08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

五月雨の夜・・・。

2006年05月18日
雨の信号
4月の終わりから九州は雨ばかり・・・。
イマイチすっきりしない天気が続いています。
ムチャクチャ晴れたのはゴールデン・ウィークだけかも!
今日と明日は台風1号の影響で大雨だそうです。

もう台風ですよ!!
しかも1号が九州に影響を及ぼすのは珍しいですよねー。

こんな日は、お家でシットリとこんなアルバムを聴きながら過ごしたいですね☆
David Sanborn
David Sanborn / Pearls』
01.Willow Weep for Me
02.Try a Little Tenderness 
03.Smoke Gets in Your Eyes 
04.Pearls 
05.For All We Know 
06.Come Rain or Come Shine 
07.This Masquerade 
08.Everything Must Change 
09.Superstar 
10.Nobody Does It Better 
11.The Water Is Wide

※♪マークが付いているタイトルをクリックすると試聴出来ます!

世界で3本の指に入るSAXプレイヤー「デヴィッド・サンボーン(3本・・・もういいって・・・笑)が95年にリリースしたアルバム。
ストリングスを配したスタンダード集です。

彼の作品は殆ど持っています。
初期の若々しいブロウする作品も好きですし、「マーカス・ミラー」「リッキー・ピーターソン」と組んだ一連の作品、また一段と深みが出た新作もお気に入りの1枚です。
しかし、彼の作品を紹介する時にナゼかいつも外されてしまう比較的地味なこの作品は、私的にはTOP3に入るほど好きなアルバムなんです。
何と言ってもプロデューサーが「トミー・リピューマ&ジョニー・マンデル」
ストリングスによって流麗なサウンドに仕上がっている点は「ジョニー・マンデル」の手腕による所が大きいでしょうが、どんなスタンダードを取り上げても「サンボーン」のサウンドになってしまうのは、やはり彼のSAXの魅力ならではの仕上がりと言えましょう。

アルバムは、数多くのアーティストが取り上げた名曲でスタート。ジャジーでムーディーなサウンドをバックに、まるで女性を口説いている様なセクシーなSAXの音色は、全ての女性がKOされてしまいます。

続くは、ご存知「オーティス・レディング」のヒットで知られる名曲中の名曲。優しさの中にも力強さが感じられる仕上がりです。

「プラターズ」のミリオン・ヒットで知られるナンバー。バックの音はジャズですが、トータル的に見るとソウル・ミュージックと呼んでもいいくらい泣けてきます!

アルバム・タイトル曲のは、あの「シャーデー」のカバー・ナンバー。オリジナルの持つ妖艶な雰囲気を壊すことなく再現。彼のSAXもいつもとは違った味わいを楽しめます。
こんな曲をさらっとカバーしちゃう彼のセンスには脱帽ですね。

は、「ジミー・スコット」のヴォーカルをフィーチュアさせた渋いトラック。まるでSAXとヴォーカルがデュエットしている様な雰囲気を持っています。この曲のためだけにアルバムを購入しても損は無いと言えます。

スタンダード中のスタンダードは、彼特有の泣きのSAXが全開のナンバー。ブルース・フィーリングに溢れた仕上がりは、摩天楼の夜景を想像せずにはいられないムーディーなナンバーです。

「ジョージ・ベンソン」「カーペンターズ」が取り上げたことでも知られる「リオン・ラッセル」作のは、彼のポップな一面を覗かせる仕上がり。オリジナルのメロディーを忠実になぞるSAXはもちろんですが、途中の「ドン・グロルニック」のピアノ・ソロにも注目です。

は、「クインシー・ジョーンズ」の名盤『ボディ・ヒート』で取り上げられていた作品。ドラマティックでありながらもどこか物悲しいSAXにヤラれる女性も多いんじゃないかな?

「カーペンターズ」「ルーサー・ヴァンドロス」も取り上げたは、再び「リオン・ラッセル」作のナンバー。どちらかというとサラリと吹く「サンボーン」のSAXですが、それが逆に切なさを演出。

は、映画『007/私が愛したスパイ』の主題歌。オリジナルは「カーリー・サイモン」が歌って大ヒットしましたが、ここでは「オリータ・アダムス」をヴォーカルに迎え、よりソウルフルな仕上がりに。

そして日本盤のみのボーナス・トラックは、「PPM」から「カーラ・ボノフ」まで数多くのアーティストが取り上げたイギリス民謡。この曲を78年にリリースされた名盤『Living In The U.S.A(ミス・アメリカ)』以来の共演となる「リンダ・ロンシュタッド」をヴォーカルに迎えてプレイ。およそ20年振りとなる再会を喜んでいるかの様なスペシャルなコラボレイトです。

どの曲もシットリとセクシーに、それでいてソウルフル。
バックを努めるミュージシャンも「クリスチャン・マクブライド(b)」「マーク・イーガン(b)」「マーカス・ミラー(b)」「スティーヴ・ガッド(dr)」「ドン・グロルニック(key)」「ケニー・バロン(key)」「ドン・アライアス(perc)」といった実力派が勢揃いし、アルバムを宝石箱の様に華麗に彩っています。

これまでもスタンダードを上手に取り上げ“泣きのSAX”を聴かせてくれた彼ですが、このアルバムはそれを更に昇華させた大人の時間を提供してくれます。

雨が続くこれからの季節、お気に入りの本を片手に、またはとっておきの銘酒を片手に楽しむのにピッタリですし、時には悪企みにも使えます(笑)。

えっ?わ・・・私はもちろん、わ・・・悪企みなんかには・・・つ・・・使いませんって~(汗)!!!
Jazz | コメント(16) | トラックバック(0)
コメント
おお!そろそろサックスが聴きたいと思っていたところでした。
そうですか九州は台風ですか。
雨のムーディな夜にはぴったりかもしれません。
仙台はまだまだ爽やかですので、来週あたりサンボーン先生とは対極になると思いますがエリック・マリエンサルを書こうとも思っていました。
蛇足ですが、私の子供の頃に夢「ボンドガールになること」だったんです(爆笑)M10を聴いていて思い出しちゃいました(笑)
サンボーンのアルバムは持っていませんが詳しくお話いただくと
買いに走りたくなりますね~。曲はラジオやどこかでかかっていて聞いたこと
あります。SAXってなんだか雨の日にいいですね。じめじめがゆったりした
空間に変わりそう!それから、久しぶりのリンダの名にアルバム引っ張り出しました。
今日は久しぶりの休みだったのでゆっくり家で音楽ききながら過ごしていました。
MUさんのブログ見るのが日課になってますよ~!!

しかし、本当に雨よく降りますね。ベランダの緑は元気一杯で喜んでますが・・・

この人・・・NYでライブ行きました。
CDも買いました。
2001年のおおみそかだったです。
有名人だったのですね。
確かにお上手でした。
ご無沙汰しておりました、だいごろうです。
David Sanborn大好きです。
かな~り以前の話ですが大阪のブルーノートでのライブ行きました。
一緒に行っていた女友達が「これにサインしてください!」と
ルイ・ヴィトンのショルダーバッグを差し出したところ
「WAAO!」と驚きながらも笑顔でサインをしてくれましたよ(^^)
デヴィッド・サンボーンは達郎さんの「Dreaming Girl」が印象的でした。このアルバムも良さそうですね。雨の日家にいて、窓から灰色の空と海を見ながら音楽を聴いてゆったりするのが大好きです。今日はこちらが大雨でした。仕事帰り足もずぶぬれ!(>_<) 帰ってからシャワーに浴びたらさっぱり(^-^)
悪だくみ?・・・過去に使ったんでしょう~?
このところ良く雨が降りますね。
5月はブラウス1枚でもOKという印象があるんですけど、そんな感じでもないですもんね。
いつまでも寒いし。あ、今朝はムシムシしましたが・・・
サンボーン、よく考えると改めて聴いたことなかったかもしれません。
でもこれだけ解説が詳しいと、聴きたくなりますね。
♪かおるさん。
ここのところ九州は雨ばかり。
今日は朝から久々に晴れましたけど、また来週からは雨が続くそうです。
こんなときはSAXの音色が心に染み入りますね!
「エリック・マリエンサル」も大好きですよ~!

>蛇足ですが、私の子供の頃に夢「ボンドガールになること」だったんです(爆笑)

へー!凄いじゃないですか!!
きっと今もボンドガールまっつぁおのナイスバディなんじゃないですか(笑)←何で笑う?


♪みんみんさん。
本当に雨ばかりですね・・・。
ま、梅雨の走りってヤツなんでしょうけど、もうちょっとスカっと晴れて欲しいものです。
「サンボーン」のサウンドは、雨の日にはピッタリです。
どのアルバムもオススメですよー。
中でもこのアルバムは雨の夜にはピッタリ。
除湿効果もあるかも(笑)。
そういえば緑が目に眩しい季節です。
ウチのベランダの鉢植えも、ここのところの雨でグングン成長していますよー!


♪tubakiさん。
すごーい!NYでサンボーンのライブだなんて!!
実は私、サンボーンのライブはまだ一度も見たこと無いんです・・・。

>有名人だったのですね。

いや、それはもう世界中で有名です(笑)。


♪だいごろうさん。
こちらこそお久しぶりです!
えっ、ルイヴィトンのバックにサンボーンのサイン??
す・・・凄い彼女ですねー(笑)。
そりゃサンボーンもビックリでしょうね(笑)!!
ちなみにそのバッグはその後も使い続けているんでしょうか・・・??
行方が知りたいです☆


♪risaさん。
確かベスト・アルバムのボーナス・トラックで「Dreaming Girl」を演ってましたね。
でも、このアルバムも本当に心地良い時間を提供してくれますよ☆
昨日の福岡も大雨。傘が意味ないくらいびしょ濡れになっちゃいました。

>悪だくみ?・・・過去に使ったんでしょう~?

えっ・・・そ・・・そんな事するわけないじゃないですか!!
そんな事にも使える・・・かも・・・という、か・・・仮の話です(汗)。


♪ちひろさん。
今朝は久々に晴れましたね!
でも、雨が降ると薄着じゃ肌寒いし、かといって冬物は着られないし・・・。
男性も洋服に困るお天気です。
ちひろさんの嗜好なら「サンボーン」はきっと気に入られると思いますよ!
新居の雰囲気に似合うかも(笑)。

>でもこれだけ解説が詳しいと...

いえいえ、ただ脈絡無しにダラダラと書いているだけです・・・(恐縮)。
ははぁ~ん、わかりました。


気になっていた彼女とのデート中。突然のどしゃぶりの雨。
彼女もみゅーさまもずぶ濡れ。

みゅーさま「濡れちゃったね...風邪をひくといけないから、僕の部屋で濡れた服を乾かそうか。コーヒーでも淹れるよ」

彼女を部屋に上げて、シャワーと着替えを奨め
ドライヤーで髪を乾かす彼女に、

みゅーさま「今、服を乾かしているから。コーヒーを飲んでゆっくりしてて」

成り行きとはいえ、突然のどしゃぶりの雨、
そして男性の部屋に入り込むハプニング。
彼女は、出されたコーヒにーリラックス。
そこでサンボーン先生が登場するわけですな(笑)

(なんて素敵な曲なのかしら....)




みゅーさま 前の日から部屋の掃除してたでしょーーー!!!(笑)



昨日はすごいどしゃぶりのなか 車を走らせていましたが
やはりあんな日は家で静かにサックスを聴いていたほうがいいですね

雨はすごいは渋滞するわで おまけに始めての道だったので神経使いました

悪巧み・・・(笑)
使わないって あせってるけど もし使うならどっちの手で・・?(違w
この1枚持ってたかな?と思いCD棚に行ったら、あった!
わたしったら、持っているCDを把握できていなかった ^^;
彼のはこの他にはBob Jamesとのだけ。

今日は私の誕生日。
ちゃーんとケーキにロウソクを立てて、吹き消しました。
年の数立てたら大変なことになるので… はい、3ぼーんだけね(爆)
♪かおるさん。
まったく・・・かおるさんたら何処で見てたんですか!?
なーんてウソウソ(笑)。
残念ながらそんなシチュエーションには一度も遭遇したことありません。
っていうか、そんなドラマみたいなシチュエーションが本当に起きたら・・・羨ましすぎます!!
それにしてもかおるさんのこのストーリー、参りました(笑)。

>みゅーさま 前の日から部屋の掃除してたでしょーーー!!!(笑)

あ・・・それだけは一度だけあります・・・(恥)


♪ekoさん。
土砂降りの中、車の運転?
気をつけてくださいね!

んで、悪巧みですけど・・・使ってみたいのは・・・左手で。
って、何のコッチャ(笑)!!


♪Mayさん。
おー!!お誕生日おめでとうございます!!
今年がMayさんにとって素敵な年でありますように☆
バースデイ・ナイトはご家族に祝ってもらえたのかな?
もちろんBGMは「サンボーン」?

>年の数立てたら大変なことになるので… はい、3ぼーんだけね

上手い!!座布団3ぼーん・・・じゃなかった3本!!
あら 左利きでした? (笑)
♪ekoさん。
>あら 左利きでした? (笑)

いえいえ、右利きです(笑)。
でも悪巧みの時は、魔法の左手で・・・って、何言わせるんですかぁ~(汗)。
そうですか 魔法使えるんだぁ~ (・∀・)ニヤニヤ
♪ekoさん。
そうなんです。女性にだけ効く魔法なんですけどね(笑)。




・・・試してみる??
魔法って 女性にとっては素敵な言葉よね?

かかってみたい (笑)

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。