02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

小春日和。

2005年03月16日
20050316133732.jpg

今日の福岡は本当にいいお天気です。
最高気温は19度!

まさに小春日和ですね。

暖かくなるとCD棚から取り出してしまう1枚がコレ!

KOOP / Waltz For Koop」。

スウエーデン在住の「マグナス・ジングマーク」と「オスカー・シモンソン」による2人組ユニットです。
音楽好きの学生サークルの中で知り合い、意気投合したんですが、ヒップホップやデトロイト・テクノ、ハウスなどのクラブミュージックを通して音楽にのめり込んで行った「マグナス」と、「チャーリー・パーカー」や「ジョン・コルトレーン」がアイドルというピアニスト「オスカー」の、相反するバックグラウンドを持つ2人が紡ぎ出すサウンドは、1960年代の北欧ジャズの伝統を受け継ぎつつ、新たなるクラブ・ミュージックを創作しています。
それはまるで北欧料理に欠かせないアルコール度数40度の蒸留酒「アクアヴィット」の様にスパイスの効いたサウンド。

・・・と言ってもどんな音か分かりませんよね(笑)。
とにかく・・・

キモチイイ!!

アルバム・タイトル曲①「Waltz For Koop」では、3拍子のワルツをクラブ・ミュージックでアレンジした必殺技!
続く②「Tonight」では、正統派ジャズ・ファンも納得の生楽器を前面に押し出したアコースティック・ジャズ・チューン。
また⑦の「In A Heartbeat」では、伝説のシンガー・ソングライター「テリー・キャリアー」をフィーチャーして、サウンドに彩を添えています。
そして特筆すべきは⑦「Summer Sun」。
スウェーデン在住の日系女性シンガー「ユキミ・ナガノ」をヴォーカルに迎え、タイトル通り真夏の眩しい太陽光線をボッサのリズムでクールダウンさせてくれるサマー・サウンドの決定版!!
この1曲のためだけにアルバムを買っても損はありません。

ちなみに「KOOP」とはスウェーデン語で「CO-OPERATION(協力、協調)」を意味するという事。
2人のサウンドに様々なゲストを迎える事で、彼らのサウンドをより幅広くさせているのかもしれません。

お部屋の温度を5度は低くしてくれるこのアルバム・・・、
夏の定番サウンドとして一家に一枚アルバムです。

PVが見たい方はクリック
人気ブログランキング
Club Music | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
これ、涼しげで心地いいですよね  X-)
一曲一曲も素敵だしアルバムとしても楽しめて、
ほんとに一家に一枚だと思いました。

> それはまるで北欧料理に欠かせない~
ああ、ほんとうに、そんな感じ....!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。