01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

一足お先に夏気分♪

2005年03月19日
DSC06019.jpg

今日は晴れ。
気温はそんなに高くなかったんですが、青空が見えてキモチのいい一日でした。

仕事の関係で午後から岡垣町にある「三里松原」という海岸へ。
福岡市と北九州市との中間に位置し、県内でも自然の環境が残っている希少な海岸です。
「三里松原」は名前のとおりの広大な松林があり、数年前まではウミガメの産卵も確認されましたし、全国の浜辺ではもう絶滅したとされるハマグリもここではまだ健在です。
つまり(写真でお分かりの様に)かなり海がキレイです。
時期的に殆ど人影はなく、数人のサーファーが波に飲まれながら海上を漂っていました。

海に来ると何故か落ち着きます。
都会の喧騒を離れ、しかも人影まばらな海は何時間いても飽きません。
飽きるどころか、このままずっとココに居たいとまで思うくらいです。

以前見た映画「海辺の家」の様に、いつか海辺に小さくてもいいから家を建てて住むつもりです。

そして「どうせ住むならこんな穏やかな海辺に住みたい!」
と思わせてくれるジャケットのアルバムが・・・コレ!

Finis Henderson
『Finis Henderson / FINIS』
01. Skip to My Lou
02. Making Love
03. Lovers
04. You Owe It All to Love
05. Blame It on the Night
06. Percussion Intro - Call Me
07. Viña del Mar
08. Crush on You
09. I'd Rather Be Gone
10. Schoolgirl


AORブームもピークを越えた1983年にリリースされた人気の高い名盤です。
当時はそれほど話題にならなかったのですが、90年代後半ぐらいからマニアがこぞって探し始め、CD化されるまではアナログ盤が数万円で取引されていました。

この「Finis Henderson」は、元々アメリカのコメディアン。
そんな彼をモータウン・レコードが白羽の矢を立て、お笑い一切無しで作り上げたのがこのワン・アンド・オンリーのアルバムです。
プロデュースに「E.W&F」「アル・マッケイ」を迎えた事もあって、日本ではがディスコで小ヒット。
でも彼の持ち味は透き通るようなファルセットと、黒人にも勝るディープな声とのバランスが絶妙で、一度耳にすると何故かヤミツキになってしまいます。
「The Doobie Brothers / What A Fool Believes」に似たテイストで夏を演出。
「Steely Dan」「Pages」を髣髴とさせるはAORファン必聴ですし、はレーベル仲間「Stevie Wonder」の書き下ろしナンバーで、コレまた名曲です。

リリース当初は「ブラコン~R&B」としてジャンル分けされていましたが、参加ミュージシャンや楽曲、そしてアルバムの雰囲気からいくと完全にAORした作品です。

ちなみにこのジャケットは日本のレコード会社が差し替えたもので、オリジナルは軟弱オトコがマイク持って横たわっている写真・・・いただけません(笑)。

やっぱ、ジャケットって大事ですね!
人気ブログランキング
AOR | コメント(12) | トラックバック(5)
コメント
Musicmanさん、こんばんは☆
今日は快晴でしたね!
仕事が休みなら私も海に行ってたのになぁ
福岡は西の海しかしらないので、東の海も綺麗なんだなぁと思いました
今年の夏にでも遠出して入ってみたいです♪

あ!このアルバムも欲しいなぁ~と思ってた所なんですよぉ
へ~、このジャケってオリジナルじゃないんですか…
私の場合、買うか買わないかはジャケの影響が大ですので
このジャケなら即買っちゃいそうですよぉ
地道に探してみたいと思います!
>ななっちさん

今日もいいお天気でしたね!
西の海もキレイですけど、東の海もなかなかキレイですよ♪
このアルバムはCD化されていますので、比較的手に入りやすいと思います。買ってもし気に入らなければ私が買い取ってもいいと思うくらい自信を持ってオススメします!!!
ちなみに時間があるのなら、山口県の土井ヶ浜は、沖縄並に海の透明度がバツグンです。私は毎年行ってますよ。
Musicmanさん、こんばんは!
いつもコメントありがとうございます~。遊びにきちゃいました。
きれいな海。私も海は大好きで、いつかは海のそばで住みたいなぁと思っています。私の海は瀬戸内です。なので海の向こうは島が見えるのですが、こんな風に何もない海っていいですね!
このアルバムって海で聞いたらいい感じ~♪なのかしら?
Musicmanさん、こんばんは。
Kenny RankinのTB、ありがとうございました。ちょとのぞきに寄らせて頂いたらFINISのことが。レコードをジャケ買いしたことを思い出して嬉しかったです。このアルバム、今聴いてもいい感じですよね。
また寄らせてもらいます。
>bomtempoさん
お立ち寄りありがとうございます!
「Finis」と「Kenny」はタイプが違うけど、どちらも名盤ですよね!
そちらのブログで紹介されているアルバムも、個人的に好きなものばかりです。
またそちらにもお邪魔しますね!
>Ariaさん。
瀬戸内ですか。波が静かで穏やかな気分になれる海ですよね。
一度「瀬戸大橋」を渡ったことがありますが、海と島々のバランスが水墨画の様な美しさで感動した事を覚えています。
これからもよろしくです!
TBありがとうございました。
このアルバム、ほんとに名盤ですね!
これがCD化されたときの嬉しかったこと、今でも覚えています。

こちらからもTBさせていただきました(^^)
>K-FUNKさん。
どうもです。
これからもちょくちょく遊びに来てくださいね!!
TBありがとうございました。
Musicmanさん、どうもです。
このアルバムはほんとに必聴盤ですよね。
いい曲いっぱい入ってるし。
さて、実はまだまだブログ初心者で
TBをしたことがない私です(苦笑)。
♪taroさん。
ちゃんとTBされてますよ!
って事は記念すべき初TBが私のブログ??
光栄です(笑)。
今後ともよしなに!!
こんにちは!古い記事にコメント失礼します!
これはやっぱりジャケット最高ですね。ついつい夏に聞きたくなります。
元コメディアンとは思えないフィニスの歌いっぷりも魅力ですね。
(記事TBしたのですがうまくいかなかったようです)
♪240_8さん。
昔の記事なのにコメント本当にありがとうございました!!
感謝です。
このアルバムはAORファンなら永久保存版の1枚ですよね。
TB上手く行きませんか?
おかしいなぁ・・・時々不具合が出るようです。スミマセン・・・。

管理者のみに表示
トラックバック
FINIS / FINIS HENDERSON僕の最も好きなアルバムのひとつ。前に、ナイトフライトを紹介しましたけど、このアルバムも「思い入れの強い人の多い」アルバムで、僕もその一人です。詳しくは、こちら。フィニス
米国においては、当時売れっ子だった?存在のコメディアンが発表したBCM系AORの傑作アルバムですっ。 Finis Henderson / FINIS [1983] 邦題 1.サマー・スキップ 2.メイキング・ラヴ 3.ラヴァーズ 4.真夏のイマージュ 5.夜を彩る地平線 6.海を翔ける恋 7.海辺の葡萄園 8.クラ.
[真夏の蜃気楼」?ん?またまた凄い邦題だよね。今日はエンターテナー&コメディアンのFINIS HENDERSONの83年のアルバム「FINIS」です。producerはなんとEW&FのAl McKayです。音の方は見事なAdult Contemporaryです。参加メンバーはGuiterにAl McKay、Steve Lukather、Bassに
数日は大変暑い日が続いております。こちらでは、だいたい37度ぐらいの毎日で昼過ぎぐらいに、夕立ちのような大雨が降って来る。そしてすぐに止む、という。その後、蒸し暑くなるというわけで。Finis Henderson『Finis』1983年
『Joe / Signature』、『Bobby Womack / The Poet』、いずれも良いアルバムであることに疑いの余地はないものの...♪
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。