09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

昭和と御仏の旅。

2006年12月17日
クリスマスも近づいた今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか?
私は久々のドライブへ大分県へ行ってきました。
転職後はハードな毎日が続き、ろくにドライブなんて行ってなかったので、朝からワクワク☆
今回は大分県・国東(くにさき)半島へ。
国東半島は、大分県の北東部・瀬戸内海の方向に丸く海に出っ張っている所。大分空港もあります。
海と山の両方に恵まれているせいもあって、昔から仏教文化や海運文化など高度な文化を誇っていたそうです。
中でも“仏の里”と呼ばれる様に、いたる所に寺院・仏閣があり、また石仏も数多く存在しています。
国東半島
まず最初の訪れたのは、国東半島の付け根にある宇佐市四日市にの『十宝山・大乗院』
大乗寺
実はココ・・・何と『鬼のミイラ』が安置されているんです!!
そもそもは、ある名家に代々家宝として伝わっていたもので、やむを得ぬ理由で手放され、その後さまざまな人の手を経た後、大正14年大乗院の檀家が購入(当時の価格で5,500円)したんですが、原因不明の病に倒れたそうです。
この事を“鬼の祟り”と考えて、この「大乗院」にミイラを安置してもらうこととなりました。昭和4,5年頃のことだそうです。

写真の様な、鬱蒼とした竹藪に挟まれた階段を上ると、鮮やかな色のよだれかけをした地蔵様が五体、静かに出迎えてくれます。
ちょっとドキドキしながら本堂へ進むと・・・ありました!「鬼のミイラ」
頭は大きく、角が2本あり、鋭いツメを持った手と足の指は3本!!
残念ながら写真撮影は禁止なので見せられませんが、今は神様として祀られています。
九州大学の調査によると、このミイラ仏は、人骨しかも性別は女性であるとの事。
でもその表情は、何となく物悲しさを感じました。

ん?怖かったかって?
いえいえ、助手席には「動く鬼」が座っていますから・・・(汗)。

そんな鬼を助手席に乗せて次に向かったのは『宇佐神宮』
全国4万社余りの八幡宮の総本宮がここ。
宇佐神宮 宇佐神宮
子供の頃に来て以来、何十年ぶりかにやってきました。
大きな鳥居が荘厳かつ神聖な雰囲気を漂わせています。
何段もの階段を昇り、目の前に現れた本殿は見事の一言!!
宇佐神宮 宇佐神宮
ここは“2礼4拍1礼”でお参りをするそうです。
私にとって今年は、色々と激動の年・飛躍の年でしたのでお礼を兼ねて心からお参りいたしました。
本殿へ行く途中にはこんなキレイな椿の花が・・・。
椿
いい香りを放ち、とってもキレイでしたよ!!

さて、『宇佐神宮』を後にした私達は、国東半島にある豊後高田市へ。
昭和の町
江戸時代から明治、大正、昭和の30年代にかけて、豊後高田の中心の商店街は、国東半島一の賑やかな“お町”として栄えていました。
そこで町の活性化として『昭和の町』というコンセプトで、この商店街が最後に元気だった時代=昭和30年代の賑わいを、もう一度よみがえらせようという願いをこめて、平成13年に着手した町づくりを行っています。
昭和の町
町並みも本当に昭和のアノ時代そのまま!!
昭和30年最後の年に生まれた私でさえ、本当に懐かしい雰囲気がそのまま甦っています。
町を歩いていると・・・
電気店
一軒の電器屋さんの前でこんなものを見つけました。
βデッキ スカイセンサー
そうです!今や滅多にお目にかかることが無い「βビデオ・デッキ」と、懐かしのBCLラジオ「カセット・スカイセンサー(SONY CF-5950)」!!
1976年に発売され、価格は56,800円!
70年代の5万円台ですから、なかなか手が出なかった記憶があります。
しかも、現代の家電と一緒に並べられているという不思議な空間でした。
「スカイセンサー」・・・欲しかったなぁ・・・。
自販機
町の自動販売機は、昭和ヴァージョンです(笑)。
タクシー会社にもこんなものが。
タクシー
シボレーのタクシーです。
途中で見つけた子供たち。
土管の少女
今時こんな土管の中で遊んでる子供って居ませんよね(笑)。

この『昭和の町』の通り沿いには、昭和の思い出の品を各店舗が探し出して展示しています。
ここに一歩でも足を踏み入れると、誰もが昭和の町の住人の一人となって、昭和の時代にタイムスリップしてしまいます。
中でも『昭和ロマン蔵』は必見です!!
昭和ロマン蔵
入り口をくぐると、まず出迎えてくれるのが・・・
ミゼット ミゼット
うぉー!!「ダイハツ・ミゼット」じゃないですかぁ!!
しかも、今でも使われているかの様な保存状態!!
映画『稲村ジェーン』にも登場していましたけど、懐かしいですねー。
先へ進むと現れるのが『駄菓子屋の夢博物館』
もう懐かしいものばかりの博物館です!!
お菓子看板自販機
自転車anan博物館
博物館鉄人28号漫画
ヨーヨージュース瓶グリコのおまけ
いやー、まさにここは『昭和の町』です!!
国東半島へ行かれた際は、ぜひ立ち寄ってくださいね☆

さて、先にも書いたように、ここ国東半島は“仏の里”。
次に向かったのは『熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)』
読んで字の如く、崖を削って作った仏様です。
熊野磨崖仏
鬼が一夜にして組んだと言われる99段の急勾配な石段を、息を切らして上ると・・・
熊野磨崖仏
目の前に現れたのは、日本一雄大な石仏「熊野磨崖仏」
向って右に大日如来といわれる「如来形像」、左に「不動明王」の巨大な威容が、大粒の礫(れき)混じりの岩肌に浮き彫りにされています。
熊野磨崖仏 熊野磨崖仏
伝説では養老2年(718年)宇佐八幡の化身「仁聞菩薩」が作られたと言われています。
磨崖仏の造立は藤原末期と推定。
「大日如来」と称される如来像は、高さ7mの巨大な像形を刻み出し、
「不動明王像」は、高さ8m!!
とても人が作ったとは思えません・・・本当にありがたいものを見せて頂きました。

それにしてもここまで登るのには本当に一苦労です。
下山した私たちは膝が笑ってましたから(泣)。

でも、せっかく国東半島に来たのだから・・・という事で、次に向かったのは『富貴寺(ふきじ)』
富貴寺
養老二年(718年)に建立されたこのお寺は、昔この地にあった高さ970丈もある榧(かや)の大木1本で作られているそうです。
この榧の木1本で大堂を造り、仏像を刻み、その余材で牛を刻み、それでもまだ余材があったので、刻んだ牛に乗せて熊野に運んだところ、途中で牛が動かなくなりました。その地に建てたお堂が、近くにある「真木の大堂」であると言い伝えられています。
もちろん国宝で九州最古の和様建築物です。
本堂の中央には「本尊阿弥陀如来坐像」が安置され、堂内の壁画は日本の四大壁画の一つに数えられています。
しかし痛みが激しいので、壁画の写真撮影は禁止でした。

昭和の町並み、仏の里をタップリと満喫した私たちは、家路へと向かう・・・ワケないじゃないですか(笑)!!
忘れてませんか?食いしん坊夫婦ですよ!!
アチコチ歩き回ったせいで足はパンパン、お腹はグーグー。
という事で、向かった先は以前もご紹介した日田市の温泉施設『琴平温泉ゆめ山水』へ。
夢山水
あいにく雨が降ってきましたが、逆に暖かい温泉が恋しくなってます。
夢山水 夢山水
通された家族風呂は『山ざくら』というお部屋。
桶の湯船が木の香りを放ちながら出迎えてくれます。
今日一日の疲れをほぐしてゆっくりとお風呂に入った後は、お楽しみの食事!
すぐ前にある食事処で焼肉です。
夢山水 夢山水
注文したのは「2人前の盛り合わせ(2500円)」
でも食べ盛り(?)の私たちは追加で「特上カルビ」「ユッケ」を!
夢山水 夢山水
豊後牛のとろける様な美味しいお肉に舌鼓です。

昭和の時代と御仏の里で童心に戻り、温泉と食事で満たされた一日でした。
ま、相変わらず走行距離は400キロ以上でしたけどね(笑)。

ところで“昭和”と言えば・・・
寺尾聰
『寺尾聰 / Re-Cool Reflections』
01. Re-Cool HABANA EXPRESS
02. Re-Cool 渚のカンパリ・ソーダ
03. Re-Cool 喜望峰
04. Re-Cool 二季物語
05. Re-Cool ルビーの指環
06. Re-Cool SHADOW CITY
07. Re-Cool 予期せぬ出来事
08. Re-Cool ダイヤルM
09. Re-Cool 北ウィング
10. Re-Cool 出航 SASURAI
11. ルビーの指環1981


そうです。昭和のあの大ヒット作品が、21世紀に甦りました!!
いやー、この作品をどれほど待ち望んだことか!!
キリン・ラガー・ビールのCMで、久々に歌う彼を見つけ、しかもバックにはレコーディング・メンバーのお姿も!
その後、このアルバムが発売されると聴いた時はまさに狂気欄舞☆
それから先行シングル「HABANA EXPRESS」が届き、その変貌振りにまたまたビックリ。
そして遂に、アルバムのベールが剥がされました。

日本を代表するAORアーティスト「寺尾聰」の待望のNEWアルバムは、名作『Reflections』を当時のミュージシャン+内外のゲスト・ミュージシャンを迎えて再レコーディングした、まさにリフレクションな1枚です。
まるで25年ぶりに再開した親友と「お互い歳を取ったよなぁ・・・」等と言いながら酒を酌み交わしている様な錯覚さえ覚えました。

先行シングルは、カリビアンなテイストに生まれ変わった今風なアップ・ビート。はオリジナルよりもアコースティックな仕上がりでありながら、逆に若返った感じがするサウンド。はオリジナルに近いながらも、やはりいぶし銀の仕上がり。個人的に好きだったは、よりジャジーに生まれ変わり、楽曲の良さがより鮮明に。そして日本レコード大賞を受賞した名曲は、かなりファンキーに生まれ変わり、これぞ日本のAORと呼んでも過言ではないでしょう。オリジナルはタイヤのCMソングとして使用されたはアグレッシヴな仕上がり。もファンキーに生まれ変わり、はボッサ・アレンジに変身。オリジナルに忠実なも、大人の雰囲気を漂わせ、よりハードボイルドになったが流れる頃には「昔のも聴いてみようかな」と思っちゃいます。
と思っている所に流れるは、当時のアレンジでレコーディングしたスタジオ録音ヴァージョン!!

参加ミュージシャンは「今剛(g)」「井上鑑(key)」「高水建司(b)」「山木秀夫(dr)」「林立夫(dr)」という当時のレコーディング・メンバーに加え「アレックス・アクーニャ(perc)」「ヴィニー・カリウタ(dr)」「エリック・ミラー(pan)」「スティーヴ・マディオ(fl)」等の海外ミュージシャン、更に「ゴスペラーズ」もコーラスで参加!!
まさに21世紀の『Reflections』が誕生した瞬間です。

確かにアレンジも声も全然違うんですけど、やっぱり「寺尾聰」のサウンドは25年経った今でも全然変わらず、ちょっと嬉しかったりして(笑)。

最近は役者としての活動の方が知られていますけど、アーティストとして久々に復活した「寺尾聰」のアルバムは、若い方にこそ聴いてもらいたい1枚です。

「昭和の時代は良かったなぁ・・・」なんてノスタルジックに浸るつもりはありませんが、やはり良質な音楽は時代が変わっても輝き続けるものなんですね☆
J-POP | コメント(17) | トラックバック(1)
コメント
12月はお忙しい事でしょう・・・
いい息抜きが出来たようでよかったですね。
九州って近県でなかなかいいドライブ・スポットがありますから。
でも国東半島は行った事ないです。
本当に「昭和」って雰囲気なんですね。
「レトロ」とは安易に言っちゃいけないような気がします。

昨日寺尾さんのアルバム予約してきたところでして、コチラに来てびっくり。
このアルバムご贔屓なゴスペラーズが参加しているのも嬉しい!
当時は中学1年で「大人~」と思いながら聴いてたけど、自分が大人になってからリメイク盤聴けるなんて思いもしませんでした。
今の中学生はどんなミュージシャンに「大人」を感じているのでしょうか?

1月2日にNHKで寺尾さんの特番あるみたいですよ。
是非チェックしてくださいね。

ゴブサタしてます。昭和好きなものでつい反応しちゃいました。
ここ、いつだったか私、TVで見た町でした。
一度行ってみたいとこだなぁと思っていたのですが、すっかり町の昭和っぷりにばかり目がいって、
それが果たしてどこにあるとこなのかノーチェックだったのですが、ココです、ココ。間違いない。
…遠いなぁ(苦笑)。
「男はタフでなければ 生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない。」
そんなフレーズが頭をよぎる寺尾さんの音楽、いいですね。
聴いてみたいなぁ、コレ。
やっぱりあのジャケットのLOVEの文字が忘れられません。
♪ちひろ@福岡さん。
MISIAのライブからさっき帰ってきました。
確かに12月は忙しいです・・・。
だから久々のドライブが出来てリフレッシュになりました。
国東半島、是非オススメですよー!!
私も子供の頃に行ったっきりだったので、意外と初めて見る景色ばかりでした。
中でもこの「昭和の町」は、本当に「昭和」って雰囲気です。
映画『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン』や、『ALWAYS~三丁目の夕日』とか、最近は昭和に目が向けられていますけど、
まさにそんな世界が待っています。

「寺尾聰」さんのアルバム・・・これマジでヤバイです!!
「ゴスペラーズ」のコーラスもいい味出してますし、
何と言っても生まれ変わり度が凄い☆
本当に自分が大人になってリメイク盤が聞けるとは思っても見ませんでした。

>今の中学生はどんなミュージシャンに「大人」を感じているのでしょうか?

うーん・・・そんな大人な音楽が無い様な気がしますねー。
少し残念です。

>1月2日にNHKで寺尾さんの特番あるみたいですよ。
>是非チェックしてくださいね。

おー!それは知らなかった!!サスガNHK(笑)。


♪祥さん。
うわー!本当にお久しぶりの書き込み、ありがとうございます☆
お元気ですか?
やっぱり昭和好きな祥さんには、ココはチェックして欲しいですねー。
私も見るもの全てに「うわー!!懐かすぃー」状態でしたから(笑)。
確かに祥さんとこからは遠いですけど、是非機会があれば☆

「寺尾」さんのこのアルバム、ハードボイルド度が更にパワー・アップしている気がします。
出来ればジャケットもリメイクで「LOVE」の文字が出ていれば最高だったのに・・・(笑)。
ま、最近は嫌煙ブームですから、考慮したのかな??
久しぶりの息抜き、素敵な町並み、とても新鮮だった事でしょう。
またまた楽しそうな所で、私も行ってみようと思います!

キリン・ラガービールのCM、懐かしい雰囲気で好きです!
寺尾さんの曲は2~3曲しか聞いたことないけど、
このアルバムとっても気になってたんです。
Musicmanさんのお話で、更に興味が出てきました!

とっても寒くなってきたので、風邪など引かないようお気をつけ下さい!
私も体調管理ちゃんとしま~す^^
こんにちは。
早くも紹介されましたね~(笑)
1981年のアルバム・リリースの時は、聴きまくった1枚です。
それにしても過去のアルバムを丸ごと1枚新しい録音で、曲順まで同じという
のは面白いですよね。聴き比べるのに最適でしょうし、オリジナルに思い入れの
ある場合、曲順が変わると違和感を感じる時もあるでしょうしね。
Musicmanさんの後追いになりますが、いつかこのアルバムの記事書きたいですね。
と言うか、発売されたら速攻で買わねば・・・(笑)
♪mikaさん。
お久しぶりです!
本当に久々のドライブだったので、ゆっくりと自然を満喫しました。
ここはかなりオススメですよ。
寺尾さんのこのアルバムは、昔のアルバムを聴いた事が無い方も十分楽しめる作品です。
是非一度チェックしてみてくださいね!!
mikaさんも風邪やノロ菌などに気をつけてくださいね。

♪kazu-shinさん。
こんばんは!
なかなかコメント書けなくてごめんなさい。
でも毎晩チェックしてますよ!!
そうなんです、フライング入手しちゃったので早速書いちゃいました(笑)。
私もオリジナル(?)は、それこそ擦り切れる程聴いた口です。
それを今の感覚でリメイクするというセンス、アイディア・・・サスガですよね~。
是非kazu-shinさんの感想も見てみたいな~。
昭和の町、行きたい~!てか、住みたい(笑)
ウチの兄がカセットなし、ラジオのみのスカイセンサーを使ってました。
壊れてもう動きませんが、なぜかまだ実家に置いてある・・・

寺尾さんも今や日本を代表する俳優さんですね。
例によって「フライング」ってことは、コレはまだ発売されてないのかな?
『Reflections』の次のアルバムが同じ路線らしいのですが、
以前CD化されたものが入手困難になっているようです。
再発してくれんかな~

♪怪鳥さん。
でしょ!?この町はとても21世紀に存在するとは思えない町です(笑)。
しかもテーマ・パークにしているわけではなく、普通に生活しているから不思議です・・・。
スカイセンサー・・・懐かしいですね~。
私も一時期はBCLでラジオ・オーストラリアとか聴いてました(恥)。
アノ頃はラジオから外国の言葉が流れるだけでワクワクしていましたね☆

寺尾さんのアルバムは12月20日にリリースです。
2ndアルバムはCD化されていたんですね?

>以前CD化されたものが入手困難になっているようです。

ま・・・マジっすか(汗)!?
これを機に再発して欲しいですね。
でも発売元の東芝EMIが今はバタバタなので・・・当分ムリかもしれませんねー。
国東にはこんなところがあったんだ~

楽しそう!機会があったら行きたいな~
お久しぶりです。
これはほとんど、大分県の観光案内みたいな旅ですね。素敵です。
国東半島の国見町、姫島の対岸に伊美神社というのがあって、すごく面白いものがご神体になってます。なにかって?まあその、ごにょごにょ・・・。とってもご利益があって子宝に恵まれるそうです(笑)。ということは、アレですね。
すいません、格調高いウェブログにこんなこと書いて。
『鬼のミイラ』といえば僕も佐賀で『河童の手のミイラ』を見たことがありますよ。なんだかほほえましい民俗学の旅です。

しかし、寺尾聰とは思いませんでした。もちろん僕も『ザ・ベストテン』世代。応援しなきゃ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
はじめまして!
Musicmanさんのブログは奥がふかーいんですね。。
ちょくちょくお邪魔して勉強させていただきます♪
Muさん、なんだかおひさしぶりです~。

昭和の町!素敵ですね。街がどんどん変わっていくのは寂しい。昔ながらの町って好きです。昭和の頃ってなんだか良かったですよね。歳と共に昔が懐かしくなってしまいます。タイムマシーンにMuさんと乗って、昭和に戻って昔の駄菓子を食べたり、レコードやカセットテープで一緒に音楽聴いたりしたら楽しそう~っ。
今年も素敵なクリスマスをお過ごし下さい。(*^_^*)
♪リーバーワイルドさん。
こんばんは!
国東はなかなかいい場所が沢山ある所ですよ~。
特に昭和の町は絶対にオススメです。
是非一度訪れてみてくださいね!!


♪itaka3さん。
こちらこそご無沙汰しております。

>これはほとんど、大分県の観光案内みたいな旅ですね。

ははは!そうなっちゃいましたね。
色んな事を紹介したくて、気が付いたらそんな内容になってしまって。
姫島の伊美神社の御神体は私も知っています。
アレの形ですよね(笑)。

>格調高いウェブログにこんなこと書いて。

いえいえ、全然格調高くなんてないですので。


♪そらさん。
コメント&お知らせありがとうございます。
世の中には色んな人が居ますよね。
とっても残念ですけど、再開したら是非また教えてくださいね!
待ってま~す☆


♪Nekoさん。
こちらこそ訪問ありがとうございます。

>Musicmanさんのブログは奥がふかーいんですね。。

そんな事無いですよ~。何の脈絡も無くただ書いているだけで・・・長いだけです(笑)。
是非また遊びに来てくださいね。
こちらからもお邪魔致しますね☆


♪risaさん。
ホントお久しぶりです!!
この昭和の町は、古きよき時代のものがそのまま残っているので、懐かしさに加えて楽しさも倍増です!

>タイムマシーンにMuさんと乗って、昭和に戻って昔の駄菓子を食べたり、レコードやカセットテープで一緒に音楽聴いたりしたら楽しそう~っ。

おー!!それはいいですねー。
九州に来た時は、是非ご案内しますよ☆
risaさんも素敵なクリスマスを!!
はじめまして、ナンシーです。昭和の町を検索していましたら、訪問しました。
わたしは、大分市にすんでいます。大分県内なのに、国東半島、高田と、あまりいったことがありません。あした、「昭和の町」に、行くんです。電器やさん、ロマン藏も行ってみたいと思います。たのしみです。泊まりは、別府です。べっぷ亀の井ホテルのファミリールームは、おすすめ。そして、ななめまえのBARミルクホールもとてもいいですよ。別府は来たことがありますか。それでは、昭和の町いってきまーす。そしてまた、ブログにおじゃまします。
♪ナンシーさん。
初めまして!コメント&訪問ありがとうございます。
今日の豊後高田旅行は如何でしたでしょうか?
私も出身は大分市なのですが、それまで豊後高田や国東半島はあまり行ってませんでしたが、
大人になって訪問するとまた良さが分かりますね。
別府は親戚が居たので子どもの頃からしょっちゅう行ってました。
「BARミルク・ホール」は噂では聞いていますけど、まだ行ったことがないんですー!
今度是非お邪魔したいと思ってます。
豊後高田の感想も是非聞かせてください。
そしてこれからもちょくちょく遊びに来てくださいね☆
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示
トラックバック
国東半島国東半島(くにさきはんとう)は、大分県の北東部に位置する半島である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。