06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

打ち水でCOOOOOOOOOOOL!!!!

2006年07月29日
打ち水
本当に暑い日が続いていますが、皆さん体調など壊していませんか?
少し前の大雨による災害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。

それにしても暑いですね~。
やっぱりこんな暑い日は、ビールに枝豆を持って打ち水した縁側で夕涼み・・・な~んて気分ですけど、今はあまり「縁側」って無いのかな(笑)。

打ち水って、ただ涼を取るだけのものではなく、道路や庭に水を撒いて土ぼこりを防いだりする役目もあるそうです。
もっと遡ると、打ち水は“神様が通る道を清める”という意味もあったそうですよ!

近年は“ヒート・アイランド現象”のせいで、毎年夏の気温が上がっている様に思われますが、
打ち水をするだけで2度は気温が下がるそうです。

最近は、なかなか庭のあるお家が少なくなってきていますけど、打ち水代わりにこんな涼しげなサウンドは如何でしょうか?
Bob James & Earl Klugh
Bob James & Earl Klugh / Cool』
01. Movin' On試聴
02. As It Happens試聴
03. So Much in Common試聴
04. Fugitive Life試聴
05. Night That Love Came Back試聴
06. Sweet Wishes試聴
07. New York Samba試聴
08. Handara試聴
09. Sponge試聴
10. Terpsichore試聴
11. San Diego Stomp試聴
12. Miniature試聴

「打ち水」がテーマだったので『ザ・スクウェア / うち水にレインボウ』が来ると思った方も多いでしょうけど(笑)、ちょっとハズしてみました!

「ボブ・ジェームス」「アール・クルー」のコラボレーション第3弾アルバムです(92年)。
1976年に『One On One』を発表し、6年後の82年に『Two Of A Kind』をリリース。
どちらも良質のフュージョン・アルバムとして、今なお愛され続けている作品ですが、それから10年のブランクを経て完成したのがこの『COOL』という訳。

『One On One』に参加したミュージシャンが再び集結し、 過去2枚の作品よりも完成度も高く、
個人的には一番好きな作品かな。

アルバムは⑤⑧⑩⑪「ボブ・ジェームス」①⑥⑦⑨「アール・クルー」のペンによるもので、
これに2人の共作「ボブ」「マイケル・コリーナ」と共作したを加えた全12トラック。

いかにも「アール・クルー」らしい柔らかいメロディーのや、ジャジーな雰囲気の⑤⑩辺りは、過去2作のコラボレーション・サウンドが甦りますけど、テクノロジーを取り入れたやボッサ調の、グルーヴ感溢れるなどは「フォープレイ」を経た「ボブ」ならではのサウンドが楽しめます。

基本的には「ボブ(key)」「アール(g)」に加え、「ハーヴィー・メイソン(dr)」「ゲイリー・キング(b)」のカルテット編成。
そこにゲスト・ミュージシャンとして「レナード・ギブス(perc)」「ロン・カーター(b)」「ポール・ペスコ(g)」が加わり、楽曲に華を添えています。

全体的にアルバム・タイトル通り「COOL!」なナンバーばかりで、「ボブ」「アール」のファンはモチロン、
「フォープレイ」が好きな方は是非とも聴いて頂きたい作品です。

ギターとピアノだけでプレイされるラストのが流れる頃には、
貴方のお部屋の気温も2℃は下がっている事でしょう。


Fourplay
Fourplay / X』
01.Turnabout試聴
02.Cinnamon Sugar
03.Eastern Sky試聴
04.Kid Zero
05.My Love's Leavin'試聴
06.Screenplay
07.Twilight Touch試聴
08.Be My Lover試聴
09.Sunday Morning


そんな「ボブ・ジェームス」ですが、
自身のグループ「フォープレイ」の通算10枚目のNEWアルバムが完成!
全米では8月8日にリリースされます(日本での発売日は未定)。
①③⑤⑦⑧の5曲が試聴できますが、中でも「スティーヴ・ウィンウッド」のカバー「マイケル・マクドナルド」をヴォーカルにフィーチュアしたもので、
既に全米スムース・ジャズ・ステーションではヘヴィー・オン・エアー中です!!
これは買わずにはいられませんね☆
Smooth Jazz | コメント(14) | トラックバック(1)
コメント
あはは。ちょうど「COOL」からネットラジオに選曲したところです(笑)
ワタシは「ONE ON ONE」に軍配を挙げましたが。
な~んか発想が似てるんでしょうかねえ・・・
Fourplay / X  いい感じですね!早く手に入れたいです♪
「Cool」 持っていまーす!
♪怪鳥さん。
早速のコメントありがとうございます。
おー!偶然にも同じアルバムを!!
おっしゃる通り思考(嗜好?)回路が一生なのかも(笑)
個人的には私も「One On One」の方が好きですね~。


♪Mayさん。
「Fourplay」の新譜、私も早く欲しいです!!!!!
日本での発売日はまだ未定。
でもきっとボーナストラックも入りそうだから、我慢します(泣)。
「COOL」は夏のBGMの定番ですね☆
Bob James のプレーは最近ますます静かなグルーブ感に磨きがかかってきたように思います。デイビッド・サンボーンとの共演アルバム「ダブル・ビジョン」の頃からのような気がします。クールでいいですよね。ほんとに。
fourplayは昔チョクチョクきいていましたが、御紹介のCD試聴しました。
いいですね~!日本での発売楽しみです。
個人的に好きなアルバムはBetween the Sheets かな~。
夕暮れ時のドライブなんかで聞くといい感じじゃ~ないですか~
これじゃクールと言うよりヴぇりーほっとになってしまいますね(笑)
わぁ、これは聴いてみたいですね。
COOLな中にも「熱さ」を感じたいです。
こちらに来る度、欲しいCDリストが途切れる事はありません。
一気に大人買いして見たいものです(笑)
>ビールに枝豆を持って打ち水した縁側で夕涼み

うわぁ、いいですねぇ。浴衣着てうちわであおぎなたら夕涼み。ブタさんの蚊取り線香に風鈴がちりんとなってセミの声がいい感じで聴こえてきて。Muさん、そんなシチュエーションで一緒にすいかでも食べましょう!

このForplayのは是非聴きたいですねぇ。上のちひろさんと同じくここに来るたびに聴きたいアルバムが増えていくばかり・・・。
♪Shigekiさん。
確かに「ボブ」のサウンドは哲学的な中にもグルーヴ感溢れるプレイになってきたと思います。
非常に緻密な計算の中から生まれるアドリブだからこそ、
人々を魅了して止まないんでしょうね。
「サンボーン」とのコラボ・アルバムは、正直どちらも個性が出すぎて個人的にはあまり聴いていないんですけど(笑)、
「アール・クルー」とのコラボは相性がいいんでしょうね!
イスラマバードは日本とは比べ物にならないくらい暑いんでしょうね。
くれぐれもお体にお気をつけ下さい。


♪みんみんさん。
「Fourplay」は私も全部持ってます!
一番好きなフュージョン・グループじゃないかなぁ。
今回の新譜は、かなり打ち込みのグルーヴを強化した作品みたいですけど、
それでも「Fourplay」ならではの世界観に満ち溢れていますよね。
夕暮れ時から夜にかけて必須アイテムです。
(・・・って、何に使うためのアイテムなのかは・・・笑)


♪ちひろさん。
夏バテしてませんか?
このアルバムはタイトル通り本当にCOOLにしてくれる作品です。
もちろんおっしゃる通り演奏はHOTですけどね(笑)。

>こちらに来る度、欲しいCDリストが途切れる事はありません。
>一気に大人買いして見たいものです(笑)

大人買い・・・私は体は大人でも懐が大人じゃないのでそんな買い方できません・・・(泣)。


♪risaさん。
>浴衣着てうちわであおぎなたら夕涼み。ブタさんの蚊取り線香に風鈴がちりんとなってセミの声がいい感じで聴こえてきて。
>Muさん、そんなシチュエーションで一緒にすいかでも食べましょう!

いいですねー、スイカ!!
水着姿のrisaさんもグっときましたけど、浴衣姿にはもう腰砕けになりそう(汗)。

>上のちひろさんと同じくここに来るたびに聴きたいアルバムが増えていくばかり・・・。

いいじゃないですかー(笑)。
いい音楽は手元に無いと幸せになれませんよ!!
お久~しぶりブリです。
ボブ・ジェームス。あれだけ大好きだったのに・・・
申し訳ないけど、このアルバムあたりから聴かなくなってしまった。

理由はないけど・・・92、3年あたりからアイリッシュ音楽い耳が向き始めていたいた頃かなあ~。いや、バブルも弾けて、都落ちを真剣に悩んで、音楽を愉しむ余裕がなかった時代かも(笑)

今、あらためて聴き直して、やっぱいいですよね。なんか、違う意味で時代を感じます。というか、あの頃の自分を思い出します。AS TIME GOES BYです。

ツマミ食いの音楽遍歴を重ねてきた僕。お恥ずかしい限り。
♪伊藤ちゃんドットコムさん。
こちらこそご無沙汰してます。
昔の「ボブ」のアルバムも味があって良かったですけど、
最近のアルバムもなかなか捨てがたいものがありますよ!
新作の『アーバン・フラミンゴ』なんて、かなりハマってます。
もちろんこのコラボ・アルバムも!!
アイリッシュ音楽は私も好きで、それ系は何枚か持っています。
「リヴァーダンス」も観にいきました(笑)。
かく言う私もツマミ喰いの遍歴です☆
このCool大好きです。
アール・クルーとのコンビっていいですよね~。
よく雑誌読みながらのBGMになってるCDです。
フォー・プレイも買う予定です♪
♪tanchanさん。
>アール・クルーとのコンビっていいですよね~。

色んなコラボ・アルバムがありますけど、この2人の相性はとってもいいみたいですね。

>よく雑誌読みながらのBGMになってるCDです。

ははは、確かに邪魔にならない音楽です(笑)。
フォー・プレイは私も期待大です!!!!!
こんにちは。
遅ればせながら、TBさせていただきました。
このあたり、「安心印」な音楽ですね。
♪Skenさん。
こんばんは!
TB&コメントありがとうございます。
実はまだこのアルバム(フォープレイ)は購入していません(笑)。
でも確かに安心して聞ける音楽ですね!!

管理者のみに表示
トラックバック
"Fourplay X" では、これまでのアルバム以上にグループとしての音作りがしたかった
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。