09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

月の音楽

2006年10月07日
満月
昨日10月6日は『中秋の名月』でしたね。
夜空にポッカリと浮かぶ月は見事な美しさでした。

でも満月は今日10月7日なんですよねー。
今年最大の満月です。

満月の日は殺人・交通事故が激増すると言われていますね。
月の引力によって、満潮・干潮を引き起こしますし、ウミガメの満月の日の産卵やサンゴの産卵、
女性の定期的な周期での排卵や出産などは、月が関係していると言われています。

考えたら人間の体内は80%が水分で出来ています。
体内の中にも潮汐作用が起きているのかも知れませんね。

そうそう、人間の部分を表す漢字には「月」がつく言葉が多いにも事実。
腰、肝、肛、肘、肩,股、肺、胃、胎、胆、背、胸、脇、胴、脊、脈、脚、脳、腋、腎、脾、腕、腸、腹、膝、臓・・・等々。

やっぱり人間と月は切っても切れない関係にあるのかもしれませんね。

美しい満月を見ながらの秋の夜長、こんな音楽は如何でしょうか?
Bill Sharpe
『Bill Sharpe / Close To My Heart~Shakatak Hits On Solo Piano』
01. Invitations
02. Easier Said Than Done
03. Dark Is the Night
04. Lumiere
05. Streetwalkin'
06. In Shadows
07. Night Birds
08. Golden Wings
09. Living In The UK
10. Photograph
11. Stranger
12. After Sunset


80年代から高い人気を誇る「シャカタク」のピアニストでもありリーダーでもある「ビル・シャープ」の最新作。
今年1月に「ドン・グルーシン」とのコラボレーション・アルバム『Geography』をリリースして話題となりましたが、そんな彼の最新作が早くも登場。
しかも今作はピアノ・ソロ・アルバム!!
メロディアスでセンチメンタルでリリカルな美しいピアノで定評のある彼だけに、ファンならずとも期待が高まりますが、これがまるで「キース・ジャレット」に勝るとも劣らない素晴らしい作品に仕上がっています(ちょっと言い過ぎかな・・・笑)
しかもタイトルからもお分かりの様に「シャカタク」の往年の代表曲をカバーしているんです。

81年作『Drivin' Hard』から④⑨、82年の名盤『night Birds』からは②⑤⑦、同じ年に発表された『Invitation』からは①⑥⑪、83年作『Out Of The World』から、84年作『Down On The Street』から、87年作『Golden Wings』から、そしてラストののみ新曲・・・と、比較的初期の3枚からセレクトされていますが、オリジナルではダンサブルだったや、80年代の名曲がピアノ・ソロで甦ると、シンプルだからこそ“シャカタク・サウンド”の楽曲の良さが改めて実感できます。

アルバムで使用したピアノは1923年に造られた「ベーゼンドルファー」のピアノを使用しているという事。
だからなのかは分かりませんが、非常にクラシカルな響きを持っています。

秋の夜長、月を眺めながらこんなロマンティックなピアノ・アルバムで過ごしてみては如何ですか?

おっと、良く見るとアルバム・ジャケットに月(三日月)が・・・。

※こちらも間もなく来日なんですね。もちろん「シャカタク」で。
10月27日28日が「大阪ブルーノート」、30日31日が「名古屋ブルーノート」です。
きっと今回のソロ・ピアノ・アルバムからもやってくれそうですので、お財布に余裕がある方は是非!!
Jazz | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
う~ん 今回のアルバム聴いてみたい!

先日 春吉のNEW COMBOで大口純一郎さんのliveに行ってきました。

jazzが沁みる季節ですね

潮汐力により地殻変動が生じて地震が発生すると言う説もあります。
(統計的に見て満月・新月前後に地震が多い)
さらに地震発生(歪蓄積)と台風進路(プラズマ放射)の関係もあるそうですよ。このあたりの怪しい雑学は大好きです。

そう言えば数年前、月の土地が買えるキャンペーンやってましたね。
(最近では火星の土地も買えるらしい)
地代は安いけど、表札建てに行くのにエライ費用が掛かるのが難点...
あーっ、これは絶対聴いてみたいです。でもってベーゼンドルファーのピアノ!最近読んだ「ケッヘル」って本の中に出てくるんですよね~。そのピアノがっ。モーツァルト得意な主人公がおもちゃ代わりにそのピアノを与えられていたって文章があって。どんな音色がするんだろうって興味があったのですよ。タイムリ~です!Muさん、いつもいつも素敵なアルバムの紹介ありがとうございます。

昨日の月は本当に綺麗でしたね。月光を浴びながら、物思いにふけりながら昨晩は散歩しておりました。
ピアノソロ聞いてみたいです。
現代の音楽に慣れ親しんでいる私たちにとっては、クラシカルな響きって逆に新鮮かも。『night Birds』がどんな感じになっているのか楽しみです!
秋はAORもいいけど、フージョン、JAZZ,ピアノと心にしみる曲が聞きたくなります。また、MUさんの日記で勉強しなくちゃ~!!

ところで、満月・満潮は女性にとって重要かつ関係深いもの。
出産は本当に満潮の時ラッシュなんですよ!不思議ですね。
中秋の名月の日、主人とは宇宙の話で盛り上がりました。変な夫婦?(笑)
♪riverwildさん。
こんんちは!
今回のアルバム聴いてみたいですか?
秋の夜長にはピッタリですよー!!
豚ちゃん達に聞かせたら発育がよくなりそうです(笑)。
秋は夏に較べて夜が静かなのでJAZZとかが似合うんでしょうね。


♪よんふぉあさん。
私も怪しい雑学(ムー系)は大好きです(笑)。
月に地震が無いのは、中が空洞になっているとか、
月の裏側にはいくつもの基地があるとか、
大きさと距離から考えると地球の引力に引っ張られてもおかしくないとか、
月には色んなウワサが尽きません・・・(あっ、ギャグじゃないです・・・汗)
でも、人間の生態系にまで影響を及ぼしている存在が不思議ですよね。


♪risaさん。
>ベーゼンドルファーのピアノ!最近読んだ「ケッヘル」って本の中に出てくるんですよね~。

へー、実は私はこのピアノは知りませんでした(笑)。
でも、そんなに有名なピアノ・メーカーだったんですね!

>どんな音色がするんだろうって興味があったのですよ。

それは自分の耳で確かめてください(笑)。

ここ2日間の月の美しさには目を見張るものがありました。
多忙な毎日ですけど、美しい月を見ていると心が安らぎます。
っていうか、ナゼか懐かしさを覚えるんですよね~。
もしかして月からやってきたのか、私は・・・???
月光欲をしながらの散歩・・・今度は是非ご一緒させてくださいね☆


♪みんみんさん。
美メロで定評がある「ビル・シャープ」だけに、ピアノ・ソロはかなり美しい世界観を打ち出しています。
『Night Birds』もかなり違った仕上がりですけど、またいい味出してます。
是非チェックしてみてくださいね。

>中秋の名月の日、主人とは宇宙の話で盛り上がりました。変な夫婦?(笑)

いえいえ、ウチも結構宇宙系・神秘系が大好きで、結構話してますよ(笑)。
そんな宇宙的な話をしていると、人間が抱えている問題なんてちっぽけに思ってしまいますね。

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。