07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

桜咲くころ・・・。

2007年04月03日
桜
各地で桜も開花し、入学や入社、また転勤などでそれぞれの新年度を迎えられていると思います。
写真でもお分かりの様にここ福岡でも桜が満開となり、行きかう人の目を優しく楽しませてくれています。
でも昨日ぐらいから大陸からの寒気が流れ込んできて一気に気温も下がり10度!!
俗に言う“花冷え”です。
お花見をするにはちょっと寒すぎる感じですね。
桜
ところで日本人が大好きな、そしてお花見。
一体日本人はいつから桜を愛でお花見をするようになったのでしょうか?
そもそも日本では、中国大陸から渡ってきた人々が稲作の文化を伝えました。
そして桜の花が咲く時期によって、稲を植える時期を知り、その桜の花の散り具合を見てその年の米の出来具合を占ったのでした。
満開に咲いた桜を見上げては、神様にお酒など奉げ物をして豊作を祈る・・・言わば桜は神様の宿る木として信じられていたのです。

さて、今でこそ「お花見」といえば桜ですが、古来は梅などの花を貴族たちが愛でる行事だったのが、江戸時代になって桜を見る庶民たちの楽しみになったそうです。
また現在のお花見の桜の代表格ともいえる「ソメイヨシノ」も、江戸時代に作られた品種だそうです。
伝統的なイメージのあるお花見も、意外と歴史が新しい習慣といえますね。

でも花の種類は違いますが、古来より日本人の自然を重んじて四季の移ろいを楽しむ気持ちは今も昔も変わりないようですね。
桜
桜の花が楽しめるのも後わずか。
でも1年の本の短い間しか楽しめないからこそ、日本人は桜に特別な思いがあるんでしょうね☆

そんな桜を見ながら、美味しいお酒とこんな素敵な音楽に酔いしれてみては如何でしょうか?

Carly Simon




『Carly Simon / Into White』
01. Into WhiteVIDEO
02. Oh! SusannaVIDEO
03. BlackbirdVIDEO
04. You Can Close Your Eyes (Carly Simon,Ben Taylor & Sally Taylor)
05. Quiet Evenin'VIDEO
06. Manha De Carnaval (Theme from "Black Orpheus")
07. Jamaica Farewell
08. You Are My Sunshine
09. Devoted To You / All I Have To Do Is Dream
10. Scarborough FairVIDEO
11. I Gave My Love A Cherry (The Riddle Song)
12. Over The Rainbow
13. Love Of My Life
14. I'll Just Remember You
15. Hush Little Baby / My Bonnie

※①②③⑤⑩のカメラのマークをクリックすると各曲のPVが見られます!!

今年1月1日に発表された「カーリー・サイモン」の新作。
これまでポップス・アルバムとスタンダード集との両方を上手く使い分けてきた彼女ですが、今回はスタンダード集。
といっても、今回の作品は「キャット・スティーヴンス」「ビートルズ」「ジェイムス・テイラー」といった往年のポップスから「虹の彼方に(Over the Rainbow)」「オー・スザンナ」などのスタンダード・ナンバー、更には「マザーグース」のスタンダードな子守唄といった、ポップ・スタンダードと子守唄のカヴァー曲に新曲2曲を加えた全14曲で構成された心温まる作品に仕上がっています。

アルバムのタイトル・トラックでもある「キャット・スティーヴンス」ではまるで春の柔らかい日差しを思わせるギターが心地よさを運んでくれますし、小学生の頃に音楽の授業で習ったもほのぼのとした感触を味わえます。また元夫の「ジェームス・テイラー」のナンバーを、彼との間に出来た2人の子供「ベン・テイラー」「サリー・テイラー」を迎えたは、家族の愛の暖かさが伝わってくる逸品。
他にも「サイモン&ガーファンクル」「エヴァリー・ブラザーズ」の名曲をメドレー形式で歌ったなども美し過ぎて涙が出そうです。
また新曲のも大人でさえも眠りについてしまいそうな羽毛布団にも勝る優しいトラック。

ちなみに彼女のHPではこのアルバムに
「Sooting songs for the young & young at heart(若者たちと気持ちが若い人たちのための心和らげる歌の数々)」
というキャッチ・コピーが書かれていますが、まさに原曲を知らない若い人たちにこそ聴いて欲しい作品です。

とにかくジャケット通り新緑の眩しさと美しさを感じさせるこのアルバムは、
永遠の“お花見アルバム”として聴き続けることでしょう。




・・・ん?誰ですか?「桜よりも音楽よりも、やっぱり団子がいい!」なんて言ってる方は(笑)!!

Into Wite
        ↑
写真をクリックするとアルバム『Into White』のダイジェスト・フィルムが
本人の解説付きで見られます。
POPS | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
カーリーサイモン 昔からですが、いつ見てもスタイル良しですね~。
お手本にしたいプロポーションです(笑)


♪かおるさん。
本当に変わらない容姿ですよねー。
2人も子供を生んだなんて信じられません。
もちろん歌声も変わらず美しいし。
このアルバムは本当にほのぼのする作品です!!
Muさん、お風邪大丈夫ですか?今日もめちゃくちゃ寒かったですよね。どうぞお大事に。

カーリー・サイモンと言えばYou're So Vain!今聴いてもぐっときますが、現役で頑張っていらっしゃるのですね。すごい~。ほんと懐かしい名前です。
おひさしぶりです。

カーリー・サイモン。いいですね。
T⑤「Quiet Evenin'」たまらなく素敵。
♪risaさん。
風邪はだいぶんよくなりました。ご心配おかけしました!!
後は喉の痛みが少しだけ。タミフル飲む様な状態じゃなかったのが救いです(笑)。
私も「カーリー・サイモン」と言えば「You're So Vain」とか「TOCH」でしたけど、
このアルバムは本当に素晴らしいアルバムです!
かなりオススメですよー!!


♪伊藤ちゃんドットコムさん。
こちらこそご無沙汰しております。
お元気でしたか??

>⑤「Quiet Evenin'」たまらなく素敵。

ね!ね!そう思うでしょ!?
この新作は侮れないほど素敵なアルバムです。是非一度聴いてみてください。
朝の営業でもOKかも(笑)!!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。