09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

海に魅せられて・・・。

2006年05月14日
忙しかったせいもあって、気が付くと5日間も空いてしまった(汗)!!
しかも土曜日もまたまたお仕事。
ココのところ毎週の様に行ってる大分県・佐伯市ですが、
今回は少し足を伸ばして蒲江という町へ。

海の幸が豊富なことで知られる蒲江ですが、
美味しい魚介類を食べる前に、海に住む生き物のお勉強をしようとやってきたのは・・・
マリンカルチャーセンター
『大分県マリン・カルチャー・センター』

大分県策定のマリノポリス計画における海洋レジャー観光推進部門の中核的施設として平成4年に開館。施設内には大分の海に住む生き物が勉強できたり、海辺に住む人たちの暮らしぶりなども勉強できます。

中でも最も注目を集めるのは「ふれあい水槽」
水槽
水槽の横穴から海水がこぼれずに、魚に直接エサを与えることが出来る不思議な水槽です。
水槽 水槽
不思議ですよね!?
だって水槽の横に穴が開いているのに、水が一滴もこぼれないんですから・・・。
この入り口で魚にエサをあげることが出来ます。
手に持った小エビを魚が直接喰い付いてくるという、ちょっとスリルも味わえたり(笑)。

また、ここには日本一の長さを誇る100メートルの海水プールがあるんですが、
この季節には定置網にかかった「マンボウ」を泳がせています。
マンボウ マンボウ
20匹ほど優雅に泳いでいるんですけど、
人がプールに近づくとエサをもらえる事が分かっているとみえて、
口をパクパクさせながら近寄ってきます!
マンボウなんて南の島でダイビングでもしない限り間近で見ることなんて出来ないですよね?
それがプールで泳いでいるんですからビックリです。
もちろん頭をナデる事も出来ます。
マンボウの肌ってザラザラしているんですネ!

他にも海に関する展示物を収めた「海洋科学館」「プラネタリウム」、また宿泊施設なども完備していて、私が行った時も地元の小学生達の団体が一生懸命メモを取りながら学芸員の方のお話に耳を傾けていました。

大分県の水族館というと『うみたまご』が有名ですけど、魚の数は少ないですが、直接触れ合うことができるこの「マリン・カルチャー・センター」も是非立ち寄ってみてください。

帰りの車からは・・・
海
こんな素敵な海が堪能できます!
曇っていたのがちょっと残念でしたけど、晴れた日はもっと海がキレイに見えますよ。

さて、海の生き物と触れ合うことが出来て癒された私は、車の中ではこんなアルバムで癒されていました。
Randy Eldeman
『Randy Edelman / You're The One』
01. Dont Let Go Of Me
02. You Can Always Buy Her Pearls
03. If This Is Love
04. Thirty Years Old (Mom)
05. Night Music
06. Youre The One
07. Time Changes People
08. A Potato In The Rain
09. My Heart Got In The Way
10. All Along The Rhine


私の敬愛する音楽ライター「K氏」のAOR本にも紹介されているシンガー・ソングライター「ランディ・エデルマン」の79年の作品。
著書には74年のアルバム『Prime Cuts』が推薦されていますが、もちろんその作品も素晴らしいんですけど、個人的にはこの通算6枚目のアルバムがオススメ。

現在はシンガー・ソングライターとしてではなく、『6デイズ,7ナイツ』『マスク』『十戒』『デイライト』『トリプルX』『ベートーベン2』・・・と、ハリウッドの超大作を手掛ける映画音楽家として活動されていますが、元々はソロ・アーティストとして、また「カーペンターズ」「ディオンヌ・ワーウィック」など、様々なアーティストに曲を提供していたソングライターとしても活動していました。

そんな彼が79年にリリースしたこのアルバムは、とにかくハートフルなAOR作品です。

初夏のドライブにピッタリな、近年の映画音楽にも通じるバラード「ケリー・チェイター&ロビー・パットン」作によるロマンティック・チューン、その昔「セシリオ&カポノ」も取り上げた、ライトメロウでソウルフルなアルバム・タイトル曲、ギタリスト「ディーン・パークス」が「デヴィッド・サンボーン」ばりのSAX&クラリネットをプレイするジャジーな、シットリとしたピアノの弾き語りで幕を閉じるラストの・・・。
どの曲も本当に心に響く優しいメロディで、まさにコレゾAORと呼ぶに相応しい1枚です。

参加ミュージシャンも「ジェイ・グレイドン(g)」「スティーヴ・ルカサー(g)」「ディーン・パークス(g)」「マイク・ポーカロ(b)」「リック・マロッタ(dr)」「デヴィッド・ペイチ(org)」「マイケル・マクドナルド(vo)」「ボビー・キンボール(vo)」「トム・ケリー(vo)」「リア・カンケル(vo)」「ファラガー・ブラザース(vo)」・・・と、AORシーンではお馴染みの・・・というよりも、こんなメンツを良く集めたと感心しちゃう程の豪華なメンバーが集結。
それでいて、AORにありがちなバリバリのソロを披露しているわけでなく、あくまでも脇役。
そのことが、彼のヴォーカルと楽曲を引き立たせ、このアルバムを不朽の名作にしている秘密かも!

ジャケットは夜の繁華街をイメージしたものですけど、
良く晴れた日の海辺のドライブにも似合いますし、そよ風が心地良いモーニング・ミュージックにもピッタリです。
名作『Prime Cuts』と併せて、こちらも是非!!
AOR | コメント(9) | トラックバック(1)
コメント
こんにちは♪
Prime Cutsは持ってますけど、こちらは聴いたことないです。
年代的にもこちらの方がAORっぽいでしょうね。ちょっと気になってきました。

映画「xXx」のDVD特典映像に本人が出てますよ。
写真はURLに。
ちーっす。
Prime CutsもYou're The Oneも中古屋さんでゲットした私は
Prime Cutsの方が好きなんですが、
某よん様にはYou're The Oneの方がお薦めですわ、おほほ♪
♪よんふぉあさん。
「Prime Cuts」よりはAOR度はアップしてますね~。
もちろん両方とも好きなんですが、AORの度合いからいくと、コッチに軍配を上げてしまいます。
決して派手なサウンドではないんですけど、バラード・ナンバー中心なので、
とにかくリラックスできる作品です。
是非チェックしてみてくださいね!


♪7さん。
7さんは『Prime Cuts』ですか?何となく分かりますね~。
アコギ系が好きな7さんなら、きっとそっちの方が好みかもですね!
nanoにも入ってるのかな??
こんばんわ。
『うみたまご』へは行った事があったけど、『マリン・カルチャー・センター』は
知りませんでした。
本当に横に穴があいているのに、不思議ですね~。
貴重な体験も出来そうだし、行ってみますね!
こんにちは。
口を開けたマンボウの写真を見て、うちの息子を連想してしまいました。(笑)
(いつもポカーンとしている息子です。)

今回紹介のアーティストは聴いたことはありませんが、初夏に近づき、爽やかな音楽を聴きたい今日この頃です。
♪mikaさん。
この『マリン・カルチャー・センター』はなかなかオススメです。
もちろん『うみたまご』よりはちゃちですけど(笑)。
でもマンボウを間近で見られたのはラッキーでした。
不思議なのは水槽・・・。
水圧の関係でこんなことができるみたいなんですけど、
でもいまだにどうして水がこぼれないのか分かりません!!
是非遊びに行ってみてください。ちょっと遠いけど(笑)。


♪まーちんさん。
マンボウに近づくとパクパク口を開けてエサをもらおうと寄ってきます。
私も家内の寝顔を思い出しました(笑)。
「ランディ・エデルマン」は、なかなかオススメのアルバムですよ~。
これからの季節はモチロン、秋や冬にも合いそうなアルバムです。
是非チェックしてみてください!!
まーちんさんはきっと気に入るはずです☆
海と街。なかなか難しい取り合わせを
Randy Edelmanでつなぐとは・・・ナイスです。
僕も大好きですね。
やはり『Prime Cuts』でハマり、全国中古盤行脚で諸作品を探し回りました。
とりあえず全部見つけました。レコード代より交通費のほうが高くついたけど(涙)
Randyはときたまお店でも流します。
ふれあい水槽おもしろい!!
家には、コッピーちゃんが4匹いますが、パクパクというよりつついて餌を
取り合って食べるから、MUさんの写真の魚のようにのほほんってしてるの
何か本当になごみますね~!!
さて、このアルバムほし~!!!すごいメンバー!!何処に行ったら
ありますか~??
>良く晴れた日の海辺のドライブにも似合いますし、そよ風が心地良いモーニング・ミュージックにもピッタリです
なんて聞いたらもうそよ風ドライブ行きたくなるじゃありませんか~??
♪伊藤ちゃんドットコムさん。
お久しぶりです!お元気ですか?

>海と街。なかなか難しい取り合わせをRandy Edelmanでつなぐとは・・・ナイスです。

いやいや、特別繋げたわけではないんですが、何となくこのアルバムが似合っていたもので(笑)。
でも本当にいいアルバムですよね~。
お店でも流れているんですか?
お酒を飲みながらこのアルバムを聴けるお店は怪鳥さんとこの「Breezin'」か、
「Bar伊藤」ぐらいなものでしょうね!!
ますますお邪魔したくなりました!!


♪みんみんさん。
この水槽、面白いでしょ?
不思議でしょうがありません。
マンボウはオバカなのか、ゆ~ったり近づいてきて、エサも無いのにパクパク。
でもエサが口に入らないことが分かると、またまたのそ~っと遠ざかっていきます(笑)。
癒し系でした!
みんみんさんはこのアルバムきっと気に入るでしょうね。
こないだタワー・レコードにも置いてましたけど、上のジャケットをクリックするとamazonのページに飛びますから、そちらでも購入できます。

>もうそよ風ドライブ行きたくなるじゃありませんか~??

じゃ、一緒にそよ風ドライブしましょうか?・・・な~んて!

管理者のみに表示
トラックバック
○特集記事 大分の深海を歩く今日は、佐伯市蒲江町の綺麗な海を舞台にダイビングの楽しさと、自然の素晴らしさを伝える、レインボー(今井仁倫代表)さんと共に、蒲江町屋形島の
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。