08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ごちそうさまの旅③

2006年05月05日
※写真はクリックすると全て大きくなります。
久住高原ロードパーク"20060505013033.jpg" 久住高原ロードパーク
ケーキでお腹いっぱいになった私達は、「久住高原ロードパーク(有料)」を通って、
『くじゅう花公園』へ。
「阿蘇くじゅう国立公園」内の標高850メートルの久住高原に位置していて、目前に久住山、遠くに阿蘇五岳を眺望できる絶好のロケーション。
20万㎡の園内には、春から秋を通じて約500種類、300万本もの花々が咲き誇ります。
くじゅう花公園 くじゅう花公園

くじゅう花公園 くじゅう花公園
この季節にはビオラやチューリップが満開で、GWの観光客の目を楽しませてくれていました。
くじゅう花公園 くじゅう花公園
圧巻だったのは「シバ・ザクラ」
10万株の「シバ・ザクラ」が当たり一面ピンク色に染め上げ、太陽の日差しを浴びて独特な風景を見せてくれていました。
もう少しすると今度はバラが咲き乱れるそうですから、機会があれば是非!!

そして再び車に乗った私達が目指したのは・・・
ガンジーファーム
やっぱりここまで来たら食べなきゃネ!
『ガンジー・ファーム』のソフト・クリーム☆
(・・・っていうか、まだ喰い足りないのかお前等は!)
観光客の行列が出来ていたぐらい人気なんですねー。
ミルクの濃厚な味がタマリマセン(笑)。

ソフト・クリームを食べた後、車を走らせていると途中で出会ったのは・・・
20060505023559.jpg 20060505023609.jpg
そう、「タンポポ」
少し傾いた太陽の日差しを浴びて、黄金色に輝いていました。
いやー、花公園とはまた違った味わいがありますよね~。
なんだか童話の世界に迷い込んだようでした。

さて、そんな美しい花を愛でた後、車の中ではこんなアルバムが流れていました。
20060505010328.jpg
Kevyn Lettau / Universal Language』
01.Tribute to You
02.Secretly Begin
03.Universal Language
04.Underneath The Face Of The Moon
05.Seeing Fr The Very First Time
06.Our Lasting Love
07.Beatriz
08.Gentle Flower
09.Three Little Words
10.Love Is Unconditional
11.Dein 1st Mein Ganzes Herz
12.Only Trust Your Heart


花を愛でた後は、幸せな気分になれるこんなアルバムは如何でしょうか?
91年にデビューし、ジャズとブラジリアン・ミュージックの要素をうまく消化したその音楽性と爽やかな歌声が人気のシンガー「ケヴィン・レトゥー」の通算5枚目のアルバム(95年)。

彼女にしては比較的“地味目な(笑)”作品ですけど、クオリティは他のどのアルバムにも勝る内容です。

このアルバムの最大の目玉は、何と言っても
あの「パット・メセニー」の名作『Still Life』に収録されていた曲に歌詞を付けてカバーしているんです!
オリジナルに忠実なアレンジながら、「パット」のギターの代わりに彼女のヴォーカルが乗ると、それはそれは爽やかな風の如く周りの空気が一変してしまいます。
また「マイケル・ラフ」作のバラード①⑤「ジャヴァン」のカバー「スティーヴィー・ワンダー」のカバーなど、選曲も興味深いものばかり。
もちろん得意のブラジリアン・ナンバーもいい塩梅で散りばめられています。

参加ミュージシャンは「マイケル・ラフ(p)」「ミッチェル・ファオマン(key)」「ラッセル・フェランテ(key)」「リカルド・シヴェイラ(g)」「アルフォンソ・ジョンソン(b)」「ジミー・ハスリップ(b)」「マイケル・シャピロ(dr)」「アレックス・アクーニャ(perc)」・・・と、LAを代表する名プレイヤー達が集結し、彼女のヴォーカルをバック・アップしてくれています。

ジャズとブラジル、そしてポップスを上手く消化・吸収・融合したこのアルバム、
これから夏にかけて何かと重宝しそうな1枚です。



さて、またまたお腹を満たした「食いしん坊夫婦」ですが、この日は晴天!
気温もぐんぐん上昇して汗をかいてしまいました。
「ひとっ風呂浴びようか!」
という事になり、ある温泉へと向かうのであります・・・。

「ごちそうさまの旅④」へ続く。
Smooth Jazz | コメント(6) | トラックバック(1)
コメント
ケヴィン・レトーのこのアルバムは、近所のブックオフで見かけてたんですけど、メセニーのカバーが入ってるんですね!
近いうちに入手します♪情報ありがとうございます☆
♪とどさん。
そうなんです。メセニーのカバーをやっているんですよー!
リリースされたときはそれほど印象に残らなかったんですけど、
改めて聴き直すと、今の時代にピッタリな内容でした。
是非入手してみてくださいね!!
花公園に春だけまだ行ってないんですよ~・・他の季節はそれぞれいったのですが
今回は人が多くて断念しました。もう車がいっぱいなのを見てスルーしちゃいました(笑)
冬は花がないから入園料タダなんですよ。

そして、アイスは今回パルクラブのイチゴちゃんソフトにしました。
子供たちはガンジーのでしたが・・・・
花公園に春だけまだ行ってないんですよ~・・他の季節はそれぞれいったのですが
♪みんみんさん。
お返事を書いている間に、またまた新しいコメントが!
もしかして今PCの前にいらっしゃるんですか(笑)?
確かに「花公園」は観光客でいっぱいでした。
でも、車の数の割にはお客さんの数は少なく感じましたよ。

>冬は花がないから入園料タダなんですよ。

えっ?それは知らなかった!!
でも花が無い花公園に行く人いるのかなぁ(笑)。

ガンジー・ファームも行かれたんですか?
そりゃ絶対に逢ってますね(笑)!!
ケヴィン・レトー早速買ってきました♪
今聴きながら、コメントさせていただいてます。
かなり気持ちいいですね☆

そうそう、【Smooth Night】で少し前に、カーリン・アリソンをかけていらしたんですね。(最新作だったみたいですね。) 私のような者のエントリーでもお役に立っていることがあるのかと思ったら、かなり嬉しかったです。ありがとうございました♪
♪とどさん。
おー!早速購入されましたか?
どうでした?気に入ってもらえたかなぁ・・・。
「カーリン・アリソン」はとどさんに教えてもらってはまってしまいました。
オンエアーしたのは新作から。
こちらもかなり良質なアルバムで、きっととどさんも気に入ってもらえると思いますよ!
こちらこそ、教えていただきありがとうございました☆

管理者のみに表示
トラックバック
今日は、「くじゅう花公園」の写真のその2です。 「四季の丘」から順路に従って最初の橋を渡ったところが、この「四季の花エリア」で、GWの時期はチューリップ畑になっています。 見ての通りとてもきれいに彩られていて、まるで、富良野の「ファーム富田」を思い出し
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。