10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

銀河のラウンジ。

2006年07月07日
七夕
今日7月7日は「七夕」
一般的には「織姫」「ひこ星」が、年に一度だけ会えるという、ロマンティックなラブ・ストーリーとして知られていますが、
そもそも日本の七夕には2つの由来があるのをご存知でしょうか?

一つは、中国の宮廷行事「乞巧奠(きっこうでん)」が伝来したもの。
いわゆる「織姫」「ひこ星」の恋物語。
日本の大和朝廷も、この乞巧奠にそって七夕を祭ったそうで、
民間に広まったのは室町時代以降と言われています。

そしてもう一つが、農村のみそぎや収穫祭の準備から来るもの。
日本の七夕祭りは古い民間信仰と結びついていて、先ほど紹介した乞巧奠の伝来以前から、日本には「棚機女」という巫女が、水辺で神の降臨を待つという、農村のみそぎの行事があったとの事。

この両者が合体したのが、現在の日本の七夕なんです。

なお、笹に短冊などを豪華に吊るす「笹飾り」は、江戸時代から始まったようで、その1つ1つに縁起ものの意味があるそうです。

笹飾りの代表である「短冊」は、願い事を紙に書くことにより書道の上達や学問の発達を願う意味があります。
「千羽鶴」は、家族の長命や長寿を願うための飾り。一家で年長者の歳の数だけ折り、家族の健康長寿を願います。
折り紙なので着物を折った「紙衣」は、病気や災害を身代わりになって除いてくれると言われています。
魚を獲る網の形を現す「投網」は、豊漁や豊作を願うものですし、「巾着」は、商売繁盛や富を祈る飾り。
そして、折って切れ目を入れた紙を広げ、
籠のような形にして中に紙屑を入れた「屑籠」は、
物を粗末にしないように、また、清潔の心をやしなう意味があります。
ただの願いを叶えるための飾りじゃなかったんですねー。


今夜は残念ながらお天気がイマイチ・・・。
天に流れる天の川の岸辺から、織姫と彦星は互いの事を思っているんでしょうね。

貴方は今宵何を願いますか?


さて、そんな天の川を見ながら聴きたいアルバムがコレ!
Brigette
『Brigette / Starlite Lounge』
01.Starlite Lounge試聴
02.Much Too Much試聴
03.Star試聴
04.My Oh My試聴
05.One Wish試聴
06.Is It Love試聴
07.Betcha試聴
08.Somehow試聴
09.What Would You Say試聴
10.Take Me試聴
11.Lonely Girl試聴
12.Yes My Dear試聴
13.Agua De Beber試聴
14.Take Me (Remix)試聴
15.Sometimes


星を見ながら聴くだけでなく、暑い夏の夜をクールダウンさせてくれる極上のソウル・アルバムです。
「ブリジット」の最新アルバム(2005年)。

かつて「ブリジット・マクウィリアムズ」として『Take Advantage Of Me('94)』『Too Much Woman('97)』の2枚のアルバムを発表していたので、覚えている方も多いかもしれませんね。
「ロビン・ウィリアムス」がストーカー役を演じた映画『One Hour Photo(ストーカー)』の監督であり、「マイケル・ジャクソン」の大ヒット曲「スクリーム」のプロモーション・ビデオを手掛けた映像作家「マーク・ロマネック」との結婚を機に「ブリジット」と変更。
前作から8年振りとなるNEWアルバムです。

デビュー以来彼女の作品を手掛け、「ドニー」「フランク・マッコム」、最近では「テンプテーションズ」のNEWアルバムにも関わった敏腕プロデューサー「スティーヴ・ハーヴェイ」のプロデュースの下、R&Bにジャズやブラジリアンのエッセンスを加えた、これまでとは一味違うオシャレな作品に仕上がっています。

アルバムは「シャーデー」にも通じるモノクロームな雰囲気が漂うジャジーなでスタート。
一転ボサ・ノヴァ・サウンドをバックに歌う「アル・マッケイ」のカッティング・ギターが心地良い「EW&F」風ソウル・トラック(名曲です!)、ブラジリアンな④⑩、サウダージな心地良さが漂う、ラバーズ・ロックで「ジャネット・ケイ」にも通じる「ヒューバート・ロウズ」のフルートが70年代フュージョンを髣髴とさせるネオ・ソウル風の、場末のバーを連想させるジャジーな、ブラジル産のボサ・ノヴァとは一味違うアーバン・ボッサな⑨⑫、ヨーロピアンなムードの⑪、ボサ・ノヴァの名曲中の名曲をソウルフルなヴォーカルでカバーしたのハウス・リミックス、レゲエ調の日本盤のみのボーナス・トラック・・・と、本当に夏にピッタリなソウル・アルバムです。

少し前に紹介した「ヴィクター・デイヴィス」の女性版って言ったら分かりやすいかな?
でも「シャーデー」「ヴィクター・ラズロ」っぽい部分もありますし、ボサ・ノヴァや流行のカフェ・ミュージックが好きな方も直球ど真ん中でヒットすると思います。

貴方の今年の夏のサウンドトラックに如何でしょうか?
R&B | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
銀河のラウンジ・・・いいタイトルですね!
雲の上の織姫・ひこ星は会えたでしょうか?
私の彦星はいまどこに・・・・・・・・・(意味深?)
Musicman師匠、ご無沙汰でございます。
これ、即買いさせていただきました。ついでにマイケル・フランクスも購入しました。これでこの夏も乗り切れそうな気になって参りました。いつも素敵なアルバムご紹介いただきまして感謝です。
♪みんみんさん。
タイトル褒めていただいてありがとうございます!!
本当に銀河のラウンジなんてあったら行ってみたいですね~(笑)。

>私の彦星はいまどこに・・・・・・・・・(意味深?)

ん?ここにいるじゃん!!


♪すぎたさん。
おー!!即買いされましたかー!!
サンプルを試聴してお分かりの様に、このアルバムは欲しくなりますよね~。
マジいいっすからね☆
それと「マイケル・フランクス」も買われたそうで。
また感想など教えてくださいね!!
七夕の夜
もし今夜、願いが聞き届けられるのなら
一目でいいから、あなたに会いたい。

そう思う私です。七夕はロマンチックな気分になりますね(笑)
仙台七夕は8月6,7,8日。全国ニュースにも流れることだと思いますが
豪華絢爛な七夕飾りと星祭を見に来て下さいね★


♪かおるさん。
>もし今夜、願いが聞き届けられるのなら
>一目でいいから、あなたに会いたい。

い・・・いや・・・そんなぁ。
こんなところでコクられても・・・って、違った?
でも本当に願いが叶うなら、私が願うことは・・・フフフ、ヒ・ミ・ツ!!
仙台の七夕祭りは有名ですよね~。
一度訪れてみたいと思ってます☆

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。