07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

台風の夜。

2007年07月13日
台風4号
大型で非常に強い台風4号が接近しています。
このブログを書いている時点では、勢力を保ったまま沖縄本島付近を北上中。
今後は進路を東寄りに変え、14日(土)昼頃には九州南部に上陸する恐れもあるそうです。

7月に入って雨続き。その上大型の台風ですからたまったもんじゃありませんね。
土砂崩れなどの災害にも注意したいですし、今回は特に雨脚が強いそうですから河川の氾濫などにも気をつけたいところ。

せかく明日から3連休だというのに、ちょっと悲しいですね。

こんな日はお気に入りの音楽を聴いて、台風が過ぎ去るのをじっと待つしかなさそうです・・・。

Michael Franks




Michael Franks / The Art Of Tea』
01. Nightmoves試聴
02. Eggplant試聴
03. Monkey See-Monkey Do試聴
04. St. Elmo's Fire試聴
05. I Don't Know Why I'm So Happy I'm Sad試聴
06. Jive試聴
07. Popsicle Toes試聴
08. Sometimes I Mjust Forget To Smile試聴
09. Mr. Blue試聴

雨の夜にはこんな心に優しい音楽は如何でしょうか?

もはや説明不要の名盤ですね。
「マイケル・フランクス」の75年の作品。
彼の作品の殆どは昼間に聴く事が多いですけど、このアルバムだけはどうしても夜の方が似合う気がします。多分のタイトルとジャケットの印象からでしょうけど(笑)、でも夏の深夜に一人このアルバムを聴いている時間が大好きです。

「ラリー・カールトン」がイナたいギターを聴かせてくれる、透明感溢れる「ジョー・サンプル」のキーボードが心地よい文字色②、「デヴィッド・サンボーン」のSAXがセクシー&ソウルフルな響きを奏でる、満月の夜に一人きりの公園で聴きたいジャジーな、まるで「ジョー・サンプル」のキーボードとデュエットしているかのようなボッサ・チューン、変拍子のジャズ・トラック、哲学的なメロディーと歌詞が彼らしい「ラリー・カールトン」のブルージーなギターが都会の喧騒を思わせる、ラストを飾るに相応しいバラード・・・。

「クルセイダーズ」関連の参加ミュージシャンのプレイもさることながら、「ニック・デカロ」のストリングス・アレンジの美しさと「アル・シュミット」の古さを感じさせないエンジニアリング、そして「トミー・リピューマ」の計算しつくされたプロデュース・ワークにも注目したいところ。

この後、世紀の名盤『Sleeping Gypsy』へと続くわけですが、まずこのアルバムが無かったらあの名盤も生まれなかったかもしれません。
今でこそ「カフェに合う・・・」なんて特集が組まれていますけど、今から32年も前にこんな素敵なアルバムがあった事を、若い人たちは知らないんだろうな~。

貴方はどんな紅茶と一緒にこのアルバムを楽しみますか?

AOR | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
被害はありませんか?
こんばんは。

7月の台風としては過去最強らしいですね。
しかも、九州の大雨による災害。
関連記事や天気予報を真剣に見てますが、
被害に遭われた方は本当にお気の毒です。
自然の力に人間は無力ですね。

今のそちらの様子はいかがですか?
北海道はどうやら進路からはずれそうですが、
今日は風が強くて、肌寒い一日でしたよ。
こっちはこれから台風ですね。
今日は引きこもりになりそうです。

マイケルではこのアルバムが一番好きかなぁ。
ウチの店でも1曲目のイントロが流れた瞬間、
時刻に関係なく気分はミッドナイトになります(笑)
♪Mamiさん。
九州に上陸した台風は何とか過ぎ去りましたが、鹿児島や宮崎では床上浸水やけが人まで出してしまいました。
福岡は雨風はすごかったですけど、それほどの被害は出ていないようです。
改めて自然の力には敵わない事を実感しました。
でも台風はこれからドンドンやってくるでしょうから、まだまだ油断できませんね。
ご心配ありがとうございました!!


♪怪鳥さん。
関東は直撃こそ免れたみたいですけど、暴風圏内にはいってますからお気をつけくださいね!
(花火大会残念でしたね・・・)
さて「マイケル・フランクス」ですけど、怪鳥さんはやっぱりコレですか。
私も個人的には『Sleeping Gypsy』かコレ。
でも近年のヤツも結構好きなんですよね~。
「ビルボード・ライブ」に出演が予定されていますが行かれますか?
福岡は残念ながら今回もまた来ないみたいですぅ・・・(泣)。
マイケルフランクス 同じくスリーピングジプシーが 1番好きです。

マイケルフランクス=深夜の意見も多いですが、「真昼の沐浴」と感じることも
しばしば。。。。
みゅ~さん、一度ためしに真昼に昼間にマイケルフランクスを聴きながら入浴してみて。なんか違う世界に入っていけますよ。本当に(笑)
オリエンタル系の入浴剤があるとさらに。。。。なんとも言えないのこれが(笑) 

マイケルフランクス 不思議なお方です。
♪かおるさん。
基本的に「マイケル・フランクス」は昼間に聴くことが多いんですけど、
このアルバムに限っては夜の雰囲気なんですよねー。
でもバス・タイムに聞いたらまた違った捉え方が出来るかもしれませんね。
今度入浴剤と共にやってみますね!
こんばんは♪
高熱を出されていたのですね。
ご自愛くださいませ。

台風4号から、マイケル・フランクスとは想像もつかないつながりで(^^;)
私、AOR全盛期に育ったクチですが、その頃は爽やか系を追いかけることが多く、JAZZYなAOR系はその次って感じでした。ですので、マイケル・フランクスの魅力がわかるまでにはちょいと時間を要しました。そのくせ、リッキー・リー・ジョーンズはデビュー当時から大好きでしたけど。

そんな時代に私がこよなく愛した彼の曲は'82発表の"OBJECTS OF DESIRE"の2曲目に収められた、ボニー・レイットとのデュエット"LADIES NITE"  当時、何でこの曲にあんなに入れ込んだのか、今となってはわからないんだけどね(笑) なんか感性が合ったんだと思います。



 
♪asagaoさん。
こんばんは!コメントありがとうございます!!
そうなんです・・・40度超える高熱が出ちゃって大変でした。
でも今はもう大丈夫です☆
ご心配ありがとうございました。

>台風4号から、マイケル・フランクスとは想像もつかないつながりで(^^;)

ははは!
さすがに台風とフランクスは無理がありましたね(笑)。
私もasagaoさんと同じくAORは爽やか系から入りましたけど、
大人になるにつれてジャジーなものの方が好きになってきて。
だから「リッキー・リー・ジョーンズ」も当時は「恋するチャック」だけが好きでした。
今は「パイレーツ」あたりがツボなんですけどね!

管理者のみに表示
RSS feed meter for http://blog5.fc2.com/softandmellow/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。