06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ランデヴー・イン・二見ヶ裏。

2006年06月21日
今日の福岡は梅雨の晴れ間。
気温も30度近く上がり夏日となりました。
午後から仕事で福岡市のお隣の前原(まえばる)市へ。
隣と言っても、車で20分も走れば着いちゃうんですけどね(笑)。

仕事を終えてちょっと寄り道。最近は川ばっかりで全然海を見てなかったので、
私の大好きな「二見ヶ裏」まで足を伸ばしちゃいました。

お昼ごはんを食べていないことに気が付き、海が見えるカフェへ。
遊砂
ここは『遊砂-YUSA-』という海辺のカフェ・テラス。
去年オープンしたばかりのかわいらしいお店です。
ランチ・タイムは終了していましたが、もちろん食事も出来ます。
オーダーしたのは・・・
サンドウィッチ
生ハムやサラダを自分で挟むサンドウィッチ&ノン・アルコール・ビール!
今日は暑かったから、本当はビールが呑みたかったんですけど我慢我慢(泣)。
テラスからは・・・
サンセット
目の前に夕陽が沈みます。

チーズがどっさり入った美味しいサンドウィッチを頬張った後は、少し車を飛ばして・・・
二見ヶ裏
「二見ヶ裏」へ。
白い鳥居って珍しいですよね。

気が付くとキレイな夕陽が目の前に。
サンセット サンセット
久々の海辺のドライブ。
川もいいけど、やっぱり海が好きみたいです(笑)。

そんなちょっと贅沢な時間を過ごした梅雨の晴れ間の午後、
夕陽を眺めながらこんな素敵な音楽を聴いていました。
Rendezvous In Rio
『Michael Franks / Rendezvous In Rio』
01.Under the Sun試聴
02.Rendezvous in Rio試聴
03.The Cool School試聴
04.Samba do Soho試聴
05.The Critics Are Never Kind試聴
06.Scatsville試聴
07.The Chemistry of Love試聴
08.Hearing “Take Five”試聴
09.The Question Is Why試聴
10.Songbirds試聴
11.Antonio's Song試聴

ちょっとだけ早く手元に届いちゃったので、早速ドライブのお供に連れて行きました(笑)。
今月リリースされる「マイケル・フランクス」の待望のNEWアルバムです。

メジャー・デビュー30周年を記念しての今作は、紛れもなく“マイケル・フランクス・サウンド”が満載の1枚。
ソフトでメロウでジャジーでインテリジェンスでエレガント・・・。
名盤『Sleeping Gypsy』を髣髴とさせる内容で、ファンならずとも納得の1枚です。
前作は『冬』をテーマにした作品だったので、それはそれで充分楽しめたんですけど、今回はタイトル通り『夏』をテーマにした、リゾート感覚溢れる大人のアルバム。
やっぱり「マイケル」は夏に聴きたいですよね!
彼の新たなる代表作と呼ぶにふさわしい内容です。

アルバムからのリード・トラックであり、既に全米スムース・ジャズ・ステーションでもヘヴィー・オン・エアー中のは、本家のボサ・ノヴァ・アーティストも顔負けのメロウ・サウンド。

続くは、「ウィル・リー」のプロデュースでデビューしたラテン系キーボード奏者「チャールズ・ブレンジグ」のプロデュース作品。軽いラテン・ファンク・テイストがアルバムにアクセントを付けています。
彼はでもプロデュースを手掛けていますが、そちらも都会的なゆる~いサンバ・トラック。

同様「チャック・ローブ」のプロデュースによるは、ノスタルジーさえ感じるジャジー・チューン。

⑤⑩はウッドストック系アーティストとして知られる「レスリー・リッター」と一緒に活動している「スコット・ペティト」のプロデュース作品。
ブラジリアンなテイストを持ちながらも、どこかフォーキーでサウダージな感覚を持ち合わせたサウンドが特徴です。
アルバム中、最もAORっぽいなーと思ったら、何とではあの「ロビー・デュプリー」とデュエットまで披露!!
は、友人だった故「ランディ・ヴァンウォーマー」へのトリビュート・ソングです。

「TOKU」に提供したのセルフ・カバーは、これまた「マイケル・フランクス」とは付き合いの長い「ジェフ・ローバー」のプロデュース作。
アーバンでアダルトで、それでいて彼の持ち味を最大限に引き出す手腕には脱帽です。

⑧⑨「イエロー・ジャケッツ」のベーシスト「ジミー・ハスリップ」のプロデュース・トラック。
どのナンバーよりもジャジー且つフュージョン的なんですが、でもやっぱ「マイケル・フランクス」の音楽になっちゃってるんですよねー。

そして特筆すべきは、日本盤のみのボーナス・トラック
そう、あの名曲「アントニオの歌」をアコースティック・ヴァージョンでセルフ・カバー!
オリジナルをもっとジャジー&ボッサにしたアレンジで、今日紹介した夕陽を見ながら聴いたら、涙が出そうになりました・・・。


全11曲。
多彩なプロデューサーを迎えながらも、ちゃんと彼の音楽に仕上がっていて、今年の夏はこのアルバム無しでは過ごせないと言っても過言ではないでしょう。

来月は「ブルーノート」での来日公演も既に決定済み!
今年の夏も素敵な時間が過ごせそうです。
AOR | コメント(21) | トラックバック(1)
コメント
マイケル・フランクスの新盤とは!
聴きたいですねー。その昔、Sleeping Gypsy を本当によく聴きました。あのアルバムのピアノは確かJoe Sampleだったと記憶してます。「アントニオの歌」のリメイクというのも嬉しいですね。ちょっと枯れた感じになって、哀愁を帯びた旋律がますます引き立つように思います。
Shigeki@イスラマバード
あ、いいなーフライング入手・・・
ここはグッと我慢して試聴しません!(笑)
ブルーノートでのLIVEはロビー・デュプリーの日とバッディングしてしまったので
止む無く回避です~
梅雨の合間の晴れ、30度の気温、海が見えるカフェ、ノンアルコールビール、砂浜、サンセット....そして、このストーリーの旅人Musicman。
これらのロケーションに対して、このセレクトはこれ以上はない、ベストセレクション!お見事でございますm(  )m
昨日発売の「アドリブ」の表紙を見ながら、マイケル.フランクスも、素敵なおじさまになったのね~。なんて見てました。誰だかわからなかったもの。
、好きです~☆大人の男性。

さて、私も早くCDを聴きたい所ですが、みゅ~さんが紹介されたCDついでに3枚。後に1枚の計4枚をHMVで注文。そして、今日は、冨田ラボCDを取りに行かなくちゃ。って、ことで、マイケル.フランクスは、少し伸びそうです。
体調が少し回復したら、どんどん音楽が聴きたくなってきました。
海と夕日
ベストカップルですよね~

それに心地よい音楽

癒されますね♪
気分はリゾート?

あ でも試聴できない(>_<)
サーバーに問題があるってでます・・・w
こんにちわ。今日は暑かったですね~。
私も5月に『遊砂』行きましたよ~(mixiに載せました^^)
建物はご兄弟の手造りなんですよね!
手前のサンセットは若~い人達、でもここはお年を召した
おじいちゃん、おばあちゃんも入れそうな、温かみがある所ですよね。
私も二見ヶ浦が大好き!!福岡のドライブコースでは№1☆じゃないかと。
夕方近くに行くと時間を忘れさせてくれます。

下関に最近出来た ジャズクラブ BILLIE にこの間『TOKU』が来たようで
友達が聴きに行ってましたよ~。

ekoさんと同じく視聴出来ませ~ん
♪Shigekiさん
お久しぶりです!
イスラマバードでの生活は如何ですか?日本が恋しくなっちゃったんじゃないですか?
今回のアルバム、かなりいですよー。
『Sleeping Gypsy』は私も大好きなアルバムですけど、それを上回る出来。
しかも「アントニオの歌」も、リメイクしていて、それがまたいいんです!!
是非チェックしてみてください。
外国での生活は大変でしょうけど、くれぐれもお体を大切に!!


♪怪鳥さん。
ヘヘヘ、フライング入手しちゃいました(笑)。

>ここはグッと我慢して試聴しません!(笑)

サスガ!でも試聴したくなるほどいい出来です。
ブルーノート・・・残念ですねー。
でも飛び入りゲストで「ロビー・デュプリー」が登場するなんてこともあるかもですよ!!


♪かおるさん。
>これらのロケーションに対して、このセレクトはこれ以上はない、ベストセレクション!お見事でございますm(  )m

いやはや、ありがとうございます!そんなに褒めていただくと・・・(照)。
でも本当にこのシチュエーションにピッタリなアルバムでした。
特に夕陽の時間には・・・。
一人だったのが非常に残念ですけど・・・。


♪berryさん。
私も「アドリブ」の表紙を見て「誰このおっさん?」って思っちゃいました(笑)。
でも、歳を重ねたからこそ、こういう燻し銀のアルバムを作ることが出来たんでしょうね!

>好きです~☆大人の男性。

そ・・・そんな・・・ここでコクられても・・・って、私じゃないか(笑)。
はいはい、どうせハンバーグとオムライスと焼きそばが好きなお子チャマですよー。
でもこのアルバムは是非ご購入を!!


♪ekoさん。
申し訳ありません。
今は試聴できるようになりました!
違う所から持って来たので大丈夫だと思います。

>海と夕日・・・ベストカップルですよね~

確かに海と夕陽は切っても切り離せない関係。
そこにこのアルバムが流れたら、まさに三種の神器ってヤツかも(笑)。
まさに気分はリゾートです。


♪mikaさん。
mikaさんもゴメンナサイ。今はちゃんと試聴できます!!
それにしても今日は暑かったですね~。
30.3度まで上がったそうです!!
そういえばmikaさんも『遊砂』を紹介されてましたよね?
日記を思い出して寄ったんですよ(笑)。
とっても癒されました。
「サンセット」が若者だらけで一人で入る勇気が無かったもので・・・(笑)。
視聴出来ました!声に味がありますね。素敵です!
遊砂、紹介してました^^ うれしいです!
確かに「サンセット」は非常に入りにくいです(/・ω・\)
なんて素敵な夕景の写真なんでしょう!!
湘南の海とは大違いの美しい海辺。
またカフェでのやさしい陽射しがいい感じですね~。
もう、朝からうっとりです♡
やっぱり、Musicmanさんってすご~いロマンチストーー!!
それにマイケル・フランクスの甘~いテイストたっぷりの新譜!
ちょっと、朝からドキドキしちゃってます(笑)
私もこれ買います!
これまた棚から引っ張り出してきました(笑)
今、Abandoned Gardenのアルバム 聴いてます~
午後とかこの人の聴きながら本を読んでると、いつも寝ちゃってる。
そのくらい心地良いですよねー!

試聴してしまった…
新しいのが欲しくなるぅーーー
このエリア、僕の実家とニアミスです!
昔は姪浜で商売をしていましたが、今は志摩で田舎暮らしをしております。
僕も将来はそういった老後がいいなあ・・・なんて思ったりして。。。
親孝行出来るように、しっかり働きまッス!
わぉ。素敵な場所ですねぇ。一人で居るのはもったいないくらい。
このサンセットを見ながらMuさんは誰を想っていたのでしょう・・・。
ええっ?30度以上気温が上がったんですか?いいなぁ~、こちら北海道では、なんか夏がないですよ…。半袖着ている人の少ないこと、少ないこと。
久しぶりにおじゃまします。
東京主張お疲れさまでした!

二見ヶ浦、私も大好きなところです。
いまのところ、日本で一番好きな場所かも。
サーファーを見ながら海辺を歩き、その後サンセットでお茶、というのが定番コースだったけど、近くにこんなカワイイお店ができてたなんて!
これは行かなきゃですね。

そうそう、↓のパステルのプリン、私も以前お土産に頂いたことがあります。
濃厚&なめらかで美味しいんですよね。
でも1個食べたらお腹いっぱいになった記憶が・・(笑)。
また久々に食べたくなりました。
♪mikaさん。
視聴出来て良かったです!
最初はちゃんとできたんですけどね・・・。
「遊砂」は今回初めて行ったんですけど、スタッフもとてもサービスが良くて気に入りました!

>確かに「サンセット」は非常に入りにくいです(/・ω・\)

そうなんですよねー。特に歳をとれば取るほど入りづらくなっていく・・・。


♪tanchanさん。
写真の夕陽、気に入ってもらえて光栄です。
すっごくキレイなサンセットでしたよー。
カフェも丁度いい日差しで、風も心地良かったです!

>やっぱり、Musicmanさんってすご~いロマンチストーー!!

いえいえ・・・そんな・・・照れちゃいます・・・。
ちなみに「マイケル・フランクス」の新譜、これは買わなきゃですよー!!!


♪Mayさん。
「Abandoned Garden」も、この時期はいいですよねー。
でもあのアルバムが陰とするならば。コチラは陽の内容。
とっても夏してます!!
私もこのアルバムを聴きながらウトウトしかけちゃいました。
それだけ心地良い音楽なんですね。

>試聴してしまった…
>新しいのが欲しくなるぅーーー

ははは!罪作りでしたか(笑)?


♪TOM Gさん。
お久しぶりです!お元気でしたか?
おー、TOM Gさんのご実家の近くなんですね。
このあたりは本当に癒されるエリアですよねー。
私も歳を取ったらこの辺りで自給自足の生活なんていいなーって思ってます。
最近は志摩にも素敵なお店が沢山出来て、オシャレなエリアになってますよー。


♪risaさん。
ね、素敵な場所でしょ?

>このサンセットを見ながらMuさんは誰を想っていたのでしょう・・・。

もう・・・言わなくても分かってるクセに!!
料理上手の素敵な女性ですよ~(笑)。
福岡にはいい場所が沢山あります。
もしもいらしたときは、是非案内させてくださいね!!


♪ネオンパークさん。
そうなんです。ココのところの福岡は30度近く上がって、
昨夜は今年最初の「熱帯夜」!!
それはそれは熱くて死にそうでした(汗)。
当然、街はみんな半袖。
特に女性はノースリーブだらけです。


♪lulurさん。
お久しぶりですね!お元気ですか?

>東京主張お疲れさまでした!

ありがとうございます。
想像以上に大変な10日間でした。でもその甲斐あって、満足行く仕事が出来ましたよー。

二見ヶ浦は私のお気に入りの場所TOP3に入ります。

>サーファーを見ながら海辺を歩き、その後サンセットでお茶、というのが定番コース・・・

そうそう、本当にそんなシチュエーションがピッタリな場所ですね。
最近はちょっと若者が増えすぎって感じですけど、
冬もなかなかイイカンジの雰囲気なので大好きなんです。
他にもオシャレでカワイイお店がいっぱいできているので、是非遊びに来てくださいね☆
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんにちは。私も入手しました。
最近でも『Barefoot On The Beach』を聴いたりしてました。
なので、違和感なく聴いてますよ。
♪Skenさん。
コメントありがとうございます!
新作は今年のベスト・アルバムに入るほどの出来だと思ってます。
ゆるいアコースティックな感じが彼らしくていいですよねー。
お久しぶりです。
季節がら、マイケル・フランクスは夏に合います。

このアルバムもリオがテーマのようですから・・。
TBできませんでした。
♪tahaさん。
お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。
転職先が超ハードで・・・。
「マイケル・フランクス」は、この夏のヘヴィー・ローテーションです!
特にこのアルバムは本当に夏の気温を下げてくれるクーラー代わりのアルバム。
TBもありがとうございました。
後ほどコチラからもお邪魔致します!!

管理者のみに表示
トラックバック
ちょいとリオまで夏期休暇を・・・ Michael Franks / Rendezvous In Rio [2006] 1. Under the Sun 2. Rendezvous in Rio 3. The Cool School 4. Samba do Soho 5. The Critics Are Never Kind 6. Scatsville 7. The Chemistry of Love 8. Hearing Take 5 9. The Qu
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。