07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

紫陽花。

2006年05月25日
アジサイ3日間に渡って良く晴れた福岡ですが、またまた明日あたりからお天気はぐずつきそうな気配・・・。
でも、そろそろ写真の様な「アジサイ」の季節がやってきますね!
青やピンクに彩られた「アジサイ」が、
雨に濡れて一段とその美しさを増す季節がやってきます。

さて、一口に「アジサイ」と言っても、世界にはおよそ30種類もあるそうで、そのうち12種類が日本に自生しているそうです。
まさに「アジサイ」は日本の花と言ってもいいでしょう。

「アジサイ」はユキノシタ科の落葉低木で、わが国の海岸に自生する「ガクアジサイ」を日本で改良した園芸品種。
主に鑑賞用として品種改良されたものなんです。

一般的に私たちがイメージする「アジサイ」の花とは、手毬の形をした部分を想像しますが、中心にある小さめの花が本当の花なんです。
では、私達が花だと思っていた部分は?
あれは花ではなく「ガク」が変化したもの。
しかし、今では全て「ガク」で覆われて球状になった「テマリ花」という種類もあります。

ところで、「アジサイ」は日によって青やピンク、紫など、その色が変化します。

ではどうして「アジサイ」の色は変化するのでしょうか?

実はそのヒミツは日本の土の性質。土の酸度によって変化が起きるのです。
アジサイの生育に適する酸性土はPH6前後ですが、
青系はこれより酸性側に、そして赤系はアルカリ性側に濃度が傾いた時に変化します。
このように色が変化する「アジサイ」は日本独特なもので、
ヨーロッパなどの土はアルカリ土なので、殆どがピンク系の色をしているそうです。

そんな「アジサイ」の正式な学名は「ハイドランジア」と言います。
「アジサイ」を西洋に紹介した人物として有名なのは、かの「シーボルト」
彼が記した『フローラ・ジャポニカ=日本植物誌』には、手まり型のアジサイの花を「ハイドランジア・オタクサ」として紹介されています。
この「オタクサ」とは、シーボルトが日本の愛人「お滝さん」を想い、
彼女の呼び名を名付けたと言われています。
「シーボルト」にとっても「アジサイ」は、ひときわ愛着のある日本の花だったんでしょうね。

この時期、全国各地でアジサイ祭りが行われます。
梅雨のじめじめとした気分を、キレイなアジサイで癒す旅に出てみるのも
梅雨の小粋な過ごし方かもしれませんね。 

もちろんBGMに、こんなアコースティックでスムースなサウンドと共に!!

Bob James Trio
Bob James Trio / Straight Up』
01.Nightcrawler  
02.Ambrosia 
03.James 
04.The Jody Grind 
05.Lost April 
06.Three Mice Blind 
07.Hockney 
08.Shooting Stars 
09.Quiet Now 

※♪マークのタイトルをクリックすると試聴できます。

彼の作品を取り上げる時に、このアルバムは残念ながら影を潜めてしまいがちなんですが、
なかなかどうして、クオリティの高い作品なんです。
「ボブ・ジェームス」が久々にアコースティック・ジャズに挑んだ96年の作品。
しかもトリオ編成で!

実は「ボブ」のデビュー作『BOLD CONCEPTIONS('63)』と、2ndアルバム『EXPLOSIONS('64)』は、ピアノ・トリオのアルバムだったんです。
一般的にはソロ名義としてのデビュー作『ONE('74)』以降の、いわゆるフュージョン/スムース・ジャズ路線で知られていますけど、彼のスタートはストレート・アヘッドなピアノ・トリオ。

そんな彼が、デビューから30年の時を経て原点に戻ったアルバムがコレ。
ベースに「クリスチャン・マクブライド」、ドラムスに「ブライアン・ブレイド」という若手ミュージシャンを従えてのサウンドは、これまで「ボブ」のアルバムに親しんできた方には、意外なオドロキと発見があるに違いありません。

ピアノ線をハープの様に弾きながら始まるは、編成はトリオなれど、近年の「ボブ」のサウンドに近い仕上がり。
アコースティック・ピアノによってより彼のインテリジェンスなプレイが堪能できます。
まるで印象派の絵画を見ているかのようなに続き、何とはあの「パット・メセニー」のカバー!!
「パット」が「ジェイムス・テイラー」へのトリビュートとして「ライル・メイズ」と共作し、アルバム『OFF RAMP』に収録されているナンバー。
「パット」のギター部分を「ボブ」がピアノでプレイしたとても美しいトラックです。
「ホレス・シルバー」の隠れた名曲。オリジナルではトランペットとSAXを加えたクインテットでしたが、ここではコード進行をピアノに落とし込み、ブルージーながら「ボブ」らしさが表現されています。
リリカルなピアノを聴かせてくれるジャズのスタンダード、跳ねるようなベースとドラムスの上を、ピアノがコロコロと踊るようにプレイされる⑥⑦、タイトル通り無数の星の瞬きを想像させてくれる、そしてラストの「ビル・エヴァンス」の名演奏で知られる名曲をシットリと聴かせてくれています。

タッパンジー時代や近年のスムース・ジャズ・アルバム、また「フォープレイ」での演奏とは一味も二味も違う仕上がりですけど、彼の原点とも言えるピアノ・トリオでのこの作品は、ジメジメした梅雨の時期をドライにしてくれるのはもちろん、お目覚めに、ランチ・タイムに、そしてお休み前にもピッタリな1枚です。
Jazz | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
アジサイ、眩しいくらいにきれいですね。
ここに来ると四季のうつろいを感じずにはいられない・・・
出た!ボブ・ジェームスだ。
そういえば例のバンドのライブ6月10日ですが、いかがですか?
もちろんニュー・コンボです。
当日のご決断でも大丈夫みたいですよ。
紫陽花の葉にカタツムリっていうのが、梅雨時期のイメージ…
あれ?今って、梅雨に入ってるの?
今月に入ってから、雨の日が多いです、かなり多いですなぁ。
アメリカのお花屋さんでも良く見かけました「Hydrangea」。

このTrioのアルバム、持ってますぅ~
そうね、梅雨の季節にはいいかも!

昨日は映画「ダ・ヴィンチ・コード」観てきました。
ものすごい混みようでした、映画館へは早めに出かけましょう~♪

今朝は、しっとりとMarilyn Scottの歌声を聴きながら~。
もちろん、これはとっくに購入しましたよ~。でもってもうさんざん聴いたので、人にあげました(はやーっ) 私なんでもすぐに売ったりあげたりする方で、お陰で家の中は結構すっきりしています。モノがごちゃごちゃあるのが苦手で。
Bob Jamesはだいぶ前によく聴いていました。久し振りに聴きましたね。
アジサイは数少ない「青色」をした花。
そのせいか、どこかファンタジーを感じます。
宇宙からきたのかな...
紫陽花 
雨が似合う花ですねぇ
他の花は晴れた日に見たいのに
なぜか 紫陽花は雨の日のほうが綺麗に見えます

私が ガクアジサイの方が好きだなぁ~
ブルーフェチな私、紫陽花大好きです。
こちらでは、まだ咲いていませんが・・・
ボブ・ジェームスですね~。
最近は、フォー・プレイ中心に聴いていますが、トリオもいいですよね。
確か、ボブはクインシー・ジョーンズに見出されて、ビッグになったんですよね♪
このアルバムもカラっとしてて、トリオなんだけれど、ボブらしさが出ているCDだと思います。
♪ちひろさん。
そろそろあちこちでアジサイが開花するみたいですね!
福岡や佐賀ではアジサイ祭りも行われるし・・・。
うっとおしい梅雨ですけど、こんなキレイなアジサイをみていると、
心もちょっとは晴れるかも!

>そういえば例のバンドのライブ6月10日ですが、いかがですか?

残念ながら6月7日から東京へ出張なんです・・・。
またまた行けなくて残念です(涙)。
またお誘い下さい!!


♪Mayさん。
>紫陽花の葉にカタツムリっていうのが、梅雨時期のイメージ…

確かに!カタツムリとセットですよね(笑)。

>あれ?今って、梅雨に入ってるの?

まだです。沖縄は梅雨入りしましたけど。
九州は今週末ぐらいかな?
それにしても雨の日が多いですね!日照時間が少ないから野菜は高騰しているし・・・。
おー!「ダ・ヴィンチ・コード」観ましたか?面白かったですか??
早く観たいですぅ☆


♪risaさん。
おやおや、譲ったんですか??
私は自分で買ったCDは、そんなに気に入って無くても手放せなくて・・・。
だから溢れちゃうんだろうなぁ。
でも、このアルバム、当時は殆ど聞いていなかったんですが、
時代が変わると印象も違って聞こえて、良さを再発見したり・・・。
雨の日はこんなウェットなピアノが似合いますよね!


♪かおるさん。
>アジサイは数少ない「青色」をした花。

そういえばなかなか青い花ってないですよね!!
今まであまり気にしたこと無かったけど。
そういわれてみると、だんだん神秘的な花に見えてきました(←単純!)。

>宇宙からきたのかな...

実は私も宇宙から・・・。


♪ekoさん。
アジサイって、この時期しか見ることが出来ないから、
そういう意味では梅雨が待ち遠しかったりしますよね。

>他の花は晴れた日に見たいのに
>なぜか 紫陽花は雨の日のほうが綺麗に見えます

確かに。雨に濡れたアジサイ・・・ちょっとロマンティックですよね☆


♪tanchanさん。
えー!ブルー・フェチなんですか(笑)?
福岡でもまだあまり見かけませんけど、少しずつ咲き始めているようです。
「ボブ・ジェームス」は「フォー・プレイ」中心の活動かと思いきや、
新作も2枚同時リリースしていますし、
「フォープレイ」とは違った味わいを楽しめます。
中でもこのピアノ・トリオだと、また別の顔が見えてきて・・・。
「フォープレイ」のナンバーをアコースティックでプレイしたアルバムなんて効いてみたいですね!
手毬のようなアジサイも綺麗ですが、私は山アジサイが好きです!
実家にはいま沢山の山アジサイがお目見えしています!
アジサイ祭り?どこで開催されるのですか~?福岡でもありますか?
soなんDeff♪
梅雨、6月はやはり、ピアノがアイマスル~ッ♪

雨音に優しく降る音ですねー♪
今晩も来てしまいMASTER♪^^

今日は、ちょっと、お友達のトラブルごとに、
相談を受けて、ドーンと気持ちが落ち武者。
やたらと、気前よく相談にのって、気分が堕ちるのってイヤなもんでふ。
あ、、堕ちたパワードーンって、落としてイキマセンカラ。。
ご安心ヲ~ッ===3333笑)))
わたし、アジサイ大好き。
白から、赤や青に変化していく姿。
わたしの好きなのは、淡いブルー。
土の成分がアルカリ性か酸性かで、色が違ってくるんでしたよね。
夢は、結婚して、自分の設計で小さい家を建てて、庭にアジサイをいっぱい植えたい。花園に住みたい!!!
実は私も宇宙から・・・。

と、いう事はみゅーさま、
デビッド・ボウイと一緒に落ちてきたのかしら(笑)
♪みんみんさん。
お返事遅くなってゴメンナサイ!
4日間も出張だったもので・・・。
山アジサイ・・・いいですねー。
少し広がった形のアレですよね?
先日も出張先でいっぱい咲いていました☆
アジサイ祭りは各地で行われますけど、
福岡なら「箱崎宮」や「若松」「のこの島」あたりが有名ですね。
是非いかれてみてください!!


♪JJさん。
ウェットな時期のピアノって、物悲しくて心に染み入りますよね!
あらら・・・気持ちが落ち武者なんですか・・・(笑)。
もうパワー回復したかな?
大好きなR&Bをガンガンかけてパワーアップしてくださいね!!


♪tsubakiさん。
tsubakiさんはアジサイも好きなんですか?
日によって色が違う花って、アジサイぐらいなもの??
淡いブルーは見ていて吸い込まれそうになりますよね。

>夢は、結婚して、自分の設計で小さい家を建てて、庭にアジサイをいっぱい植えたい。花園に住みたい!!!

素敵な夢ですね~☆
実現したときは是非遊びに行かせてくださいね!


♪かおるさん。
>デビッド・ボウイと一緒に落ちてきたのかしら(笑)

そうそう・・・って、んなわきゃないじゃん(笑)。

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。