08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

三都物語②~東京編じゃん!

2007年01月20日
東京駅
名古屋から帰って、次の日またまた出張へ。
今度は「東京」
東京も写真の通り良く晴れた一日でした。
羽田からモノレールで浜松町まで行き、そこから東京駅で下車。
久々に来ました「東京駅」

大正3年に開業した東京駅は、日本の鉄道の中心地として今でもその赤レンガの姿のまま人々を迎え入れてくれます。
設計者は「辰野金吾」氏。
辰野金吾
佐賀県・唐津に生まれた彼は、大学で建築学を学んだ後イギリスへ留学。
そこで得た知識と経験を生かし、帰国後は“辰野式”と呼ばれる煉瓦を基調とした独特の西洋建築で「日本銀行本店」「明治生命」「両国国技館」「大阪市中央公会堂」など全国の建造物を次々と手掛け、日本の現代建築をリードした人物です。

その東京駅の向こうに高い建物が建設中ですけど、無味乾燥なコンクリートと鉄、ガラスだけで作られる建物よりも、やはり温かみがある「辰野金吾」氏が手掛けた建造物の方が、長く親しまれると思いませんか?



さて、今回の東京出張の本当の目的は・・・
コットンクラブ
そう、今最も注目されるライブ・ハウス『コットン・クラブ』で行われた“Dr. Jazz”こと「ベン・シドラン」の新レーベルお披露目コンベンション。

「スティーヴ・ミラー・バンド」「ボズ・スキャッグス」との接点から、どちらかといえばポップス畑での評価が目立つ「ベン・シドラン」ですが、最近はミュージシャンとしてよりも「ヴァン・モリソン」「クレモンティーヌ」等のプロデューサーとしての印象が強いですね。
90年には自身が中心となった『Go Jazz』レーベルを立ち上げて、自己のソロ作品はもちろん「ジョージー・フェイム」「ウィル・リー」「リッキー・ピーターソン」そして「フィル・アップチャーチ」などの名盤を数多く残しています。
NARDIS MUSIC
そんな彼が、今年の春に自らの姓を逆に綴った『NARDIS MUSIC』という新たなレーベルをスタート。そのイラストは、数年前に海辺で「マイルス・デイヴス」と話している最中にスケッチしていたものをプレゼントされたものでだそうです。

当日は「ベン」はもちろん、息子の「リオ・シドラン」、そして「リオ」と一緒に「Joy and the boys」というユニットを組んでいる女性シンガー・ソングライター「ジョイ・ドラグランド」も来日して、レーベルの説明や素敵なパフォーマンスも披露してくれました。

『Go Jazz』との違いは、より幅広い音楽を紹介していくという事で、2月28日に5タイトル一気にリリースされます。

そんな5タイトルの中から紹介するのは・・・

Ben Sidran
『Ben Sidran / Nick's Bump』
01. Little Sherry
02. Cryin' Blues
03. Black Jack
04. Blue Panther
05. Cats
06. Zambia
07. Mean Greens
08. Listen Here
09. Blue Minor
10. Nick's Bump


新レーベル『NARDIS』からの最新作です(通算26作目!)。
常に新しい試みを行い、ジャズの可能性を導いてくれる彼ですが、今回はハモンド・オルガンを全面的にフィーチュアした演奏で、息子の「リオ」とベースの「ビリー・ピータースン」、SAXの「ボブ・ロックウェル」、ギターの「ルーカ・パテノード」という編成でプレイされています。
ここではいつものウィットに富んだ彼のヴォーカルは聞かれませんが、収録されたナンバーには、彼のルーツとも呼ぶべき要素が溢れていて、「チャーリー・ラウス」「エディ・ハリス」②⑦⑧「ドナルド・バード」「リー・モーガン」「ソニー・クラーク」・・・といった、“古きよきGroove Jazz”を感じさせるものを中心に構成。
もちろんオリジナルも④⑩で披露してくれていますし、「アート・ブレイキー」「ディジー・ガレスピー」の貴重な声をコラージュ的に配置するなど、さすが彼のクールな感性が垣間見られます。

サウンド的には非常にリラックスした感じで、過去のAOR路線が好きな方にはちょっと戸惑いがあるかもしれませんが、これぞ“Dr.Jazz”が考える“イマ”のジャズの姿なのかも・・・。
今後注目したいレーベルです☆

さて、そんなゴージャスな雰囲気に酔いしれた私ですが、今夜は・・・
羽田空港
そう、残念ながら日帰り(泣)。
翌日朝一で重要な会議があるもので、泣く泣く東京を後にしました。
でも会議の後は大阪へ!!
Jazz | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
Musicmanさん、こんばんわー。
出張だったんですねー*
コットンクラブ、雰囲気がいいですよねー。
通り過ぎるだけで、まだ、入ったことがないのですが、
今年は、できるかぎり、好きなアーティストのライヴには行こうと思います。
Jazzのこのアルバム、視聴できる場所はまだ、ないのかな?
なんだか、最近、jazzずくめで気になります。
いろいろ、jazzの推薦盤、これからも宜しくです!
♪JJさん。
こんばんは!ご無沙汰しております。
ここのところ出張続きでちょっとバテ気味・・・。
でも好きな音楽と接しているから大丈夫ですよ!
コットンクラブは私も初めて行ったんですが、
雰囲気はモチロン、音もすごく良くて、どこの席でも同じように聞こえるから感動でした。
是非行ってみてくださいね。

視聴ですけど、色々探してみましたがまだ出来ないみたいですね・・・。
どこかで見つけたらちゃんと再アップしますのでお楽しみに☆
「シナトラ」とはちょっと傾向が違いますけど、これはこれでオススメです。
超多忙ですね。
でも忙しさを楽しんでくださいね♪
『コットン・クラブ』素敵な雰囲気ですね。
ちょっとお洒落してして行ける場所がたくさんあるって、いいことですよね。

このレーベルのデザイン、かっこいいですね。
アルバムのジャケもいい感じです。
聴いてみたい気にさせるセンスだと思います。
♪ちひろ@福岡さん。
2つもコメントありがとうございます。
かなり多忙な日々が続いていますけど、こんなのは序の口。
もうじき帰れない忙しさが待っています!!
『コットン・クラブ』は本当にオシャレで大人の空間でした。
場所も丸の内ですし、うらやましいですねー。

このレーベルは今後マジで注目です!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。