500円までは!

でも、ちゃんとマナーは守ってますよ。ポイ捨ても歩きタバコもしないし、会社では完全に隔離された狭い喫煙ブースの中で吸ってます(笑)。

そんな思いをしてまでも吸い続ける私って・・・。


さて、タバコと言えば・・・
Jimmy Scott
『Jimmy Scott / Holding Back The Years』
01.What Wouldn't I Give
02.Crying Game
03.Jealous Guy
04.Holding Back The Years
05.How Can I Go On Without You
06.Almost Blue
07.Slave To Love
08.Nothing Compares 2 U
09.Sorry Seems To Be The Hardest Word
10.Don't Cry Baby


「Musicmanが書くならドナルド・フェイゲンでしょ?」と思ったと思いますが(笑)、
やっぱりタバコにはジャズが似合いますネ!
(「ドナルド・フェイゲン」はそのうち書きますね☆)

至高のジャズ・ヴォーカリスト「ジミー・スコット」の、
日本で2000年に発表されたしたアルバムです。

「ジミー・スコット」は、ジャズ・アーティストだけでなく「マーヴィン・ゲイ」「スティーヴィー・ワンダー」、はたまた「ルー・リード」にまで影響を与えたシンガー。
一世を風靡したTVドラマ『ツイン・ピークス』にも登場したので、ご存知の方も多いと思います。
遺伝によるホルモンの欠如で、ある時期から身長が伸びず声変わり経験していないという特異体質ですが、そんな障害をものともせずに、80歳を迎えながらも現役で活躍する数少ないアーティストです。

今回ピック・アップしたこの作品は、彼の作品の中でも非常に聴きやすい仕上がり。
というのも、ジャズのスタンダードに加えて「シンプリー・レッド」「シニード・オコナー(プリンス)」「ボーイ・ジョージ」といったポップスの名曲もカバーしているんです。
(全10曲中7曲がポップスのカバー)

「カルチャー・クラブ」「ボーイ・ジョージ」が同名映画の主題歌として歌っていた
「ジョン・レノン」「シンプリー・レッド」の名バラード「エルヴィス・コステロ」「ブライアン・フェリー」「プリンス」作で「シニード・オコナー」が歌って大ヒットした、新婚ホヤホヤの「エルトン・ジョン」・・・。
どの曲もオリジナルの本質を大事にしながらもジャズのアレンジでカバーし、「ジミー」ならではの魂(ソウル)の叫びが伝わってくるカバー・チューンです。

日本ではなかなか評価されないアーティストですけど、薄暗い部屋でタバコをくゆらせながら聴くと、聴き慣れたポップスの曲が全く違う音楽に変化して心に伝わってくる、そんな逸品。

年齢、性別、国籍、そしてジャンルを問わず、
全ての音楽ファンに贈りたいアルバムです。


それでもタバコは・・・嫌いですよね?
     ↓

人気ブログランキング
Jazz | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
タバコとJAZZといえば
吸殻ジャケのウェス・モンゴメリーが来るかと思ってましたが・・・ハズレ!
ワタシはここしばらくずっとラッキーストライク派です。
以前は中身がつぶれないのでBOXにしてましたが、
最近は何となく気分でソフトケースですね。
変に軽いタバコはかえって気持ち悪くなります(笑)
一日10本くらいのペースですので、「これくらいならいーだろ」と自分に
言い聞かせております(汗)
♪怪鳥さん。
>吸殻ジャケのウェス・モンゴメリーが来るかと思ってましたが・・・

そうそう、あのアルバムもいいですよね~。
でも私はひねくれものなので(笑)。
怪鳥さんは「ラッキー・ストライク」派ですか。
海外旅行でタバコを切らしたときは「ラッキー・ストライク」か「キャメル」で我慢してます(笑)。
1日10本・・・エライな~。
私はしっかり1日1箱です(笑)。
でも、本当に肩身が狭くなりましたね・・・。
体に良くない
こんにちは。
一昨日から何度も書き込みしているのですが、ダメみたいです。
再度チャレンジ・・・

本当は体に良くないから止めて欲しいですよ。
大切な人には吸って欲しくない・・だから、Muさんにも・・・
♪Mamiさん。
どうもブログの調子が悪かったみたいですねー。
すみません。
それとタバコ・・・ご心配していただいてありがとうございます!
大切な人だなんて・・・すっごく嬉しかったですよ☆
ま、スグには止められませんけど(笑)、
徐々に本数を減らしていこうと思ってます。
ありがとうございました!!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。