08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

春の七草

2006年01月06日
200回記念の記事に沢山のコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。
これからも皆さんのご支援宜しくお願いします。
さて、201回目は・・・
七草粥
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ・・・これぞ七草。

そう、子どもの頃に一所懸命覚えた『春の七草』の名前。
おせち料理やお正月で疲れ気味の胃を落ち着かせる「七草粥」に入る草です。
セリナズナゴギョウハコベラ

ホトケノザスズナスズシロ
この七草をお粥にして1月7日に食べる「七草粥」の習慣は、江戸時代に広まったそうです。
七草の種類は時代や土地によって異なりますけど、
いつの時代もどんな土地でも年頭にあたって豊年を祈願し、
「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」
と願いながらお粥を頂くものです。

ところで、なぜ「七草粥」なんでしょうか?

七草は、早春にいち早く芽吹くことから“邪気を払う”と言われていました。
そこで、無病息災を祈って「七草粥」を食べたのが始まり。
古くはまな板の上で、草をトントン叩いて刻むその回数も決められていたとか。
こんなおまじないのような食べ方も素敵ですが、
実はこの「七草粥」・・・、とても理に叶った習慣だったんです。

七草はいわば日本のハーブ。
そのハーブを胃腸に負担がかからないお粥で食べようというのですから、正月疲れが出はじめた胃腸の回復にはピッタリな食べ物と言えます。
また、あっさりと仕上げたお粥は、少し濃い味のおせち料理が続いた後にとても新鮮な味わい。

またそれぞれの草に効用もあります。

●せり・・・・・・消化を助け黄疸をなくす
●なずな・・・・・視力、五臓に効果
●ごきょう・・・・吐き気、痰、解熱に効果
●はこべら・・・・歯ぐき、排尿に良い
●ほとめのざ・・・歯痛に効く
●すずな・・・・・消化促進、しもやけ、そばかす
●すずしろ・・・・胃健、咳き止め、神経痛


先人達の知恵って、本当に素晴らしいですね!

さて、このアルバムも身体に良い、胃にもたれない1枚です(笑)。
Secret Cruise
『SECRET CRUiSE / Tell You Want』
01.One More Time
02.Be Yourself
03.Good-bye
04.Last Virgin
05.Flashback
06.World
07.My Life
08.Little Girl
09.Freestyle
10.You Were My Everything


年末の大掃除で、家中のCDの整理をしていて出てきたアルバムです。
「シャムロック」の一人「高橋一路」のソロ・プロジェクト
「シークレット・クルーズ」の2ndアルバム(96年)です。

「シャムロック」と言えば、1988年にメジャー・デビューして後、
93年に解散するまでの6年間に6枚のアルバムをリリース。
邦楽・洋楽ファンのどちらからも評価されるクオリティの高いものながら
現在ではその殆どが廃盤・・・。知る人ぞ知る的存在となってしまっています。

そんな「シャムロック」解散後、メンバーの「高橋一路」は、
彼のルーツでもあるソウルやファンク、AORサウンドにシフト・チェンジ。
94年のソロ・デビュー・アルバム『Secret Cruise』は、
「オリジナル・ラブ」にもう少しAORテイストを取り入れた、いわゆる“シブヤ系”のサウンドが話題となり、当時のFMステーションでも頻繁にオンエアーされていました。

そんな彼が96年に発表したこの2ndアルバムは、AOR路線を前面に打ち出し、当時はあまり話題にならなかったものの良質のJ-AORアルバムに仕上がっています。

アルバムは「ブラン・ニュー・ヘヴィーズ」にも通じるグルーヴィーなファンク・チューンでありながらも、どこかソフト&メロウな匂いを持つでスタート。サウンドに反するソフトなヴォーカルがAORしてます。
はAORファン必聴のミディアム・トラック。「ナイトフライト」や、それに影響を受けた「山下達郎」的な要素も持ち合わせたフリー・ソウル・チューンです。
続くも、アコースティックな“黄昏系”のメロウ・チューン。切ない歌詞にも注目です。
再びグルーヴィーでキャッチーなメロディーを持つに続いて、「シャムロック」にも通じるモッズ系のエッセンスを取り入れたは、「オリジナル・ラブ」「夜をぶっとばせ」路線にフュージョン的な要素を取り入れたジャンプ・トラック。
ワルツ調にジャズのエッセンスをブレンドした「ブラン・ニュー・ヘヴィーズ」「インコグニート」、古くは「アヴェレイジ・ホワイト・バンド」を髣髴とさせるファンク・チューン、またまたメロウなAOR路線の⑧と続き、ではフィリー・ソウル的なストリングスにフュージョン風のギター・ソロが絡むR&Bチューン。
そしてラストのでは、「タツロー」「角松敏生」の路線にも通じる80年代のNYサウンドを意識したナンバーで締め。

本当にどの曲も日本人好みのキャッチーなメロディが印象的。
サポート・ミュージシャンも「天野清継(g)」「小池修(sax)」「村田陽一(tb)」「真城めぐみ(vo)」など、強力なメンツがバック・アップしてくれて、クオリティの高いサウンドに仕上げています。

ヴォーカルが「山本達彦」にも似たソフトな感じなので、好き嫌いがはっきりと分かれるかもしれませんが、こういうアーティストが注目されないのはもったいないですねー。

それにしても大掃除したからこそ出てきたこのアルバム・・・、
もっと早く見つけてれば良かったなと、怠惰な自分を反省してました(笑)。
amazonでは、何と840円(!)で出品されていますので、買うなら今です!!

春の七草で身体をリフレッシュした後は、
こんな音楽でお耳もリフレッシュしてみては如何でしょうか?

「高橋一路」さんの公式ブログ『SECRET CRUISE』も覗いてみて下さい。


七草粥を食べますか?
     ↓

人気ブログランキング
J-POP | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
おめでとう!
ども~
リバーワイルドです~
今年もヨロシクです
ところで村田陽一ってでてましたね
私は彼を布袋のバックバンドで知りました
他にもいろんな人ととやってるんでしょうね!
♪リバーワイルドさん。
こちらこそ今年も宜しくお願いします!
「村田陽一」さんはソロ・アルバムもリリースしているトロンボーン奏者で、「JAGATARA」というバンドのメンバーでした。
日本のサルサ・グループ「オルケスタ・デ・ラ・ルス」にも参加したり、
「古畑任三郎」の音楽をアレンジしたり、
多方面で活躍しています。
おひさです!
musicmanさん、お久しぶりです!
僕も昨日、毎年恒例の七草粥を腹いっぱい食べました。←腹いっぱい食べてどーする!?(笑)
でも七草が余ったので今晩は七草オムレツ。(笑) またこれが予想以上に美味かったです。(^¬^)
そっかー、ソフトな音楽とともに食べればもっと消化を助けたのかな・・・。(^^ゞ
♪yamaさん。
こちらこそお久しぶりです!
yamaさんも七草粥食べられましたか?
えっ?お腹一杯??
それじゃかえって胃がもたれませんでした(笑)?
でも七草オムレツ・・・これは私も挑戦してみますね☆
本年もブラコン
こんにちわブラコン大好きです
わたくしもおいしいもの食べて元気出したいと思います
本年もどうぞ宜しくお願いします
♪proue335さん。
こちらこそ今年もお願いします!!
美味しいものを食べて、いい音楽聴いて、いい女・・・(爆)!!
お互い頑張りましょうね(汗)!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。