05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夜景に抱かれて・・・。

2006年10月15日
はぁ~・・・結局今週も1週間更新できなかった・・・(泣)。
毎日の様に更新を確認しに来てくださっている方には、本当に申し訳ありません。

さて、今日は本来ならお休みだというのに朝から仕事。福岡市西区小戸(おど)にある
『マリノア・シティ』という郊外型ショッピング・モールへとやってきました。
観覧車
ここは「小戸ヨット・ハーバー」のすぐ傍にあるショッピング・モールで、目印は『観覧車』
ナゼかここには観覧車が2つ隣接していて、大きい方は直径112メートルという日本一の大きさを誇るもの。
しかもすぐ傍は海&マリーナという絶景の場所です。
海 小戸マリーナ
アウトレット・ゾーンもあり、『Theory』『United Arrows』などのブランド・ショップから『Frankfrank』などのインテリア・ショップまで、通常の半額で購入できます。
この日は6周年の誕生祭という事もあり、朝から買い物客で賑わっていました。

さて、その観覧車ですが、夜になると・・・
観覧車 観覧車
刻々と移り変わる電飾でロマンティックにライト・アップされます。
しかも平日は夜10時、金・土・日・祝日は夜11時まで営業。
日本一の大きさを誇るこの観覧車は、一周するのに20分もかかります!
当然、観覧車の上からは「福岡ヤフー・ドーム」「福岡タワー」など、福岡市内の夜景が一望できます。

今回は残念ながら仕事で行っていたので乗る暇も無かったんですけど、今度はゆっくりと乗ってみたいなぁ・・・。

さて、そんな観覧車で聴きたい音楽・・・私はこんなアルバムを選んで見ました!!
Carl Anderson
『Carl Anderson / Fantasy Hotel』
01. I Will Be There試聴
02. If Not For Love試聴
03. Once In A Lifetime Love試聴
04. Love Will Follow試聴
05. Enough Said試聴
06. All I Wanna Do試聴
07. Closest Thing To Heaven試聴
08. Lover's Mask試聴
09. I'm No Stranger試聴
10. Wish I Could Stay (Fantasy Hotel)試聴

眼下に広がる夜景を堪能しながら聴く音楽は、やはりロマンティックでアーバンなサウンドが良く似合いますね。稀代のヴォーカリスト「カール・アンダーソン」が名門『GRP』から92年にリリースした作品です。

このアルバムの前にリリースした彼の代表作『Pieces Of A Heart(夏の夢のかけら)』の流れを汲む作品で、しかし前作以上のアーバン&ロマンティックな内容です。

「ジェフリー・オズボーン」「ドン・フリーマン」のペンによる夜の帳を演出してくれるエモーショナルなに始まり、「デヴィッド・フォスター」作&アレンジのジャジーな「ティナ・ターナー」「愛の魔力」を手掛けたヒット・ソングライター・チーム「グラハム・ライル&テリー・ブリットン」が書き下ろしたスケール感の大きな「ケニー・ロギンス&トム・スノウ」作で、「ケニー」のアルバム『ヒューマン・ヴォイス』にも収録されていた“Steely Dan meets Big Band”といった感じのゴージャスな、TVや映画のスコアを手掛ける「テリー・シルヴバーライト」のペンによるによるアーバン・コンテンポラリーな、都会の夜景を宝石箱にしてくれるロマンティックなバラード「マイケル・ラフ」が書き下ろしたレゲエ・タッチな、UKソウル・シーンの実力派シンガー「ゲイリー・テイラー」、御大「ミシェル・コロンビエ」のペンによる心に染み入るバラード・・・と、殆どの曲がスロー~ミディアム系のもので、タイトル通りファンタジーの世界へと誘ってくれます。

プロデュースは前作同様「リッピントンズ」「ラス・フリーマン」「アンドレ・フィッシャー」が担当。
彼等の人脈を駆使して、参加ミュージシャンも「デヴィッド・フォスター(key,arr)」「ニール・スチューベンハウス(g)」「マイケル・トンプソン(g)」「ルック・マロッタ(dr)」「ネイザン・イースト(b)」「デヴィッド・ボラフ(sax)」「マーク・ポートマン(key)」「ゲラルド・アルブライト(sax)」「レスリー・スミス(cho)」「マキシ・アンダーソン(cho)」など超豪華な顔ぶれの布陣を配し、彼の奥深いヴォーカルを引き立てています。

スムース・ジャズ/フュージョン・ファンはモチロン、AORファンも必聴の作品です。
でも、こんな素敵なアルバムだと、観覧車を二周も三周もしてしまいそうですね☆



えっ?誰と乗るつもりかって?
・・・も・・・もちろん、か・・・家内とですよ・・・(汗)



※皆さんが観覧車で聴きたいアルバムは何ですか??
AOR | コメント(11) | トラックバック(1)
コメント
ご無沙汰しています。
でも毎日の様に更新を確認しに来ていました(^^ゞ
今月末に熊本へ行くので、福岡は通るだけですけど、こんな大きな観覧車なら車窓から見えるかしら?
観覧車で聴きたいアルバムは、最近はジェームス・ブラント。でも一人で聴きたいわ。
マリノアにお仕事で・・・??
私は観覧車まだ乗ったことないです・・・。眺めいいんでしょうね~!
明日はお休み、休みのたんびに用事を入れていたので
本当に三ヶ月ぶりの一人の自由時間。
友達とも約束いれず、さて、何しよう!
音楽聴きながらの海辺のドライブもいいかな~??
前作より、こちらの方がよりコンテンポラリーで夜に似合いますね。
先週までラジオで流してたんですよぉ。(今週はWarren Wiebe特集)

>皆さんが観覧車で聴きたいアルバムは何ですか??
考えた事ありませんがな...
地に足が着いてないとダメ人間なので、
高所、狭い場所の典型的な観覧車は落ち着きませんねぇ。
そんなロマンチックなこと考えるのはMusicmanさんしかいませんよ。
あっ!外なんか見てないんだ。(笑)

♪ゆめさん。
こちらこそご無沙汰しております・・・。
本当に最近は忙しすぎてブログを書く時間はあるんですが、ネタになる出来事が全く無くて。
熊本へはお車?電車?
いずれにしても九州道を通るならちょっと見えないでしょうね。
都市高速だったらバツグンに見えるんですけど。

>観覧車で聴きたいアルバムは、最近はジェームス・ブラント。でも一人で聴きたいわ。

うーん・・・いいですねー!!
窓の外を見ている彼女に「Your Beautiful♪」・・・な~んて事は言いませんよ(笑)。
そんなにキザじゃないですってば!!


♪みんみんさん。
>マリノアにお仕事で・・・??

ほ・・・ホントなんです。朝から晩まで仕事でした(泣)。
もちろんショッピングも出来ず、なんだかおあずけ喰らったワンちゃんみたいな心境でした(泣)。
この観覧車は、実は私も乗った事が無くて(笑)。
でもすっごい眺めらしいです。
久々のお休み、ゆっくりされてくださいね!!


♪よんふぉあさん。
>前作より、こちらの方がよりコンテンポラリーで夜に似合いますね。

そうですねー。でも『Heavy Weather』を入れた3枚でベストを作ると、いろんな事に使えそうですね(笑)。

>高所、狭い場所の典型的な観覧車は落ち着きませんねぇ。
実は私もあまり高いところは苦手です。

>そんなロマンチックなこと考えるのはMusicmanさんしかいませんよ。
そ・・・そうですかぁ・・・(汗)。

>あっ!外なんか見てないんだ。(笑)
うーん・・・バレバレですね・・・。
hotei / guitarhythm 2、です!
観覧車大好き~。高所恐怖症気味の癖にね(苦笑) でもいいんです。観覧車のてっぺんでは外見てませんから。何してるかって?・・・(照)
この観覧車も乗ってみたいです!Muさん、一緒に乗りましょう!(笑) いやか・・・すいません(;^_^A
バックにこんな素敵な音楽付きならいうことないんですよね。
こんばんは。カール・アンダーソンのこのアルバム大好きです。
めちゃめちゃ上手い人という印象は、今でも変わりませんね。
以前に書いた記事ですが、TBさせて下さい。
奥さんと観覧車乗りたいって

今でもロマンティックなんだぁ

いいですね^^

観覧車で聞きたい曲ってどんなんだろ~

やっぱりあのゆるやかな動きにあった曲がいいですよね

やっぱり musicmanさんにお任せが一番いいかもねぇ♪
♪riverwildさん。
やっぱ観覧車でもロケンロールですか(笑)!
どんな20分間になるんだろう・・・。
ところでカフェ・プロジェクトはどの後どうですか??


♪risaさん。
risaさんも高所恐怖症なんですか?
じゃ、私がギュッと手を握ってあげるから・・・なんてまたこんな事書いたらつっこまれるんだろうな(汗)。
でもてっぺんで何してるのか非常に気になります(笑)。
是非一緒に乗って真相を確かめてみたいです☆


♪kaz-shinさん。
TB&コメントありがとうございました。
私もGRPの彼のアルバムは家法と言ってもいいくらい大好きです!
もちろん「Friends And Lovers」も☆
本当に惜しい逸材をなくしましたよね~。


♪ekoさん。
>奥さんと観覧車乗りたいって、今でもロマンティックなんだぁ・・・

ち・・・ちがうちがう・・・よく読んでください!!
一応そう書いておかないと(笑)。

>やっぱり musicmanさんにお任せが一番いいかもねぇ♪

おーっと!お任せ下さい!!
でも本当にセレクトしてダメ出しされたら結構ショックかも・・・(笑)。
まさかぁ

musicmanさんに駄目だしなんて 恐れ多いです^^
♪ekoさん。
いやいや、私だってまだまだ未熟者ですから・・・。

管理者のみに表示
トラックバック
2004年2月に惜しくも急性白血病で亡くなった激ウマ・ヴォーカリスト、カール・アンダーソンが1992年に発表したアルバムで、彼自身の通算7枚目、GRPレーベル移籍後の第二弾となる作品です。カール・アンダーソンは、70年代にミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパース
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。