06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

毛布猫。

2006年03月30日
毛布猫
寒いですね~!!
3月もあと2日で終わりだというのに・・・。
花見をしようにもこう寒くてはちょっと遠慮しちゃいますね。

あんまり寒いので買っちゃいました!!
猫の柄が入った毛布



ん・・・????
Donald Fagen
Donald Fagen / Morph The Cat』
01. Morph The Cat
02. H Gang
03. What I Do
04. Brite Nitegown
05. The Great Pagoda Of Funn
06. Security Joan
07. The Night Belongs To Mona
08. Mary Shut The Garden Door
09. Morph The Cat (Reprise)

※♪が付いている曲はタイトルをクリックすると試聴できます。

ウソウソ(笑)。
買ったのは毛布猫じゃなくてコチラです!!

待望の・・・本当に待望のNEWアルバム。
82年の『Nightfly』、93年の『KAMAKIRIAD』に続く待望の3rdアルバムです。
本人曰く、これで3部作の完結編。

2003年に「スティーリー・ダン」名義のアルバム『Everything Must Go』が発表されたので、
そんなに待っていた感はありませんが、ソロとしては実に13年ぶり!!

アルバムからの1stシングルは、少し前からラジオなどでも耳にしていましたが、アルバムを購入して(ある意味恐る恐る)CDプレイヤーのトレイに乗せると・・・。

「良かった!!」

そうなんです。何にも変わってないんですよね~。
完璧主義者の彼にしては、異常なまでの短時間で作られたアルバムですから、
「スティーリー・ダン」時代からのファンはドキドキだったんじゃないでしょうか?

とはいえ、名盤『Aja』『Gaucho』などの様に「ラリー・カールトン」「スティーヴ・ガッド」「ジェイ・グレイドン」といった名だたる名プレイヤーが参加している訳ではなく、「スティーリー・ダン」の新作『Everything Must Go』に参加していた面々でプレイされています。

もちろん今でも完璧主義者なんでしょうけど、多分いまは純粋に音楽を楽しんでいるんでしょうね。
きっとこのアルバムに参加しているミュージシャンの中には、今後の「ラリー・カールトン」「ジェイ・グレイドン」の様なアーティストに成長する事でしょう。

まだまだ肌寒いこの季節に、暖かい毛布に包まって何度でも聴きたい秀作です☆
AOR | コメント(16) | トラックバック(0)
コメント
ども~!
お!早速GETされたんですね。
あっしは未だ聞いてないのですが・・
なかなか評判が良いようで・・(^^)
こりゃ楽しみですね。
有名なミュージシャンはいなくてもちゃんと作品が成り立ってるっていうのは凄いですね。
こんばんは。
私の中では、Donald FagenはI.G.Yなんですが、その後2枚しかCD出してなかったとは驚きでした・・・。
ほんと、全く変わっていないですね。
これぞAORって感じ。
いいです♪
それにしてもこちらも今日は寒かったですよ。
花冷えっていいますもんね☆
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
買いましたねー!
今回は、3部作の最終章ということで。
良かったですよね~(涙)
今一番聴いてるアルバムかもしれないです。
今回の作品に、相方は、参加してないのね?
しかし、ずっと変わらない彼の音。素敵です。
58歳という年齢にも、「格好いいー!」と思います。
こんばんは。
29日に買いまして、只今ヘビーローテ中です。
まさに大人の風格漂う、気持ち良いアルバムですね~♪

ライナーを読みたいがために、国内盤の発売を待って買いました。
できればN田氏かK澤氏に思いっきしマニアックに書いていただきたかった
のですが(笑)
どうも、
紹介されているアルバム "Morph The Cat"、実はまだ聴いていませんが、Donald Fagen の音楽(スティーリーダンも含めて) からは、とても大きな影響を受けました。好きなスタイルのプレーヤーという以上に、どうやって音創りをしていくのか、あの緻密なアレンジとミックスの秘密を知りたくて本当に何度も聴き返したものです。その昔、キーボードマガジンやAdlibという音楽雑誌にインタビュー記事がのると、どこかにヒントがあるかもしれないということで隅から隅まで読みました。あの驚くばかりの完璧さは到底真似できるものではないのですが、Donald Fagenを聴いたことが、レコーディングというライブ演奏とは別の表現方法を自分でもやってみたいと思うきっかけであったことは間違いないところです。"Morph The Cat" 早速、買いに行かなくちゃ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
どの曲も良かったです~。
前のアルバムを思い出しましたもん。
本当に変わっていないですよね。
♪主審さん。
いらっしゃーい!!
主審さんはまだですk??それはもったいない(笑)。
ま、腐るもんじゃないし、しかもきっと何年間も聴き続けられるクオリティの高い作品ですので、
ゆっくり買っても損は無いでしょうね。
評判通り最高の音楽がいっぱい詰まってます。

>有名なミュージシャンはいなくてもちゃんと作品が成り立ってるっていうのは凄いですね。

そうそう、そこがこのアルバムの凄い所かもしれません。


♪tanchanさん。
そうなんですよー。「フェイゲン」はソロとしてはこれまdせ2枚だけ。
今回のアルバムでようやく3枚目なんです。
個人的にはやっぱ衝撃度から言っても1stがお気に入りですけど、
かといって他の2枚がどうでもいいというわけではなく・・・。
これこそAORですね。

>それにしてもこちらも今日は寒かったですよ。
>花冷えっていいますもんね☆

今日の福岡は昨日に較べると暖かい一日でした。
明日は雨らしいですけど、来週は19度まで上がる日もあるとか。
ようやく春の気候になって来るみたいですね!


♪berryさん。
どうも!
TB・・・すみませんでした・・・。
ご苦労おかけします。
そうなんです。とうとう買っちゃいました!!
私も今一番良く聴いてるアルバムです。
そうそう、今回の作品には「ウォルター・ベッカー」は不参加。
でもそれを感じさせないほどのクオリティです。
もしも4枚目のソロを出すとしたら・・・どんなサウンドになるのか今から楽しみです。
私もこんなカッコイイおやじになりたいな☆


♪kintaさん。
発売日に買われたんですね?
実は私も(笑)。

>まさに大人の風格漂う、気持ち良いアルバムですね~♪

そうそう、その風格という言葉が出てこなかった(笑)。
貫禄と風格・・・他のアーティストに絶対に真似できないサウンドです。


♪怪鳥さん。
怪鳥さんは国内盤を買われましたか!
やっぱライナーを読みたいですよね。
輸入盤は値段が安いので、ついつい手に取ってしまいますが・・・(笑)。

>できればN田氏かK澤氏に思いっきしマニアックに書いていただきたかった
のですが(笑)

確かに!!
K澤氏はブログの方にかなり力入れて書いてますね。


♪Shigekiさん。
長いコメントありがとうございます!
やはりShigekiさんも彼らに影響を受けたんですね?

>あの緻密なアレンジとミックスの秘密を知りたくて・・・

今ならコンピューターであっと言う間にできるんでしょうけど、
80年代にあれだけ緻密な音楽を作り上げた彼らにはまさに拍手物ですよね。
しかもこのソロ・アルバムと「Aja」や「Gaucho」を混ぜて聴いても、全然古さを感じさせないんですよねー。
是非NEWアルバムも研究してみてくださいね!!


♪Ranranさん。
やっぱり皆さんかなりお気に入り状態みたいですね?
変わっていない嬉しさ・・・。
まるで久々に帰った田舎の様な懐かしさと安心感、
それでいて新しささえ感じる彼の音楽は、地球の財産と言っても過言では無いでしょう!!
猫ちゃん 小さい画面だと本物の猫の写真かと思ってしまった
原寸にすると毛布ってわかりますね~
あったかそう~

いつも いい感じの曲紹介していただいて
洋楽ほとんど知らないので (^-^;
でも 試聴できるので 曲の雰囲気がわかって うれしいです^^
なんだか あまりに素人でお恥ずかしいですが・・ポリポリ (・・*)ゞ
心地よい音楽が すーっと体に溶けていく瞬間は一緒ですよね? (笑)
トラバありがとうございました。
ははは。
毛布…そうきましたか。
毛布サウンドと名付けますか、この際!
しかし、猫をモーフィングって面白そうですよね。
ボーカルものはいつもすぐ飽きてしまうのですが、彼らの音作りを聴いていると全く飽きないのは何故かなと、いつも考えてしまいます。聴くたびに発見もあるし…不思議なアーティストですよね。
“Brite Nitegown”のマリンバの音が最高です!
そうそう、期待していますよ!番組!!“What I Do”かけてくださいあい。
いや~てっきり猫を飼われたのかと思いました(笑)

このアルバム、私も聴きましたが「完璧」という表現が
ピッタリのアルバムですね。
毎回この人(スティーリー・ダンも含めて)のアルバムを
聴いて思うのは「この心地よいグルーブは何処からくるのか?」
今回は比較的ファンキーなアレンジの曲が多かったようにも
思いましたが、やっぱり彼ら独特のあの「ゆったりかん」とでも
いうのでしょうか、心地よいグルーブは他のアーティストでは
中々体験できないものなんですよね。
まあ、その辺がドナルド・フェイゲン(スティーリー・ダン)たる
ところなんでしょうけど。
更にすごいのは、このグルーブ感をライヴでも表現してしまうんだから
恐ろしいです。
早めのエイプリルフールかと思いました(笑)

前~にMusicmanさんのオススメで
Donald Fagenを買って以来、ファンになってます。
これも買おっかな~
♪ekoさん。
ははは!本物の猫と思いました?
実はこんな毛布があるらしいんです(笑)。
もちろん買ったわけではありませんよ!
試聴は文章が下手なので、耳で聴いて確かめたほうが早いかなって思って、
最近はできる限り試聴できるようにしてます。
音楽に詳しくなくたって、全然気にしないで下さいね!
音楽に関係ないコメントでも心からお待ちしてますよ☆


♪KENNYさん。
こちらこそありがとうございます。
毛布・・・耳で聞いたら最初はそう思っちゃったもんで(笑)。
ハエ→カマキリ→猫・・・と、生き物続きのタイトルですけど、
次は・・・タヌキとか(笑)??
KENNYさんの解説に較べたら、あまりにも幼稚な文章でオハズカシイ限りです。
「What I Do」・・・リクエストありがとうございます!!


♪ジャックさん。
実家には犬を飼ってますけど、我が家はペット禁止なもので。
本当にこのアルバムはメロディーだけでなく緻密な音響設計も注目のアルバムですよね!
DVDオーディオ盤もリリースされていますけど、どんな音が飛び出してくるか一度この耳で確かめてみたいものです。


♪ゆめさん。
そっか・・・エイプリール・フールでしたね、昨日は!
全然忘れていました(笑)。
ま、人生“ウソ”みたいな生き方してますから、私にとっては毎日がエイプリール・フールみたいなもんです(笑)。
そうそう、「ドナルド・フェイゲン」は私がオススメしたんでしたね!!
いやー・・・悪い道へと引きずり込んでしまったみたいで。
でもこのアルバムも「Nightfly」がお好きな方は絶対に気に入ると思いますよ。
前回はカマキリで新作は猫・・・日本のファンにサービスですね・・・って事はないと思いますが。
試聴できて嬉しいです♪ 子供の春休みが終わったらいざCDショップです!
今朝、新聞記事で目にしたのですが・・・「周りがなんと言おうとも自分は70年代のやりかたを変えるつもりはない!」と。
そういうガンコオヤジってちょっとイイですね!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。