03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

梅は咲いたか、桜はまだかいな・・・?

2007年03月06日
先週までは春・・・というより初夏のような陽気だったのですが、
日曜日から暴風警報が発令され、冷たい雨も降って福岡の気温も一気に真冬並み!!
そういえば一年前のこの時期もそんなお天気でした。
寒緋桜
写真は福岡県福津市にある『宮地嶽神社』のシンボルともいえる「寒緋桜」
桜には様々な種類がありますが、他の桜に先駆けて開花します。
よく1月下旬頃に「沖縄で全国初の花見が・・・」なんてニュースが流れますけど、ここでいう花見の桜はこの「寒緋桜」の事を言うそうです。

あいにくの雨混じりの強風でしたけど、さすが自然界の生命力!
しっかりと誇らしげにその可憐な花を咲かせていました。

そんな美しい花を愛でながら聴いていたロマンティックなアルバムが・・・コレ!!

Dave Loz
Dave Koz / At the Movies』
01. Over The Rainbow (The Wizard Of Oz)試聴
02. Moon River feat. Barry Manilow (Breakfast At Tiffany's)試聴
03. As Time Goes By (Casablanca)試聴
04. Somewhere feat. Anita Baker (West Side Story)試聴
05. The Shadow Of Your Smile
            feat. Johnny Mathis and Chris Botti (The Sandpiper)試聴
06. The Pink Panther (The Pink Panther)試聴
07. The Way We Were feat. Vanessa Williams (The Way We Were)試聴
08. The Summer Knows (Summer Of '42)試聴
09. It Might Be You feat. India.Arie (Tootsie)試聴
10. Cinema Paradiso Suite (Cinema Paradiso)試聴
11. A Whole New World feat. Donna Summer (Aladdin)試聴
12. Schindler's List (Schindler's List)試聴
13. It Might Be You(Instrumental Version)試聴
14. The Shadow Of Your Smile(Instrumental Version)試聴


人気SAXプレイヤー「デイヴ・コズ」の最新作は、そのタイトルからもお分かりの様に、誰もが知っている有名映画のテーマ曲集。
現在主流になっている豪華なゲストをフィーチュアしたコラボレイト作品で、少し前にリリースされた「ケニーG」の新作の様な雰囲気を持つロマンティックな作品です。
しかしそこはやはり「デイヴ・コズ」
セレクトした楽曲もさることながら、オリジナルの音源をコラージュしつつ彼のサウンドに引き込んでいくというワザを披露。

では映画『オズの魔法使い』のテーマ曲を美しいストリングスをバックに奏で、では映画『ティファニーで朝食を』のテーマ曲を「バリー・マニロウ」のヴォーカルをフィーチュア。『ウエストサイド物語』では「アニタ・ベイカー」を、「スティーヴン・ビショップ」でお馴染みの『トッツィー』のテーマを「インディア・アリー」が、『アラジン』ではあの「ドナ・サマー」をフィーチュア。
そのほか「ジョニー・マティス」「ヴァネッサ・ウィリアムス」「クリス・ボッティ」など、多彩な顔ぶれをゲストに迎え、オスカー受賞やノミネート曲ばかりを「デイヴ」がじっくりと、そして美しく料理しています。

昔からのファンにとってみれば、もっとオリジナルで勝負して欲しかったでしょうし、少々“軟弱”に思えるかもしれませんが、彼のロマンティックなSAXを堪能するには、こうした企画の方がジックリと聴けるハズです。

全国の梅は今が花盛り。一方、桜はまだまだこれからでしょうけど、そんな美しい花と一緒にこれまた美しい不朽のメロディーに耳を傾けてみては如何でしょうか?

きっと貴方の心の花も開花することでしょう☆
Smooth Jazz | コメント(12) | トラックバック(0)
コメント
もぉー、みゅ~さんってばこんなおアルバム聴きながら、お花見しちゃってるの~。ずっる~いっ。
さて、デイヴ・コズ ゆるい感じの仕上がりですね。ソコが良いと思います。正確過ぎるほどキチキチと組まれているより、多少のずれがあったほうが気持ち良く、聴けたりします。

>貴方の心の花も開花することでしょう☆

でたなっ、殺し文句。 さりーげなく言えちゃうあたりに、ついつい釣られちゃうんだよね~(笑)
♪かおるさん。
お花見はしてません(汗)。ただ見ただけです・・・あっ、それをお花見っていうのか(笑)。
でもすっごくきれいでしたよ~。
暴風雨の中でしたけどね(笑)。
アルバムは本当に心地よいナンバーばかりで、かなりハマってます。
ゆるすぎるという方もいらっしゃる様ですけど、個人の好みですからね。

>でたなっ、殺し文句。 さりーげなく言えちゃうあたりに、ついつい釣られちゃうんだよね~(笑)

ハハハ!殺し文句なんですか(笑)。
一体誰をとりこにできることやら・・・(泣)。
ワーオ!Musicmanさん、偶然にも、今日、”ティファニーで朝食を”を見ていたとこです。
Moon River~♪いつ聴いてもイイ曲デスょー。
で、このご推薦のデイヴ・コズ~~サマ~。
今、映画音楽集めていたもので、、偶然が重なるものですねー。
今は、金欠なので、次回のリストに。。
Over The Rainbow~今、ANAのCMソングになってますねー。
コチラも、今、脳裏の中では、メリーゴーランド状態。
いつでも、針が落とせるように、鳴り響いております。ぷぷ。
OZの魔法使い~♪最近、映画はドキュメントや自伝モノが多いですが、
やっぱり、夢をみさせてくれてた映画には、今も語り継がれる音楽も一緒に記憶に残りますねー。ん~、映画音楽も、たまには、いいものです♪
偶然が偶然をよび、今夜も呼ばれていたように、来てしまいました。。笑

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
♪JJさん。
コメントありがとうございます。
おお!「ティファニーで朝食を」・・・いい映画ですね。私も大好きです!
「ムーン・リヴァー」は本当に名曲です。
このアルバムは、これまでの彼の作品とは一味違った味わいですけど、
彼のロマンティシズム溢れる1枚です。
映画がお好きな方は持っていて損はないでしょう。
ティファニーで朝食を・・・・わたしは、数え切れないくらい見ました。
一番好きな映画です。
本物のにせもの・・・ティファニーも好きだし、この映画を観ると、なんとこの時代のアメリカがお洒落かって感動します。
衣裳だって、ライフスタイルだって、今よりもお洒落です。
話が映画ばかりになりましたが、MOONRIVERって名曲ですよね。
櫻の花は季節の変化についてこれるのかな??って心配になっちゃいます。
本当に 春の芽吹きと共に 自分の花も開花すればいいですねぇ

くれぐれも 鼻でないことを願います

まだ 花粉症には犯されてないよーなんで・・・笑
♪tsubakiさん。
どうも、ご無沙汰しております!
「ティファニーで朝食を」は私も大好きな映画。
私の財布では「ティファニー」なんて到底手が届かない代物ですが、
やっぱり女性の憧れなんですねー。

>櫻の花は季節の変化についてこれるのかな??って心配になっちゃいます。

そうですね。今年はかなり開花の時期が早いみたいですけど、
ということは散るのも早いのかなぁ・・・。


♪ekoさん。
お久しぶりです!

>くれぐれも 鼻でないことを願います
>まだ 花粉症には犯されてないよーなんで・・・笑

花粉症の方にとって春は辛い季節なんでしょうね。
私は幸いにも花粉症ではないので辛さがわからないですけど、
貧乏症は相変わらず辛いです・・・(爆)!!
いきなり、オズの魔法使いのシーンからセリフが流れて「あれっ」と思いましたが、このアルバムに引き込むための手法でしたね・・・。
ゲストのヴォーカル陣も豪華ですが、決して出すぎず、コーズのSAXも全体のバランスを保っている点ずヨロスイですね。
♪tahaさん。
ご無沙汰しております。
今回のアルバムは映画音楽集という事もあって、映画のセリフをコラージュしている曲もあります。
アイディア勝負ってとこですね。

>ゲストのヴォーカル陣も豪華ですが、決して出すぎず、コーズのSAXも全体のバランスを保っている点ずヨロスイですね。

本当にそうですね。こういうコラボ・アルバムって主役不在になりがちですけど、ちゃんとデイヴのSAXも堪能できるし、優れた作品だと思います。
日本盤のリリースが未定というのがちょっと悲しいですね・・・。
こんにちわ。久しぶりにブログ拝見致しました。

さすがmusicmanさん!私の大好きなDave Kozの
作品紹介をこんなに料理するなんて(爆)
おとといこのアルバムをずっと聴いていたんです。
何度聴いてもいいですね。早く来日して欲しいなあ。
♪ミーナさん。
お久しぶりです。
ミーナさんは「Dave Koz」ファンでしたね。
今回のアルバムは個人的にはかなりハマっています。
セレクトも単に映画音楽というだけでなくAORからジャズまで幅広いセレクト。
しかもヴォーカリストのピック・アップも絶妙ですね。
一度もライブを見たことがないので、今年こそは是非体感してみたいです!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。