10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Musicman in Shanghai①

2006年11月18日
※遅くなりました!!1ヶ月近く放置状態・・・ゴメンナサイです。

先週27日(金)から、仕事で上海へ行ってきました。
行く事が決定したのが10月の中旬。
実は私にとって海外旅行は例の9.11の新婚旅行以来・・・つまり5年ぶりの海外となりました(笑)。
とはいえ、あくまでも仕事。フリー・タイムも無いし、観光の時間も取れるかどうか・・・(泣)。
福岡国際空港
朝10時の中国南方航空で「福岡国際空港」から出発。
(実は福岡国際空港も行ったの初めてでした・・・笑)。
およそ1時間30分ぐらいで「上海浦東国際空港」に到着。
上海国際空港
やはり国際都市“上海”。成田空港並みの馬鹿デカさ!!
それでも手狭になっているみたいで、反対側に新しくターミナルを建設中でした。
空港に着くと上海のガイドさんが迎えに来てくれていて、そのまま車で上海市街地へ。
街中 南浦大橋
中国と言うと山水画の様な風景というイメージだったんですけど、ここ上海に至っては東京よりも高層ビルが立ち並び、サスガ国際都市だけのことはありますね。
高速道路(無料なんです!)を進み「南浦大橋」を渡ってまずは腹ごしらえ。
百貨店 百貨店
百貨店の中にあるレストランに連れて行かれました。
(やっぱり地元ガイドとお店が提携しているんでしょうね・・・笑)
料理は・・・、
漬物 豚肉とセロリの炒め物
小龍包 ヌードル
炒飯 スープ
炒飯やらスープやら小龍包やらヌードルやら・・・これでもかというくらい出てきました。
今回は仕事関係の人と2人(もちろん男ですよ!誤解のないように!!)で行ったのですが、とても2人で食べきれないくらい出てきました。
思ったよりも薄味でしたけど、なかなか美味しかったですよ!
ちなみに中国の爪楊枝は・・・
爪楊枝
両方とも使えます(笑)。

おなかも満腹になったところでホテルへ到着。
ホテル
今回JTBさんが用意してくれたのは『中福世福匯大酒店 (サルボホテル シャンハイ)』。
上海には至る所にホテルがあって1つ星から最高は5つ星までランキングされています。
ココは5つ星!!
サスガに室内もゴージャスで居心地が良かったです。
ホテル ホテル
ところで中国の交通事情・・・これにはぶったまげました。
まず殆どの人が「交通ルール」を守りません。
信号が青になって横断歩道を渡っていると、車は止まらずに突っ込んできます。しかも「どけどけ~!」って感じでクラクションを鳴らしながら(汗)。
もちろん車同士も信号は無視するし、極端な割り込みはするし、バイクは夜でも無灯火&2人乗りだし・・・。
とにかく一日中クラクションが鳴りっぱなし!!もうウルサイの何のって。
一日に交通事故で亡くなる方が250人いるそうです(ショック!)
道路交通法なんてものが無いのかと思うくらい怖い街です(笑)。

でも不思議なもので、2日目からはクラクションの音も慣れてくるし、自分も信号無視で渡ってしまうくらい馴染んでましたけどね(笑)。

さて、街も少しずつ日が傾き、夕飯タイム。
東北人
連れて行かれたのは東北料理のお店『東北人』
別に日本の東北料理じゃありません(笑)。
黒龍江省や吉林省を中心とした中国東北地方の料理のお店です。
緑と赤の派手な看板が目印のこのお店は、店内は広くて派手な色を使った内装が印象的です。
ナント26種の餃子と40種の高山野菜、12種の東北酒が用意されている地元でも人気のお店なんです。
イサキの姿揚げ 茹餃子
春雨? ジャガイモと牛肉の炒め物
東北料理は比較的濃い味付けと聞いていたのですが、どれも薄味で正直・・・ビミョー(笑)。
カラフルな餃子の色には驚きましたけどね!

食後に向かったのは・・・上海の中でも老舗中の老舗ホテル『和平飯店』
和平飯店
上海市の中心地である南京東路に建てられた世界的にも有名な老舗ホテルです。
ここ数年、上海市内には現代的な超高層の高級ホテルが立ち並んでいますが、この『和平飯店』は、創業80年近くにも及ぶ古き良き上海ルネッサンスの香りを残したクラシックなホテル。
和平飯店 和平飯店
エントランスもレトロ・モダンです。
OLD JAZZ BAR
そのホテルの一角にひっそりと佇むバーが『OLD JAZZ BAR』。
かつては「マレーネ・デートリッヒ」や、ソ連のスパイ「リヒャルト・ゾルゲ」も訪れ、「李香蘭」もステージに上がったことも有る名店。
ここに平均年齢75歳の老舗ジャズ・バンド「オールド・ジャズ・バンド」が夜毎演奏しているそうです。
OLD JAZZ BAR OLD JAZZ BAR
長い年月にわたって使い古され、しかし一朝一夕ではなしえない味わいあるバー・カウンターは、歴史の重みを感じさせます。

ここには夜毎、平均年齢75歳の熟年ジャズ・バンドが演奏しています。
この日は北九州の熟年ジャズ・バンド(平均年齢65歳)「ニュー・スカイラーク・ジャズ・オーケストラ」も出演していて、ジョイント・ライブを披露!
OLD JAZZ BAND OLD JAZZ BAND
まさに“上海バンスキング”な一夜でした。

その後、夜の上海を散歩・・・。
歩行者天国 歩行者天国
歩行者天国 歩行者天国
「南京路歩行者天国」です。
中国らしいきらびやかなネオンや看板は、いま自分が上海に居るんだということを実感させられます。
夜10時を回っているというのに、まるで昼間の様な人の多さにはビックリでした!!
歩行者天国
それにしても凄い電力消費量です・・・(汗)。

こうして上海1日目は更けていくのでした・・・。
ホテルからの夜景


Musicman in Shanghai①続きを読む・・・。
未分類
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。